ビタミンの父 高木兼寛先生の生誕の地

 

令和3年 修学旅行

令和3年 宿泊学習

オンライン状況

オンラインユーザー3人

宮崎市穆佐小学校

〒880-2214
宮崎県宮崎市
  高岡町小山田87-1
TEL 0985-82-1015
FAX  0985-82-0517

このWEBサイトの著作権は宮崎市立穆佐小学校が有しております。無断で、文書・画像の複製・転載を禁じます。
 

ようこそ穆佐小学校HPへ

884884番目の訪問者です
ありがとうございます。祝35万アクセス(3 /15)34万(2 /27)33万(2 /4)32万(1 /12)31万(12 /2)30万(10 /22)29万(9/18)28万(8/13)27万(7/1)26万(5/28)25万(5/2)24万(4/13)23万(3/30)22万(3/9)21万(2/19)20万(2/3)19万(1/20)18万(1/6)17万(12/26)16万(12/12)15万(11/26)14万(11/4)13万(9/23)12万(8/19)11万(7/8)10万(6/15)9万(5/27)8万(5/1)7万(3/28)6万(3/11)5万(2/13)4万(1/9)3万(12/9)2万(11/6)1万アクセス(9/16)平成28年7月より新しくなりました。

お知らせ


 

高木兼寛先生年譜  高木兼寛小伝.pdf

 1849年  嘉永 2年 9月15日、穆佐郷士、高木喜助の長男として、日向の国東諸県郡穆佐村白土坂(現宮崎県東諸県郡高岡町穆佐)に生まれる。

 1856年  安政 3年 中村敬助について四書五経を学ぶ。

 1858年  安政 5年 阿万孫兵衛について示現流の剣術を習う。

 1861年  文久 元年 医学を志す

 1866年  慶応 2年 鹿児島に行き、石神良策について医学を修行する。

 1868年  明治 元年 鹿児島藩9番隊付き医師として、東北征討軍に従軍する。

 1869年  明治 2年 鹿児島医学校(藩立開成学校)に入学する。

 1870年  明治 3年 英医ウィリアム・ウィリス鹿児島医学校につき、医学及び英語を学ぶ。

 1872年  明治 5年 4月15日、海軍省九等出仕。

             6月、富子と結婚。(わが国初の神前結婚)

 1875年  明治 8年 6月、英国留学を命ぜられ、ロンドンのセント・トーマス病院医学校に留学する。(医学部門の留学は日本初

 1880年  明治13年 11月、留学を終えて帰国する。

              12月、海軍中医監、東京海軍病院長を命ぜられる。

 1881年  明治14年 5月、成医会講習所(東京慈恵会医科大学前身)設立。所長となる。

 1882年  明治15年 6月、海軍軍医大監に任じられる。8月、有志共立東京病院(東京慈恵会病院の前身)を設立する。

 1883年  明治16年 11月、海軍将兵の脚気予防策として、兵食改善の要あるを明治天皇に奏上する。

 1885年  明治18年 4月、看護婦教育所(わが国初の看護学校)を設立。12月、海軍軍医総監に任じられる。

 1887年  明治20年 帝国生命保険会社(現在の朝日生命)の創設に参画する。

 1888年  明治21年 5月、わが国最初の医学博士の学位を授与される。

 1892年  明治25年 8月、貴族院議員に勅選される。

 1899年  明治32年 4月、宮崎神宮大造営計画に参画。幹事長となって推進する。

 1902年  明治35年 10月、宮崎神宮の大造営のため帰郷する。

 1905年  明治38年 3月、華族に列せられ、男爵を賜う

 1906年  明治39年 1月~7月、欧米旅行に出る。コロンビア大学、フィラデルフィア医科大学ほか各国大学で講演する。

 1912年  大正 元年 9月、国民体育奨励のための講演をする。(以後各地で国民衛生、精神修養について公演する。

 1920年  大正 9年 4月13日、逝去。(享年72歳)