288467番目の訪問者です
オンラインユーザー7人
木花小学校
1・2・3年
4・5・6年
宮崎市立木花小学校
〒889-2151
宮崎県宮崎市大字熊野10956

TEL 0985-58-0007
FAX  0985-58-0849
mail adress

QRcode


このWEBサイトの著作権は木花小学校が有しております。無断で、文書・画像の複製・転載を禁じます。
 

♪防災教育に力を入れています

 なぜなのでしょう
東日本大震災が起こり、地震や津波で甚大な被害が出ました。
宮崎県は大津波に襲われた地域と地形的にも似ており、今後このような被害にあう可能性が高いと言われています。
歴史的に見ても、江戸時代の外所地震で津波の大きな被害が出てる地域です。
みんなが危機感を感じており、またたくさんの教訓が残されている今、防災に関する教育を行い、子どもたちに「自分の命は自分で守る」という意識を高めたいという願いで行っています。

追悼供養碑


 どのような形で進めているの
1.5年生で
 5年生は、総合的な学習の時間に組み込まれています。
実際に、地域の方と一緒に校区内をを歩いて防災マップを作ったり、歩いているときに地震や津波が起こったら想定で、高台や高い建物に逃げたりする体験をしています。
また、宿泊学習でもダンボールハウスを作ったり、電気が使えない経験をすることを通して、防災意識を高めています。毎年5年生になったら防災教育を学習することで、「自分の命は自分で守る力や意識を持ち、それを下級生や保護者・地域の方に広げていく役目」も担ってもらいたいと考えています。

2.集団下校で
 防災教育で高台や高い建物を知った高学年が、下級生に地域で地震が起こったら、どこへ逃げるかを教えながら下校する機会を作っています。

3.各学級で
 授業や朝の会・帰りの会・校外学習など、あらゆる場面を想定して、防災についてイメージさせるようにしています。

4.校内掲示
 「津波てんでんこ(バラバラになって逃げろ)」 「たけとこへにぐっど(高いところに逃げるよ!)」の紙を校内の見えるところに掲示し、木花地区防災マップ・津波クイズなどとともにはって,日常的に見て考えられるようにしています。    
絵文字:重要校内掲示の写真はこちら