633914番目の訪問者です
オンラインユーザー7人

宮崎市立広瀬西小学校

学校住所


このWEBサイトの著作権は宮崎市立広瀬西小学校が有しております。無断で、文書・画像の複製・転載を禁じます。
 

晴天<6/14(月)>

気持ちの良い朝です。子どもたちのあいさつも学校で響いています。
週の初めの月曜日、今週も頑張っていきましょう。
  
 

曇り空<6/11(金)>

今日から天気は下り坂、今は曇り空ですが、雨がいつ落ちてきてもおかしくない空模様です。
今日も元気に頑張りましょう。子どもたちは今週もよく頑張りました。週末でパワーを蓄えてください。
  
 

今日は涼しかったです<6/10(木)>

今日は薄曇りで風もあり、涼しく感じられる朝でした。タケノコ坂を下りたところにある田んぼの稲がすくすくとそして力強く育っている様子が見られました。子どもたちは、大きな声で元気に朝の挨拶をしてくれています。
  
 

暑くなってきました<6/9(水)>

梅雨の晴れ間で気温も上昇し、とても暑く感じられる昨日今日です。これだけ暑くなると熱中症に気を付けなければなりません。息苦しいなと感じたら、周りのお友達と距離をとりマスクを外すことも必要になってくると思います。集団登校の時も、息苦しいと感じたらマスクを外して大丈夫です。
  
 

防犯ブザー<6/8(火)>

子どもたちは、万が一に備えて防犯ブザーをランドセルにつけています。でも、時々何もないところで「ピピピ・・・」と鳴っています。今朝も聞こえました。
今日も良い天気です。がんばって1日を過ごしましょう。
  
 

晴天<6/7(月)>

新しい週がスタートしました。晴天で気持ちの良い朝です。
教育実習をされていた日高先生が、二週間の実習期間を終え、今日までとなります。
5年1組の子どもたちとの生活を通して、数多くのことを学ばれたと思います。今後に生かしてくださることを期待しています。
  
 

歯と口の健康週間<6/4(金)>

6月の4日〜10日を歯と口の健康週間といい、歯や口の中の健康を見直す一週間となっています。もともと、6月4日が6(む)4(し)と読めることから、6月4日を虫歯予防デーとしていたのが始まりだそうです。
今朝は雨が降っていたので、タケノコ坂は竹が下がっているところがありました。
  
 

読み聞かせ<6/3(木)>

しばらく晴天が続いていましたが、今日は朝から雨が降っています。やはり季節は梅雨なんですね。
今日の朝の時間は、学級担任による読み聞かせの時間でした。子どもたちが興味を持ってくれそうな本を選んで、各学級で行っていました。どの学年も、子どもたちは読み聞かせが大好きです。心が落ち着く時間でした。
  
 

曇り<6/2(水)>

今日は曇り空でのスタートとなりました。週の中日となる水曜日です。今日も元気な声であいさつしてくれる班がとても多いです。
班長さんの言うことを聞いて、きちんと一列で登校することができています。今日も元気に頑張りましょう。
  
 

6月<6/1(火)>

6月に入りました。今朝も晴天で、とても気持ちの良い朝となっています。
今日は5年生の田植えがあります。地域の方に支えられて、貴重な体験ができます。
8時半頃に学校を出発するようなので、間に合うように準備をしてついて行ってみようと思います。
  
 

晴天<5月31(月)>

5月も今日までとなりました。明日からは6月です。
今日は青空が広がり、とても気持ちの良い朝でした。子どもたちの表情も、明るく感じました。
今週も張り切っていきましょう。
  
 

元気に挨拶<5/28(金)>

今日の登校時には雨があがっていました。どの班も班長さんの言うことをよく聞いて、きちんと並んで登校しています。
いつも通り、挨拶の声も大きくて、とても気持ちよく朝のスタートをきることができます。
今週も今日まで。1日元気に過ごしましょう。
  
 

大雨<5/27(木)>

今日の朝は大雨でした。学校下の交差点も、側溝から水があふれ道路に水が溜まっていました。
さすがに今日は車で送ってこられる家庭が多く、駐車場前は渋滞していました。
  
 

タケノコ<5/26(水)>

タケノコ坂に「タケノコ」が生えていました。これからぐんぐん伸びていくことでしょう。
子どもたちの登校に合わせて、地域の見守り隊の方々が立ってくださっています。今日は学校の近くまで歩いてついてきてくださいました。
「ありがとうございます」とお礼を言うと、「子どもたちに元気をもらっています」とのこと。とてもありがたいことです。
  
 

ぐんぐん育っています<5/25(火)>

登校すると、1・2年生はすぐに朝顔や野菜の水やりに行きます。その成果でしょうか、毎日ぐんぐん成長しています。言葉をかけながら水をあげている子もおり、愛情たっぷりのお世話の風景です。大きく育ってくれるといいですね。
  
 

月曜日<5/24(月)>

昨日は気持ちの良い青空が広がっていたのですが、今日はまた雨の月曜日となりました。
子どもたちの足取りは、少し重く感じます。梅雨に負けず、今週も張り切っていきましょう。
  
 

週末<5/21(金)>

週末となりました。今週もよく雨が降りました。もしも運動会を秋に延期しなかったら、ほとんど練習できずに23日(日)を迎えることになったことと思います。
さて、子どもたちは、雨にも負けず元気に登校しています。挨拶の声も気持ちが良いです。今日も一日がんばりましょう。
  
 

今日も雨<5/20(木)>

今日は大雨の予報が出ていました。「子どもたちの登校に影響がなかれば良いなあ」と思っていましたが、大きな混乱もなく通常登校できたようです。
タケノコ坂のアジサイは、すっかり色づいて花を咲かせています。満開になると、きっときれいなんでしょうね。楽しみにしておきます。
  
 

雨<5/19(水)>

今日も朝から雨が降っています。今年は梅雨入りが早かったので、梅雨明けが早くなるかと思っていましたが、そうではないみたいですね。雨の中、通学する日が多くなりそうです。
今日は風水害を想定した避難訓練として、集団下校が予定されています。素早く安全に下校する術を身に着けてほしいと思います。
  
 

クジャクサボテン<5/18(火)>

火曜日になりました。朝早くから、子どもたちの声が校内に響いています。そんな中、正面玄関にクジャクサボテンの花が咲きました。2鉢ありますが、お客様を出迎えるかのように鮮やかな咲いています。
学校にお見えになったときには、少しだけ足を止めて、ぜひご覧ください。
  
 

新しい週のスタートです<5/17(月)>

5月も中旬、新しい週がスタートしました。雨は降っていなかったものの、梅雨の曇り空でした。なんとなくどんよりした雰囲気です。
今日も子どもたちは元気に登校しています。校舎内は、湿気の影響で滑りやすくなっています。気を付けて生活しましょう。
  
 

花壇<5/14(金)>

今日の朝は曇り空、いつ雨が降ってもおかしくないように見えます。これから梅雨の間、こんな天気が続くのでしょうね。
さて、学校の花壇に夏の花を植えました。暑さに強い花々ですが、水がれしないように各学年でのお世話をよろしくお願いします。
  
 

新緑<5/13(木)>

今日の登校時刻は、薄日が差していました。昨日のような大雨になると大変だなと思っていたので、少しだけ安心しました。校内の木々を見てみると、昨日の雨にうたれて新緑が鮮やかにはえています。今日も元気に頑張りましょう。
  
 

梅雨入り<5/12(水)>

九州南部地方が強い入りしました。これから雨の日が続きます。今朝は、子どもたちの登校時間に激しく雨が降って、足元が濡れてしまった子が多かったようです。登下校はもちろん、学校生活においても、安全に過ごせるように指導していきたいと思います。
  
 

アジサイ<5/11(火)>

今日も子どもたちは元気に登校してきました。子どもたちを出迎える際に、タケノコ坂に植えてあるアジサイの花に目をやると、花が色づいていました。この前、「花が付き始めました」と紹介したばかりでしたが、いよいよ色づき始めました。すべてのアジサイが咲き誇るととてもきれいだろうなあと思いながら、気持ちの良い朝を迎えたところです。
  
 

晴天<5/10(月)>

今日も気持ちの良い青空が広がっています。集団登校している子どもたちの表情も、心なしか明るく感じます。どの班も大きな声であいさつができています。
見守りたいの方が学校まで引率してくださっている班もありました。ありがたいことです。今週からは、5日間フルに学校があります。生活のリズムを整えて、学校生活を送りましょう。
  
 

新型コロナ対策<5/7(金)>

連休中に宮崎市が感染急増圏域に指定されたことを受けて、本校では今後の学校行事等について以下の通り対応したいと思います。
1 5月9日(日)予定のPTA奉仕作業は中止します。
2 5月23日(日)予定の運動会は延期します。
3 水泳等、配慮が必要な授業の実施の有無について早急に検討します。

なお、学校の事情により、参観日の日程を次の通り変更します。
・下学年 6/29(火)→7/6(火)
・上学年 6/30(水)→7/7(水)
 

明日から五連休<4/30(金)>

ゴールデンウィーク中ですが、今日は登校する日です。どんな表情で来るのかな?と思いながら立っていると、どの顔も元気いっぱい笑顔でやってきました。1年生も元気です。
タケノコ坂のアジサイの花が準備を始めていました。明日からは5月です...。
  
 

花の植え替え<4/27(火)>

春の花から夏の花への植え替えの時期となりました。朝の時間を使って、今咲いている花を抜いて、花壇を耕し、肥料などを加えていきます。
夏の暑さに負けない力強い花を植えることになると思います。
  

※今日は各学年の先生方がホームページを更新する日です。どんな内容を掲載するのか、お楽しみに。
 

週の始まり<4/26(月)>

新しい週がスタートしました。登校の様子を見ているとみんな元気です。ニコニコ笑顔が多かったです。
今朝はある子から四葉のクローバーをもらいました。何となく良いことが起きるような気がしています。
さて、個人面談も明日まで。有意義な時間となりますよう、よろしくお願いします。
  
 

金曜日<4/23(金)>

いよいよ週の終わり、金曜日となりました。子どもたちは一週間の疲れが出ていないでしょうか。特に一年生は、学校生活にも慣れて昼休みも元気に走り回っています。土日で元気パワーを充電しておいてくださいね。
  
 

漢字の力<4/22(木)>

今週は個人面談のため、40分授業の特別校時を組んでいます。わずか5分ではありますが、とても短く感じるときもあり、油断禁物の40分授業です。
さて、各学級を見て回ると、漢字の勉強に取り組んでいることがよくあります。国語の基礎・基本となる漢字の学習。大切にしたい、そして定着させたい漢字です。
小学校で習う漢字は学習指導要領で定められています。小学校1年生から6年生までに習う漢字の数は1026字となっています。各学年で習う漢字の数は次の通りです。1年(80字)2年(160字)3年(200字)4年(202字)5年(193字)6年(191字)
毎日の積み重ねを大切に、それぞれの学年できちんと身につけさせたいものです。
  
 

初めての図書室<4/21(水)>

1年生の図書室利用が始まりました。学校にはたくさんの本があるので、いっぱい読んでほしいと願っています。図書室利用の決まりを小松先生に説明していただいた後、それぞれに読んでみたい本を選び、貸出手続きへと進みます。今はバーコード使って管理できるようになっているので、とてもスムーズに借りることができます。
  
 

登校の様子②<4/20(火)>

今日は下の信号機のところに立ってみました。車の行き来は多いのですが、歩道が整備されているので安全に登校できています。
ある班では、学校に向かう途中で1年生が転んだらしく、近くにいらっしゃった見守り隊の方が応急手当てをしてくださったようです。ありがとうございます。地域の皆さんに見守られて安全に登校することができています。
  
 

個人面談<4/19(月)>

新しい週が始まりました。気持ちの良い朝です。
今週から「個人面談」が始まります。新しい学年に進級するにあたり、担任と保護者が顔を合わせて児童の生活の様子や学習、健康状態などについて話し合い、学級経営や学習指導の効果を上げるための情報を得るとともに、担任と保護者の連携を深めることがねらいです。
保護者の皆様には、お忙しい中、時間を作っていただきありがとうございます。有意義な時間となりますようご協力をお願いいたします。
 

登校の様子<4/16(金)>

1年生が歩いて登校するようになって4日目の朝です。みんな登校班長の言うことをきいて学校に来ることができているでしょうか。
その様子を確かめたくて、学校から下ってみると、元気に歩いている1年生を発見。どの班も元気に挨拶をしてくれるのでとても気持ちがよかったです。
タケノコ坂がきつく感じるかもしれませんが、班のみんなから励まされながら、元気に登校している1年生なのでした。
  
 

ボランティア<4/15(木)>

今日も晴天で、気持ちの良い朝です。学校では明るい挨拶の声が響いています。
登校後、教室にカバンを置いたら、ボランティアに出てくる子どもたちが増えました。
わずかな時間ではありますが、自分たちの学校をきれいにするための活動に取り組んでくれています。ありがとう。
  
 

見守り隊<4/14(水)>

今日は見守り隊の皆さんとの対面式がありました。
児童の登下校の安全や健康を見守ってくださる方がいることを知り、地域との結びつきを強めたり、感謝の気持ちを伝えたりすることができることがねらいです。
学校の代表として1・6年生が式に参加して、他学年は教室でリモートでの参加となりました。
見守り隊のみなさん、これからどうぞよろしくお願いいたします。
  
 

雨<4/13>

朝から雨が降っています。登校時間には激しく降る時もあり、かなり濡れてしまった子もいたようです。
今日は、1年生が3時間だけ授業があります。楽しい時間になるといいですね。

1年生が下校したようです。雨が上がって良かったですね。途中まで、本校の先生方がついていきました。安全に、各家庭まで帰り着くことができたようです。
 

入学式<4/11>

とてもかわいい新1年生です。式中のお行儀もよく、大きな声で返事もできました。
コロナウイルス感染防止を考え、在校生は参加せずに、新1年生と保護者、来賓としてPTA会長のみの参加とし、座席の間隔をあけました。

春の日差しが降り注ぐ佳き日に、広瀬西小に入学した皆さん、しっかり勉強して、いっぱい遊んで、おいしく食べて、友達たくさん作って、大きく成長してくださいね。
   
  
 

入学式に向けて

今年の入学式は、4/11(日)です。今日の午後の時間を使って、高学年の子どもたちと全ての職員で準備をしました。今年の入学児童は54名。元気で素直な子どもたちが加わります。式場は下の写真の通りバッチリです。
  
 

お知らせ<4/9(金)>

今日からは、通常校時での生活となります。給食や昼休みもあります。新しいクラスでの生活に早く慣れてほしいと思っています。登校や授業の様子は、後ほど紹介したいと思います。
 

お知らせ<4/8>

さわやかな挨拶とともに、広瀬西小学校の令和3年度がスタートしました。これから、学級編成、親任式、始業式と続きます。その様子も、紹介できることと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
 

お知らせ<4/7>

今日は、広瀬西小学校区地域づくり協議会の会長さんに挨拶に行ってきました。子どもたちの見守り活動など、様々な場面で多くの皆さんに協力いただいていることがよくわかりました。「今年度もよろしくお願いします。」とお伝えすると、笑顔で「ことらこそお世話になります。」と言ってくださいました。

さて、いよいよ明日から1学期がスタートします。子どもたちとの出会いの日となります。楽しみです!!
 

お知らせ

<学校は 今...>4/5
新年度のメンバーで動き出して3日目となりました。今日の午後からは、各指導部ごとの共通実践事項や4・5月行事等についての職員会が予定されています。
また、先生方は、空いた時間を使って、新年度の準備を進めています。

校庭からは、スポーツ少年団でしょうか、元気な声が響いています。
始業日に子供たちに出会うのがとても楽しみです。
 

お知らせ

<新任者着任>
昨日より、8名の職員が広瀬西小学校に着任いたしました。新しいメンバーを加えて、学校が動き出しました。
これからホームページで様々な様子を紹介することになりますが、どうぞよろしくお願いいたします。(校長:満行孝一)
 

トップページ(令和3年3月31日(水))

3月31日(水)< 最後の一日でした。>

 今日は年度最後の日でした。異動するもの、退職するもの、残るもの、それぞれの一日は忙しく過ぎていきました。
 また、新しくお見えになる先生方ともお会いできました。引継ぎをしながら、思いを込めて、バトンを渡したところです。
 新しい風が吹くと思います。でも、それはこれまでに本校で勤務された先生方職員みんなの、そして一緒に楽しく過ごしてきた子どもたちと作り上げてきた結果の上にたった、新たな歴史を残していただくための、新しい風であってほしいと思います。
 より高みへ!!
 子どもたちの、より良い活躍を、成長を、心から祈っています。
 名残は尽きません。職員を皆、見送ろうと思います。・・・最後は教頭先生に鍵を預けるので、一番最後にはなれませんが・・。

 それでは、異動し、または退職して、この学校を離れる職員を代表して最後のご挨拶をさせていただきます。
 お世話になりました。ありがとうございました。広瀬西小学校で過ごした時間が、かけがえのない大切な宝ものとして心に残りました。
 皆様のご健勝を心より祈っております。それではまたどこかでお会いすることを楽しみに、お別れします。
     
 

トップページ(令和3年3月30日(火))

3月30日(火)<ラストスパート>

 今日は、学級の掃除や来客対応など、一日何かしら作業に追われた日でした。
 異動するものは、片づけを早々に終わらせ、次の地への準備のために学校を後にする者もいました。
 今年は、31日(水)と年度替わりの4月1日(木)が、平日つながりですので、移動日なしで次の任地へ行かなければいけません。その点で、各人それぞれの動きをした日でした。
 明日は、年度最終日です。学校に残るもの、去る者、それぞれの計画で動きます。
 つつがなく終わらせるよう、みんなで最後の追い込みです。卒業していった6年生のように、「立つ鳥、跡を濁さず」の心境で、明日一日を精一杯過ごしたいと思います。
 今日は、ホームページアップが今になってしまいました。
 ではまた明日、よろしくお願いします。
 

トップページ(令和3年3月29日(月))

 3月29日(月)< 離任式の日 >

 新聞に発表された異動情報をご覧になった方もいらっしゃるでしょうが、新聞掲載になったならなかった方々も含めまして、9名が異動いたします。退職、異動、再任用等々様々な形はありますが、皆さんのおかげをもちまして、充実した日々を送ることができました。
 今日は、子どもたちに様々な思いを語る最後のチャンスをいただきました。
 子どもたちの中にも、新たな世界に飛び立つ子どももいます。
 今後のすべての皆さんのご活躍を祈りながら31日まで過ごさせていただき、31日の勤務終了を持ちまして、お別れをさせていただきます。
 それまでは、次年度準備に全力で取り掛からせていただきます。
 お世話になりました。併せて、もうしばらくどうぞよろしくお願いしたします。

 ※ 昨日は、少々大きな雨でしたが、桜の花は持ちこたえてくれたようです。敷地内の桜がこれほど咲きそろっているのは珍しいのではないかと思います。素晴らしい
  景色と環境の中でしばし過ごせるのはありがたいと思います。
  まだまだ頑張って咲いてくれています。3週目に入りました。ありがたいことです。

※ 本校を離れる職員に、わざわざご挨拶に来てくださった保護者の方もいらっしゃいました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。本当にお世話になりました。ありがと
 うございました。
 

トップページ(令和3年3月28日(日))

 3月28日(日)< 雨 >

 水田の耕作が進んで、代掻きを終えたところが多くみられるようになりました。また、所々、田植えが済んでいるところも見られ始めました。暦通りに、または少し早めにすすんで入るのかもしれません。宮崎県は超早場米の生産地として有名ですが、気候が温暖化するにしたがって、早く植えるところも多くなってくるのではないでしょうか。

 さて、今日は3月最後の日曜日。ご家族の移動が始まっているところもあるかもしれません。あいにくの雨です。気を付けて移動をしていただけたら・・と思います。
 いろいろな届、提出物もあろうかと思いますが、社会生活においては、すべてが書類での届が必要になりますね。年齢や職業に関係なく必要な書類提出は社会生活上の必須要件です。ここでも、小学校で直接学習することはないのですが、自分の名前を書く、住所や電話番号を知っている・・などは、小学生でもできる内容と関連してきます。
 年齢を重ねるごとに、社会マナーを覚えるように、そういう必要性がでてくることを中学校、または高等学校では学ぶことと思います。
時々の出来事や時期時期に身の回りで起こっていることに気を向ける習慣をつけておくことも、小学校から身に着けておくと、そういう情報を早く知り、身に着けられるようになると思います。
 
 年度末になって、小学校の閉校の話題が行きかっています。地域によっては義務教育学校になって、中学校1年生は7年生として言い換え、9年間を小中一貫校のように、同じ学校で小学生と中学生に当たる年齢の子どもたちが過ごすようにする・・ともききました。
 いろいろなところで学びの充実、地域と連携した学びの在り方などが進められているようです。
 広瀬西小学校でも、そういう先進的な取り組みにも引けを取らないような教育計画を立てて次年度に備えようと思います。

 今日は雨です。子どもたちは家でできることをしっかりするという目標を立てて、お手伝いもしっかり入れて、今日をしっかり過ごしてほしいと思います。
 子どもたちには、明日お目にかかります。
 それでは今日も元気にスタt-しましょう!!
 

トップページ(令和3年3月27日(土))

 3月27日(土)< 祭りの後のような・・・。>

 今日は土曜日です。天気も良く、いつも通りにさくらの花も花壇の花もきれいに静かに咲いています。今日は子どもたちの声がしません。春休みに入りましたので、これからしばらく子供たちの声が聞けないことになります。29日に離任式をしますので、少しだけ最後の名残を惜しむ機会はあります。
 各教室はきれいに片付けられていて、次の主を待つばかりの教室もあります。
 昨日は、所持に忙殺されて、学級の様子がお届けできませんでしたが、少しだけ、各学年の部屋でお知らせしますので、少しだけご覧ください。
 静かな学校に鶯のさえずりだけが聞こえています。
 子どもたちはゆっくりと過ごしているのでしょうね。
 
 今日は少しだけゆっくり、でも元気にスタートしてください!!
  
静かな朝です。昨日の賑やかさはありません。
 

トップぺージ(令和3年3月26日(金))<修了式>


 3月26日(金)< 修了式 >

 今日は修了式を行います。いよいよ1年間の締めくくりの日になりました。
 昨日は、6年生が立派な態度で巣立っていきました。
 桜も満開。その他の花々も満開。天気も途中からでしたが晴れるなど、すべてに卒業式にふさわしい条件がそろいました。
 今日は、その桜を見ながら、全児童が1年の学校での学習活動を一応終える日になります。これからは、まさに自力で過ごす日々になります。そういう意義付けをして今日を締めくくりたいと思います。
 また、今日は佐土原町商工会の皆様から「クジラのぼり」の贈呈を受けます。
 ありがたいことです。
 4月になったら、5月のこいのぼり同様、クジラのぼりを掲げて、子どもたちに元気づけしてくれることと思いをはせ、今日を過ごしたいと思います。
 今日も、子どもたちと一緒に、希望にあふれた一日になると思っています。

 さあ、今日も元気にスタートです!!
   
修了証書です。学年代表に渡しました。商工会からのクジラのぼり贈呈がありました。今年も広瀬西小学校の歴史を引き継ぎ、新たな1ページを残せたと思います。
これからも、子供たちと一歩一歩毎日に何かを残し、その毎日から何かを学び取っていきたいと思います。
※ NHKさんや宮日さんの取材を受けました。お昼のNHKニュースや宮日の新聞記事をご覧ください。
      追伸です。NHKの放送は、12:15のお昼のニュースで、18:10のイブニングネットワークで、そして20:45のニュースで放送されるそうです。ご覧ください。
 

トップページその2(3・25)


 卒業式が終わりました。練習していた時とほとんど同じ状態でできた6年生は、大物かもしれません。静かに落ち着いて、淡々と式をこなしてくれました。
 それ以上に、天気の回復がよくて晴れ間が見えてきました。6年生は天気にも味方されて、なんとすごい学年だろうと思います。行事でできなかったことがないのではないかと思います。退場するときには日が差してきていました。
 まさに、今日の佳き日・・になりました。卒業式の様子を少しだけお届けします。
    
さあ、卒業生は別れを惜しんでいるようですが、それもお昼には終わって、帰宅の途に就くことでしょう。子どもたちや保護者の皆さんが学校を出られたのを確認したら、学校は、明日の修了式に向けて出発します。いよいよ終点「修了(式)」に到着します。もう少しの時間です。
 

トップページ(令和3年3月25日(木))< 卒業式 >

 3月25日(木)< 卒業式の日を迎えました。>

 桜の花がこの日を待ちわびたように咲いています。あるものは1週間も前から。あるものは、今日を目指して、雨にも負けないように一生懸命に花を開いています。
 雨は恵みの雨。万物の命の源である水を天から運んでいます。
 式場には、麦が並べてあります。麦は冬に霜柱などで、地面から根を持ち上げられようとするのを、人に踏まれることで地に足をつけ、たくましく育っていきます。
 踏まれても踏まれてもたくましく育っていくその姿を、子どもたちの卒業・人生に重ねて、子どもたちにも、世間の荒波にもまれても、もまれても、たくましく育っていくようにと願いを込めて並べてあります。
 目指す児童像の、心も体もたくましい子には、同じ願いを込めてあります。
 さあ、今日は6年生が巣立っていく日。今日は3年生が校舎中に広がって、朝から掃除をしてくれています。なんと頼もしい後輩たちではありませんか。
 6年生はみんなの祝福を受けて、今日、卒業していきます。
 在校生は、一足早く下校します。地域で卒業生を見ることでしょう。
 今日の学校は、一段と落ち着き持って、1日が始まりました。
 
 広瀬西小学校号も、いよいよ終着駅の一つである「卒業」につきました。10時に停車します。職員総出で見送りたいと思います。
     
正門前の桜、体育館前の桜、プール横の桜、敷地内の桜はすべて咲きました。まさに今日を待ちわびて咲き始めたかのようです。運動場の桜は満開を続けています。体育館南の塀際の桜も、ずっと子どもたちを見守って咲き続けています。

6年生教室は、昨日のうちに装飾を施し、登校してきた卒業生を迎えました。
卒業生もとても落ち着いて、式が始まるのを持っています。まさにお手本のような卒業生です。
 

トップページ(令和3年3月24日(水))

 おはようございます。今日は3月24日(水)です。
 今朝はうれしい話題がありました。長くなりましたので、PDFファイルで載せています。文字をクリックしていただくと、文書が開きます。ご一読ください。
  
トップページ記事.pdf
 

トップページ(令和3年3月23日(火))

 3月23日(火)< 日差しが温かいです。>

 今朝は気温4度。今年の冬にもこんな気温があったなあと思いながら、10度台後半の時もあれば、一桁の気温の時もあって、しばらくは冬物または、温かくするものを収納できないと思う今朝でした。
 ただ、日差しは暖かくなってきています。子どもたちは体育の授業で、動いて体を温めています。健康的な対処ですよね。
 夜中、眠っているときには冷えを感じないかもしれませんし、おなかを冷やして体調をくずかもしれません。特定の病気が・・・というより、いろいろな原因が重なって体調不良・・となることはよくあると思われます。
 昼と夜は違う、寝ているときは無防備・・と考えて、冷えに備えて対処しておきたいと思います。感染性胃腸炎と診断される子供さんは結構いるようですから(県の統計資料も先日載せましたが・・。)みんなで気を付けましょう。

 今日は、3年生が教室や今年お世話になった場所をきれいに掃除をしていました。感謝の心をはぐくむにはいい行動だと思いました。賞賛に値すると思って写真を撮りました。
 さて、昨日から6時間授業や5時間授業を学年ごとに行っていますが、いよいよ明日までが給食ありの時間割で進みます。25日と26日は給食なしの時間割になっています。いよいよ年度末を迎えます。
 気を引き締めて、元気に頑張って過ごしたいと思います。
 今日も元気な広瀬西小学校の子どもたちの声が響いている学校です。元気に始まっています・・・。

 地域での遊びの中での出来事を耳にします。楽しく、仲良く遊ぶ、またはルールを守って過ごすことを、帰りの会などで子どもたちにも話します。ご家庭や地域でのご指導もよろしくお願いします。

※ 太陽高度による日差しの角度でしょうか、緑の葉が輝いて見えます。これを「緑、萌ゆ」というのでしょうか?。
    3年生が一生懸命に掃除をしてくれています。
  日差しが冬と違って見えます。緑の葉っぱは写真より輝いて見えます。「緑、萌ゆ」です。
 

トップページ(令和3年3月22日(月))

 3月22日(月)< 今日も元気な子供たちでした。>

 登校時の挨拶の声はだんだん大きくなっています。けさは寒かったのですが子どもたちは、寒い様子は見せません。今日の一番乗りは、足を怪我したために送ってもらった子どもさんでした。挨拶の声が一番大きかったのは、いつも挨拶上手な登校班長さん。最近は登校班のメンバー全員で声をそろえて(声がハモるときもあります。)挨拶ができる班が多くなりました。元気をもらいます。
 5年生の体格のいい班長さん(Kくん)の班は、遠くから「おはようございます。」と声をかけてくれます。さきがけ挨拶としても、褒められるものです。
 今日は、私も立つ位置を変えて挨拶をしました。また、登校班が行う、恒例の学校への挨拶を見送った後に、いつも通りに「行ってらっしゃい」と声をかけました。
 子どもたちが一目散に児童玄関にかけていく姿を見ると、今日も一日元気に過ごしてくれるのだと安心します。
 今日も順調にスタートした広瀬西小学校でした。

 ※ 立ち位置を変えて改めて思ったことは、校舎にある壁画(レリーフ)に朝日が当たって輝くことです。太陽を表現した部分がありますが、まさにここに太陽の光が
  当たって輝いています。子どもたちもそうあってほしいと思いながら、この壁画を考えた方々はすごいなあとつくづく思いました。よくできていますね。!!。
 
 

トップページ(令和3年3月19日(金))

 3月19日(金)< 花曇り・・寒くはないですが・・・。>・・・学校の様子にお知らせを載せました。・・・・

 桜の花はますます咲いてきれいになっていきます。
 子どもたちの歓声も花に彩を添えるかのように明るく元気に聞こえてきます。活気がある感じがしています。
 
 今朝は、年を越して以来一番のボランティアの子どもたちの人数が出ていたようです。ちょうど、主任児童委員の後藤先生が来校されて、一緒に子供たちを迎えてくださいました。子どもたちが、しっかり挨拶をしてくれるので、私自身もうれしいですが、後藤先生(地域の方)にも挨拶がちゃんとできると思うとうれしくなります。
 子どもたちがしっかりしているので、ご家庭でのご指導もしっかりしているので、できて当たり前かもしれないのですが、学校でできないと、…と思ってしまいます。でも、しっかりできたので、(胸を張りたい気分)でした。
 後藤先生も気さくに声をかけてくださいましたし手作りのマスクを話題にして、子どもたちとの会話をしていらっしゃいました。
 子どもたちが会話上手な点もうれしく思う今朝でした。

 会話や行動で、今日も元気に始まった広瀬西小学校でした。
 大人の皆さんも、どうぞ元気な一日をスタートさせて下さい。
 私たち職員も、元気に今日をスタートさせたいと思います。それでは、今日もスタートです。
   
いつもながら2年生は花壇が見えないくらいに出ていましたがカメラを取りに帰っているうちにタイミングを外してしまいました。写真は5年生、6年生、1年生です。
 

トップページ(令和3年3月18日(木))

 3月18日(木)
 ・・・・春風に 乗って湧いたか 櫻花  時追うごとに  賑やかになり・・・・

 朝より昼、 昨日より今日と、刻々と花びらの数を増やしていくようにきれいに咲き誇る桜の花々です。運動場の南側は次第にピンク色の帯が広がっていくようです。春真っ盛りという感じがします。この分で行くと、土曜か日曜日には満開になるのではないかと思います。その美しさが卒業式までもてばいいと願っています。
 
 春めいてくる感じが日に日に強くなる学校です。その中で、1年生が体操体形に開いて並んでいます。しっかり並んでいる姿はもう2年生の感じさえするほどです。

 空気も暖かくなり、子どもたちの元気も抑えきれないくらい明るくはじけています。今朝も元気に挨拶をして登校した子どもたちです。

 朝の時間に4年生の「6年生への贈る言葉」を録画映像で、全校で視聴しました。
 来週に「卒業式が迫ってきた感」を、子どもたちも感じていると思います。
 今日も元気に、明るく過ごしてほしいと思います。
 注意することは、みんなが「・・・・過ぎない」こと(はしゃぎすぎない、夜遅くまで起きてい過ぎない、食べ過ぎない、遊びすぎない、羽目をはずしすぎない・・・等)だと思います。普段通りの生活リズムで修了式までは過ごしてほしいと思います。

 それでは今日も元気にスタートです。
 
 

トップページ(令和3年3月17日(水))

 3月17日(水)< 今日はスタートの日 >・・・今日はみんなに、桜咲け!!

 昨日は、公立中学校の卒業式が行われました。卒業された皆さん。ご卒業おめでとうございます。
 今日は高校を受験された皆さんが結果を手にする日でもありますね。「桜咲く」古い言い方ですが、明さんに朗報が来ることを祈っています。
 一昨日は、私立中学校の卒業式もありました。卒業された皆さん。ご卒業おめでとうございます。
 これからの進路を見据えて、つかの間の安ど感と、これからの準備をする緊張感。そして、自分なりに計画を立てて、好きな道へ進んでいける「達成感」「高揚感」を味わいながら、着々と準備をしてください。
 進学される方は、自分と同じか、それれ以上に頑張ってきた、いろいろな学校・地域から集まる、高レベルの人々と一緒に過ごしていくことになります。
 友達を作り、その友達と仲良くしながらも、より自分らしさを発揮できるように、頑張ってください。友達=ライバルと呼べる仲になれるといいですね。ライバルはともに高めあえる仲間のことです。
 夢や希望に胸を膨らませて、これからの道を進んで下さいね。

 小学生も、子どもだと思っていると、すぐに大人の世界に近づいていることに気づいて、慌てることになるかもしれません。6年生は、小学校では、すでに一人前としてふるまえるだけの力も知識も備えていると思います。行動力もあると思っています。
 それが他人に正当に評価してもらえるように表現できる方法を、今後は自分なりに考え・工夫していってください。(そうしてほしいと思います。)

 そういう意味で、きょうは皆さんの再スタートの日としてほしいと思います。
 朝掃除をした今朝は、全校児童に、学習の総まとめをしているように、掃除の総まとめもしてください。できるようになった事を確かめながら、時間いっぱい掃除をしましょうと、放送で呼びかけました。周りからも、掃除の仕方が理解できた、いい動きだと評価してもらえるように、かしこく動いて掃除をしましょうと話しました。
 これまでに学んできたことができる時期です。
 自分に自信と誇りが持てるように、充実して過ごせる日になるといいですね。

 という気持ちを、エールとして送りながら、今日も元気にスタートします。!!
 

トップページ(令和3年3月16日(火))

 3月16日(火)< 今日はこんな日 >

 宇宙空間で初めて人工衛星と有人宇宙船がドッキングできた日だそうです。科学の進歩がみられた日ですね。また、サッカーの本田圭佑選手がヨーロッパリーグで初めて決勝点を入れた日でもあるそうです。日本人選手が世界の一流選手の中で活躍できることを証明した日になりました。
 昔から、どこかで、誰かがコツコツと研究したり努力したりしてきたことが、一つずつ、あるいは一度に花を咲かせることが続いてきました。
 今日は全校朝会をして、善行児童の表彰式をします。うれしいことです。ほかにも頑張っている子どもたちはたくさんいると思いますので、これをきっかけにして、ほかにも頑張っている子供たちをほめたいと思います。

 昨日は、子どもたちが気持ちを引き締める日になりました。今日は、その続きを全校朝会で話します。どういう努力の仕方、どういう終わりの迎え方をすればいいのかについて話をします。
 また、それは4月からのスタートにもうすでになっていることも話していきます。
 今日も、学校生活の中で何か一つまた学びをもって家に帰れる日にしていきたいと思います。

 朝は2年生のボランティア集団が活躍をしていました。また始めてくれたと嬉しく思っています。広瀬西小学校のムードメーカーです。先々が楽しみだと思ってみています。

 さあ、今日も元気にスタートです。
 毎日コツコツと、大人も頑張らなければいけませんね。!!。

   
ボランティアを頑張る2年生。   朝から元気に遊ぶ子どもたち。                  そして表彰された6年生2名です。
 

トップページ(令和3年3月15日(月))

 3月15日(月)< いよいよあと2週間です。>

 子供たちが学校に登校するのは、あと10日ほどになりました。
 これからは、卒業式の雰囲気が占める毎日になると思います。また、各学年からの感謝やお祝いの言葉なども届けられるだろうと思います。
 今日は、卒業式の練習を通して行います。前回もお知らせしましたように、落ち着いた子どもたちですので、何も心配はいらないと思いますし、流れを確認するだけでも十分だと思っています。
 今朝も、低学年は、(まだ)縄跳びの練習をしてます。(すごいと思います。)
 長縄に入るタイミングはもう心配なく、どれだけ速く跳べるかに目標が移っているようです。子どもの成長や上達は早いです。始める前は色々、心配もしていましたが、させてみるに越したことはありません。

 さて、今、朝の放送が始まりました。
 子どもたちの日課が始まったのです。子どもたちは元気に今日をスタートさせました。私たち大人も元気にスタートしましょう。
 

 追伸:学校内の掲示板の様子を「学校の様子」で紹介します。写真が小さいので、メッセージまでは写っていませんが、雰囲気だけでもご覧ください。
 

トップページ(令和3年3月13日(土))

 3月13日(土)< 今のままを続けましょう。 >

 新しい生活習慣を身に着け、手洗い、手指の消毒、うがい、家庭内の清潔、共有場所の清潔・消毒を続けています。その結果、宮崎県では1週間コロナウイルスの感染者が出ていません。少しだけ安心した気持ちになります。
 が、今の消毒の習慣、マスク着用の習慣、共有部分の消毒の習慣・・等々をしっかり実行しているから防げている結果です。やったほど結果がついてくるといえます。
 油断していると、変異ウイルスに感染する危険性が出てきます。最初のころのウイルスから変異ウイルスに代わってきているようです。県をまたいだ移動が解禁される中で、県外の多発地域からウイルスを持ち込むことも予想されますので、自分の体の直前では必ず撃退できるように、手洗い・うがい、手指の消毒、マスク着用、家庭内の清潔、共用部分の消毒等は、今後も継続していくことが大事です。
 
 お泊り会などは、すべてが無に帰してしまいます。
 そこでは、マスクはしません、消毒の合間に不特定多数に密着します、共有部分での感染は防げません、人が触ったものを次々に触ります・・・などと危険性は高まります。

 この春を乗り切る方法は、やはり、密を防ぐこと、会食を減らすこと、または感染を防ぐ対策をきっちり行うこと、手洗い、手指の消毒、吐息がかからない席を用意すること、換気は十二分に行うことなど、防衛策と言われていることをかたくなに守ることです。(それでも感染することが報告されています。)

 明るい春はもうすぐです。着々とまとめをしましょう。4月からの準備をしましょう。今ある実力をスタート地点にしましょう。

 今日はソフト少年団の練習試合があるようです。元気な声が聞こえてきます。月曜日に疲れが残らないようにすることも、次の試合に向けての準備と考えて、体力温存も作戦に入れていただけるとありがたいと思います。。好結果の報告を期待しています。

 さあ、今日も元気にスタートしましょう。
 

お知らせ(令和3年3月12日(金))

教育委員会から文書が届きました。ホームページにアップしますのでご覧ください。
なお、紙面でも、今日、配付しましたので、ご一読ください。

     保護者様宛鑑.pdf

    【別紙】学校における今後の感染防止対策について」 .pdf
 

トップページ(令和3年3月12日(金))

 3月12日(金)< 危機管理。まずは自分の身の回りの安全確保から >

 < ルール・決まりは、私たちを守るためのものです。>

 今朝は雨模様になりました。傘をさすほどではない時間もありました。7時40分ごろに学校では、パラッと雨が降りましたが、それだけで済みました。
 傘をさすときには、傘で痛い思いをする子がいないか?(傘が当たったとか、傘を開いたときに、骨の先が当たったとかの事故がないか?等と)と、心配を常にします。子供達には、学級で指導を口をすっぱくして言うぐらいです。
 日常生活における、道具使いの上達から、考えた行動をとるという、賢い生活を目指したいと思っています。
 そういうことが積み重なった中で、ルールができ来ました。
 傘を振らくときは、周りを見て安全を確かめて・・・。
 廊下は右側通行、走らない、モノをもって振り回さない、モノを投げない、飛び出さない、高いところから飛び降りない、室内では暴れない、・・・・昔から言われてきたことも、社会生活上のマナーとして、人は伝えてきました。
 それもこれも、自分たちを、まさか!!の事故やケガから守るためだと思っています。
 今、身の回りにあるルールは、守って当然だということです。そうやって、今に至るわけですよね。子どもたちにも今日、朝、それを、話したところです。学級担任から指導があると思います。


 
学校敷地内では、朝、子どもさんを送ってこられるときは、第1駐車場までです。
 けがをしている子どもさんについては、正面玄関前まで入っていただきますが、職員の出勤と重なりますので、事故に注意が必要です。
 児童クラブでの送り迎えも同じです。学校敷地内ですから、学校のルールに従って、敷地内は、「 徐行 」です。20キロ程度の速さで走行することが原則です。 
 子どもたちの安全、保護者の皆様、職員、お客様方、学校出入り業者、等々の安全を守ることが最優先です。
 駐車禁止の場所もあります。特に、体育館南側は、児童クラブ送迎者の出入りが多い関係で、走行に支障をきたします。
 学校敷地内の安全を確保するために、制限があるのは致し方ないとご了解ください

 昨日の、東日本大震災についてはご家庭でもお話しくださったでしょうか。
 いざという時の避難場所などを確認しておくだけでも、効果があると言っていました。まさに当時小学生だった子どもたちのインタビューが数多く放送されていましたね。広瀬西の子供っち、佐土原町の子供たち、ひいては宮崎県の子どもたちがかな悲しまないで済むように、備えておきたいと思います。

 決めごと、言い伝え、ルールは、私たちの安全を守るものだと思います。
 

お知らせ(令和3年3月10日(水))の2

 3月10日(水)お知らせします。
 
 今日は、光が丘幼稚園から、園長先生をはじめとして、先生方と年長さんたちが学校訪問に来てくれました。元気でかわいい子どもたちでした。いろいろな小学校に入学するようです。(ちょっとだけ聞いてみました。)
 でも、すぐに新しい風を吹かせて、どこの小学校でも、雰囲気を明るくしてくれるのだろうと楽しみに思ってお迎えをしました。
 短い時間だということですが、今日は天気もいいですし、楽しんでもらえるといいと思います。運動場でも思いっきり遊んでもらえるといいと思います。
(学校の教室配置の見方を知っている子供さんもいるようで、5年1組はあそこだ・・・とか声が聞こえてきました。なかなかのしっかりさんもいるようでした。)
     
 

トップページ(令和3年3月10日(水))の1

 3月10日(水)< 新生。登校班すがすがしく登校!>

 朝、7時前後には、学校内に鶯の声が響き渡っています。2月ごろから鳴き始めているので、鳴き方もなかなかうまいものです。鳴き始めは、声が聞こえなかったり、ホーホケキョが言えなくて、縮まったりしていますが、今は堂々としたものです。
 7時15分過ぎから、子どもたちが登校を始めますので、その声と入れ替わるように、鴬は声を潜め、代わりに子どもたちの話し声や挨拶の声が聞こえてきます。
 今日は天気も良くて、子どもたちの動きも活発です。

 昨日は、登校班会をして、新しい登校班を確認しました。新班長さんが先頭になって、これまでの班長さんが後ろから全体を見守って、登校してきました。
 登校後のあいさつも、今日は新鮮に=元気に聞こえましたし、整列がよかったです。
 今まで、列にならべなかった子どもも、後ろからくる元の班長さんに促されて、しっかり並んできました。初々しくて、とても行儀よく挨拶も上手だった今朝の登校でした。
 保護者の皆様、地域の役員さん方には急でご迷惑をおかけしましたが、その成果はばっちり出ていました。お礼を申し上げます。ありがとうございました。

 放送委員会の英語での朝の放送が始まりました。
 今日が、シャーリーさんやキース先生が外国語指導に来られる日だからです。

 今朝も、子どもたちの元気さで活気にあふれた学校が始まりました。
 今日も一日、楽しく過ごしてほしいと思います。

 山桜の2本目が見事に咲いています。最初の桜は葉桜になりました。そんな中を山と谷のほうでうぐいすが鳴き声のかけあいをしています。
 風情豊かな広瀬西小学校です。
 

トップページ(令和3年3月9日(火))

 3月9日(火)< 今日は何の日 >

 明治27年に記念切手が初めて発行されたそうです。また、昭和33年に、下関と門司の間に国道海底トンネルが開通した日だそうです。フランスとイギリスの間にも海底トンネルを作る計画もあるとか・・? 昭和の時代に海底トンネルを作るとはすごいですね。でも、日本は山が多い国です。いたるところにトンネルを見ます。ここにも高い技術が使われているそうです。技術立国日本には、実はすごい技術が当たり前のように存在しているようです。
 その基盤になるのも学びの基礎・基本だといわれています。今後、日本は工業技術・科学技術・電子工学等と薬(製薬)の面で研究を高めていくようですから、今後の子供たちの進路などの参考にもなるかもしれませんね。

 今日は、登校班会をしました。新しい登校班の確認、これまでの班長さんへのお礼、新班長さんへの引継ぎなど、地域や班によって会を行いました。
 明日からも元気に登校してくれるといいと思います。また、4月から、新1年生が入ってきます。そこも含めて、対応できるよう心構えもしておいてくれるといいと思います。昨年は、おんぶしてきた6年生がいました。かばんを持ってくれた上級生や周りのお友達もいました。頼りになる上級生やお友達です。
 次年度も地域の子供たちを信頼して、引継ぎをしてもらいました。
             人数の多少、班の数が多い地区やそうでない地区もありましたが、みんなが仲良く安全に登校してくれることを願っています。
 

トップページ(令和3年3月7日(日))

 3月7日(日)

 今日は雨模様になりました。ソフトの試合の予定だったようですが、天気によってはできる可能性が低くなってしまいます。晴天と雨天が交互にやってくる予報になっているようです。気温の高低差=寒暖差が激しいようですから、体調管理に注意が必要です。ご注意ください。
 昨日は、朝、新一年生のご家族が、家から学校まで歩いてきました・・。と、敷地内を見て回っていらっしゃいました。結構、「遠かったです。」と話していらっしゃいました。初めての経験で大変だったでしょうが、4月からの活躍を期待したいと思います。 
 子どもさんは、とってもはきはきした、かわいいお子さんでしたので、すぐに学校に慣れて、遠い道のりも、今の子どもたちがしているように、すぐに慣れて、他の友達と一緒に通えるようになるでしょう。子どものほうが、環境に適応しやすいですよね。
 昨日の民放で、「ポツンと・・・」という番組で、40分歩いて学校に通う予定の新一年生の姿(1年2か月前に放送分の再放送)が映っていました。たくましかったです。昨日、お会いしたお子さんも、きっとそうなるのだろうと期待しています。
 水曜日には、近くの幼稚園の入学予定の子どもさん方が学校参観に来られます。
 今から学校に慣れて、入学したらすぐに自分らしさを発揮してくれるといいなと思います。もう、既に4月からの準備がいろいろなところで始まっています。

 さあ、在校生の皆さん卒業予定の6年生。4月からの準備を始めてくださいね。それは、毎回言っているように、今年の総復習から始まるのです。今年のうちにしっかり4月から始めることの、ものの準備をするのです。今、ある事を充実させることが準備になります。
 今日も計画通りに過ごしましょう。
 さあ、今日も元気にスタートです。!!
 

トップページ(令和3年3月6日(土))

 3月6日(土)

 おはようございます。今朝は、少女バレーボール少年団の子供たちが、車を止めるやいなやあいさつに駆け寄ってくれました。スポーツマンシップにのっとり・・・だなあと、気持ちよく言葉を交わしました。演習試合だそうです。勝利経験を積み上げていってほしいですね。

 さて、今日はあいにくの曇り空になりました。雨と晴れを繰り返して夏に向かっていくのでしょう。・・といっても、3月20日の彼岸をすぎないと、暦も変わりませんが・・。
 昨日は、久峰公園では佐土原小学校がお別れ遠足を楽しんだようです。晴れでラッキーでしたね。子どもたちも喜んだことでしょう。
 本校でも、運動場や裏庭で遊んでいた子供たちが120名ほど。(数えました。)ということは、残り180人ほどは建物内にいたことになります。読書をしてくれたのでしょうか?図書館の集計作業が始まったようですから。結果を楽しみにしているところですもうすぐ、図書返却週間になって、借りられなくなる=次年度に向けて図書館の準備をする・・期間に入ります。
 新年度も、新刊を増やして、魅力のある図書館にしていきたいと思います。

 さあ、子どもたちはどんな計画で今日を過ごすのでしょうか??
 今日も元気にスタートしてください!!
  
学校の掲示板にも春がやってきました。ひな祭りや桜の挿絵が明るさを演出しています。
 

トップページ(令和3年3月5日(金))

 3月5日(金)< 春の陽気のような朝です。>・・※6年生が「AIドリル」をしていました。未来に行ってしまっていました。!!・・・

 コロナウイルスの心配を忘れてしまうほど、感染者がいないと落ち着く感じがします。県も8日から「沈静化」と判断してレベルを「2」にhき下げるというニュースを見ました。新聞の第1面には本の宣伝があり、「スマホ脳」という本が紹介してありました。要は便利なものも、使い方次第で良くも悪くも影響するということだと思います。
 読んでみたいと思います。知らないより知っていたほうがいいと思うからです。
 昔は、テレビの影響を言っていました。さほど影響はないと思っていましたが、自分の時間、行動する時間の多少を考えてみると、自分の経験でいうと、断然違います。テレビに費やした時間の半分でも、実際の行動に使えばよかったと思う時があります。
 事実、単身赴任をしていた時に、テレビなしで過ごしたj期間は、仕事がはかどったたと思います。勉強もしかり、理解したり活用したりする時間が多ければ、もっと違っていたかも・・とも思います。

 県立高校の問題が出ていました。「校長室から」・・で解説をしてみたいと思います。小学校の知識を使って、または基礎・基本に視点を置いて考えると、正解に近づけるものもあるようです。基礎・基本はこれだからすごいですよね。高校入試にも小学校の学習内容が見え隠れしている・・。

 さあ、気候は暖かくなってはいますが、緊張感をなくしたり、油断で事故やケガ、思わぬことに巻き込まれないように、注意して過ごしたい、子どもたちにも過ごしてもらいたい今日です。金曜日でもあります。気を引き締めて、過ごしたい一日です。
 
 今日も元気にスタートしていますよ!!

 ※ 朝の時間に、2年生から6年生へのお祝いメッセージが流れていました。
   遠目に見るよりアップで映っている分、子どもたちの表情がわかりやすくてよかったと思います。次は3年、4年、5年と、予定が組まれています。3年生は準備ができているようです。!!
 
 霧も出ていて、子どもが、なんか不思議な感じ・・といって登校してきました。
 

トップページ(令和3年3月3日(水))

 3月3日(水)< 楽しい一日が始まります。>

 ちょうど1年前の今朝は、臨時の職員朝会を開いています。
 緊急事態宣言が、当時の安倍首相から出され、それを受けての伝達を行っています。
 今年は、雨が続く中で、昨日の午後から今日しかない晴れ間で、遠足を行うことができます。本校の子どもたちは幸運の持ち主だなあと思います。
 この後、全校レクリエーションをズームを使って行います。交流するにはそんなに時間が取れない中、移動せずに、学級内ではありますが歓声は校内に響き渡りますので、楽しんでいる様子を全校児童が共有できると思います。
 できないながらもなんとか知恵を絞って子どもたちに楽しい時間を作ってあげたい・・という職員の気持ちも高まっているようです。
 下校の注意点、児童の下校先が多岐にわたるようですが、担当や学級担任が、職員朝会で連絡しあっていました。
 元気な子どもたちと細かに配慮する職員で力を合わせれば、楽しい一日過ごせると思った今朝でした。順調に進んでいます。
 久峰公園ではけがに注意をして、児童が仲良く遊べる時間を作りたいと思っています。マスク着用、消毒液持参、タイミングを見ての放送や指示を的確に行って、健康面・衛生面にも配慮して過ごしたいと思います。
 なお、自分のごみは持ち帰りますが、その他のごみは衛生面を考慮して、触らないようにします。公衆道徳、マナーからすると、どうかとも思いますが、この時期です。感染症予防も考えて、子どもたちにも理由を説明して、衛生面優先でいきたいと思います。
(ボランティアでゴミ拾いをするときには、軍手やヒバサミなど、周到な準備をして行いたいと思います。)

 という状況です。今日も元気に学校がスタートしました。
      

今朝も思い思いの過ごし方をしています。ボランティアや学級での花の世話もいつも通りに行われています。遠足だからといっても、日常を忘れないしっかりさが頼もしいと思いました。
 

トップページ(令和3年3月2日(火))

 3月2日(火)<花を咲かせる時期です。>

 校庭の花、花壇の花、敷地内の花、敷地周りの花・・・を咲かせる植物が、次々に花を咲かせています。
 敷地西側にある「笑顔の木」も花を咲かせました。永遠の桜の木になって見守り続けるから・・・という言葉とともに見守り続けてくれていることを、今年も花がきれいに咲いたことで確認をすることができました。全校児童にも紹介して・・・(もう、子どもたちは気付いているでしょうが・・。)、語り継いでいきたいと思います。そして、その言葉に応えていってほしいと思います。
 また、運動場南側の土手に、山桜でしょうか、きれいな花を見せてくれています。
 こうして、厳しい冬を乗り越えた先には、花を咲かせる・・という、頑張っただけの成果を見せてくれます。
 子どもたちには今朝の全校朝会で話しました。
 県立高校のそちゅ業式で、コブクロの小渕健太郎さんがメッセージを届けたということ。(コロナ禍の中にあって卒業を迎えるが、逞しく前に向かって進んでほしいというような内容でしょうか?・・。)
 サッカーのクラブチーム「テゲバジャーロ宮崎」が、Jリーグに登録されたこと。長年の悲願が実ったこと。
 女子ラグビーのオリンピック代表に、門川町出身の女性がいて、活躍していること。などなどを話して、だからこれまでの努力は必ず実を結ぶから3月も目標を立てて、計画通りに進めていってほしい・・などの話をしました。
 みんなに、今年度の花を咲かせてほしいと思っています。めだつ大きな花でなくても、ひっそりと咲く花でも、花が咲くと実がつきます。その実がまた次の逞しい苗を育て増やしていきます。
 花は、咲くために咲くのではなく、また、咲いて終わるのでもなく、次に向かう実をつける基になるから貴重なのですね・・・きっと。でも人はその花自体も褒め称えます。
 だから、一花咲かせることは大事な次へのステップだと思います。

 というなかで、今朝も元気に始まった広瀬西小学校でした。
   
   
1・2枚目が笑顔の木の花「寒緋桜」3枚目は「山桜」の花、4枚目が作品募集でひと花咲かせた子どもたちでした。
 表彰者がありました。交通安全かるたの読み札、絵札の部で6年生がそれぞれ1名入選しました。読書感想画で2年生が1名入選でした。税に関する作品募集で6年生が1名入選しました。
 コツコツと取り組んでいれば必ず結果はついてきますね。他の子供たちも参加してくれましたが、今回はこの4名でした。次を目指して、また取り組んでほしいと思います。
 

トップページ(令和3年3月1日(月))

 3月1日(月)< きりよく、1日・月曜日から始まりました。>

 さあ、始まりました。学年最後の月の第1日目です。
 子どもや職員が次々に登校・出勤してきています。今日も、いつもと変わらない、朝の風景は動き出しました。・・・挨拶運動に行ってきます。・・・

 戻ってきました。7時20分から始まった子どもたちの登校は、7時48分で終了しました。元気よく挨拶をする班が多いですが、声が小さい班もありますので、今後も元気な挨拶を目指していきたいと思います。
 ボランティアの子どもたちも帰ってきました。効率よく作業をしてくれたようです。
 始業8分前。フットワークのいい子どもたちが教室に戻って、全員で今日のスタートを切ります。雨が降りそうではありますが、明日から晴れて、3日(水)のお別れ遠足では楽しく外で遊ぶことができると思います。
 雰囲気のいい子どもたちに、天気も加勢をしてくれるようで、楽しく思います。
 放送委員会の朝の放送も、落ち着いた声で始めてくれました。
 学校らしい雰囲気の朝です。3月第1日目が順調にスタートしそうです。

学校には鳥がよく来ます。今朝はモズの姿を見ました。若い元気そうな鳥です。
  
羽繕いをしては地面に降りてえさをついばんでいるようです。ほかの鳥も、冬に餌をいっぱい食べることができたのでしょう。ふっくらした元気そうな姿を見せますよ。
 

トップページ(令和3年2月26日(金))

 2月26日(金)< 春雨・・。ですかね。>・・今日は月に一度の学級担任が学年の部屋に各日です。・・・・

 乾燥しているところでは山火事が発生しており、4日たっても消火できないとニュースで言っています。また豪雪が・・といっているところもあって、日本列島の気象の幅の広さに驚いています。
 雨で、空気が湿り、また地面が濡れているので、花粉も飛ばないでしょうし、火事が発生する確率も低くなると思います。天気や気象、気候に恵まれることは幸運ですよね。そんな中で、少しでも子供たちと、何かを身に着けていきたいと思います。

 昨日は、18時30分から、久峰中学校で、学校関係者評価委員会が開かれました。保護者の皆様からはアンケートで、評価をしていただきました。子供たちからも評価をしてもらいました。それを見ていただいたうえで学校評価委員の方々にも、評価をしていただきました。
 読書量や読書をする時間で、評価が高くなかった点については、学校で読む時間の確保をしているので、家でも読書時間の確保をお願いしたいと思いました。
 勉強時間や内容については、子供と保護者の皆様で評価が大きいく分かれていましたので、家での学習時間の長さの協議や、学習している内容について、共通理解を図り、次年度は同じ評価基準のもとで、実施と評価をしていくことが大事だとお話をしました。
 完璧に100%ということはなかなかできないでしょうが、それでも、子供たちが無理なく、持っている力を伸ばせる範囲で最良のモノや時間は何かなどを皆さんと一緒に考えながら取り組むことが必要だと思いました。
 今年も、保護者の皆さんのご協力のおかげでいい結果がたくさん出たと思っています。これからもよろしくお願いします。評価委員には、下苙園長先生やいいとも塾の長友さん、石川会長がいらっしゃいます。子どもたちのことをよく見ていらっしゃって、コメントもいただきました。
 次年度も、ご期待に沿えるよういろいろな計画を立てていこうと思いました。
    
今日は雨ですが、植物は喜んでいると思います。花がきれいに咲くようになってきました。
 

お知らせ(令和3年2月24日(水))

 3月24日(水)< 今日まででしょうか・・?>

 今日まででしょうか、穏やかに晴れる日は?
 週間天気予報を見ると、雨のマークが続いているようです。が、花粉が先週からたくさん飛んでいるようですから、雨が降って花粉が落ち着くと、アレルギーを持っている方々は、一息付けるのではないでしょうか。例年より少ないといわれていた花粉ですが、どうしてどうして、たくさん飛散しているようです。
 
 さて、宮崎日日新聞では、各市町村にいらっしゃる先生方の教育論文表彰結果が掲載されていました。本校からは1年担任の「肥後風香」教諭が入選していて表彰状をいただきました。
 「生活科におけるタブレット活用とその効用」といった内容で、体験重視の生活科に、タブレットを持ち込んで記録し、時間をかけてじっくり見るところに上手に使ったら効果があった。という内容です。タブレットを、市内の各学校に先んじて使っている本校ならではの研究内容と成果だったと思います。
 本校の他の先生も、みんな論文として実践したことを出していれば、それなりの評価を得る指導をされている先生がたくさんいます。次年度はここからがスタ-トですから、さらに子どもたちの学習が進むことを期待しています。
 今日の新聞には、中学生や高校生の、この時期の学習のまとめとしての成果報告もたくさん掲載されていました。
 6年生の2年後4年後の姿として見て欲しいと思います。

 今朝は子どもたちのあいさつの元気が、いつもより更によかった、朝でした。
 今日も元気よくスタートしていますよ!!

初日の出のような太陽でしたがレンズを通すと普通の太陽でした。でも朝日がきれいでした。初日の出のように見えたのですが・・・。
 

校長室から(令和3年2月20日(土))

 2月20日(土)< 穏やかな朝を迎えました。>
 
 寒さは平年並みだといいます。日理は気温が上がってk過ごしやすいとも言っています。一昨日までと違って、風も凪いで穏やかな朝を迎えました。子どもたちは、朝すっきり目覚めたでしょうか。
 昨日までに、全学年の参観日を終え、今まで身に付けたものやことを、お店で来たかと思います。その中の姿や態度で、1年間の成長を見ていただけていたらうれしく思います。
 子どもたちの発表の姿、内容、保護者の皆様へのメッセージなどいろいろとあったかと思います。特にメッセージは、書くことに照れていたと聞いていましたが、次第に本気モードになって書いていたといいます。素直な気持ちが、いろいろなことばででていたのではないでしょう。
 さて、今日は土曜日。少年団の練習の音が聞こえてきます。
 暖かくなれば、体も動かしやすくなるでしょう。けがをしないように、段階を追って動いてくれるといいと思います。
 まだ2月は終わっていませんので、今月分の目標を達成すべく、計画的に動いてほしいと思います。
 登校回数は在校生24回、卒業生23回です。日数でいうと在校生34日、卒業生33日になりました。
 今日も元気にスタートしましょう!!
 

トップページ(令和3年2月19日(金))

 2月19日(金)< 最後の参観日です。 >

 今日は上学年の参観日でした。朝は水道管が凍るほど冷たく真冬並みの中での投稿でしたが、昼はあるの陽気になりました。真冬から春へと、たった半日で変わるこの頃です。
 今日は4・5・6年生の参観日です。コロナ禍のなかで、できる反で一生懸命に学んだことをご披露しました。
 4年生は、10歳を迎える学年。成人は20歳ですから半分の途sになります。2分の一成人式を行い、保護者の皆さんに見ていただきました。
 5年生は、「だいぞうじいさんとガン」の国語科の学習を見ていただきますが、ここに出てくる登場人物の言動から、共感できるものやことをみつけて自分たちの成長にもつなげられる学習だと思います。
 6年生もこれまでの学習をまとめて、6年生の立場で発表します。今年のことも含めて6年間を振り返りながら見ていただければ嬉しいと思います。

 1年生から3年生は、昨日参観日が終わりましたので、昼休み時間に思い思いに遊んでいました。4年生から上の学年は、最後の準備や練習などをして過ごしていたようです。子どもたちが思い思いに躍動した今日の一日でした。
    
 

トップページ(令和3年2月18日(木))

 2月18日(木)< 寒かったですね。>

 今日は、寒い朝になりました。参観日を予定しているのに・・と思いながら目覚めました。でも、日の出が早くなったせいか、これまでの時間に比べると、明るくなる時刻が早くなって周囲の見え方も違ってきた気がします。
 日中の日差しの入る角度も変わってきていますので、春が足早に来ているはずなのですが・・・。

  
 今日は5時間目が授業参観。6時間目が懇談になっています。今年2回目にして最後の参観日です。子どもたちも職員も、リハーサルを重ねていたようです。
今日はその成果を十分にご堪能ください。ところどころに表示をしておりますので、それを手掛かりに部屋にお入りください。

   
 今朝は3つの学年が外で遊んでいたようです。右端の写真は、手身をもってボランティアに向かう子ども2名です。気配りができる子供たちです。
氷がはってました・・と手渡しでくれました。冷たい、でも久しぶりの氷を手にしました。寒さの程がうかがえます。雪も降りましたよ・・と教えてくれる子どももいて、昨日の寒さはこの冬一番だったのだろうと思いました。
 

トップページ(令和3年2月17日(水))

 2月17日(水)< 春の嵐??>

 昨日から風が強いですね。北海道の根室では気象観測を始めて140年で初めての低気圧の低さで、暴風雪になっているようです。九州でも雪、宮崎でも冷たい風が昨日から強く吹いています。春の嵐といったところでしょうか。
 昨日は、以前記事で書きました通商産業省と文部科学省が進めている「未来の教室」の研修会がリモートでありました。
 子供たちが社会に参画して、いよいよ重要なポジションを任される年ごろ、20年後にどうあるべきかを考えて今の教育を考える内容でした。
 ですから、過去のいろいろな出来事の上に今があり、今のことをしっかり勉強して成果と課題を明らかにして、未来に向かう態度や学び方を、学校では教えなければいけません。もちろん、学校が…だけでもなく、子どもたち一人一人がしっかりと将来を見据えて学ぶことが求められています。・・という、今の社会です。

 今朝もボランティアに向かう女児2名が、道具のあるところを見て、引き返していきます。ああ、箒がないので手見を持ってこようとしているなと思いました。通りがかったときに、「その行動が本当の意味で賢いというんだよ」と声を掛けました。
 にっこりして、「ありがとうございます」という声が返ってきました。
 こういう子どもを育てたかったのでした。理想に近い場面がよく見られるこの頃の広瀬西小学校です。

 今しがた雪が舞いました。空に黒い雲がある間だけでしたが・・。8時10分ごろのことです。
 子ども達には風邪をひかないよう注意してもらって、今日も楽しく過ごしてもらいたいと思います。
 さあ、今日も元気に、スタートしましょう!!

お昼になってもまだ風が強く吹き荒れています。
 

トップページ(令和3年2月16日(火))

 2月16日(火)<まるで絵に描いたような・・・。>

 今朝は、集団登校の班長さん(6年生)が、先に挨拶をしてくれました。「さきがけ挨拶」といって、相手より先に声を発するのが、あいさつを受ける側としてはうれしいですよね。
 また、ボランティアに向かう子どもたちが、駆け足で目的の場所に向かっていきます。ゆっくり歩いて行っていると短い時間だから作業があまりできない、出ただけで何もせずに帰る羽目になる・・事がわかって行っている動きだと思い見ています。
 そして、最後には、早めに登校してボランティアに向かう子どもたちが、今登校してきた子どもたちに向かって、「おはよう」と「笑顔で手を振りながら」言葉(挨拶)を交わしています。
 これ以上はない光景だと思いませんか?
 仲の良い友達どうし、雰囲気のいい学校のスクールライフの一場面のようではありませんか? そう思えて、まるで絵に描いたような光景だなあと思ってみた今朝の出来事でした。(もちろん、様々な人間ドラマもいっぱいありますが・・。だからこそ・・・。)
 昨日と打って変わって冷え込んだ朝でしたが、子供たちは今日も心なしかあいさつに元気があって、寒さに耐えながらも、もう春を迎えた、そんな勢いを感じさせる子どもたちなのでした。
 いいものですよ。そんな雰囲気を見たり一緒に挨拶を交わしたり、言葉を交わして会話をするのは・・・。
 今日も、明るく楽しい雰囲気で始まった広瀬西小学校でした。
 登校時刻も、昨日より(ここ数か月より)10分ほど早く全員がそろったようです。
 地域の皆さんの「目配り」「気配り」「声かけ」のおかげで、今日も子どもたちが無事に登校してきました。ご指導ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
 

トップページ(令和3年2月13日(土))

 2月13日(土)< 今日は何の日 >

 今日は2月13日(土)です。
 明治8年(1875年)に、全国民が苗字を名乗るように決まったのだそうです。145年前のことですね。野球界では、野茂英雄投手がアメリカ大リーグのドジャースに入団した日だそうです。日本人野球選手の夢であった大リーグへの入団を果たした人として有名です。今は球団を持っているとか、事業をしているとか聞きますが、選手をやめても活躍しているところがすごいですね。
 6年生は、歴史を学習しています。教科書以外のいろいろな出来事にも興味を持ってみてはどうでしょうか?いろいろな出来事の中に、自分の夢をかなえてくれるヒントがあるかもしれません。
 
 さて、今日は雨模様です。いろいろなところで水田の耕作(寒鋤き:寒おこし)でしょうか、耕してあります、この雨を受けて土が柔らかくなって、苗を植えるまでに何度か耕せば、いい土壌ができますね。
 日南市などでは3月下旬には田植えをしますので、あと一か月もすると、水田付近が忙しくなると思われます。春はそこまで来ていますね。

 子どもたちは、今日は雨で外遊びができないでしょうから、家で、静かに過ごすことになります。コロナウイルス感染が「「 0人 」の日が出てくるようになりました。しかし、ウイルス自体がなくなったわけではないので、感染予防は今後も今まで同様にすべきですね。また、密になることも控えて、ワクチン接種が始まって、大丈夫と言われるその日まで、用心をしましょう。

 ワクチンの第一陣が日本に空輸されてきたそうです。ヨーロッパの運輸会社にまで行って取材をしていました。運んできた飛行機の映像も出ました。いよいよ接種できる日も近づいてきました。
 明るいニュースも、続々と聞けるかもしれませんね。

 さて、
 今日も仕事の方は、気を付けて行ってらしてください。
 子どもたちは計画を立てて、油断なく過ごしてください。
 今日も元気にスタートしましょう。
 

トップページ(令和3年2月12日(金))

 2月12日(金)< 今日は何の日 >

 昨日は、建国記念の日でお休みでした。では12日は何の日かと調べてみると、やはり制定されているものがあるんですね。昭和43年にレトルトカレーが発売されたのだそうです。インスタント?の走りですよね。日本人は、効率的に、簡単に、…を実現させるのが上手な国民ですよね。また、それだけ技術を開発していくという賢さも持っているからでしょう。
 人で見ると、「探検家:植村直己」さんが冬のマッキンリーという高い山に一人で登ったという記録が残っています。探検家という職業?を耳にしたのも初めてだった気がします。また、スポーツ界ではゴルフの青木功さんがハワイアンオープンで優勝して、世界の青木といわれ始めたのも今日をきっかけだったようです。
 新聞には、106歳まで水泳を続けたという方の記事が載っていました。
 今日は全校朝会もしましたので(リモートで)、この記事の話をして、「今年度が残り29回、または30回登校すると終わる。残された日々を今年度の仕上げとして、また次年度4月からの準備期間として、しっかり過ごしましょう。」と話をしました。
 歴史の表舞台に出る子供たちがいるかもしれません。また歴史の表舞台には出なくても、地域でしっかり、家庭をしっかり守れる人に育てば素晴らしいことだと思います。
 人生100年時代。子供達には、まだあと90年ほどの時間があるけれど、その基礎は小学生時代です。『3つ児の魂100まで』という言葉もあります。」と話をしました。
 いつでもどこでも、今を大事に過ごすことが明日につながっていきますよね。
 今日も元気に一日がスタートした広瀬西小学校です。
  
 全校朝会で新聞記事の紹介をして話題にしました。
 今日は善行児童表彰もしました。本校からは柊山くんが推挙され、表彰されました。おめでとうございました。写真は、教育委員会に報告として送ります。
 

トップページ(令和3年2月11日(木)):(建国記念の日の)

 令和3年2月11日(木)< 建国記念の日 >
 < 今日は何の日? >
 今日は、国の成り立ちを祝い国を愛する心を養う日、として1966年に制定されたそうです。今は、いろいろな国が建国されていますが、戦争がなく争いもない平和な国は数えるほどです。それを考えると、文化も文明も生活もある程度豊かな日本は幸せといわなければいけないと思います。その元をなすのは教育です。子供達には身の回りを知り、日本という国を知り、世界の様子を知って、この平和な国をこれからも発展させていってほしいと思います。

 文化面でいうと、2000年(21世紀に突入)時に、毛利 衛さんが宇宙飛行士として宇宙に飛び出したことが有名です。初めての宇宙飛行士はテレビ局の秋山さんという方がロシアの宇宙船に搭乗して地球の外に出たのが最初です。その後、複数の日本人が宇宙に行っています。今は民間でもロケットを打ち上げようと研究が進んでいます。その30年前に日本はやっと人工衛星を飛ばすことに成功しています。1970年の今日だったそうです。

 また、長野県で行われた冬のオリンピックでスキー女子モーグルで、里谷多英選手が優勝したのも記録に残ることです。こうして、歴史にも残ることが多くある日本も、産業や文化、スポーツなどができる環境を維持できているからだと思います。
 いま世界には196か国ほどがありますが、争いがなく平和で、産業が発展して豊かな国は、そう多くありません。戦争に巻き込まれないことも大事なことです。
 そのためにも、子どもたちにはしっかり教育を受けてもらって、自分を知り、人を知り、地域を知り、日本を知り、世界を知って、何が大事かを学んでほしいと思います。
 そしてこの先ずっと日本を平和なままの国であり続けさせてほしいと思います。
 建国記念の日に、そういうことを思うのでした。

 きょうは、工事が学校に入ります。少年団の練習も行われるようです。
 一日、怪我無く安全に過ごしてほしいと思います。さあ、今日も今からスタートです。
 

トップページ(令和3年2月10日(水))

 2月10日(水)< どうせやるなら >

 今日も子どもたちは、落ち着いて登校してきました。出勤途中で見る子どもたちの中には、集団登校中に土手に勢いよく上ってまた列に戻るといったことをして、元気な様子を見せている子どももいたそうです。けがをしなければいいが・・と思ってということでした。
 今朝も寒さが厳しかったので、日中の薄着をイメージしたままの朝の薄着は、体調不良になりはしないかと心配です。肌着、シャツ、上着などのように3枚構成の重ね着がいいかもしれません。
 コロナ感染者も、劇的に少なくはなりましたが、数名が出ている様子ですから、ウイルスは「そこ ここに いる」といえます。予防策は必ずする、隙なく・油断なく行う・・が鉄則ですね。
 さて、今日も、朝から計画通りに、学習を始めています。朝自習は、習熟の時間でしたので、プリントを解いて答え合わせをするという内容で、どの学級も行われていたようです。
 毎朝こうしたことを続けてきた結果が、今回参観日でお伝えする内容にも入っています。どうせするなら、いい結果に結び付く、いい方法があるといいですよね。
 でもないのです。コツコツと積み上げていくことが最良の方法です。
 学問に王道なしといいます。ただ、積み上げたことから、複数の知識を結び付けて、類推する、とか、推測する、とか、先々を読むことはできるようになります。
 そのためにすることが「考える」ということです。 
 「わからん」とすぐいう傾向の子どもさんがいたら、何が、どうわからないの?と聞いてみるといいと思います。
 わからない理由がわかっている子どもさんは、「すぐに理解できるところまで」きています。
 「全然わからない」・・という子どもさんは、教科書通りにまず解いてみることから始めるといいと思います。
 こうして、分かることの大元(おおもと)を辿っていくと、「親の言うことをしっかり聞いて、その通りに動くことができること」が最初だといえるかもしれません。
 教科書に書かれている通りにできるかどうかが、「授業での、できるできない」につながりますから・・・。
 案外、初歩的な、日常生活の中に、「できるの要素」は潜んでいると思います。
 
 今朝も、4クラス?(4チーム?)の子どもたちが朝早くから大縄跳びの練習をしていました。目的達成のために、「何を、どうするか」という明確な行動目標を持っている子どもたちだと思ってみています。やりますよね。

 学校の一日が、今日も元気にスタートしました。
 今日は外国語学習が1時間目から入っています。情報教育も入っています。これからの子どもたちに必要な力を、今日も付けさせていただきます。
 子どもたちには、できることの楽しさを、できることの喜びを味わってもらいたいと思っています。今日も、少しでもそれができればいいと思います。
 

トップページ(令和3年2月9日(火))

 2月9日(火)< 春を持ってきました。>・・・久しぶりに欠席「0」でした。

 空を飛ぶツバメは、宮崎市内でもよく見かけるようになりました。
 今朝は1年生の女の子が「先生。ほら!!」といって、差し出してくれたのは、「つくし」でした。「春だねー。よくみつけたねー。」と返したところでした。
 今朝は昨日と打って変わって寒い朝になりましたが、季節は着実に春になってきていますね。
 
 もう一つ。今朝は、きれいな朝焼けの中に、川で夜を過ごした「かも」でしょう、飛び立っていきました。「薄い青」色から次第に「オレンジ」に染まっていく青空に、黒い影として、三角形に編隊を組んで並んで飛ぶ様子は、絵になるなあと思いながら見たところです。空には、鋭く輝くうすーい三日月が光っていました。
 この時期の風物だなあと思います。ちなみに、昨日の夕方もきれいな夕焼けでした。

 田んぼの土を耕すトラクターの後ろを、ついて歩く「さぎ」や小さい鳥も、かわいく見えて、この時期の風物詩の一つだと思います。

 春がだんだん近づいてきているとひしひしと感じます。

 今朝も子どもたちが元気に挨拶をして登校してきました。
 元気な声で学校がにぎやかになりました。
 今日も元気に一日がスタートしました。今日も何かを得ることを目標に頑張りましょう!!

 
つくしです。この春第1号でした。   縄跳びも盛んです。頑張っていますね。7時50分ごろの写真です。
 

トップページ(令和3年2月8日(月))

 2月8日(月)< 今日は何の日 >

 今日は、針供養の日だそうです。最近はボタンが取れそうになった時ぐらいしか私は針を持たなくなりました。洋服類も丈夫な縫製がされているので、破れたりすること自体も少なくなりました。子供たちは家庭科で学習しますから、しっかり技術や理論は身に付けておいてほしいと思います。
 もう一つ、今日は郵便のマークが決まった日だそうです。最初は「逓信省」のTのマークだったものを「かたかなの テ 」にしたのだそうです。メール等におされがちな郵便ですが、はがきや手紙もうれしいものですよね。風情がありますよね。大事にしていきたいと思います。

 さて、今朝も、子どもたちの「にこやか」で「元気」なあいさつで始まりました。
 「あいさつで元気をもらおう」と言ったら、大きな声で元気に言ってくれた班がありました。「おーっ!。元気をもらった!!」といったら「さらににこやかな笑顔」をしてくれました。
 今日もさわやかで、でも 落ち着いた子どもたちの一日が始まりました。
 いい雰囲気でスタートできたと思っています。

 皆さんも、元気な一日をスタートしてください。

※ 発熱はもちろん、頭痛、倦怠感、嗅覚異常、味覚異常、風邪の諸症状などがあるときは、休養を取りましょう。子供たちも同じです。家族に発熱の方や上記の症状を示す方がいるときも様子を見ましょう。早めの受診をお勧めします。花粉症の方も一応安全策を取られたほうがいいかもしれません。緊急事態宣言が終了しても危機感に変わりはありません。
 

トップページ(令和3年2月7日(日))

 2月7日(日)< 今週は4日間の登校です。>

 今週は、8日(月)から始まり、11日(木)が建国記念日の日でお休みです。金曜日1日登校して、土曜日を迎える。という具合です。今日の気温は日中は高いですが、明日からは朝が冷えるようです。寒暖差に気を付けて過ごすことと、緊急事態宣言が解除されても、緊急事態は一応脱したように見えても、感染の危機は依然あるということです。感染の拡大傾向が見えたら、すぐに緊急事態宣言に似た措置を講じるということのようです。

 さて、今週は5年生が12月に受けた学力テストの結果がそろそろ却ってくると思われます。併せて、1月に実施した、CRTテストの結果も却ってくることになっています。日時は定かではありませんが、そう予想しています。
 結果が出たら、子供たちに報告して。次の手立てを考えたいと思っています。
 できていれば、まずは喜んで、今までの努力を称えあいたいと思います。
 そうでなければ、原因を明らかにして、捲土重来、巻き返しを図る計画をみんなで立てたいと思います。油断することなく「集中して過ごす」この時期でありたいと思います。

 縄跳びの記録のほうも、目標をクリアして、次の目標を立てて挑戦していますが、すぐにクリアして、3度目4度目の目標を設定している学年・学級があります。
去年までは、たぶん実施が中途半端だったのではないかというぐらい、今年はみんな集中しています。今年の結果が基礎データになるでしょう。次年度からは、今年の目標を参考にして、次年度の活動に取り組めると思います。
 一年の活動は、その1年で終わるものではなく、それは次々に引き継がれ行きます。この積み重ねを、これからも続けていってほしいと思います。
 挨拶とボランティアは引き継いで、今年はこれまでの半分は盛り返したと思います。
 次年度は、あいさつ、ボランティア、縄跳びの記録、を引き継ぐとともに、来年は新しく、「効率的な掃除」「とむすじあ」も含めて、中身=実を高めたいと思っています。
 計画的に抜け目なく、高学年はリーダーシップをもって行動し、下学年はそれを学んで、だんだん早く覚えていく・・・という風にです。
 今は1・2年生の廊下の拭き掃除が基本に忠実で、「一番上手」だと思います。
 いろいろな行動を修正していって、学力向上・体力向上につなげていきたいと思います。
 伸びしろがまだまだある、頼もしい子供たちに、早くも来年度の夢と希望を抱いているこの頃です。明日から始まる今週の授業でも、みんなで頑張りたいと思います。

※ 緊急事態宣言は解除されましたが、マスク着用、うがい・手洗い・手指の消毒、密を避けて、感染は絶対にしないようにしましょう!!
 

トップページ(令和3年2月6日(土))

 2月6日(土)< 宮崎県の緊急事態宣言が解除になります。>

 2月7日(日)まで延長されていた、宮崎県の緊急事態宣言は、8日(月)から解除になります。しかし、医療状況が厳しいところから、不要不急の外出は自粛を今後も続けてほしいということを言っているようです。学校も、時間差で登下校を行っている学校が多くありますが、今後も続けるそうです。感染を予防するためです。詳しくは、保護者の皆さま向け文書を、この後に載せますのでお読みください。
 学校、特に本校の対応は、今後も、今までと、何ら変わらない。ということになります。
 中学校の部活等も学校内だけで・・という文章のようです。
 ここでも繰り返し書きますが、学校で感染症が広がったらクラスターになってしまい、子供を休ませるとなると保護者の皆さまで仕事に行けなくなる方が多く出てしまい、保護者の方も企業も大変困る事態になってしまうことを恐れるからです。
 また、感染後の後遺症について、「ようやくわかってきた」として、テレビ等で、倦怠感が残るとか、嗅覚が戻らないとか、さまざまに言われていることから、感染してはいけない病気だといえます。
 まだまだ書きたいところですが、くどくなりますので、下記の文章をご覧ください。紙に印刷したものを、月曜日に配付します。ご一読ください。

【訂正版】 緊急事態宣言の解除にともなう、学校の感染症対策について(保護者様用) .pdf
 

トップページ(令和3年2月5日(金))

 2月5日(金)< 昨日の収穫 >・・・学校の様子に、引き渡し訓練の反省と改善策を載せています。次回実施時にはさらに良い企画案をお知らせします。・・・・

 昨日の引き渡し訓練では、今後の計画の見通し、改善点が得られたことで収穫がありました。
 子どもたちについても収穫があって、第2次避難の集まり方が、無言、適度な歩く速さ、整列の速さ、話を聞く態度などが、これまで行ってきた避難訓練、朝会・集会などの態度の中でほぼ一番に集中してできた、素晴らしい姿だったと思いました。
 どこからそれが来たのかを昨日は考えていましたが、特に6年生の階段を下りる姿、前を向いてわき目を振らない姿、前に注意している姿とその雰囲気は、大縄跳びをするときの集中した姿と似ていると気づいたのでした。
 6年生は200回を跳びます。間髪を入れずに大繩の回転に合わせて入らなければ跳べません。膝の使い方、前との間隔の開け方などが、それにそっくりでした。

 <集中力>・・・これに尽きると思いました。

 何かに集中することは何にでも応用ができて、キレのある集団行動に結びつくのだと思いました。そういえば、過去に勤務した学校でも、その「集中力」がある子どもたちは、同じように、無言行動や規律のある行動、集団美を見せていました。
 6年生のその姿を維持できれば、卒業式にも堂々とした姿で参加できると思いました。
 「子どもたちの成長も見えた」という収穫があった昨日の引き渡し訓練でした。

 さあ、今日は2月5日、18分の5です。あと13回の登校で2月が終わります。13回で何ができるかはわかりませんが、昨日のような成長をまた1歩、進めてほしいと思います。
 今日も楽しみな1日が始まります。今日も元気にスタートしましょう。
 
7時50分くらいから、今日も自主練習に来ている学年・クラスがあります。
 

お礼(令和3年2月4日(木))


 2月4日(木)< お礼を申し上げます。 >

 本日は、引き渡し訓練に参加してくださりありがとうございました。
 計画では2時50分からの引き渡し予定でしたが、子どもたちの一次避難(机の下に隠れる)、二次避難(運動場に避難する)が静かに整然とできたので、計画そのものが5分短縮できました。
 また、早くから来ていただいた方もいらっしゃったようでしたので、計画より5分早く前倒しして、14時45分からお引き渡しを始めました。
 途中、県道にまで車列が伸びているという情報をくださった方がいらっしゃって、慌てて運動場に計画より早く、多くの皆様を誘導することができました。ご協力のたまものでした。
 更に、この計画に何度か参加してくださっていた方が、急遽、応援をしてくださり、手伝ってくださったという報告も後で聞きました。ありがとうございました。

 終了後、反省会をもって、改善点を話し合いました。
 今日は2年前の前回より10分ほど早く終了できましたので、今回の計画を改善して、次回はさらに10分ほど早くできるように計画を立て直すことができたと思います。
 もしもの災害があってはいけませんし、お引き渡しをするような大事が起こってもいけないのですが、万が一のことを想定しての訓練でした。
 不自由なこと、時間的な問題等いろいろとあったかと思いますが、「子どもたちの安全第一」、「確実なお引き渡しができる」ことも考えますと、省略できないことが多々ありました。ご不便をお感じになったでしょうが、ご容赦ください。
 理想は、40分以内、できれば30分程度でお引き渡しできるような段取りと人員配置で次回は行えたらと思っています。
 まずは、無事に訓練が終われましたこと、お忙しい中ご協力くださったことにお礼を申し上げます。
 ありがとうございました。
 

トップページ(令和3年2月4日(木))

 2月4日(木)< 引き渡し訓練をいたします。 >

 今日は、本校の二年に一度の引き渡し訓練をいたします。
 災害時に、学校を避難所とするのがいいか、ご家庭にお返しするのがいいかは、災害の大きさや災害場所によって判断が難しいところではありますが、最低限、子供さんと保護者の皆さんが1日以上離れ離れというわけにはいかないことも考えますと、どうしてもお引き渡しすることが必要になってきます。
 今日は、これまでの訓練計画を参考に、学校や、学校周囲の地形、災害の危険度などを考慮して、短時間に、そして確実にお引き渡しできるかどうかを訓練するものです。
 これまでの改善点を参考に、今年の時点で、これがベストという計画で進めたいと思います。
 先に文書でご案内いたしました通りに、進めていきたいと思います。
 なお、児童クラブ等は災害時を想定する関係で、開設しないということでしたので、ご理解とご対応のほどよろしくお願いいたします。
 本日は、職員が要所要所でご案内いたします。
 職員の案内に従ってお進みくださると、効率的で安全なお引き渡しができるかと思います。
 本日はどうぞよろしくお願いいたします。

< 要旨 >
 〇 災害時に、学校に留め置くより、ご家庭にお引き渡ししたほうが良いと判断される場合の、安全で効率的な避難の仕方についての訓練を想定します。
< 改善点 >
 〇 学校取り付け道路は、切通しのため斜面崩壊の危険性が予想されますので、できるだけ、車列を短くします。そのため、運動場への誘導をいたします。
 〇 体育館への渡り廊下を、駅のホームのように長く使って、一度に4~5のご家庭へお引き渡しできるようにすることで、時間短縮を図ります。
 〇 来校時に、お迎えの方のお名前をお聞きすることで、児童の下校準備をあらかじめできるようにいたします。(車を移動させられたら時間をおかずに乗車できるよ
  うに工夫しています。)
 〇 来校時に、お迎えの方のお名前をお聞きすることで、保護者の方への確実なお引き渡しを目指します。(あらかじめお申し出のあった方にお引き渡しいたしま
  す。)
 〇 お引き取りに来られない児童については集団下校として、地区担当が地区まで引率いたします。
 〇 急な変更等がありましたら、学校までご連絡をお願いします。(遅れる、とか、集団下校の途中になってしまいそうだ・・など)
 ※ できるだけ、急変はないほうがよろしいかと思いますが・・。
 ※ くれぐれも安全運転でお願いします。敷地内での事故等は責任を負いかねますので、予めご了解ください。
 
 

トップページ(令和3年2月3日(水))

 2月3日(水)< 立春 >

 暦の上では今日から春です。これから春に向かって、植物や動物が動き出します。ただ、気温はこれからさらに低い日も出てくるのがこれまでの常でしたが、今日を含めて明日以降の昼の気温は20度近くまで上がる予報のようです。十分、春の気温ですね。
 同じ日本でも北国は猛吹雪とかホワイトアウトになるとか強風が吹く予報も出たりしています。本当の春はもう少し先になるのでしょう。

 さて、今日は外国語教育の日になっています。新しいフレーズや新しい表現の仕方などを学習して帰ってくると思います。この、言葉に関する学習は学校でおしまいにしては身に付きません。家に帰っても「今日はね。・・・・・・を習ったよ。」といえる子どもにしたいですね。また、学校でも使って生活する時間を増やしたいのですが、子どもたちも恥ずかしいのか、なかなか口にしようとはしないようです。振り返りテストの解説で書いている通り、低学年のうちは学校での学習とテスト内容は同じ傾向が見られますが、高学年になると、それをどのくらい使えるようになっているのかを測る内容になっている感じがします。どんどん使いこなしてほしいと思います。
 自力で学びを広げることが求められていると思います。
 4年生には、陶芸家の先生においでいただき「ふるさと先生」の授業をしていただきます。先週は1クラスだけでしたので、今週は残りのクラスが教えてもらいます。いい作品ができると楽しみにしています。

 今日も7時20分に最初の児童(姉・弟)が登校してきました。
 元気に挨拶していく子どもが半分以上です。全員があいさつをしてにぎやかになるくらいになってほしいと毎日言いたいと思います。
 今日も元気にスタートしました。
 

トップページ(令和3年2月1日(月))

 2月1日(月)

 おはようございます。今朝は、珍しく打ち合わせや、諸業務でホームページ更新の時間が今になりました。
 子どもたちは今日も7時50分までには登校してきました。
 早く来た子どもたちに、今朝は何をするの?と尋ねると、「大繩です。」と元気に外に飛び出していきました。
 大繩で行う縄跳びの記録へ挑戦の取り組み(N1グランプリ)をしていますが、その練習のようでした。みんなで取り組むことで子供たちが一生懸命になると、担任が言わなくても、自分たちで自主練習に出かけていきます。そのエネルギーのすごさに感心をしています。学習にも面白さを見つけて、自分から取り組むことを見つけてほしいと思います。
 「好きこそものの上手なり」の言葉通りに、好きになることが一番です。

 今朝も、そして今日も元気にスタートした子どもたちでした。
 

トップページ(令和3年1月31日(日))

 1月31日(日)< 今月最終日になりました。>

 今朝の気温は3度、昨日の0度と比べると「あたたかいな」と思うところが不思議です。3度でも十分寒いですよね。慣れがそういわせると思います。良くも悪くも、人間は環境に慣れてしまうのですね。
 さて、コロナウイルス感染は依然厳しい状況のようです。テレビを見ていると、国の緊急事態宣言は3月7日まで延長する気配のようです。感染者が治まりそうになく、かつ、人出が少なくならない以上、今後も、感染が広がる危険性ははありますからね。
 私たちの身近でも起こっている感染。企業側も労働される側も、感染を抑えるためには、症状が少しでもあったら休んで様子を見たり、できれば企業ごとに感染状況を把握するなどの抗原検査や抗体検査などできうる範囲で実施するのもいいのかもしれません。
 予防はしている・・という方は多いですが、消毒したすぐそのあとに触ったものにウイルスがついているかもしれない点を考えると、十分といえる環境は、家から出ない、家じゅう消毒を一回はする・・などになってしまいますね。困った事態です。
 でも、降参するわけにはいきません。
 それでも、手洗い・手指の消毒やうがいは、これでもかというぐらいするしか、ほかに方法はないようですから。頑張り続けましょう。あとは、感染を広げないことが重要です。
 明日から2月です。28日しかない月です。祝日が2回、土曜日・日曜日が8日あることを考えると、子どもたちの登校は18日になります。少ない日々ですが、できるだけのことを、目標を定めて、しっかり達成できるよう取り組みたいと思います。
 さあ、今日は日曜日、皆さんの計画で、今日も元気にスタートしましょう!!
 

トップページ(令和3年1月30日(土))

 1月30日(土)< 寒かったです。 >

 今朝は、寒かったですね。亀田公民館あたりで「0度」を指していた今朝の気温です。
 三寒四温と昨日書きましたが、三冬四春かもしれません。
 さて、昨日は、新入学時保護者説明会の手続きだけをしていただきました。数名の方が詳しくお話を聞きたいとのことで、お残りいただきました。逆に、都合でお出になれなかった方には、別途、手続きをしていただければと思います。また、新年度転入学予定の方もいらっしゃるようですので、都合をつけていただき、お話をお聞きすることも考えています。どうぞよろしくお願いします。
 今日は1月30日、今月は明日を残すのみになりました。逆に今年はもう一か月が過ぎてしまいました。
 各学級に掲示してある、個人目標の進展具合を子どもたちに聞こうと思っています。
 いっただけ、書いただけではいけませんよね。有言実行で今年は進めるようにしていきたいものです。
 縄跳びの記録達成が、続々できているようです。こうした学級の盛り上がりこそが学級をまとめ子供たちに元気を与えます。またそういう学級、友達づくりを、子供たちにも学級担任の先生方にも目指してほしいものです。
 今年度の残りは、明日から数えていよいよあと2か月と1日。正確には60日。学校に登校する回数は38日(明日を入れて、土・日・祝日が19日、3月の春休みが3日)です。
 最後の頑張りを見せてほしいと思います。
  
左端の写真「子どもたちだけで114回」と書いてあります。これが、この「一書き」が子どもたちの「プライド」と「自信」を高めます。「達成感」を育てます。先生の意気込みも感じますよね。そういう学級を、学年を、学校を目指したいと思っています。動き出した感がしているこの頃です。
 

お知らせ(令和3年1月29日(金))

 < お礼を申し上げます。>

 本日は、新入学時保護者説明会を開催する予定でしたが、コロナウイルス感染拡大防止のために説明会はせずに、諸手続きのみで来校いただきました。
 学校としては本校の良いところや在校児童のよさ、そして教育方針などの説明ができず残念に思っております。
 また、保護者の皆様に於かれましては、不安に思っていらっしゃる点などお聞きになりたかったこともおありだったかと思います。
 今後、個別にお尋ねいただくことも可能かと考えております。また、お近くにお住いの方で、すでに本校に子どもさんを通わされていらっしゃる方にお聞きくださることでもいいのではないかと思っております。次年度も、昨年度・今年度とほぼ変わりなく進めてまいるつもりでおります。
 今後とも、広瀬西小学校をよろしくお願いいたします。
 本日はお忙しい中おいでくださりありがとうございました。お礼を申し上げます。
 

トップページ(令和3年1月29日(金))


1月29日(金)< 週末になりました。>・・・学校の様子に給食感謝集会の様子を載せました。・・・・

 昨日は、下校時に、大きな声を張り上げながら帰っている学年がありました。ほっとしたのか、楽しいことが待ち受けているのかと、想像しながら見送ったところでした。春が近づいてきます。三寒四温の毎日ではあるでしょうが、日に日にあたたかい日が多くなっていくこの時期です。今朝は久しぶりに気温が3度、4度の中の登校だったようです。身が引き締まりますね。
 子どもたちは、7時45分までにはほぼ登校を終えてボランティア活動に出ています。ボランティア活動も、何をどうすることかを教えなければ、そういうことをするものだと知らずに大きくなっていくでしょうから、様々な形があることも教えたいと思っています。
 元気に、屈託なく友達と話しながら活動している姿は、頼もしさを感じます。
 2月からは5年生に、主体となって動いてほしいのですが、これから準備をして、子供たちにも心の準備をしてもらって、徐々に、いろいろなことを引き継いでいってほしいと思います。
 さあ、今日も一日が始まります。
 元気に、楽しく過ごせる一日でありますよう願いながら、スタートしたいと思います。
     
花壇のお世話はいつもどおりでした。 今日はパワーアップタイムだと思っていたら、自主練習だったようです。目標を持つことは、こういう集中につながります。

※ 昨日、テレビで、先進的医療をしている、富士見野クリニックの院長先生もコロナに感染したとインタビューを受けていました。感染した医者が、コロナウイルスに感染した時の状況をレポートする・・という触れ込みです。先生は50歳代だけれども非常にきつい。自分は、病院経営をしているから、すぐに勤務してくれている医師に処方箋を書いてもらって、薬を服用した。それでも2週間たった今でも、咳がまだ残る。咳が出なくなってから診療にあたり、それまでは後方支援をする・・・という話でした。
 現役医師でも、どうしようもない状況になると、その怖さを話していますから、私たちは、入院もできないかもしれないことを思うと、自宅療養で薬の服用もできないことを想像すると、感染しないことが一番だと思いますよね。もし体調を崩したら、近くに感染者がいらっしゃったり、そういう環境があったら、すぐに医者にかかりたいと思います。診療を受けたほうがいいですよね。
 また、微熱でも3日間、熱が続いたら、迷わず医者にかかることが大事だと思います。微熱が一番疑わしいとも言います。普段と違ったら、まず、休養・診療を思ったほうがいいと思いました。手指の消毒を待たしたいと思います。
 

トップページ(令和3年1月27日(水))

  1月27日(水)< 天気が良くなりました。>

 天気が良くなり、運動場でも遊べそうです。
 でも、給食時間の放送で、マスク着用・ソーシャルディスタンスをとる、など、危険を回避する行動を、よく考えて取ろうと呼びかけました。手放しで喜んで遊べない事態が残念ですが、感染しないための方法です。気を付けて過ごしてほしいと思います。


 1月27日(水)< 一喜一憂はいけませんでした。 >

 おはようございます。昨日は、一昨日の感染者が少なかったので、よかった旨の論調で書きましたが、感染者が増えていました。また、学校関係でのニュースが流れたので、一層気を引き締めようと思っているところですが、これまで通り、粛々と予防策をとることに集中したいと思います。
 保護者の皆様へのお願いも、これまで通り、子どもさんの体調を見て思わしくないと思われたときは、最大限の予防策をとっていただきたいと思いますので、ご協力ください。
 学校でも、症状がある様子が見られたら保健室で様子を見て、改善傾向が見られないときは、これまで通り、お迎えに来ていただこうと思います。ご理解とご協力をお願いします。
 
 昨日も今日も雨模様です。子どもたちは、さすがに教室や図書室等で静かに過ごしていました。保健室への来室も少なかったようですから、しっかりと考えて過ごしたのだと思います。子どもたちのしっかり度は、そういうところに出てくるのでわかりやすいです。今日も、運動場のコンディションがよくないので、昼は室内で過ごさなければいけなくなると思っています。

 今日も元気に、でも静かに落ち着いたスタートを切ることができています。
 

トップページ(令和3年1月23日(土))

 1月23日(土)< お詫びとお礼 ・・そして今日の話題 >

 昨日は、学級担任の先生方がホームページを更新する日だとお伝えしました。が、見られなかった学年があったと思います。内容は管理職が見たのちに、アップできるようにする関係で、昨日、4時30分以降に教育委員会まで行く用事があった都合、決済を下せなかった学年が、見られなかったことになります。
 今朝7時20分にチェックしてみられるようにしました。昨日4時30分以降に原稿が準備されたようです。お詫びを申し上げます。とともに、この文章を読んで、学年の部屋に進んでくださった方にはお礼を申し上げます。2年生は一日早くアップしましたので21日が2回あると思います。2回目が担任がアップした分です。
 次回が3回目になります。2月下旬でしょう。(こだわらなくてもいいのですが)その時には、ちゃんとその日のうちにみられるようにします。3度目の正直です。どうぞご覧ください。

 さて、コロナウイルス感染のニュースもまだ怖いのですが、これから花粉の時期になりますね。花粉症の方は困られる時期になるのではないでしょうか。そのうえコロナの心配もあります。
 かゆいときに何げなく目を掻く、鼻を触るなどの行為が起こりますが、この時に、粘膜を通して、コロナウイルスが体内に侵入することが考えられるそうです。(もちろん今までもそういわれてきましたので、皆さん、注意はされていたと思います。)
 学校の周囲の杉の木も茶色に染まっています。天気が良くて風に吹かれたりすると一斉に飛ぶのではないかと思っています。今日は雨ですので、心配はいらない様ですが、今後は注意が必要です。
 換気もしなければいけない、花粉は困る・・・ということになります。
 ご家庭ではレースのカーテンで4分の一に減ることもあるといいます。また、午後のほうが花粉がよく飛ぶので、午前中に換気をして、午後は窓を10センチ程度開けるぐらいに調整するなどの対策もとれるということでした。
 個人個人にあわせて、いろいろな調節をしてみてください。
昨日の学校北側の様子です。杉が茶色になっているのですが・・見えにくいですね。でも、昨日はいい天気でした。

 県内・市内のコロナウイルス感染者数も少しだけ減っているようです。逆に言うと、今日、23日の2週間前、9日ごろから、人が接する機会を減らし始めたかもしれないという結果が見えていると思ったほうがいいと思います。今後2~3日は、成人式関係の会食や会合での感染者が数値として出てくることが予想されます。
 今の努力は2週間後ぐらいになってはじめてあらわれます。今後2週間が正念場です。だから緊急事態宣言も2週間伸びたと考えれば納得も行きます。
 継続することが肝心です。今の人数が減ったといってすぐに外出を元に戻すのはいけない行為だと思います。あと2週間は注意しながら感染の様子を注意してみておきましょう。

 ※ 入学児童の保護者の皆さん対象の説明会は、長い時間の密を回避するために、今回は資料配布だけにします。
  また、ご注文いただいた品物の引き渡しも同時にする予定です。初めて入学を迎えられた保護者の皆さんは、ご心配なことがありましたら、ご相談には対応させてい
  ただきます。
  それ以外でも、必要なこと、またはおききになりたいことがありましたら、遠慮なくお尋ねください。(例年と変わらない内容にはなっています。お近くに1年生
  に、または本校に入学をしていらっしゃる子供さんがいらっしゃる方がある場合は、その保護者の方にお聞きになることもいい方法の一つだと思い
  ます。)
 

トップページ(令和3年1月21日(木))

 1月21日(木)< 次のステージを考えて >

 昨日で、学力の振り返りテストは終わりました。が、それで終わりではなく、今まで頑張ってきた、その高まりの上に立って、次にすべきことに取り組むと、今までの力も加わって、これまでよりすんなり、楽しくできるのではないかと思っているところです。
 学級でも、朝も授業中も、勉強・真剣勝負一本やりだったのを、少し楽しい内容を加えて、年度末に充実した気持ちで終われるように「楽しみ」も入れてほしいと話したところです。
 楽しいとは、「なんでも好き勝手にしていい」ということではなく、これまでに積み上げてきた、「こうすればうまくいく」、「こうすれば楽しくなる」、「こうすればみんな仲良くなれる」・・など、積み上げてきた力・学びを、いかんなく発揮して過ごすということです。今まで努力してきたことなら、必ずうまくいくはずです。そういう点も入れて、楽しさも感じる学校生活にして・・と話したのでした。
 長縄跳びへの挑戦も、各学級始まっているようです。全員で飛べる回数を100回とか150回などと目標を立てて、複数回チャレンジして書き込むことになっています。こういうことも、学級の中の融和の一つの手段として、楽しく取り組んでほしいと思います。
 10時前ですが、今日の気温に、心なしか子どもたちの声がはしゃいで聞こえます。子供たちの元気に支えられて、今日も一日がスタートできます。

 一方、コロナウイルス感染は第4ステージ相当がまだ続いているということで、解除にはなりませんでしたね。クラスターが発生したり、集団感染するような行動が県内に見られるようなうちは、油断できませんね。ステップアップするステージならいい話ですが、重大危機の段階のステージが高まるようではいけません。
 慣れや、飽きてくる感じも出てくるころではあります。持久戦です。根負けしたほうが本当の負けになってしまうのではないでしょうか。負け=感染ですから、それだけは回避したいものです。
 新聞には、市内中学校の休業の話題もありました。本校も、自分の足元をしっかり見つめて、感染予防に努めたいと思います。重ねて、ご協力をお願いします。

 花束をいただきました。宮崎県特産のスイートピーです。きれいなピンクの花束と、宮崎県が開発した新種の花色のスイートピーの花束と2つです。
 学校の玄関が一気に華やぎました。
 花のある、心を華やかにするものを見ながら、子どもたちの楽しさにも貢献してくれるだろうと感謝しているところです。
 
 

トップページ(令和3年1月20日(水))

 1月20日(水)< 新聞記事から >

 今朝の宮崎日日新聞に、久峰公園から初日の出を見た・・という投書が載っていました。これまでの初日の出の見学場所を変えて、高台でありながら割と人でも少なく、密を避けられる場所としていいのだそうです。
 また、運動公園の外周は結構長く、ウォーキングをするのにも最適の場所だと紹介されています。地元ならではの場所のようですので、いいなあと思います。
 その昔、運動公園でソフトの試合や練習をしていましたので懐かしく思いました。
 
 一方、コロナウイルスの関連記事では、ステージ4の項目もまだあって、すぐに緊急事態宣言を解除できる状況ではないと書いてあるようです。今日の午後に、県知事が方向性を記者発表するということですので、待ちたいと思います。
 が、決まったらそれに沿って、しっかり今後を進めていきたいとも思います。
 怖い言葉の中に、「市中感染」という言葉があります。どこにでもウイルスがおり、だれかれ構わず、どこそこ構わず感染してしまうというイメージを連想してしまいます。そうならないように、人から人への段階で止めてしまいたいと思います。
そう思いませんか?そのためには、今、もう少し持久戦を頑張って、感染に歯止めをかけることが大事だといえます。蜜を避けることです。友達でも家族でもです。
 子どもたちは、今日も元気で登校してきてくれています。この笑顔を守るためにも、決まった行動様式をしっかり守って過ごしたい、過ごさせたいと思います。

 今日はCRTテスト2日目です。算数科です。集中して取り組んで日頃の努力を発揮してもらい、いい結果を出してもらいたいと思います。

 今日も元気にスタートしました。
 

トップページ(令和3年1月18日(月))

 1月18日(月)< 大学入学共通テストが終わりました。>

 大学入学試験を受けようとしていた人々は、少しだけ緊張感が緩んだかもしれませんね。これから、大学独自の入学試験に向けて、さらに学んだことを応用していく練習が必要になってきます。
 今後も、コロナウイルス感染防止と他の感染症も含めて、体調管理に注意して過ごしてほしいと思います。

 さて、昨日は数学と理科の科目が大学入学共通テストでは実施されました。
 数学では、棒グラフ、比例・反比例、速さ(単位量当たり)、文字を使った式などが、小学校の時からでも、考えは理解できるような問題が出ていました。
 理科では、やはりグラフを読み取ること、実験で行ったことをしっかり理解したり現象を理解して、その理由も併せて理解しておくことなど、また生物では、植物の成長、おしべやめしべなどを学習するときに興味・関心を持って学習しておくと、親しみやすいだろうなと思える問題・・などが出ていました。
 今回も、高校生レベルでの出題ですから、小学生に直接解けるというものではありませんが、100メートルのピッチ、100メートルの歩幅・・などは、3年生の距離と歩数、歩数・歩幅の平均・・などとも絡めて、しっかりと、その文章が示す内容を理解できる要素にはなっていたと思います。
 小学校だから、中学校だから、高校だからと別物ではなく、小学校はより分かりやすく言葉や内容を簡略化して教えるし、高等教育になるに従って、より専門的になっていくだけの違いですから、小学校で学ぶ基本的なことをしっかり理解しておくことは重要だといえます。
 こうしたことを参考に、「よし、頑張ろう」と思ってくれる子供が一人でもいたら先が楽しみだと思います。
 さて、明日、あさっては、小学校での今年の学習の定着具合を見る「CRTテスト」が行われます。これも点数を取るためではなく、学習したことをどれだけ覚えているか、理解しているか、活用して問題が解けるかを図るものですから、今までの学習を振り返って、最後まで、「自分が学ぶ」という意欲を持ち続けてほしいと思います。
 今日も一日、健康に気を付けて頑張りましょう。
 今日も元気にスタートです。
 

トップページ(令和3年1月17日(日))


 1月17日(日)< いよいよ大学入試も今日まで ><阪神淡路大震災発生後26周年を迎える日>
 阪神淡路大震災の映像を見たときには、特撮映画か?!、はたまた戦争が起こったか?!と思うような衝撃的な映像だったのを覚えてています。今まさにコロナ大災害とでも言えそうな時期です。コロナウイルスに打ち勝つまでは、そして私たちが今までのような生活に戻るまでの努力は惜しんではいけないですよね。

 今日が大学入学共通テストの2日目・最終日です。昨日時点では、大きな混乱はなかったとニュースが伝えています。今日は寒さ対策ば万全でしょうか?感染症予防のため空気を入れ替えているので寒さは感じると思います。
 数学と理科ですから、数理系・・・苦手な人も多くいると聞きます。でも、これまで習ったことがどこかに使われていますから、それを信じて全問といて見ることも必要だと思います。時間いっぱい頑張ってほしいですね。明日の問題公開を参考に、小学校のうちからできることも、明日、考えてみたいと思います。
 コロナウイルス感染については、宮崎県も第3ステージ相当という記事が新聞に出ています。昨日も書きましたが、日々の感染者数は減っていっても「0人」ではないことから油断はできないといえます。都会の感染者数を見たり今の状況のコメントを聞くと、人ごとのように聞こえる時もありますよね。誰が何を言おうと、自分の命は自分で守る、だから必要な時以外は外には出ない(仕事があれば最大限の防御策を講じて動く)という、覚悟のような意見を聞きたいと思う時があります。
 人としての賢さをここで発揮しなくてはいけないのに・・と思います。

( 余談ですが、今の人類が残る前にはいくつかの、人になる種族がいたといいます。アウストラロピテクスとかジャワ原人とか・・・。滅びたのは生活方法や生き延びる方法が多様でなかったからだともいわれています。それくらい危機感を持たなければいけない事態だと思ってもいいと思うのですが・・・。極論でした・・(失礼しました。))

 さて、週末も、夜まで、いろいろな相談の連絡をただきました。(状況に応じて休んだほうがいい場合について・・など)
 自宅で様子を見ていただきたい事態については、もう一度、まちcomiメール等でお知らせします。ご心配をしてくださり、ご配慮くださっている方々には、重ねてお礼を申し上げます。ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。
(例)
 ご家族で風邪様の症状がある場合・・・診療の結果、他の病名があった場合は本人に風邪様の症状や発熱等がないときは登校可、診療に行かれない場合は、症状が治まってから相談。
 ご家族が濃厚接触者になったとき・・・PCR検査を受ける必要があったときは、子供さんも、相当の間自宅で様子を見ていただく。結果を後日ご連絡いただいたのちに判断。
 ご家族の職場等で感染者が出た場合・・・ご家族が濃厚接触者でなければ、子どもさんは登校可(風邪様の症状がない発熱がないなど観察は念のためしていただきたいですが。)
 など、ケースバイケースになると思いますので、ご相談ください。
 

トップページ(令和3年1月16日(土))


 1月16日(土)

 宮崎市では、新たに18人の感染が判明したと報道されています。
 昨日までのクラスターや感染に関する情報は、企業の公開などで明らかになっていますから、参考にできる情報は参考にして、私たちの、この後の感染予防に使えるといいですね。
 そうすることが、公表してくださった企業や不運にも感染されて病と戦っていらっしゃる方への、せめてものエールになるのではないでしょうか。
 感染者数は減少傾向ではありますが、一人でもウイルスを持っていると、場合によっては、何人にでも感染させる危険性はありますから、ある日の感染者が「1人」になっても、「次の日に数十人感染」と報告されるということもあり得ますよね。
 ですから、人数を注意深く見ていきながら、感染者が「0人」になっても、2週間程度の期間「0人」が続くようでなければ、まだ感染の危険性はあるといえるのではないでしょうか。
 県内の人が感染していなくても県外から知らずに持ち込まれる場合もありますから、常に注意が必要といえます。
 繰り返しますが、ワクチンが接種できて、集団免疫ができて、または感染しても治療が確実に受けられて回復ができることが、当たり前になるまでは、油断できないのです。誰か一人が感染すれば、また複数に広がる可能性があるのですから・・。
 そういう意味で持久戦です。でも、この先長くても1年先には明るい未来が見えているでしょうから。そこまでは生き抜きましょう。

 緊急事態宣言が出される都市が増えています。(今のところ11都府県です。)
 県外に行かれる方で、これらの指定都市に行かれる、または通過される方は、「風邪の症状がないか」や「発熱などコロナウイルス感染を疑われるような様子がないか」を、帰宅後、注意深く見ていただくよう、指示がありました。
 状況によっては登校しながら検温をして症状がないかどうかを見守る、または相談次第では、ご家庭で様子を観察していただく・・などです。(帰宅後、自宅観察の場合は子供は出席停止の措置をとり、欠席にはならないようにします。)
 もしものときのためです。濃厚接触者等の割り出しに役立てることもできます。対策を早くとることもできるでしょう。まちcomiメールでもお知らせしましたので、よろしくお願いします。
 

トップページ(令和3年1月14日(木))

 1月14日(木)< 転ばぬ先の杖として >

 昨日は文書を配付させていただきました。感染症予防の対処について追加項目を改めてお知らせしたものでした。今日はさっそくその基準に照らしてご相談の電話や欠席の連絡をいただきました。適切な対処をしていただきありがとうございました。
 宮崎県の昨日の感染者は、41名。宮崎市は24名と、宮崎市が広範囲・人口が多いとはいうものの、感染者が多いようです。さらに感染経路不明の方が多くなっている点が予断を許さない点だと県の保健福祉部長が話されていました。
 人と人との接触をできるだけ絶って、感染経路を遮断することで感染を止めることが大事になってくるようです。
 今後も、最大限の注意を払って、感染予防に取り組んでいきたいと思います。
 子供も大人も体調を見て早め早めの対応をすることが、転ばぬ先の杖として有効だといえると思います。今後ともご協力をよろしくお願いします。

 ※ 子供たちは戸外で遊ぶことでストレス発散をしているようです。一緒に遊ぶ中での密を心配されている声を聴きます。子供たちにも指導や注意をします。ご家庭や地域でも、少なくとも緊急事態宣言中は、我慢をするようにご指導ください。よろしくお願いします。
 ( 健康維持のための散歩や軽い運動などは認められていますが、それも状況に応じて大人が判断してあげてください。よろしくお願いします。)
 

トップページ(令和3年1月13日(水))

 1月13日(水)< ありがとうございました。>

 学校評価の用紙を提出していただいています。温かいお言葉や鋭いご指摘など、いろいろといただきました。
 基本的に法律で決まっていることは変えられませんが、校内で対応できることは工夫をしていきたいと思います。また、職員の対応力・指導力そのものについては、校内研修、教育委員会開催の研修・そして個人研修を積み上げて、対応をしていこうと思います。
 さらに、子供たちにもメッセージをしっかり伝えて、子供の力による解決も目指していきたいと思います。誰がどうこうという視点から、みんなで解決を・・という考えのもと、取り組んでいけたら・・・とも思います。
 子供が変わること・成長することが目標の学校において、それができる・させられる職員であろうとは常に思っています。
 温かいご意見の中には、保護者の皆さんから、「協力できることはしたい」という言葉もありました。ただ、感染防止のために、学校への自由な出入りができない状況だから、学校職員にお願いしたいという心境も伝わってきます。
 学校は子供たちに夢や希望を追い求めることができる環境を提供するところ、また同時に、現実に起こる人間模様を、体験し、解決し、たくましく生きていけるように学ぶところ、だとも思います。
 子供の心はナイーブです。今を健全に過ごすこと、そして大人になって子供の時のことを糧にさらにいい行いをする、たくましく生きていける、社会の担い手になってほしいところなど、いろいろな視点で見ていこうと思います。
 保護者の皆様のご意見も取り入れながら、できるだけよい環境で教育を行えるようこれからも努力していこうと思います。
 保護者の皆様には、子供たちに、励ましや応援の言葉をかけ続けていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。
 

トップページ(令和3年1月12日(火))

 1月12日(火)

 昨日の成人の日でしたが、急遽中止になったところやリモートで映像を流したところなど、工夫をしてはいましたが混乱したところも多かったようです。
 濃厚接触者が参加するという情報から2時間前に中止にしたところや、緊急事態宣言をしている中での区長・市長の強硬開催など、優先すべきは何か、スムーズに事を運ぶためにはどうすべきかを、考えさせられましたし、大人がもう一度しっかりと先を見据えて物事を考える必要性を感じました。
 世界各国の医学系論文をAIに入力し、核となるキーワードを探した時に、解決方法はワクチンが1番。収束するまでに1年程度かかる。そして、何よりも人が運ぶウイルスなので、人との接触を減らすのが一番いい方法。などのことが選択されたようです。
 また、ヨーロッパ型、南アフリカ型、ブラジルから持ち込まれた型(ブラジル型でしょうか)の変異種があって、これらは、今まで知られている初期の型より1.7倍感染力が高いなどの情報もあります。
 このままだと感染は拡大するということですから、政治家の方々等が言うより早く、国民一人一人が対策を実践する必要があります。他人任せ、烏合の衆・・・では危ない現状です。

 さて、学校でも、マスク着用は必修にしています。登校時にもできるだけマスクを着用するように話しています。もちろん苦しいときは外さなければいけないでしょうが。感染予防です。
 気を緩めることなく毎日を元気に過ごしたい・過ごしてほしいと思います。
 宮崎県の感染者数は少なくはなってきましたが。0ではありませんし、他県に比べて多い状況もあり、油断できません。
 みんなで、もうしばらくしのいでいきましょう。あと半年のうちには光明が見えてくるのではないでしょうか?
 子供たちの元気な挨拶が今日も聞けました。3日間、しっかり過ごしたのでしょうね。さあ、今日も元気にスタートです。
 

トップページ(令和3年1月11日(月)・(祝日・成人の日))

 1月11日(日・成人の日・祝日):宮崎県内では約1万人が成人を迎えていると思われます。

 本来なら成人に達した若者を祝う日でした。緊急事態宣言が出ている今、感染予防が最大の取り組み事項。式で感染者が出るようなことになっては、これから活躍する若者に対しても申し訳ないですからね。致し方ない決断だといえるでしょう。
 ただ、今回できなかった分は何かの形で祝えるようなイベントをしても、だれも文句は言わないと思います。
 まずは、今日、身近にいる人に、地域の皆さんが、関係者の皆さんが「おめでとう」と言葉をかけることが最大のお祝いではないでしょうか。併せて、「頑張ってね。がんばろうね。」と励ましの言葉もつけてあげるといいかもしれませんね。

 成人を迎えた皆さん。おめでとうございます。心よりお祝いを申し上げます。
 これからはあなた方の時代です。今まで身に付けたことを生かし切って、新しい時代を創造していってください。応援をしています。

 小学生の子供たちにも、「節目」という話をして、成人の皆さんをお手本に、もっともっと頑張って、先輩方といつかくるだろう「一緒に仕事をする日」を想像して学んでいこう。と言いたいと思います。

 さあ、小学生の皆さん。明日から、また、学びの日常が始まります。今日も計画的に頑張って、楽しく過ごしましょう。

※ コロナウイルス感染者数:昨日は50人と書きましたが、訂正されて49名でした。都城市が17名ではなく、16名でした。訂正します。
 
 

トップページ(令和3年1月10日(日))

 1月10日(日)< 今日も高止まりですね、>

 今日の宮崎県のコロナ感染者数は50名ということです。宮崎市は17名。都城市も17名、日南市・えびの市・門川町が3名ずつ、小林市が2名、三股町と美郷町が1名ずつ、県外が3名の計50名だそうです。
 数日前の100名以上には驚きましたが、まだ高止まりをしています。無症状の方が他の方へ感染させているかもしれないと考えると、冬休み中(年末)に感染するかもしれない行動をとった方はしばらく人に合わないことが、感染者を増やさないことにつながるかもしれません。
 でも、それもわかりませんよね。だから怖いといえると思います。見えない敵。自分がかかったかどうかもわからないこと。自分は何ともなくとも、保菌していて感染者を増やすかもしれないということ・・。
 宮崎県は人口に対して感染した方の数が少ないので、逆に言うといつでも爆発的に感染者が増えてもおかしくないといえるのです。医療状況はひっ迫しているようです。コロナだけを見る医療機関ではないので、病床数にまだ空きがあると思うのは間違いで、他の病気の人は感染を恐れていかない、または病院が診療を止めているかも知れないからです。数字には見えない部分で危機感を持つ必要があります。
 さて、子供たちは、感染の危機から遠ざかれているでしょうか?
 子供はまだ長い人生を過ごさなければいけません。感染して呼吸機能に後遺症を持って生きることにでもなると大変です。だから感染させたくなうと思います。もちろん高齢者も同じです。どの年代も同じです。健康で生きていきたいですよね。
 マスク、手洗い、手指の消毒、うがい、検温と体調管理はセットで今後も気を付けていきたいですね。

 今日は1月10日。1月の3分の一が終わります。早いですよね。時間を有効に使って、今日も残りの時間を楽しく過ごしましょう。
 

トップページ(令和3年1月9日(土))

 1月9日(土)< 今からです。>

 今日も午後3時現在の速報値では、県下で76人が感染(そのうち宮崎市23人・・)しているという状況のようです。これまでにも、数値が出ると、これは2週間前の結果が出ていると思えばいいということを、テレビに出演するような医師の方々が言っていたことを思えば、2週間前はクリスマスのころでしょうか?盛んに飲食やパーティーなどが行われたのではないか?と思ってしまいます。
 でも、これからは、冬休みに入ってから、年末年始の、大みそか、カウントダウン、初詣、新年会・・と、もし行われていれば、その結果が出てくると思われます。結局、落ち着くのは1週間から10日先ではないかと思われます。
 最低でも次の土曜日・日曜日、のころまでは、様子を見ておく必要があるといえます。
 加えて、1月22日までが目安の緊急事態宣言ですから、用心をしたいところです。
 学校では、文書でもお知らせしました通り、もしものことも考えて、予防対策を厳しめに=厳格にしていこうと思います。
 参観日も予定していましたが、緊急事態宣言期間内での開催になってしまいますので、中止にせざるを得ないとおもっています。(期間内の学校関係の会合等はすべて中止になりました。)
 正式には、火曜日に文書やまちcomiメールなどでお知らせをします。
 寒さも厳しめの昨日・今日ですから、外出を控えて、人との接触をしないように、過ごしてほしいと思っています。
 宮崎市以外では、学校の職員も感染か??と新聞に載っていましたから、緊張感が走ります。
 皆様もどうぞお気を付けください。

※ 今日は、学校に工事が入っています。次年度に向けての整備のようです。
  体育施設の開放も中止になったようです。少年団活動も含めて、ご用心ください。
 

トップページ(令和3年1月8日(金))

 1月8日(金)< これまでの取り組みを、再確認、充実させます。>
 
 おはようございます。東京・神奈川に次ぐ感染割合だと報道されています。全国3番目の緊急事態です。
 今朝は、朝のうちに職員朝会を行い、昨日の動き、教育委員会からご家庭への配布文書等があることについて、周知しました。
 基本的には、学校は通常登校を維持します。時差登校については、ビデオで撮影しながら、密の状態になるかどうかを見ていましたが、登校班の到着自体に時間差があること、空間の広さに比べて子供の数が少ないこと、登校班長のリードで適度な距離が保たれていること・・などの理由と、登校時の低学年の安全や安心、および全児童に対する不審者対応等から見ての安全・安心の観点から、今まで通りの集団登校による登校を維持することにしました。
 なお、下校時には、一斉に下校すると児童玄関で混雑することがありますので、その点だけは学級担任の配慮で、時間差を設けるようにしていきます。
 詳しくは、市教育委員会からの文書を、全児童に配布しますのでご覧ください。(兄弟、姉妹がいるところは複数枚になりますが、確実にお届けしたいと思いますのでご容赦ください。)
 なお、子供は、日中は学校にいることで地域と離れて過ごしていますので、ウイルスが学校に持ち込まれない限りは隔離されている状態だと思いますが、ご家庭やご家族の通学・勤務先等での、または地域での感染の機会も油断できないことから、健康観察には十分なご配慮をお願いします。
 新聞等で見ますと、基本的には、県からは、外出自粛・県外との往来自粛、可能な限り人との接触の機会を減らす等の、厳しい宣言内容も見られます。
 学校では、子供さんに風邪様の症状がある場合には休養をお勧めします。また、場合によっては医療機関への相談や受診をお勧めします。
 ご家族に風邪様の症状がある場合も、万一のことを考えての対応をお願いします。(文書等にも書いてあります。)
 どこにウイルスが潜んでいてもおかしくない状況です。感染しないように学校でも十分気を付けていきたいと思います。皆様もどうぞお気をつけください。

新型コロナウイルスの感染拡大に係る学校の時差登下校及び感染対策の実施について(保護者様宛).pdf
 

お知らせ(令和3年1月7日(木))

 1月7日(木)< 今のままで・・。>

 今日の戸敷市長の記者会見を見ていました。「赤圏域に指定してもらうよう県に要請をした。」とのことでした。教育長の会見では、「学校を臨時に休業にはしない」ともいっていました。学校で広がる・・のではなく、子供の場合「家庭での感染」が大きな割合を占めているようだからです。
 ただ、その分、登校前に、風邪の症状や発熱があるときには、早めの休養や医療機関への相談・受診は必要だとお願いをしたいと思います。(こういう状況ですから)
 また、学校でも、発熱や体調がすぐれない児童がいるときには、保健室で様子を見て、改善しないようなときには、お迎えをお願いして、早めに休養を取ることができ、一時も早く回復するよう図りたいと思います。子供の元気がないと心配ですから。
 ただ、学校では今までも最善は尽くしてきていると思っています。当分は今のままで進めていこうと思っています。
 皆様も、今日のニュースをお聞きの上、今後の対応をお願いします。
 明日は3連休前でもあり、委員会等からの連絡でもあれば、すぐにでもお伝えしたいと思います。なくても、明日改めて、連休中の過ごし方について、お願いをしようと考えています。よろしくお願いします。
 

お知らせ

 もう、ご存じのことと思いますが、宮崎県のコロナ感染者数の見込みが70名を超えるかも・・・という速報が出ました。皆様も十分にご注意ください。
 学校でも、手洗い・消毒・うがいなど、できる限りの対策を継続するとともに、換気にも、これまで以上に十分注意したいと思います。
 

トップページ(令和3年1月5日(火))

 1月5日(火)< 今日が学校の初日です。>

 登校班でしっかり登校してきてくれた子供たちは、あいさつもちゃんとしてくれるしっかりものでした。加えて「あけましておめでとうございます。」と、ちゃんと新年のあいさつまでしてくれるから、満点です。
 みんな元気に、また、いつも通りのっこう生活が始められるとうれしくなりました。
 全校朝会では、新年の目標を決めて、書いて、掲示板に張り出しましょうと言いました。その目標に向かって、今日からの毎日を過ごしましょう。・・と。
 昨年の、PTA新聞に出ていた運動会や田植え・稲刈りなどの紹介をしながら新年に向けての話をしました。
   
   
 

トップページ(令和3年1月4日(月))

1月4日(月)< 今日は仕事始め式 >

 ついに始まりました。令和3年の仕事始めです。職場に出ると何かしら新鮮な気持ちになるから不思議です。これまで過ごしてきた仲間と、新たな気持ちで今年の仕事始めをする、その期待感や高揚感がそう思わせるのだろうと思います。
 3月に向けていよいよ始まります。
 明日、子供たちに出会う準備をしておこうと思います。今週は週の初めからフルの出勤・投稿になります。子供たちも、今日あたりから、こころのエンジンをかけて、明日に備えてくれるといいなと思います。
 子供さん方にもお伝えください。なんだかワクワクするよ・・と。友達とも会えるよ・・。とも。
 明日、みんなの笑顔に出会えることを楽しみにしているよと、加えてお伝えください。
 保護者の皆さまも、3月の終業式まで、またご協力をよろしくお願いします。

<職員研修の様子から>
 子供たちより一足先に、現実に引き戻されるような、好奇心の沸く研修ができました。タブレットを使った、今後の学習の在り方についてです。もうすぐ、タブレットを使って子どもたちが自分でどんどん先に進める学習ができるようになりそうです。AIに自己診断してもらうようなドリルとか・・・。
 でも、今日は教師が遠隔授業をする方法についての研修をしました。学校が休業になったときに、ご家庭に通信の準備が出ていればできる授業の方法についてです。先進地域の例も紹介してもらいながら、いつでも対応できる基礎の基礎をしました。
 まずは学校でできることから、職員の技術と心の準備をすることができました。
     
 

トップページ(令和3年1月3日(日))

 1月3日(日)< 正月3が日・・今日までですね。>

 早いものでもう3日経ってしまいます。「光陰矢の如し」とは昔の人も良く言ったものだと思います。昨日話題にしました、燕の写真を掲載します。
  
確認できるでしょうか。街中でも見られた方がいらっしゃるかもしれません。早いので焦点を合わせるのに一苦労です。3コマですがご覧ください。

 さて、あさってから登校です。持ち物、教科書、ノート課題等、持ってくるように指定されたものはしっかり忘れずに準備をしましょう。
 それから、コロナウイルス感染者が増えているようです。都城・北諸圏域はレベル3から4?、宮崎市もレベル4に近くなって・・・ということから、緊急事態の宣言も出るのでは・・と、危ぶまれています。
 手洗い・うがい、手指の消毒はもちろん、マスク着用は必ず、乾燥した空気中では飛沫による感染や、飛沫の浮遊による感染も危険視されています。換気をしっかりすることも欠かせないことから、学校でも窓を開けて、換気をしたいと思いますので、服装は寒さ対策をお願いします。
 さあ、今日が正月最後だと思って、生活リズムを整えてください。明日は月曜日。子供たちは、まだ冬休みではありますが、学校に行く時間帯で動き始めてもいいのではないでしょうか??
 今日も一日元気に過ごしましょう。皆さんも健康に気を付けて、感染予防にも気を付けて、お過ごしください。
 

トップページ〈令和3年1月2日(土))

 1月2日(土)< 春の訪れ? >

 今年は、コロナ禍のために家族が帰省出来ませんでしたので、ビデオ会議なるもので、顔を見ながらの新年のあいさつをしました。手近なアプリでもうそんなことを手軽にできる時代です。そして何しろ早いです。お金もそんなにかかりませんし・・。
 学校で、ZOOMをしましたなどと言っている間に、時代はもっと先にいっているかもしれません。追いつき追い越せの心境で、今年もいろいろなことに挑戦したいと思います。
 早いといえば、早すぎるものを見ました・・。
 燕です。(写真も撮りました。明日掲載します。)
 自然の動きはとても速いようです。
 真冬なのですが、もう夏鳥が飛んでいると驚いています。でも、そういえば昨年も、1月終わりには、日章学園のそばで燕を見た記憶があります。土着とは言わないまでも、そんなに遠くまでは渡らない燕もいるのかもしれません。
 何よりこの寒さで生きていけるのかなあと心配をします。
 でも九州でも雪が降らいない県、日差しが降り注いでいる県・・は宮崎県だけのような天気予報ですから、暖かいのかもしれません。
 自然の生き物は春を迎える準備が早いようです。子供たちにも早めの準備をお願いしたいところです。
 明日は日曜日。月曜日の4日は仕事はじめで、職員は出勤。初日から研修を組ん、次年度にも向けた内容を計画しています。
 5日の火曜日から学校が始まります。給食もあります。初日からめいっぱい授業がある予定ですから、今から登校の準備をしておくといいと思います。心の準備が一番かもしれません。
 さあ、今年は特別の年の延長戦の様相を呈しています。
 今日を元気に乗り切って明日も元気に迎えましょう!!
 

トップページ(令和3年1月1日(金))

 1月1日(金)< 新年のはじめです。>・・・更新が遅くなりました。・・・・

 皆様、あけまして おめでとうございます
 今年が 皆様にとりまして、健やかで 楽しい一年になりますよう願っております。
 広瀬西小学校を ことしも どうぞよろしくお願いいたします

 さあ、新年を迎えました。コロナウイルスワクチンの接種が、外国で始まり、日本も外国の製薬メーカーと契約をしているので、接種が始まる・・・(期日は未定)と言われています。
 コロナウイルス感染を、薬が手に届くまで防いで、元気に過ごしましょう。

 小学校の時期は 列車でいうと 入学(式)という始発駅から 卒業(式)という終着駅に向かって、時の旅をするようなものだと思っています。
 1年生という線路を一年間歩いてきて、次は(進級)という乗り継ぎを行うために、終業式をします。次は2年生という列車に乗って、2年生の学習や行事を楽しく賢く過ごしていく予定です。他の学年も同じです。それぞれの線路をみんなで一生懸命に走ってきたはずです。
 機関士は校長。進路を誤らないように学校を進め、教頭先生という頼れる職員に調整を図ってもらいます。(言ってみれば車掌さんのような大切な役目でしょう。)
 各号車には、担任というお世話をする方がいて、子供たちをしっかりと見守っていただいています。この号車は全部で17両編成。各学級と音楽・理科・保健室・事務室という特別の号車があり全体を見守っています。
 その各列車が、3月の終業式(乗り換え)を間近に、1月からは、これまでの思い出を確かめたり、次の学年の号車に進むために、忘れ物(学び残し)がないかどうか、各学級で振り返りの授業もします。1月19日・20日には、CRTテストという、全校一斉の学力の確かめをすることになります。
 ここでしっかり確認をして、次の学年へと進んでいく準備をしてもらいたいと思います。
 そして6年生だけが、卒業という終着駅で降りて、中学校という新しい路線に乗り換えていきます。お別れです。別の時間を旅する列車に乗るのです。
 4月に入ると、小学校でも中学校でも入学式という始発駅に、多くの新入生が集まることになります。寂しいけれど楽しい門出でもあります。
 さあ、いずれにしても、残りは3か月。でも、1月は時が早く去る月、2月は逃げるように早く過ぎる月、3月はさらさらと流れる水のように、あっという間に終わってしまう月だと昔の人は言ったそうです。
 時間を無駄にせず、その時その時を大事にして前へ前へと進みましょう。

 今日は元旦。新年の目標を立てる日です。今年一年を通して頑張る目標を立ててみんなに言って、みんなからの声援をもらいながら、目標を達成するようにしましょう。

今朝6時28分の空は月が出ていました。
日の出のタイミングは少し逃して、空の高いところに出ていましたが、木の陰に邪魔されて、きれいな日の出には会えませんでした。
 皆さんは日の出を見ましたか?月から太陽にバトンタッチをするところは確認できました。
 → 
西の空(午前6時28分)         東の空(午前8時)
 
 では、改めまして、今年が皆様にとりまして 良い年でありますよう願っております。
 

トップページ(令和2年12月31日(木))

 12月31日(木)< いよいよ大晦日。残すところあと8時間と40数分>

 今年も、多くの方にホームページをご覧いただきました、ありがとうございました。
 4月から今現在までで、【 22万9500回 】のアクセスをいただきました。
 1年目が3月までで11万回の閲覧をしていただきました。
 今年はその2倍というところです。
 学校の様子、学習の様子、子どもたちの様子、子どもたちへの願い、保護者の皆さんへの願いやお礼、地域の皆様の協力の様子等々、ランダムに書いてきたのですが、皆様に読んでいただき感謝しています。
 時節柄のトピックスや昔から言われてきたこと、40数年前は、私も子どもでしたし、子育ても、いろいろ悩みながらしてきた経験を書いてみたり、自分の子どものころの果たせなかった思いなど、また、努力して少しは成果があったことなどもところどころ書いてきました。
 まずは、斜め読みでもしていただければ幸いだと思って書いていますし、教育の現状や今後、麦秋の仕方やいま求められていることなどは、本気で書いてきました。
 参考になる事があれば幸いです。もう少しの間、書き綴っていきたいと思います。

 今朝は、人物を振り返る番組で、野村克也(野球選手にして監督、ID野球で有名になった人)を取り上げていました。
 生い立ちは貧しかったようですが、負けん気の強さと自己分析、を続けて一流になった人でした。
 ID野球は、いわば危険や感を、数値で表した、または傾向とけっかで、を確かなり理論に仕立て上げたからすごいと思います。「 匠 」といわれる方々の技を絶やさないために、国の研究所等で「技」といわれるものを「数値化」する作業が行われていますが、まさに個人でそれをやってのけた人だと思います。

 子どもたちも、経験と試行錯誤と、深く考えることが、いつか大きな成果を生むと思って、今を頑張ってほしいと思います。
 また、旭化成の「吉野 彰」博士は、苦労はするかもしれない。が、我慢して続けていればいつかゴールにたどり着く。その時の気持ちを大事にしていけば我慢はできる。我慢することのすばらしさを知ってほしい。と述べていらっしゃいます。
 ちなみに、延岡市では中学生と高校生を集めて吉野博士の話を聞かせる講演会をしています。羨ましいですね。
 野村氏も「失敗をしてもいい。次の成功に生かせばいいのだから。失敗をそのままにしておくことこそが失敗だ・・。」と言っています。
 結局、諦めずにコツコツ続けることが大事なのですよね。
 年末、最終日ですが、いい学びをさせてもらったと思います。

 さあ、、風邪を引かないように、今日の残り時間を過ごして、午前0時を過ぎたら晴れやかな気持ちで新年を迎えてください。子どもは早く寝て1月1日に早起きをして、晴れやかな気持ちで目覚めてください。
 では、今日も残り1日を元気に過ごしてください。
 

トップページ(令和2年13月30日(水))

 12月30日(水)< あと1日と9時間20分です。>

 今日も午後の更新になってしまいました。用務員さんが花の保護をしていました。数年に一度の寒波が来るからです。花の苗が傷んでしまわないように、建物の中に入れて緊急避難というところでしょうか。
 宮崎県以外の九州には降雪の予報が出ています。気温もマイナス2度・3度・・・と山間部は特に冷えるようです。今日は意外に暖かいので、外仕事は今日のうちにしてしまっておきたいですね。
 子供たちは元気でいるでしょうか??
 お手伝いも進んでいるでしょうか??
 掃除は上から下へしていくのが基本。ほこりが上にたまっているから上から掃除をして、上のごみが下へ落ちたところを、床掃除もかねて、始末してしまいますよね。
 そういえば、お医者さんが、コロナウイルスもほこりなどと一緒に最低でも3日間、気温等の条件がいいと7日ぐらいでも生きている可能性があるといっていましたから、今年は特に埃取りの掃除をするといいですね。
 もちろん、その誇りを吸い込まないようにマスクやゴーグルなど、いつもの年以上に体を保護して行ってください。
 そういった段取りを子供たちが身につけたら、それはすごい機動力になります。大人が日々仕事で効率を上げようとして行っている工夫を、こういう時に伝授してくださいね。
 今年の仕事は今年のうちに・・・がいいと思います。
 風邪をひかないように気を付けて、今日も頑張ってください。

 ・・・・・・今日は私は障子貼りをしました。糊を剥離する液体(界面活性剤入り)があって重宝しました。貼り付ける方法も両面テープで貼る方法が紹介されていて、時代の変化、各企業の商魂たくましさに感服しながら作業をしました。気持ちよく仕上がりました。!!
 

トップページ(令和2年12月29日(火))

 12月29日(火)< 今日もそろそろ終わりで、後、2日と10時間です。>

 今日は、天皇家の佳子様の誕生日だとニュースで言っていました。毎日誰か氏らの誕生日がありますが、子供たちの中で今日が誕生日の人、おめでとうございます。
 今日を入れてあと3日になりました。今年は初もうで期間が年内から年明けまで継続されるということです。受験や奇岩ごとがある方は人々が少ない荷や時間を見ていかれるといいですね。
 受験生が今年気を付けることは、体調管理ですね,寒暖差が激しいので、のどの乾燥・そこからくる扁桃腺や気管支炎。マスクを毎日してうがいもする、。のどの保温に努める・・などをしておくことが大事ですね。もちろん、手を洗う・手指の消毒をする・・琴杯の一番にすべきですね。今年インフルエンザが少ないのは、これらコロナウイルス感染対策と同じことが、インフルエンザ感染予防対策にもなるからです。
 次に、焦らずに、できるところはより確実に、できないとこrはこれまでの失敗経験を生かして対策を立てるといいのです。落ち着いて対処することが大事です。

 小学生も、他校の一部ではありますが受験を控えている子供たちは毎日努力を続けていますので、それを参考に、できる範囲で頑張って見るのもいいですよね。他の人ができることは自分もできる…と思ってするといいと思います。

 さて、今日はいろいろな記念日として登録されているようですが、子供たちにかんけいするひとしては「赤とんぼ」を作曲した作曲家「山田耕筰」の忌日だそうです。
 作曲家の問題が出ると基本問題としていい内容かもしれません・・?
 ほかに清水トンネルが貫通した日でもあり、当時日本一長いトンネルと言われ、ノーベル文学賞受賞者「川端康成」の「トンネルを抜けると、そこはゆき国であった・・。」という一説にも出てくるほど、有名な出来事でした。
 そんな今日、一日をどう過ごしたでしょうか。
 いいよいよ明日明後日で新年を迎える準備を終えなければいけませんので、子どもたちの手伝いも佳境といったところかもしれません。頑張りましょう。 
 

トップページ(令和2年12月28日(月))

 12月28日(月)<あと4日です>

 今年は今日を入れてあと4日。昨日は、我が家でも今年を振り返っての話に花を咲かせました。今日は、学校は仕事納めの日です。1年の出来事を振り返ると同時に、来年の、そして来年度の教育課程に思いを馳せて、締めくくりをしたいと思います。
 昨日は少年団の子供たちが納の練習をしていました。指導をしていらっしゃったお父さん方とも言葉を交わすことができたので、すがすがしく思う気持ちがわいてきました。
 子どもたちもニコニコ笑顔で,、きつかったでしょうが、練習に精を出していました。
 小さい子供さんがいて、お兄ちゃんを困らせていましたが、別の子供が上手に対応して、その子の気をそらしていました。上手だなあと思いながら見ていました。がその子は、学校の普段でもあいさつや会話がスムーズにできる子供さんでした。
 そんなことをきっかけにして、夕べは今年の話に花を咲かせたのでした。
 今日は大掃除でしょうか?まだ先でしょうか?餅つきは今年は低調の世相のようです。学校は門松を飾ってもらいましたので、大みそかまでには飾り餅を備えたいと思います。それと今日は、普段していないようなところの掃除もして終わりたいと思います。
 皆さんも、きょう一日また頑張って過ごしてください。
 それでは皆さん今日も元気でスタートしましょう。

※ 子どもたちは一日の計画をしっかり立てて、学習(=今年の復習)をして、お手伝いや冬休みの醍醐味を味わってください。手洗い・うがい、手指の消毒も忘れない
 ように過ごしましょう。
 
ヒヨドリです。寒くなって主役登場という感じです。けたたましい声を上げて飛び回ります。木になる実は少ないのですけれど、よく育っているようです。
 

トップページ(令和2年12月25日(金))

 12月25日(金)< 子供たちの笑顔に来年の希望をつないで・・。>

 今日は、クリスマス。昨日のことも含めて、サンタさんが来たとか・・・と楽しげに話す子供もいます。子供それぞれに楽しいことがあったり、これからあったりするのでしょう。
 私としては、自分自身の心尾の充実も十分に図ってほしい、今年はいい年だった・・とか、今年はこんなことができたからいい年だったとするか・・など、自分自身の努力の結果を思い描いてほしいと思います。それが巣への飛躍の糧になると思うからです。
 5年生には、今年よかったこと、悪かったこと、を書き出してもらったり、来年に向けて、理想の画工とは?とか、自分がなりたいものやこうしたいという抱負を、今年を振り返ることで新年に決めてほしい糸、お願いしています。
 6年生には、自分たちが6年間過ごして学校の伝統とは?と考えてもらって、5年生に引き継ぎ指揮をしてもらいたいと希望しています。
 実際、1月下旬からは、6年生に代わって、いろいろな役目を5年生にしてもらいながら6年生に、こうすればいいとか、こうしてきたよ・・などと引継ぎできる期間を設けたいと思っています。
 子供でも学年に応じた学びや成長を、大人もさることながら子供自身にも自覚してもらって、来年、新しい目標の元、飛躍してほしいと思います。
 今日は、怪我無く、楽しく、仲良く過ごして、笑顔でサヨナラをしようと、全校朝会で話しました。
 明日からは、各ご家庭で過ごすことになります。
 学校の会議室に、PTAのいろいろなものが掲示してあります。その中に令和元年の子育て標語に、「親と子の、絆深まる 聞き上手」というものがありました。なるほど・・・!!と思い、紹介させてもらいました。
 冬休み中は時間を作っていただき、とにかく子供の話を聞く・・ということに専念してみてください。子供理解が進むと思います。
 もちろん学習時間も作ってね・・と子供たちには言いたいと思いますが・・。

 今日も子供たちの元気な笑顔で1日がスタートしています。
 保護者の皆さんもお元気に今日をお過ごしください。

 ※ 昨日の月見ヶ丘の事件でまちcomiメールをお送りしました。小牧台からの登校班に付き添ってきてくださった方がいらっしゃいました。また、いつもの通り見守り
  隊の方や根井先生がたってあいさつ指導と交通安全指導をしてくださっていました。
  この一年も皆様のおかげで無事に過ごしてくることができました。ありがとうございました。
 

トップページ(令和2年12月24日(木))

 12月24日(木)< 今日は雨?模様という予報ですが・・。>

 今年は火事が多く発生しているようです。雨が降らいない期間が1か月以上あるとか。国内では水不足の地域もあって節水制限をしているというニュースも聞いています。
 コロナウイルス感染に関しては、昨日は全国で感染者がいたというニュースが流れていました。人の動きが止まらないからだということをしきりに言っていますすし、会食時の感染が多いとも言っています。
 さらに特定できない感染経路のために、歯止めがかからないとか、家庭内感染が多いなどともいわれていて、蔓延しているのでは??と思わせる情報ばかりが聞こえてきます。
 しかし、しっかり感染予防をして、感染していない人も多くいる状況ですので、これからも感染防止策を徹底して取って、感染しないようにしたいですね。
 今日はクリスマスイブ、明日はクリスマスという社会的な行事もある時期ですから、密になる・食事会などで集合する、などの楽しいムードは、今年だけは控えるのがいいかなと思います・・がいかがでしょう??
 イギリスから変異株のコロナウイルスがヨーロッパに広がっていて、日本でも外国から来る人の制限をしようとしている時期でもあります。
 何より怖いのは医療の逼迫・医療関係者の方々の疲弊(疲れ切っていること)なども配慮すべきだと思います。腹痛や普通の風邪などでも診てみらえない状況になりつつあると、東京都の医療関係者が話しています。
 よそ事と思わず、これからの年末年始は気を付けて過ごしたいですね。

 さて、学校では雨模様でしたのでボランティアはお休みでした。ただ、6年生が雨間をついて出てきてくれていました。6年生なりの判断だと思います。流石です。
 今日も年度末前の計画的な過ごし方をしてくれると期待しています。
 

トップページ(令和2年12月23日(水))

 12月23日(水)< ありがとうございます。>

 昨日は、所用で学校から市内に向けて車を走らせていました。午後3時15分過ぎでしたが、通学路には、見守り隊の方々が椅子に座って、子供たちの帰りを待ってくださっていました。なぜわかったかというと、黄緑色のジャケットを皆さん着ておられたからです。こんなに早くから、下校する子供たちを待ってくださっていれば、不審者も近づかないだろうし、子供たちが来るまでに、思わしくないことがあっても解決していただけるだろうと、大きく安心をしたのでした。そして当然、心から感謝をしたのでした。

 また今年を振り返ると、地域の皆様から、ご家庭(保護者の皆様)からの情報も多々いただきました。時には子供たちの情報の行き違いもあったりしましたが、子供たちからできるだけ情報を聞いて事実を明らかにすることで、問題を解決し、併せて情報の取り扱い方にも注意が必要だと思う案件もあり、大きな学びにもなりました。
 どれも子供たちが成長するために避けては通れないことだったと思いますし、その過程を通じて成長してくれたこともあったと思います。
 
 高学年には、「他人事ではなく自分事として考える、解決を図る取り組みをする。」 中学年にはできる範囲で「原因は何だったか、今後どうすればいいかを考える」、低学年には「誤ってしたことは、ごめんなさいと謝る」「これからどうすればいいかを考える」などを十分に経験して成長してくれるといいと思っています。
 特に、高学年になったら、家に帰って報告するだけでなく、「自分はこう思う」「自分はこれが正しいと思ったからこうした、こう言った」などと、自分事としてかかわることも大事だということを学んでほしいと思います。(そこに大人のアドバイスをいただけると、さらに大きな学びができると思います。)
 子供の世界は子供たちが作っていきます、大人は、アドバイスや仲裁はできますが、根本的な解決は当事者の子ども同士でなければできないからです。

 楽しい年末、新たな気持ちで新年を迎えられるよう、子供たちにも今年を振り返って、学びの総ざらえをしてほしいと思っている今週です。
 学習では、まとめのテストや力試しのプリントなどをしているようです。人間関係作りでも復習をして、より良い関係になるよう、取り組んでいってほしいと思います。

 今日も朝から元気に子供たちが活動をしています。外国語学習もされています。いつも通りの元気な広瀬西小学校としての一日が順調に進んでいっています。
 

トップページ(令和2年12月22日(火))

 12月22日(火)<一陽来復・・・これから春に向かって!!>

 冬至を過ぎて、今日から数秒~数分ずつ日が出ている時間が長くなっていきます。暑いときは寒いぐらいがいいといい、寒さが厳しいと早く暖かくなれと願う、なんでも都合のいいように言ってしまう人間ですが、ちょうどいい季節や気候が維持できるならそれに越したことはないですよね。
 余談ですが、脱炭素社会を目指した取り組みがそれを実現してくれるのなら、日々そういう取り組みをしなくてはいけないですね。
 さあ、今日はそういう意味で一陽来復を縁起担ぎの言葉として、子供たちにも皆さんにもいい事がこれからたくさんありますように願いたいと思います。
 今日も各学級ではそれぞれの計画に基づいて実践がなされていました。
 各学級の部屋のコーナーで紹介をしていきたいと思います。

 今日も子供たちは元気です。欠席者も数名で済んでいます。今週中に全員登校できるように早く回復することを願っています。でも、この状況ですから発熱等は十分な回復を見てからにしていただき休養を十分とらせてくださるといいと思います。
 子どもすべてが、そして保護者の皆さん地域の皆さんのご家庭すべてが笑顔で年の瀬を迎えられるよう願っております。
 さあ、今日も元気にスタートしました!!  登校日数は、今年はあと3日です。!!
 

トップページ(令和2年12月21日(月))

 12月21日(月)< 今日は冬至です。>

 一年で一番太陽の出ている時間が短い日です。と同時に、明日からは少しずつ昼間が長くなっていきます。6月の夏至に向かって、毎日太陽が出ている時間が長くなっていきます。春に向かっての折り返し点になります。
 今日まで我慢すれば明日から・・とはいかないのでしょう、が気持ちだけでも、そういった上向きの気持ちになりたいと思います。
 これから、学校では、冬休みに向かっての生活指導をしていきます。
 毎日の生活については各ご家庭での計画もあるでしょうから、子供さん方と話し合いをしていただき、かつ、ご家族での楽しみも満喫していただけるよう、計画を立ててくださるといいと思います。
 例年冬休みの暮らしについて、生徒指導部から文書を出しています。それをもとに子供さんの行動を話し合ってくださるとありがたいです。
 また、今年はコロナウイルス感染症の危険性もあり、更に冬休み、年末年始、正月・・という毎年の恒例行事もあるなかで、県外からの、または県外への移動による感染拡大が危惧されていますので、それに応じた慎重な行動も必要になります。
 集団感染はその方々だけでなく、周囲の人にも広く感染の危険を振りまいてしまいます、よく聞く濃厚接触者などです。それに当たらなくても近くにそういう人が出た・・という話はよく聞きます。
 広がらないと思っている話でも、とんでもなく遠くの人が知っている場合もあります。情報は瞬間で広がりますから、いい情報は早く得て身を守り、悪い情報はいち早く関係諸機関と共有して解決に向かわせることが大事ですね。
 子供たちにも、楽しさのあまり浮かれ過ぎて、軽率な行動をしないように話していきたいと思います。
 さあ、今日から1週間。いろいろなことを、子供たちにも振り返ってもらいながら、今年一年を締めくくってもらいたいと思います。
 今日も元気にスタートです。
 

トップページ(令和2年12月20日(日))

 12月20日(日)< 一足早く正月が・・・。>

 今年も、いよいよあと10日ほどを残すのみとなりました。今日は20日。明日からの1週間で子供たちの登校も、冬休みを迎え一段落します。と同時に2020年という年が終わります。今年は、記録にも記憶にも残る都市となってしましましたが、こういう試練を乗り越えて、子供たちはまだまだ長く生きていかなければなりません。
 私たち大人が、陰に日向にいろいろな面で子供たちを導いていかなければと思います。
 そういう思いを長年続けてきてくださっている先輩方が、今年も門松を作って校門前においてくださいました。立派な松の枝を擁してくださり、竹をきれいに天地人の高さに合わせて、赤い実のなる千両と葉ボタンを飾り付けて感染させてくださっています。
 明日の登校時に子供たちが「おーっ」と感激するか、または気づいてくれればうれしいと思います。季節の風物詩ですが、伝統も、そこに込める人々の思いも、感じ取ってほしいと思います。
 今朝も日の出前は気温0度でした。寒い中来てくださった方々に感謝申し上げたいと思います。
  
 

トップページ(令和2年12月15日(火))

 12月15日(火)< みんな一緒に >
 
 GO    TO キャンペーンが一時中断になりました。感染者の増え方が止まらない状況、そして何よりも、地域によっては医療崩壊が見られるようなところまできている状況では致し方ないといえますよね。帰省を心待ちにしていた方々も自粛ムードになるのではないでしょうか。感染が収まり、ある程度医療関係者の方も一息つけるようになったら改めて、移動をするというほうが安心・安全かもしれません。
 我慢の年末・年始になりますね、初詣も、密にならないよいうに工夫することが求められるでしょうし、クリスマス前後にある各種行事も、万全の対策が必要でしょう。
 どうか、皆様の懸命な見通しで、コロナ禍から逃れられますよう願っております。

 今日の学校は、ふるさと先生として「大口玲子」先生をお招きしています。短歌の選者もしておられるので、子供たちの学習にももちろんなりますし、子供たちの素直で、ある意味厳しい観察眼でとらえたことを短歌にしてくれるようになると嬉しいと思います。

 今日もボランティアの子供たちが頑張ってくれていました。5年生は学校の正面の円形花壇に植栽をしてくれました。子供たちが活躍する、今日の一日がまた始まりました。

 (今朝は今年2度目の気温・摂氏4度でした。でも子供たちは元気に登校してきました。) 
  
 
 

トップページ(令和2年12月14日(月))

 12月14日(月)< 今こそ、もう一度新しい生活習慣を! >

 子供たちにも、もう一度話をしたいと思いますが、「どこでも感染する危険性はある」ということです。無症状者がいれば、その人も知らないうちに感染させているわけです。でも誰にもわかりません。
 コロナウイルスは、人や動物に寄生して生きていく生き物です。ですから、動物も含めて感染しているような症状を見せる生き物に対しては注意が必要です。
 そして、やはり最終防衛ラインは、自分の口や目・鼻に手を持っていくことを最大限注意する(消毒をする)、3密を防ぐ、手洗い手指の消毒、うがいは欠かさない・・。だと思います。
 寒くなりましたが、今後もこれを厳守することが大切ですね。というよりは、それが生活のルーティーンとなるよう、新しい生活習慣を形作っていってほしいい・・・というように、今こそ、もう一度新しい生活習慣を見直すことが大事ですね。

 感染者が発生したら、接客商売の方々・企業の皆さんは、進んで公表しています。こうして対策を立てやすいように取り組むことが信用を得ますよね。逆に、行員さん方には一日も早い回復を願う気持ちになりますよね。個人を差別するようなことはいけないと、子供たちにも話したいと思います。
 接客のお仕事をされていらっしゃる方々、毎日ご苦労様です。そういう方々のお陰で私たちの生活が成り立っています。感謝をすると同時に、そういう場所を利用するときには、来客側も感染源にならないように、それ相当の防衛策を講じていくようにしたいと思います。
 学校も、いつそういう状況にならないとも限りませんので、今後とも気を付けていきたいと思います。 

 そういう気持ちで日々過ごしている学校です。
 保護者の皆様のご協力を今後ともいただきたいと思います。子供たちにも、かわいそうと思う部分はありますが、感染予防のために制限を設けることもあるかと思います。
 年末年始も、首都圏や感染拡大地域は移動制限が出そうな雰囲気です。
 宮崎も、どう変化するかもしれないと思って、毎日を注意して過ごしたいですね。 
 

トップページ(令和2年12月13日(日))

 12月13日(日)< 我慢の3週間が過ぎました。>

 コロナウイルス感染者が増えています。11月下旬に「我慢の3週間」で感染者が減らなければ…と言っていたのが、残念ながら実現できませんでした。
 人の動きが感染の広めることはわかっていました。もちろん、浮遊するウイルスを吸い込む、とか、壁や手すりやその他の「もの」に3日以上生存するウイルスを触って、体内に入れてしまう、とか、ついつい盛り上がった会話で、無症状の方のウイルスをもらってしまう、または浮遊するウイルスを、狭い空間で捕まえてしまったとか、どういう状況であれば課bb背bbするか、その原因もわかっています。
 それをどう防ぐかを問われています。人に言われて予防するのではなく、自分がどれぐらいしっかり予防するかにかかっています。自分の命を人に委ねたくないですよね。そのためにも、それを防ぐために、人の移動をどのように管理するか・・にかかっています。
 それなのに・・・という感じですね。九州も増えています。宮崎県は今週は1桁の感染者報告ですが九州各県は2桁20人30人と多くみられます。
 制限や自粛を25日まで延ばそうとかいろいろ言われていますが、手っ取り早く対抗手段を打つ必要があります。
 学校は、・・・繰り返しになりますが、学校内にウイルスを持ち込まないことが大事だと思っています。児童玄関での消毒は、朝にも、教室でも、必ずしてもらうこととしています。とにかく、口や目に手を持っていくときは、手をきれいにしてから…が鉄則でしょう。
 今後も、皆さんの、ご協力をお願いします。
 また、発熱後は、解熱後2日たってからでなければ登校は見合わせたいと思います。インフルエンザの対応と同じです。万が一の危険性を排除したいと思っています。職員も同じです。マスク、うがい、手洗い、手指の消毒・・基礎基本をしっかり怠りなく、実施していきたいと思います。ご協力をこれからもお願いします。
 

トップページ(令和2年12月12日(土))

 12月12日(土)< 今日は何の日? >

 今日は漢字の日だそうです。ほかに、リニアモーターカーが時速500キロを記録した日、児童福祉法が制定された日だそうです。
 最初は、宮崎県日向市美々津にあった「リニアモーターカー」の実験線ですが、山梨県に移ってしましました。今では実用化も間近になり、トンネルを掘る掘らないで工事が遅れています。しかし近いうちに時速500キロで移動する世の中がやってくることになります。技術進歩ですね。
 子供たちも、これからそういう世のに出ていきますから、今から新聞などの記事を見る習慣をつけて、将来何になろうか?とか、将来はこんなことをするべきだ!・・などを思ってくれるといいと思います。

 この度「はやぶさ」が帰ってきましたが、この計画に宮崎県出身の青年が加わっているという話です。3~4年前にも一度、テレビの話題になったと思いますが、本校児童からも大きなプロジェクトとにかかわってくれる人材が出るかもしれない・・出てもいいのでは??と思ったりします。
 勿論、この佐土原を、宮崎を背負って立つ人材も出てくれてもいいと思います。
 いずれにしても、毎日すべきことをこつこつとこなしながら、夢は少し先を見続けるといいと思います。

 今日は暖かい日になりました。来週の水曜日頃は朝が気温0度とか、その後も2度程と低い気温が続くようです。皆さん気を付けて過ごしましょう。

※緊急情報
16時19分ごろに青森県岩手県秋田県方面に震度5弱の地震が起きた模様です。こういう機会をとらえて、もし今地震が起きたら・・と子供さん方と話をしておいてくださるといいと思います。いつ、なんどき、何が起きても対応できるような心構えが必要です。

 

トップページ(令和2年12月11日(金))

 12月11日(金)< 冬らしさが出てきました。>

 運動場わきのクロガネモチの期は昨年赤い実を鈴なりにしていましたが、今年は裏年でしょうか、ほとんど見ることがありませんでした。代わりに、裏庭の体育館前の木には赤い実がなっています。そこにヒヨドリがやってくるようになりました。しばらく前から姿を見てはいたのですが、人間を恐れずにどこでも飛び回るようなうになったのは、ここ2~3日からです。キセキレイも車のバックミラーに自分を映しては飛び回っています。
 冬らしい光景だと思います。
 子どもたちは、寒さにも負けずに、朝のボランティアを行ってくれます。時間が来ると元気に教室に戻っていきます。この元気さに大人は元気をもらっています。
 今朝も7時47分には子どもたちは学校入りをしましたので、寒さにも負けず、保護者の皆さんも、いつも通りに家を送り出してくださっているのだと思い、感心しています。
 昨日は、不審者?と思われる情報がありましたので、職員を出して下校を見守りましたが、見守り隊の方々の人数が多くてよかったと、職員も安心して帰ってきました。今後とも、皆様の見守り、情報提供など、よろしくお願いします。
   
 

トップページ(令和2年12月10日(木))

 12月10日(木)< 世界人権デー >・・ほかにも、いろいろな日として定められているようです。

 今日は世界人権デーです。また、今月は人権啓発月間です。
 1948年のこの日、パリで開かれた第3回世界国連総会で「世界人権宣言」が採択されたことにより定められました。また、子どもの人権についても昨今の世の世相を反映して定められていて、しつけや親の子どもへの暴力に対しても公権力の判断により処罰される時代になっています。
 子どもは、むかしから「育てたように子は育つ」という言葉があるように、暴力をふるわれて育った子どもは、同じように暴力をふるう傾向がある・・などとの研究が言われた時代が昔ありました。そういう研究成果も元になっているのかもしれません。
 いずれにしても、みんなが平等に楽しく平和に幸せに暮らしていけるように、努力していく必要がありますね。子どものうちから、何が正しくて、どのようにするのが適切なのかを、理想の部分も含めて、教えていくことが大事だといえます。
 現実はどうあれ、理想の社会を作ってくれるように、子どもたちには、今から話をしておく必要があると思います。
 

トップページ(令和2年12月9日(水))

 12月9日(水)< 寒くなるそうです。>

 今秋までは、暖かかったのですが、天気予報では強い寒気が南下してくると言っています。寒さによる体調不良、感染症予防の一段の強化、副総統の加減が難しくなると思います。
 昨日は、欠席者「0」だったという報告を聞きました。今後とも、保護者の皆さんの見守りの元、子ども達には元気に学校に来てもらいたいと思います。
 明日は6年生の校外講師による学習や、情報教育が入っています。これからの時代の対応すべく、いろいろと学んでいってもらいたいと思います。
 皆様も、健康には十分に気を付けられてお過ごしください。
 

トップページ(令和2年12月4日(金))

 12月4日(金)< 寒い日に、暖かな話 >

 今日は、「花育」の一環として、佐土原町内の花屋さんに来ていただき、花の寄せ植えを教えていただきました。こどもたちは、それだけでもう笑顔いっぱいです。
 きれいに植え終わった植木鉢は、花壇の周りにおいて管理していきます。
 寒さにも強い花の種類ばかりなので、冬休みに入る前まで世話をしていきます。その後が家に持ち帰るなどしてお世話いただけるといいかもしれません。
 また、今日は、いろいろなお知らせや情報をいただきました。子どもたちのためになることばかりでした。保護者の皆様のご協力や情報を得て、さらに職員も指導に力を入れることができます。ありがとうございました。
 また、12月最初の全校朝会(リモートで)をして、コロナウイルス感染予防の取り組みの話、学習のまとめの話(1月のテストや3月までの目標)、新聞記事から作文を読んで参考にしようという話、などをしました。
 最後に、表彰状が届いていましたので(明るい選挙・書道作品、お菓子コンテストイラスト、童話作品募集・・等)リモートで映像を各教室に送りながら、代表者に渡しました。
 半日ですが、いろいろなことがあったきょうです。(11:55)
  
 

トップページ(令和2年12月3日(木))

 12月3日(木)< 心の栄養・・・何気ないことですが!>

 毎日いろいろな出来事がある中で、子供たちの成長に心を癒されることがちょくちょくあります。
 今朝は、いつもの通り、2年生が中央の円形花壇に出てきて、除草作業をしてくれました。いつもより人数が多いので、うれしくなりました。ボランティアでは、人数と勢いで他の学年を凌駕しているかもしれません。

 もう一つ、ボランティア活動が終わった後、教室に帰りますが、児童玄関にある消毒液で、消毒をして上がる6年生がいました。ジェル式なので、押し方によっては手を跳び越すことがあります。今朝はちょうど、ジェルが廊下に落ちてしまった場面に出会いました。誰も見ていないなら、足で拭く?ことがあるかもしれない場面で、6年生の男の子はポケットティッシュを探し始めました。ない様子でしたが、隣の子に、「持ってない?」と聞きました。その子が持っていたので廊下のジェルを吹くことができました。
 私が「ありがとう。ゴミ箱に・・・」と言いかけたら、机の上にこぼれていたジェルまで拭き始めたではありませんか!
 そこに、うれしさや、成長したこと、そして最上級生がそれができたことに安ど感と頼りがいを感じたのでした。
 ある時は、あいさつをしっかりしなかった班長さんに「ちゃんとせんといかんよ」と言っている低学年も見たことがあります。
 こうして、子どもたちは、しっかり成長していっている、保護者の皆さんや担任のいうことをどこかでしっかり聞いていて、できるようになっている・・・そんな姿を確認できたのでした。
 今朝は、子どもは当たり前のことをしただけなのでしょうが、そんなところに元気をもらったのでした。
 子供は、「子どもの中で育てることの良さ」が、わかる思いがしました。(空は曇りですが、心は晴れの感じがします。)
 

トップページ(令和2年12月1日(火))

 12月1日(火)< ついに師走に入りました。>

 今日から12月。今年はコロナウイルス禍で、通常の年末のような賑わいは、(したいけれど)できない状況かもしれませんね。また、年末で帰省される予定のご家族の皆様がいらっしゃるところでは、家庭内でのマスクや各所の消毒を、当日ぐらいは、しておく必要があるかもしれません。(念のためにです。見えないウイルスですから。。。考えすぎでしょうか?)それも最初が肝心ではないでしょうか。

 さて、今日から12月です。昨日は、一日寒かったです。今朝は、岡公民館のところでは、自家用車に搭載の温度計ですが4度を指していました。寒い朝になりました。本格的な冬の時期の朝の温度だと思いました。でも、そんな中にも子供たちは元気に登校してきました。ただ、手をポケットに入れている子を多く見かけましたので、寒い時期には手袋をするほうが安全です。生徒指導部や学級からもお知らせが出ると思いますが、安全に気を付けて、かつ寒さにも万全な対応で登校できるといいと思います。(フードは音が聞こえにくくなるので、登下校時には被らないように子供達には言う方向で考えています。)

 さあ、12月1か月を駆け抜けるつもりで、今日から元気にスタートしましょう。

海の上には、どうしても雲ができます。日の出後ですが太陽は雲の間にいるようです。今朝は、水平線の上以外は、雲がありませんでした。
 

トップページ(令和2年11月28日(日))

 11月28日(日)< まだあと2日あります。>

 11月があと2日で終わりますが、まだあと2日あります。
 今月中に終えなければいけなかったノルマを果たすには時間がまだあります。子供たちの学習についても、一年間を見て考えることは大切ですが、目標達成までの期間が長すぎると、忘れたり、努力の効果を確認できなかったりします。
 だから最低でも1か月に一回は目標達成をできたかどうかの確認は必要ですよね。
 そういう意味でまだ2日あると書いたのでした。

 これは、学校職員も同じで、各月の目標を立てます。全校児童に周知して実施してもらいます。その成果は確認しないと成果が出たかどうかはわかりません。そこで、アンケートを各学級にとったりして、子供たちの成長具合を見ていきます。
 ですから、子供たちにも、自学自習の目標を立てて宅習をしているでしょうから、この一か月にした宅習が覚えられているか、または書けるようになったかを確認してもらってもいいと思うのです。
 学校のテストも学習終わりにして確認をしますから、同じ考えです。
 今日、明日で、宅習帳から、問題を作ったり、または似た問題を作って自分で自分に出題してみてもいいかもしれません。
 5年生は、学校でも振り返りの問題をしますが、自宅でも、もう一度ドリルや教科書を見て大事な点を復習しておくといいと思います。
 国語は漢字の読み・書き、言葉を見ておく。算数は決まりや約束事を覚えながら問題を解いてみる(教科書やドリルで十分)といいと思います。12月1日までにはあと2日あります。
 
 今朝も少年団でしょうか、私が門扉を開けている横を通って、車で駆け付けた方がありました。毎週、毎土曜・毎日曜の練習、または試合お疲れ様です?
 明日からは冷え込むそうですから気を付けて過ごされることを願っています。
 ほかの皆さんも、冷え込みにご注意の上、今日も元気にスタートしてください。
 

トップページ(令和2年11月28日(土))

 11月28日(土)< 成果は出てくるのです。>

 頑張っている子供たち。それは保護者の皆さんが後押しをしてくださっているからです。学校では職員が後押しをさせていただいていると思っています。
 日々、身の回りの環境が変わる中で、何とかベストな環境を作って、保って、この先につないでいかなければいけません。
 先日、バレーボール少年団の子供たちがうれしいお知らせをしに来てくれました。
 
 ほかの学年の子供たちも来てくれました。まだ写真撮影が終わっていません。
 練習日に厳しい練習を積ん重ねてきたからですね。その成果が出ています。
 でも、そうではない年回りだってありますよね。そういう時は実力をためている時だと思ってください。次に必ず花開く時がやってきます。

 学校でもそうです。子供達には得手・不得手があってできないこともありますが、この先必ず「そうか!!」とひらめく時がやっててきます。それまで辛抱してわかる努力を続けてほしいと思います。そのために授業では、話し合いや自分でわかるところまで解いてみることをしています。

 今日も体育館で練習をしている声が聞こえてきます。
 この頑張りがいつか花開く時が来ることになります。ほかにも、いろいろと習い事絵をしている子供たちがたくさんいると聞きます。その頑張りも、学校での毎日の頑張りと合わさって、いつか花開きますね。損の日を楽しみに待つことにしましょう。
 

トップページ(令和2年11月27日(金))

 11月27日(金)< 科学的な情報は使ったほうがいいですよね。勿論、経験も大事です。>

 今朝の読売新聞に、スパーコンピュータ「富岳」でシュミレーションした「人の吐息=ウイルス等」の飛散状況が掲載されていました。マスクをしている時としていないときの飛散状況を、カラオケの部屋、バーベキューの場合と2例を載せていましたが、いずれも見事に参加者全員が吸い込む範囲に拡散しているようです。
 このことから、大勢が集まっての会食、密室で過ごすこと、マスクなしで大きな息をすることなどは、感染のリスクを高めることが立証されているといえます。
 そこから、改めて、3密を防ぐ、マスクを着用する、長時間、大勢で、大きな声で=大量の呼吸を継続しながら、向かい合って、過ごすことなどは避けなければいけないことがよくわかります。ですから、今日も、相も変わらずマスク着用、手洗い、手指の消毒、うがいなどを、子供達には継続するよう指導していきたいと思います。
 新しい生活習慣とは、そういう感染を防ぐための環境を整えていくことだと子供たちにも早く理解して実践してほしいと思います。
 古来から、経験を通して、人はそういうことを学びながら、畏れ、敬って、生活様式を作ってきたといえるのではないでしょうか。

 また、日本にいる蝙蝠も、今回のコロナウイルスに近いウイルスを持っているが感染はしないようだ、中国では野生の動物を食用にしたり、他の動物に感染したものが人間に感染し、それが人間同士に広まっていったようだという論文も紹介されていました。
 野生の動物には無害でも、人間には有害な生き物はこの世界にはたくさんあるでしょう。そのためにも「住環境を整備」したり「清潔に」したり「すみわけ」をしたりと、生活様式に、もう一度気を付ける必要がありそうです。
 今の時代、科学的に解明できることは多くなってきました。それをいかに使って私たちの生活を守るかは、人間自身に任されているといってもいいと思いました。

長くなりました。皆さん今日も元気に過ごしましょう!!

※「富岳」=世界中のスーパーコンピュータを6部門で競わせた中で1位を取った日本製のコンピュータ。1年間のうちに2回競うそうですが、2期連続一位です。世界に誇れる「科学技術の粋」の一例です。
 

トップページ(令和2年11月26日(木))

 11月26日(木)< 今日も張り切っていきましょう。 >

 今日は木曜日です。週末にさしかかってきました。
 今日は4年生の授業公開があります。1年生の持久走記録会も実施します。
 2時間目、3時間目の予定です。5時間目には3年生が学校下まで社会科見学に行きます。
 昨日も授業公開をして授業をみあいましたが、今日も中学年を中心に授業をみあって、子どもの学びの様子、教師の指導の様子などを見てさらに改善できるところはないかを、または今の現状評価をします。供して明日から帰られることと、時間をかけることと2種類あると思われますが、いいことは続けて改善点はみんなで理解して変えていき、望ましい方向に延びることができればいいなと思います。
   
 
 今日は若干涼しい一日になりそうです。昼間は20度まで気温が上がるそうですので、涼しいが適切な表現かと思います。15度を下回ると寒いと感じるでしょうから、気温とにらめっこをしながら、健康管理に気を付けましょう。

 さあ、今日も元気にスタートしましょう!!(6:55)
 

トップページ(令和2年11月24日(火))

 11月24日(火)< 今日も楽しく・・。>

 今日は、1年生と4年生が遠足で、1年生はフェニックス自然動物園へ、4年生が県庁方面に出かけます。4年生は、防災庁舎も見学をすることができるようで、最新の設備と今後の考え方を学ぶにはちょうどいい時期でした。
 2年生はCOOPに見学に行きます。2時間目から4時間目を使います。6年生は佐土原歴史資料館に出かけていきますので、今日は4学年が午前中留守をすることになります。
 晩秋の心地よさ、気温も20度から23度くらいまでの間で推移する予想の晴れの一日ですから、過ごしやすい遠足日和・校外学習日和といえると思います。
 楽しく、学習をしてきて欲しいと思います。
 

  <移動の時期でもあるようです。・・生き物に学ぶ>

 今朝は、日章学園の前の電線に200羽を超えるであろうと思われる数のカラスが停まっていました。電柱は大体50メートル間隔で立っている(場所によっては30メートルぐらいのことも)といわれます。そこから見ると。300メートルくらいの間の、電線3列にぎっしりと停まっていましたから、すごい数ですよね。
 寒気が下りてくるといいますから、いよいよ渡りの時を感じ取っているのかなと思いながら見て通りました。その分亀田交差点のカラスは6羽程度と少なく、また、学校から新富町方面に移動している群れも見ましたから、忙しく動き回っているのでしょう。

 季節の変わり目、その変化を敏感に感じ取って動く自然の生き物に学びながら、人も行事や気候に敏感に対応して、危険を回避しながら、賢く立ち回りたいものだと思いました。

 さあ、今日も元気に、そして安全に過ごしましょう。
 

トップページ(令和2年11月23日(月))

 11月23日(月)< 勤労感謝の日 >

 今日は勤労感謝の日ですが、勤務の方もいらっしゃるでしょう。お疲れ様です。
 勤労を尊び、勤労に感謝をする日と言われています。仕事がある、体を動かして成果を得る・・ここから収入を得て生活を成り立たせるわけですから、子供たちにも、そういう尊いことを大切にする、少しずつかかわっていくことを教えることは大切なことだと思います。
 学校で行っているボランティアは趣旨が少し異なりますが、動くこと、人のためになることをすること、社会に役立つ作業や労働をすることに関しては同じ、また、奉仕という気持ちが入っている分はそれ以上の価値がありますから、ご家庭でも、お手伝いという形から入って、家族の一員としての役割をあてがい、やがては社会人として役割を担わせてもらえることが、一人前として認められることになります。もちろん、学習にも経験という点でとても役立ちます。
 ご家庭でも、子供だからさせない・・・ではなく、子供にできることを「見つけ」て「させ」て「ほめ」て、働くことに親しませていくといいと思います。
 今日は勤労感謝の日。保護者の皆さんは、いつも一生懸命に働いて、家族のために頑張っているご褒美として、自分で自分にちょっとご馳走を用意してもいいかもしれませんね。子供たちからも、ご苦労様、ありがとう・・などの言葉がかかるといいですね。
 

トップページ(令和2年11月22日(日))

 11月22日(日)

 昨日もコロナウイルス感染者数が発表され14名とか・・。接待や飲食等では「マスクを外してついつい大声で近くで話を長時間する・・」ところに問題があると分析されています。小池都知事が「5つの小」といいました。小一時間、小人数、小皿で、小声で、小まめに換気をして・・と会食時のポイントを言っています。距離やパーテーションの設置にも気を付ける必要があるでしょう。今後は空気が乾燥して水分に邪魔されることなく浮遊するウイルスが増えると予想されています。浮遊するウイルスは吸い込みやすくなりますから、マスクで防戦するしかないのです。それでも通常のマスクは完全ではないといいますから、予防には注意の上にも注意が必要です。
 昨日、NHKで「人体」という番組をしていました。体の防御反応である免疫を出さないようにするように変異をしているウイルスがいるといっていました。今後の対応はそれに合わせて人間も厳重にする必要があると思います。
 今日は曇り日ですが、大崩れはしない予報です。
 3密、五つの小、などに気を付けて、こまめな換気、こまめに消毒を実施して、感染予防に努めながら楽しい一日を過ごしてください。
 

トップページ(令和2年11月21日(土))

 11月21日(土)< この先の情報に要注意ですね。>

 GO TO トラベルについての政府見解がでるようです。感染の広がりと人の動きは連動しているという見解が医師会からも出ています。最初にあったように、人が運んで人から人への感染が多く原因となり、次は、壁やいろいろなものに付着したところを別の人が触って、自分の体内に侵入させてしまう・・この感染経路は変わりません。
 そこに人の動きを多くすれば感染の機会が増え感染者が増えることは、道理として正しいとも言えます。
 自分への感染を防ぐための「最終防衛ライン」は、マスク、手洗い・手指の消毒、うがいです。また3密のところでは危険性が増すので、最終防衛ラインを突破される危険性も高くなるわけですから、環境を選び、防衛策を十分に立てることは必須だといえます。
 薬の開発がどうだこうだというより先に、感染後の後遺症が心配です。薬があろうとなかろうと、かからないことが最優先だといえます。

 天気のいい3連休。家にこもること自体がストレスになりそうです。が、スポーツで発散する、応援で発散することは、環境や衛生面さえ整えば、連休中の過ごし方としてはいいのではないでしょうか?図書館での読書や本を借りて広いところで読む、または自然豊かな広いところでゆっくり過ごす・・など工夫が必要かもしれません。
 大型店のグランドオープンで人の動きも多くなっていると聞きます。
 どうぞ皆さんの防衛策の徹底をお願いしたいと思います。

 感染者が出た場合は、1~3日間休業して校内全部の消毒、濃厚接触者を探して検査、または14日間ほどの経過観察で安全が確かめられるまでは登校できない=出席停止措置をとる・・こととなっています。その後も防衛策をより強固にしていく必要が出てくるでしょうから、校内での動きも制限する部分が増えることになります。
 どうぞ、今のままでいられますよう、これからもご協力を、よろしくお願いします。(学校に、市から、感染者の報告があった場合の行動の再確認がありました。)
 

1年生6年生行事について(お知らせ)

 本日実施するはずでした持久走発表会は中止します。
 今ちょうど日が差してきましたが、先ほどまで降っていた雨で水分が抜けきりそうにありません。
 修学旅行間近の6年生、小学校で初めての1年生に、けがなど後悔するような出来事を起こさないことを第一に子供たちの安全を第一に考えて、残念ですが中止いたします。ご了承ください。
     
 

トップページ(令和2年11月19日(木))

 11月19日(木)< 今朝も元気に! >

 校長室は、丁度校門から入ってきてすぐになりますから、子供たちのあいさつが聞こえる位置です。校門に出て挨拶ができないときも、部屋の窓から声をかけることができます。
 今朝は、班長さんの、「並んで」「まだ動かないで」・・・という指示の声が聞こえてきました。これが欲しいのです。伝統を守り伝えていくためには、先に経験してきた者が、次の代に伝えていかなくてはいけません。学校でも、上級生がその任を担っていきます。
 今朝は、そんな様子を見ることができて頼もしく感じました。
 また、5年生は、除草作業に昨日より、より多く出てきてくれて、今日の持久走の準備を終えた担任と一緒に合流して、勢いを増していました。
 今朝も各所でボランティアや各活動が見られた元気な広瀬西小学校でした。


※ 今日は2年生と5年生が持久走発表会の日です。その様子は各学年の部屋でお知らせします。
 

トップページ(令和2年11月18日(水))


11月18日(水)< 子供は無邪気が一番??>

 2年生のボランティア活動に教えられることがあります。
 毎日、花壇の除草を少ない時で3人ほど、多い時は男女合わせて10名ほどが出てきて作業をしています。最近は草の勢いにも勝って、草の芽が出そうになると全部摘み取ってしまう勢いです。ですから2年生の花壇には、伸びた草はありません。
 そこで、「まだ伸びているところがあったらそこもしたら??。」「ボランティアだからいいんじゃない?」と声を掛けたら、「いいんですか??」と言って、喜んでで取り掛かっていました。
 無邪気に取り組むことが一番の勝因?勝因というのも変ですが、継続して、いつの間にかゴールも超えて、それ以上を発揮していきます。
 芥川龍之介の「蜘蛛の糸」という短編小説では、地獄で過ごしていた「カンダタ」が、昔、クモを助けたお礼に、お釈迦様がクモの糸をたらして救いの手を差し伸べます。「カンダタ」はそれをよじ登って天国へ向かうのですが、「自分だけ助かりたい」という欲に気づいたばかりに、他の同じ境遇の者を排除しようとし、怒ったお釈迦様がクモの糸を切る(さしのべられたすくいのてをやめる)ことになり、カンダタはまた地獄へ戻ってしまう。というお話があります。
 「欲に走らず、無邪気に(無欲に)ありのままを通す」ことが功を奏することは、大人の社会や日常の生活の中でも時々目にしたり耳にしたりします。
 本校の2年生はそう言った意味で、無邪気さが功を奏していると、思ったのでした。これからは「もっと良くしたいという、人の役に立ちたいという「向上心」で取り組むようになり、高学年になっていく子どもたちだ」と思わせてくれました。
 うれしい朝でした。
   
近くでは5・6年生もボランティアで除草作業をしています。が、2年生は自分たちの花壇を終えて、迫ってきました。
 

トップページ(令和2年11月17日(火))

11月18日(火)< 良くも悪くも子供は子供同士が一番なんですね。>

 今朝は、7時45分ごろには、ほとんどの党公判が登校を終えていました。
 朝の時間に持久走(時間走)がある予定でしたので、体操服に着替えてボランティア活動に出てきている子どもがほとんどでした。
 今朝は特に、5・6年生が花壇のところに14~15名ほどと大勢出てきていました。勿論、ほかの場所にも行ってくれていて、活発に活動をしてくれていたと思います。
 そして持久走(時間走)の時間です。元気に、さっそうと走る姿は、子どもたちの元気そのものでした。見ていて清々しいほどの思いがする走りっぷりでした。
 

 さて、自宅に持ち帰ってのアンケート回収が先週行われ、その結果と生データ(回収されたアンケート)が手元に届きました。ご協力ありがとうございました。
 一緒に考えてくださった様子や保護者の皆さんが子どもさんに代わって書いてくださった低学年のものなど、つぶさに見させていただきました。
 その中でもうれしかったのが、「学校は楽しいですか?」という問いに、ほとんどの子どもが楽しいと答え、その理由が「友達と一緒に過ごせる・遊べる・勉強できるからです」と答えていました。
 結局、良くも悪くも、子どもたちは他の子どもと一緒に過ごすことが楽しいのだという結果でした。であれば、大人は、その思いを受けて、より楽しく過ごす方法をアドバイスするし、もし問題が起こったときは、よりよい解決方法を提示しながら、子どもたち自身の力で解決していけるようサポートすることに徹することが大事だというところに落ち着かざるを得ないと思いました。
 これから、いろいろな体験を通して子ども達には成長をしていってほしいと思いますし、ご家庭の皆様にもご協力いただいて、長い目で子どもたちの成長を見守っていただきたいと思った次第です。
 勿論、大人の目で見ての判断は的確に行いますし、大人として毅然とした態度で臨もうとも思います。
 
 総じて、今回は子どもたちの意見に安どした結果となりました。
 改めてアンケートへのご協力ありがとうございました。これから、子どもたちと一緒によりよい学校生活が維持できるように取り組んでいきます。
 今後ともご支援をお願いします。遅くなりましたが、まずはご報告とお礼をいたします。
 ありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いします。
 

トップページ(令和2年11月16日(月))

11月16日(月)< 今日から、また、しっかりいきましょう。>

 今日は、朝に登校班会をしました。
 下校中のいい話は、見守り隊の方々から時々聞かせていただきます。先日紹介したような、「挨拶を上手に返してくれてうれしかった。」というものや「いつもご苦労様です。・・。」などと大人びた言葉をかけることができる子どももいるようなのです。そういう話を伝えると同時に、コロナウイルス感染の防止のために、「ソーシャルディシタンスを取ろう」とか、「けがや事故防止のために、しっかりした歩き方をしよう。」「上級生はできるだけ下級生を見守って」など、できることはしっかりする、できたらそうして欲しいという希望的なことは、お願いする。上級生は期待にこたえられるように頑張ってみる・・。などのことを伝えるために行いました。
 してもしなくてもいいことではなく、できればしっかりしてほしいことですので、急ではありましたが、あえて実施しました。
 子どもたちにこの気持ちや思いが通じてくれればいいと思った今朝でした。
 
 

トップページ(令和2年11月15日(日))

 11月15日(日)< 今週は持久走発表会 >

 今週は、持久走の様子をご覧いただく機会を設けました。競争ではなく、自分の持久力がどの程度あるかを、自分自身で確かめることを目的に、時間を決めてその時間内に走り終えた距離を見るものです。
 体力と一般的に言いますが、健康であることを目的にすることもありますし、競技を目的にすることもあります。また、基礎体力を見る視点からいう場合もあって、日常生活をする際に必要な体力は、定義はいろいろあるでしょうが、「自分の体を自分の力で守れること」とすることが基本ではないかと思います。
 その時に、持久力は、今回の「走」種目でいえば、「危険から逃れるために安全なところまで避難するときのもとになる力」と考えればいいかと思います。
 勿論、今の時点でどれだけ・・とは決まっていませんが、これまでの長い教育の歴史の中で、全国を平均すると大体どれくらい・・というのは数字として出ます。が、今回は、コロナウイルス感染を予防するための制約の中で、そこまでぎりぎりの指導をすることはしませんでしたので、今回のような、状況を見ていただくということにしました。

 最近盛んに言われています、大地震、それに伴って起こるかもしれない「大津波」などから避難するためには、走って安全な所まで行かなければいけないこともあるでしょう。ですから、ある程度の目標を子どもも自分で持っておく、または今の現状を「わかっておく」というのが妥当だと思います。

 いずれにしても、子どもたちは練習をしてきましたので、その頑張りを見てほめていただければいいと思います。詳しくは、学級・学年だより等でお知らせが出されていると思います。よろしくお願いします。
 

トップページ(令和2年11月14日(土))

 11月14日(土)< 視野はいつも広く >

 昨日は、ホームページの更新ができませんでした。九州各県の特別活動の会長をしていらっしゃる校長先生方、事務局の先生方と会議をしていました。特別活動にかける意気込みは凄まじいもので、来年の九州大会の話では、意見が白熱しました。千波ン令和5年度には、宮崎県で九州大会をする予定です。前回は、宮崎小学校を会場に開催しましたが、それ以来になります。7年目にはめぐってくるというわけです。
 ということで、実践されている先生方の博識で、実践がすごいことは言うに及ばず、本を出版している校長先生もいらっしゃるほどです。
 因みに、各県の人口は福岡県約510万人、熊本県約175万人、鹿児島県約160万人、長崎県約131万人、大分県約116万人、宮崎県約107万人、佐賀県約80万人に現れるのでしょうか?
 そんなことも考えながら参加した昨日の一日でした。わたしも負けずに意見だけは言ってきましたけどね。
 九州でさえそうですから、全国にはすごい人々はもっとたくさんいらっしゃるだろうと思うと、宮崎県の教育も、もう少し頑張ってもいいかな・・?という思いもしたところです。
 広瀬西小学校では、昨日も宮崎市文化課の方々に歴史の学習をしていただきました。学習だけは全国レベルの内容を公平に受けているのですから、子供達にはいずれ全国の同年代の子供たちと肩を並べてほしいという思いがいつもしています。
 今月は10回登校すると終わりです。12月はもうすぐそこです。
 子供達には、相も変わらずではありますが、毎日の計画を着々とこなしていって、基礎・基本をしっかりと身に着けてほしい思っています。
 今日からまたホームぺージを更新していきます。
 

トップページ(令和2年11月12日(木))

 11月12日(木)< 精鋭たちです。>

 今朝は、登校班の班長さんと副班長さんたちに集まってもらって、集団登校の様子を確認するとともに、これから寒くなると集合の様子や登校時に急ぎすぎたりしないかなど、注意点を確認しました。
 体育館に集合でしたので、先に行って待っていましたが、静かに歩いてくる姿は「存在感」があります。「気」というものかもしれません。雰囲気が締まってとても上級生または中学年の児童もいましたが、「長」をもらっているだけあるなと感じさせるいい姿でした。
 「わが校の精鋭たち」といってもいい感じすらしました。頼もしいですね。これからも、普段に、いろいろな場所で活躍してくれるのだろうと思いました。(希望も込めてそう期待しています。)

いつもなら、おしゃべりやざわつきもあるのですが、班長さん副班長さんたちだけだと静かで、しーんと静まりかえります。
 

トップページ(令和2年11月11日(水))

 秋を感じさせる今日の風は、銀杏の葉っぱを散らせて さしずめ吹雪のように見せています。その下で、理科の学習をしている子供たちも、葉っぱを追いかけて、楽しんでいるようです。
   

  そんな、今日11月11日(水)の話題は、< 何時でも出せる力を >

 コロナウイルス感染者数が増加傾向にあることから、大都市圏の首長が、第3の波を感じているといっているようです。寒くなると、換気をしなくなる、気が緩んだのか、飲食での感染や、クラスター感染が多くみられるようになっている、空気が乾燥して喉の状態を維持するのが厳しい状況になってくる、ウイルス自体の生存期間も長くなりやすくある・・など、感染する条件が厳しくなっているようです。
 そこで、不断に出してほしい力は、手洗い・手指の消毒、うがい、です。これからは、常に窓を5~10cm開けて継続して換気することが望まれるということです。

 第2は、子供たちのあいさつ力です。挨拶は社会人になって一番といっていいほど評価される点ですね。「挨拶もろくにできんのか!!」とは、よく聞くセリフだと思います。外見で評価をしない・・とは言われますが、その人が出す行動や言葉遣いなどは、どうしてもその人自身の考えや普段の行動を思わせる点ですよね。
 不断に、誰にでも、どこでも、「挨拶を明るくする。」ことを身にしみこませてほしいと思います。まずは朝の登校時に第一声を発してほしいと思います。

 最後に、高学年としての(その他の学年)プライドを持つことです。他の表現でいうと、一本筋が通っているというか、頼りがいが出てきたというか・・・。そういう態度や「ものごし」のことです。
 威張るのではなく、出来て当たり前のことを平然としてやってのけ、それを下級生につないでいくことができる力です。自負心とも言いますよね。大人にも子供にもあって、「その年齢に応じた」「その立場に応じた」「ありよう」が要求されると思います。
 そうやって、社会を形作ってきたこれまでです。
 
 子供たちにも、これから具体的に伝えていきたいと思います。高学年には自信をもって、いろいろな場で活躍してほしい、または当たり前のこととして不断にやってのけてほしいともいます。
 今朝の登校は、室内からそっと見守っていました。その都度評価をして、挨拶をしたところでした。
 

トップページ(令和2年11月10日(火))

  11月10日(火)< 面白ニュースから >

  日本人は、言葉を縮めたり、特徴をとって言葉を生み出したりする傾向があります。小学校の例で出してきたのが「農業協同組合 → 農協」などです。
 今朝は、ニュースで、アメリカの次期大統領の「ジョー バイデン氏」の名前を、日本語の漢字の音読みになぞらえて「大阪 梅田」の「梅田」を「ばいでん」と読ませてみたり、今朝は「熊本県 山部町」の町長さんが「梅田 譲さん」であることから、英語風に読むと「ジョー バイデン」になるという話題を取り上げていました。
 親しみを込めてこうするのはいいことかもしれませんが、小学校ではずいぶん前から、「名前は正しく読みましょう」「友達の名前を面白がって別読みにしてはいけません」と指導してきました。今回は、そこまでは広がらないと思いますが、あまり話題にはならないようにしたいとおもいながら、日本人らしい親しみの気持ちの表し方だなと思ったところです。
 日本はアメリカとの結びつきが深いので、親しみを込めるのはいいことです。
 またほかの親しみの表し方が話題となってくれるといいと思います。

 今朝も、ボランティアに最初に出てきたのは2年生でした。見事に雑草の勢いに勝って、きれいな花壇にしてくれています。こうしてこの学年は花壇の手入れ等で伝統を作っていってくれるのだろうと思います。各学年のカラーがあって、とてもいいと思います。ほめどころ満載です。
 

トップページ(令和2年11月9日(月))

 11月9日(月)< 今週はこんな週です。>

 今週は、水曜日に外国語の先生が来校されて、授業があります。ALT・FLAAといわれる先生方です。楽しく外国語を使って会話をすることで、場面や様子、気持ちなどと言葉を結び付けて、日常生活に当たり前のような感覚として身につくように配慮しています。
 もちろん意識して学んでくれる子どもは上達が早いでしょうから、他の教科同様、復習をしてくれるといいかもしれません。
 13日(金)は、情報アドバイザーが来校されます。今年度学習内容に入ったプログラミング学習を含めて、機器になれる、機器操作に慣れる、機器を使って学習に役立てる・・などの活動をしています。
 1年生・2年生は、生活科で毎回のように活動していますから、慣れていると思います。3年生以上については、なおのこと、普段の授業にも使ってほしいと思います。
 また、各学年が、持久走を練習していますので、その点についてもお子さんに聞かれて、どんな調子で走っているのか、体調が悪くなることはないのかなど、聞いていただき学校にも教えていただけるといいと思います。
 水泳でもしました通り、家での様子学校での様子を見て、持久走にも参加してもらいたいと思います。健康第一です。ご協力をお願いします。

 ※ 音楽室から、合唱の高音の声の出し方を練習している様子が伝わっていきます。イメージは「犬などの遠吠え」、その後、だんだん頭声的発声といって、上手な高
  い音の出し方に変えていきます。広瀬西小学校の子どもたちは6年生になっても、とてもきれいな高い声を出すことができるので感心しています。こんんども、こ
  れから、上手になっていくのだと思います。 
 

トップページ(令和2年11月8日(日))

  11月8日(日)< 今日は何の日 >

 毎日があっという間に過ぎていくような気がします。
 今日は歴史的にも大きな日となりました。
 立皇嗣の礼が行われ、今の天皇の弟君が次の天皇になる順位1位ですよという宣誓を行いました。これは憲政史上初ということです。
 次に、アメリカの大統領選挙で、新しい大統領が決まった日です。・・となるはずです。これら2つのことは国のこととして大きな出来事になります。
 年末・大みそかの一年を振り返る番組では、必ず出てくるでしょう。また、数年後になっても、歴史クイズなどで、この日のことを取り上げることは続くかもしれません。覚えておくべき出来事だと思います。
 また、ほかには、レントゲンが発見された日だそうです。今では健康診断に欠かせないレントゲンに使われる「X線」・・レントゲン博士が発見したのでレントゲンという医療装置・診断方法になっているようです。
 さらに「11月8日」を、語呂合わせで読んで「いいは」と読ませ、「刃物の日」としているそうです。
 毎日が新しい出来事で、溢れていることだと思います。個人でも何かしらの出来事を刻んでいきたいですね。そうでないと、あっという間に時は経っていきます。
 「光陰矢の如し」3年生の国語科の学習に出て生きたかもしれない言葉です。

 高校サッカー県代表を決める決勝が行われているのでしょうか?ラジオ放送から聞こえてきたように思います。!
 

トップページ(令和2年11月6日(金))


11月6日(金)< 元気をもらいます。>  ・・・昨日紹介したトリは「ジョウビタキ」だったようです。

 今日は、児童玄関であいさつを登校してくる子どもたちにしました。
 一つはいつも通りのあいさつ運動です。もう一つは、登校後、校舎に入るまでに手の消毒を確実にしているかどうか見るため、そして、昨日、都城市でコロナウイルス感染者が出たので、警戒を呼び掛けて手の消毒を促すためです。
 時々、促していかないと、ついつい忘れがちになるようです。
 でも、いざ感染者が出てからでは、ただ消毒する以上の手間も時間も、そして子どもたちへの病状悪化の危険も発生するわけで、何もない時こそ、注意を怠らないようにするためでした。
 言えば、ちゃんと消毒をしてくれる子どもたちです。自立を促しながらこれからも呼び掛けていこうと思います。ご家庭でも「うるさい」と子どもから言われるぐらい声掛けをしていってください。一緒に頑張りましょう。

2年生の花壇の除草がみるみるはかどっていきます。子どもたちにも明らかに見えるので、がんばってくれるようです。成果を見えるようにする事は大事だといえるようです。また、あいさつも元気よくしてくれます。子どもたちから元気を毎日もらっています。

併せて、今日からパワータイムが始まりました。自分の力に合わせて同じスピードで走り続ける内容です。3分、4分、5分と低・中・高学年に合わせて走ります。今日は序の口だったのでしょう。最後にスパートをする子どももいましたので、趣旨をもう一度話したいと思いました。(が、元気なのですよね。)
    
 

トップページ(令和2年11月5日(木))


11月5日(木)< このくらいがいいのかもしれません。>

 冬に入る前の、肌寒くはありますが、適度に身が引き締まって過ごしやすい今日この頃です。朝1時間目から持久走の練習が体育で行われていますが、気持ちよく走れる気温のようです。漆田はさすがに50パーセントを切っているようですから、うがいをしてのどを潤し、保護に努めたいものです。
 運動場の鉄棒に小鳥が餌を口いっぱいにくわえてとまっていました。子育てなのでしょうか。冬に入る前までにたくさん栄養をつけておくことが必要でしょうから、忙しく飛び回っているのでしょう。
 人間はもとより動物でも鳥でも、親は大変だと思いながら眺めていました。

 また、今朝はいつもよりボランティア活動の人数が増えていました。5年生が大勢をしめていたようです。「一団」をなすといった勢いでした。
 元気で笑顔の出るこの時間は、楽しい雰囲気が流れています。
 
大きくした映像で見ると、口元には虫をいっぱいくわえている様子が見えます。巣に帰るまで一休みなのでしょうか。
 

トップページ(令和2年11月4日(水))

 11月4日(水)< 冷えましたね・・。>

 今朝の気温は7度。いよいよ寒かるのかなと思いますが、日中は23度程まで、日差しを浴びるともっとあ暖かく感じます。昼を中心に体育をする学年は、種目が持久走であることもあって、気温は暑く感じ、体も熱く感じるようです。
 今年は、「時間を決めて」「どのくらいの距離を走れるか」を見る方法で行っていますので、自分のペースをつかんで、早く、長く走る練習にはちょうどいいと思います。
 がむしゃらに走るのではなく、考えて走ることが大事ですね。
 そういえば、昨日、北九州市であった「実業団駅伝大会」では、旭化成が連覇をしました。時間も早くなって、全体としてもレベルが上がっているといっていました。そういう話題にも触れながら、体力増強を健康に気を付けて行っていきたいものです。

 今日は、保健室来室も少ない、みんなが元気に過ごした一日でした。
  
校舎南側の花壇の花の生育はいいですね。株も大きくなって見ごたえがあります。お世話も一生懸命にしているようです。
 

トップページ(令和2年11月2日(月))

 11月2日(月)

 昨日から今朝にかけてのニュースは、ハロウイーンにまつわる騒ぎについてのものが多かったと思います。騒ぐ騒がないは当然のこと、マスクをやめよう、密集を仕方がないと片付ける、みんなが集まっているから大丈夫かな・・など、理屈にならないことを言って騒ぐ人々の巻き添えを食わないことが、一つの危険回避の手段でもあるかと思います。一過性のものこの時期特有のものではあるにしろ、その時に感染したら・・と思います。

 また、アメリカ大統領選挙の郵便投票に来た人が、母をコロナウイルス感染でなくしたばかりなので、マスクをしないことに平気な人はいい加減だというような意味の発言をしていました。
 フランスでは、救急外来に行っても6時間たっても見てもらえない状況のところもあると、日本人医師の研修生がインタビューに答えていました。
 日本のニュースでも、これから冬を迎えるにあたって・・・と、寒さ、インフルエンザ流行時期と関連して、未知の危険性を話題にしていました。
 待ったなしの時期が来ました。毎日を当たり前のように、手洗い・手指の消毒・うがい、などに励みたいものだと思います。
 皆様も、取り組みのほうを、どうぞよろしくお願いします。

 今日は一日を過ごせば明日が休み・・という1日です。子供たちもリラックスして取り組んでくれるといいと思います。

しっとりとした雨降りの一日になりそうです。こんな雨の降り方が秋雨ですかね・・?
 

トップページ(令和2年11月1日(日))

 11月1日(日)< 11月になりました。>

 「災害は忘れたころにやってくる。」といいますが、ヨーロッパでは、ロックダウン(都市封鎖)として、「外出禁止令」が出され始めたといっていますね。お店も必要不可欠のところだけ開店許可で、食堂関係はテイクアウトだけというニュースを聞きました。もちろんコロナウイルス感染者が急増しているからだそうです。
 空気が乾燥し始めた、寒くなってきた・・事に関係があるのではないかと心配しています。また、感染予防の気が緩んでいたのではないかと心配もしています。これから日本も寒い時期を迎えますので、備えをしておいたほうがいいかもしれません。

 その分、日本では、宮崎県では、広瀬西小学校区では、感染予防の対策をもう一度見直して、気のゆるみ・油断があればもう一度立て直す必要があるのではないかと思っています。・・・北海道での感染者も、急に増え始めたと言っています。初めて迎える冬ですから、インフルエンザとの併発も考えながら、取り組みをしていきたいところです。

 マスク着用、手指の消毒、うがい・・・口元や鼻の近くに手を持っていくときは消毒をした後で触るようにしたいものです。ユーチューブの映像で、NHKのコロナウイルス感染経路、可視化接触感染職場のリスク、おはよう日本、富岳(世界一になったコンピュータの名前)と、コロナウイルス・感染経路・・・などのキーワードで映像を探して見てみてください。
 咳や吐息による空気の広がりの様子、手にコロナウイルスに見立てた蛍光塗料を塗って家庭内でどのように感染が広がるかをシュミュレーションした映像等がみられると思います。それを見ていただけると、どういう所で、どういった対策をすると効果的かがわかると思います。

 まずは、知ることが大事だといえます。知ってどう行動するかが、さらに大事だといえます。この冬を乗り切るために、今から予防に再度、注意を払っていきましょう。
 11月。先を見据えて、始めましょう。
 

トップページ(令和2年10月31日(土))

 10月31日(土)< もう少し詳しく書きます。>

 さて、後半戦を全校を挙げて、いろいろな目標に向かって進んでいきたいということは昨日お知らせしました。
 具体的には
 6年生は、最上級生としての態度や指導力が身について卒業していってほしい。また、学力は基礎的・基本的なものに加えて、小学校で得た知識を応用した問題も解けるし、ボランティアなど社会的に有意義なこともできる態度や心が育っていないと、中学校での社会に向けてのいろいろな活動についていくのに時間がかかることにもなりかねません。高校入試に向けて頑張っている中学校3年生を見ればいろいろな点で総合的に出来上がっていることが求められると思います。そこを目標にいmを頑張ってほしいと思っています。
 5年生は、来年は、広瀬西小学校の看板学年(代表する学年)になります。6年生の後を引き継いで、いろいろな点でお手本になるだけでなく、態度で示すことができるようになってもらう必要があります。だから5年生で宿泊学習を組んで、自分たちの力だけで過ごす経験をとおして、自分たちでできることに気づくとともに、できないことはどうやって取り組んでいけばいいかを学ぶようにしているのです。その中でも、友達同士が力を合わせること、信頼でつながっていることが絶対条件です。
 4年生は、クラブ活動などで5・6年生と部分的ではありますが過ごした経験を通して、来年は5年生として、1年間、6年生になるための準備をするくらいの気持ちで過ごしてほしいと思います。学習も、具体物から理論的に考える、抽象的な部分が多くなってきますので、考える、話し合う、実行してみる、反省してみる、もう一度修正してやり直して成功させる・・・という経験をしっかりやってもらいたいと思います。
 3年生は、人生の中の成長という点からみると、友達を大切にしながら友達の中でいいことや悪いことを判断し、友達関係をよくしていく方法を学ぶ時期です。今、特別活動を通して話し合っていろいろなことを決めたり、良いことや悪かったことを話し合って、社会的にいいこと悪いことを身に染みて学ぶ時期です。ここをうまく通ると、いい学級、いい学年が出来上がることになります。
 2年生は、1年生という時期を通して学校というものになれるとともに個性を出せるようになりますが、独りよがり、自己中心的な考えから、友達を通して自分の思い通りにはならないことを学ぶ時期になります。それと同時に、やはり、みんなで話し合ったり、わからないことは人に聞いたり、自分で考えたりたりしながら、本当の意味で小学生らしくなっていく時期です。もちろん自分のやりたいことをみんなで協力する中で実現していくことも経験していくことでしょう。
 1年生は、幼稚園や保育園(所)から小学校に入って、小学校の様式で勉強をしたり一日を過ごしたりすることに慣れていきます。その中で、学習という、学問的な見方・考え方を理解したり実践したり経験したりしていきます。子ども社会をつくりあげる初期段階になります。担任の先生の指導のもと、社会性を培い、ルールを守り、集団として過ごすことの楽しさや大変さを合わせて学んで行きます。そしてその解決抱負も次第に身に着けられるようになっていくのです。

 そういったことを各学年で、今年の集大成として取り組んでいこうということを始めます。
 ですから、低学年年でも、すぐれた考えや技能を持つ子どもにはお手本になってもらったり、リーダーになってもらったりして、より良い集団を目指します。
 逆に高学年でも、子どもじみた=自分の気持ちを言葉でしっかり伝える・・事ができないで、ひとを困らせるような幼い行動はきっちり指導します。その学年によって求められる到達ライン・目標というのはあるわけですから、しっかりそこにはたどり着いてもらいたいと思います。
 そのためには学校だけでなく、ご家庭でもそういう考え方=一般社会で通用する態度や人間関係作りを指導していただくことで、ご協力いただきたいと思います。(今までにも十分にしてきていただいているのですが・・。)

 子どもは社会の宝といいます。保護者の皆様のかけがえのない子どもさん方ですから、誰から見ても立派・・という姿に育っていくお手伝いをさせていただきたいと思います。

そういう意味で、後半戦に取り組んでいこうということを、昨日はお伝えしたかったのでした。・・でも、特別なことではありません。どこの学校もしていることです。
これまで通りに、ご理解・ご協力・ご支援、くださればいいかと思います。よろしくお願いします。
 

トップページ(令和2年10月30日(金))

 10月30日(金)< 全校朝会で話しました。>

 さあ、10月の授業日は今日までです。来週月曜日は11月2日。もう11月です。
 運動会も終えて、気候も良くなって、子供たちがいろいろなことに集中するのにはいい時期になりました。
 と、同時に、3月の年度末、学年末、卒業を考えると、あと5か月。冬休みや春休み、土曜・日曜で学校に来ない日があることを考えると、何日も残っていないとわかって、緊張が走ります。(身の引き締まる思いだとご理解ください。)
 そこで、子供も職員も、3月を笑顔で迎えるために、学級・学年で、①学習を頑張る。(予習・復習・宿題にしっかり取り組む)②仲のいい友達関係を作ろう。(誰にでも優しい言葉かけ、優しい態度・思いやりのある態度、でいい雰囲気の学級を作る)③心も体もたくましい子どもになろう。(健康管理や日頃の清潔で生活リズムを大切にした過ごし方をする)を、目標に、取り組んでいくこととします。・・と全校朝会で話しました。
 保護者の皆さんには、このホームページを通してお知らせをします。
 なお、そのスタートとして、昨年も行いました、家に持って帰る「悩み調査・いじめ調査」を本日配布します。ご家庭で子供さんとしっかり話をしていただいて、何かあれば書いて提出していただきたいと思います。
 もちろん、回収後は担任から生徒指導主事を経由して管理職まで届きます。その後は生徒指導主事が学校保管として管理します。そして、先に書きましたような、取り組みをしていく基礎データにさせていただきます。(学校へのご意見もお寄せください。こちらからの説明不足がありましたら、また、学校(担任)から返事をいたします。こうしたやり取りで子どもをよりよく育てていければいいと思います。)

 「3月に笑顔で終わる」を目標に、取り組んでいきます。
 これにはご家庭のご協力も必要です。何かありましたら、ご支援くださいますようお願いします。担任と保護者の皆さんと一緒に考え取り組む体制づくりもできるといいと思っています。

 今朝も、子供たちがボランティア活動をしてくれています。活気づいている学校の雰囲気がいいと思います。一人でも多くの子供たちに、朝の活動が広がるといいと思っています。
 

トップページ(令和2年10月29日(木))

 10月29日(木)< 今日も一つ、いいことを加えて・・。>

 今朝も5年生20名ほどが、坂道の掃除をしてくれています。
 今日は、保護者の方の自動車に7名ほどの児童が横一列に並んで、「おはようございます。」と、校舎に届くような元気な声で、あいさつをして一礼していました。運動会の練習でも一礼をする練習をしたのですが、その頭の下げ方がそろっていて「かっこいい」と思ったのでした。
 外見より中身で勝負・・とは言いますが、見かけもどうしてどうして、大事ですよね。来年は6年生になる5年生です。今からこうした、「だれが見ても快い活動」をしてくれていることに、来年の期待が膨らみます。
 背中で、その模範となる姿で、在校生・下級生を引っ張る6年生になってほしいと思いました。今朝もいい気持ちにさせてくれた一場面でした。

 ※ 登校時のあいさつや班長へのお礼の言葉も元気に出るようになりました。生活にメリハリができますよね。心も元気にしてほしいと思います。
 

トップページ(令和2年10月28日(水))

 10月28日(水)< 曇りの一日でしょうか?>

 今日は熱中症の心配をしなくてもよい一日になりそうです。ただ、空気が乾燥するでしょうから、のどを痛めやすくはなってくると思います。いろいろな意味で水分の補給(のどを潤すためにも)が必要だと思われます。
 日常的に、定期的に水分補給をして健康維持に努めましょう。(子どもたちにも話をします。)

 今朝は、もう一ついいお知らせがあります。
 今朝、学校までの取り付け道路わきの落ち葉掃除を、20人ほどの児童と教頭先生とでしてくれたのだそうです。写真を見せてもらいましたが、すっきりしていました。先週、建設サービス株式会社の皆さんにきれいにしていただいた後でしたので、維持していかなければ・・と思っていたのでした。
 子どもたちに、さっそく放送でお礼を言っておきました。うれしいことです。掃除をすると、そしてボランティア活動をすると、「すっきりする」「きれいになってよかった」という思いがあると考えます。その感触を心に刻んでほしいと思います。子どもたちに心の栄養が行き届いたのではないでしょうか?
 とてもいい働きをしてくれました。どうぞ、ご家庭でもいい働きをしたら(それが当たり前であっても)ほめてください。子供は喜んで次も何かしようと思ってくれると思います。心根の優しい子どもたちになると思います。
     
すっきりしました。
 

トップページ(令和2年10月27日(火))

 10月27日(火)< 静かに朝を迎えました。 >

 今日は、10月27日。4日もすると11月になってしまいます。だんだん時間のたつのが早く感じられるようになってきた観があります。
 理由の一つは、子どもたちが、しっかり過ごしてくれるので、落ち着いて1日を過ごせていること。
 2つ目の理由として、気候も穏やかになり、いろいろなところで無駄に力を使わなくてすんでいるからともいえると思います。
 この落ち着いた中で、学校ですべきことを、子供たちと一緒にしていきたいものだと考えます。
 今日の行事は身体計測がある学年が1学年だけありますが、ほかには行事が組まれていないので、そこも落ち着いて学年・学級ごとの計画で進んでいく1日になりそうです。
 11月・12月と今年も残すところあと2か月となりますので、到達目標をしっかり決めて、日々コツコツと過ごしていけるよう環境を整えていきたいと思います。

 今日も7時45分にはほぼ全校児童が正門を通過していきました。それでもまだ始業時刻までには15分は余裕がある時間なので、すごいなあと感心しています。
 ご家庭でも、お忙しい朝をお迎えのことだと思いますが、よろしくお願いします。
 寒くなってからの、起床、登校がだんだんつらくはなってくるでしょうが、そこも少しずつ、体や習慣を慣らしていけるといいなと思います。
 併せてよろしくお願いします。
 

トップページ(令和2年10月26日(月))

 10月26日(月)< 今日をどんな一日にするのかな? >

 一日をデザインしましょう。

 大きな行事である運動会が終わりました。これからは寒い時期になりますので、持久走を取り入れて、体力を作ることと、体力を高めることで免疫力(体のいろいろな力を高める)ことに力を入れたいと思います。
 同時に、寒いと、体の機能が低下しやすいと聞きます。体温である36度から37度が、体のいろいろな機能が一番活発に動くとされていきました。また、寒さで体温が下がり、完全な機能を果たせない・・とこれまで言われてきました。
 ただ、体験的に、寒いからと暑すぎる服装ばかりをしていても寒さに弱くなるといいます。ある程度寒さに肌をさらして耐寒性を高めることも必要だと思います。
 これは筋肉が発熱の本体であり、運動を通して筋肉を維持、発達させ、熱を発生させることで、体温を維持し、体のいろいろな機能がしっかり働くようにできる・・という一連の関係があるからだといいます。

 難しい話は別にして、これから、子どもたちそれぞれの体力に合わせて、体力を維持または向上させることを目標に、持久走を取り入れていきます。
 運動会が終わってゆっくりできる子どもたちもいるでしょうし、運動クラブや少年団等に参加していて、練習があったり自分で基礎体力作りをしている子どもたちもいることだと思います。
 それぞれの生活リズムに合わせて、今日、一日をデザインしてみましょう。
 満足の一日になるか、あれをすればよかったと反省する一日にするか、またはいろいろに計画してみて、適度に過ごすペースを作るかは、これからでも自分でできると思います。
 今日も一日、充実した日にして下さい。
 保護者の皆さんはお仕事だと思います。昨日の疲れをとっていただいて、今日も元気に一日をお過ごしください。

※ 昨日(一昨日)、宮崎市でもコロナウイルス感染者発生のニュースがありました。手洗い・うがい・手指の消毒をお忘れなく、健康にお過ごしください。油断は禁物です。
 

トップページ(令和2年10月25日(日))

 10月25日(日)< 運動会を開催します。>

 今日は、素晴らしい天気になりました。
 午前6時に、運動会の開催の合図に花火を打ち上げました、各方面からも、花火の音が聞こえてきました。午前6時の気温は12.4度。風はありませんでした。東の空が白んではいるものの日の出は6時25分ごろですので、まだ薄暗い状況でした。
 このまま、風が吹かなければ、過ごしやすくなると思います。
 今日は8時40分開会の予定です。子どもたちに無理なく、楽しめるように、進めていきたいと思います。  
 今日は半日開催ではありますが、子どもたちのがんばっている姿を最後までご覧ください。そして声援をお願いします。
   


 晴天の下に開催できた運動会は、12時5分には全員下校ができました。
 また、例年もそうですが、保護者の方に、テントや入退場門をその場で解体していただき、部分別に(同じテントの柱と幌)集めていただいていました。
 おかげさまで、その後の収納は1時間ほどで終えることができました。

 職員の口々に「保護者の方々はすごい」「仕事が早い」と感心するとともに、収納がとても早くできたので、「保護者の方々のおかげだね」と感謝することしきりでした。
 14時過ぎからは、諸道具の最後の片付けと、早く終わったところから学級事務に入ることができました。
 種目こそ少なく時間は午前中でしたが、こんなに早く終われた立役者は、まさに子どもたちです。どの子も真剣に、一生懸命に仕事や種目で力を発揮してくれたので、終了時刻が早かったのです。でも、子供たちは疲労の顔を見せることもなく、すがすがしく下校していきました。
 本当にすごい子どもたちです。すごい保護者の皆さんです。いい運動会ができました。ありがとうございました。
    
ここまでしていただいたので、この後の片づけは部分ごとに集めて倉庫に収納できたのでした。
 

お礼 (令和2年10月24日(土))

 10月24日(土)< 運動会準備に来ていただきありがとうございました。>

 明日の準備のためにPTA役員の方を中心に、多くのお父さんお母さん方に来ていただきました。おかげさまで、15時にはすべて準備が整いました。ありがとうございました。

 明日は晴天の予報が出ています。朝のうちは肌寒く感じて、上着を必要とするかもしれませんので、子どもさん方、保護者の皆様には風邪をひかれないようにご準備ください。
 例年に引けを足らないいい運動会が開催できると思っています。どうぞよろしくお願いいたします。
 
 明日の来校をお待ちしています。重ねて、本日の準備ありがとうございました。
 

トップページ(令和2年10月24日(土))

 10月24日(土) < 冷えましたね。>

 陽だまりに  吐息も白いか  あきあかね
 

 今朝の気温は、7時15分に、校舎の南側(日陰)で13.6度でした。さすがに吐息まで白くはなりませんでしたが、この時期に見るトンボ(あきあかねでしょうか?)も、日の当たるつつじの葉っぱの先に止まって、暖をとっているように休んでいました。
 そんな中を子どもたちは集団登校をしてきました。
 挨拶運動を兼ねて、元気を出して挨拶、そして班長さんへの感謝の言葉をかける場面で一緒に挨拶をしました。
 まるで、昨日のホームページを読んでくれていたかのように、子どもたちのほとんどが、元気に挨拶をしてくれました。
 元気に聞こえるコツは「声の音程の高さを、高めにすること」だよと言いながら、挨拶をしてもらいました。低学年児童の元気がいいですね。すぐに乗ってくれます。高学年の子どもたちは、自覚して言っている雰囲気が伝わってきます。
 今朝も元気に登校してきた子どもたちでした。
 

トップページ(令和2年10月23日(金))

 10月23日(金)< まだまだです。 >

 運動会前に雨が降ってしまいました。が、当日の天気は良さそうです。一安心です。
 今日は本番前の貴重な1日です。まだまだ練習したりないと思っている学年は多いと思います。時間を惜しんで、今日、「のどを枯らしてしまう」とか、「体調を崩す」とか、不本意な形で終わらせないようにすることが肝心です。

 さて、もう一つ、「えっ??まだまだなんですね!!。」というニュースがありました。人間の「のどの奥」に、これまで知られていなかった臓器があるというニュースです。
 宇宙と深海のことだけが分かっていないといわれてきましたが、人間の体についてもわからないことは、まだたくさんあるのかもしれませんね。

子供たちの元気な声が聞こえてきました。挨拶をしに行ってきます。!
     ・
     ・
     ・ 
7時50分にはほぼ全員が通過していきました。
 班長:おはようございます。
 班員:おはようございます。班長さんありがとうございました。
 班長:これで登校班を解散します。解散!!

 と、やり取りをしています。学校の開校当時から行っているのでしょうか?連帯感をはぐくむいい取り組みだと思います。続けていきたいと思います。(班長さんもまんざらでない表情をしますよ。)

西から晴れてきた空は、お昼にはとても良い天気になっていました。
 

トップページ(令和2年10月22日(木))

 10月22日(木)< 学校は休みです。>

 今日の天気は終日雨の予報です。大雨でなければ、こどもっちの休養日にはもってこいの日になると思います。
 というのも、最近の朝晩の冷え込みで、体調を崩している子供が目立つからです。コロナ禍にあってやっと開催できる運動会です。体調を崩してしまっては休んだり競技に出場できなくなったりしてしまいます。また、無理をして出場しても、その後にもっと体調が悪くなってしまうかもしれません。
 10月から11月にかけて行事(遠足など)がいろいろ組んでありますので、平均して参加できるように、できれば全部に参加して、今年度の思い出をたくさん作ってほしいと思います。
 11月初め(6日)には、さっそく鑑賞教室が予定されています。
 音楽家の方をお招きしていますので、本物の音楽に参加してほしいと思います。
 在校児童全員が健康でいられるように、今後もいろいろと配慮していき、子供たちに良い思い出と、今年度の教育計画の完全な実施をしてあげられるよう、頑張っていきましょう。
 
 

トップページ(令和2年10月21日(水))

 10月21日(水)< 成果が出てほしいです。>

 今朝は、感心することがいくつかありました。
 ボランティアの子供たちが草取りをしてくれているのですが、したように見えないことが多かったので、もったいないから、集中してここをしました!とわかるような草の取り方をしてごらんと言ったら、きれいに、そこだけ「すっぽり」l草が取れて、土が見えています。成果の出し方を覚えてくれたかな?と思ったのでした。
 運動場では全校リレーのバトンパスの練習をしています。花形の競技ですから、気合も入ろうかというものです。バトンを落とすことなく全力で走り切ってほしいと思います。
 最後は、作文の投稿のことです。
 宮崎日日新聞に、作文の投稿をして久しくなります。今朝の「若い目」の第1篇に、本校6年生の作文が載っていました。やった!!と思わず声を出して担当の6年担任のところに見せに行ったのでした。担当の先生もさすがです。いち早く見ていて、「コピーをしようと、私も持ってきました。」と見せてくれました。
 こうした努力が、沢山あります。みんなに光が当たるといいなと思っています。


手作業で草を抜いてくれているので、なかなかなのですが、今日は、中央部分が草がなくなって、きれいになっていますよね。この範囲が広がると、全体がきれいになって、花壇もきれいになり、子ども自身も「おお、きれいになった」と、感じてくれるでしょう。見える形で成果を出すことは大事なことですよね。
 

トップページ(令和2年10月20日(火))

 10月20日(火)< 晴天の下で全体練習・・・予行を兼ねて >

 今日は晴天、秋晴れです。朝の空気や風は寒いぐらいでしたが日差しは暖かで、暑いぐらいでした。その中で、運動会の練習を行いました。
 全部の流れを通すのは今日が2回目。それでも、予定した時間に入りきらないようでしたので、閉会式の練習はカットしました。
 みんなが、通しで練習をするのは2回目ですが、それでも部分的な練習でしたので、大きな流れを通すのは初めてです。
 なれないことで、いいいい勉強をたくさんしました。が、これから残された時間でしっかりするには、時間を見つけて練習をするしかないことを、覚えてくれたでしょうか?
 人と同じにしていれば人並み。人知れず努力するから、人より以上の成果が生まれることを、どこかで知ってほしいと思いました。
 また、何かを達成するためには、そのための時間を優先する。逆に言うと、何でもかんでもできるわけではないので、他にかける時間を節約して、本当に達成したいものだけに絞ることの大事さを覚えてほしいと思った次第です。
 また、人から言われないと気付かないようでは、何事も遅くなってしまします。人より先に、次にどうすればいいかを考えて、準備したり動き出したりする必要があることを学習できたことと思います。
 明日で修正、明後日休みで、明々後日で再度修正。土曜日は前日準備ですから、その午前中が残された時間といえます。
 子どもたち独自の努力を期待したいと思う今日でした。
       
 

トップページ(令和2年10月19日(月))

 10月19日(月)< さあ、今日から追い込みです!!>

 運動会の練習も今週が最後です。いつもの運動会より時間が短いとはいうものの、競技にかける意気込みは変わらないでほしいと思います。また、入退場やラジオ体操、各種目での入退場など、これまでと変わらない部分についても、日ごろの練習の成果を、そして、いつもやっていることはいつも通りできることを、しっかりと見せてほしいと思います。
 来年度は、「これまで通りに5月にしてもいい」ぐらい・・の出来だと嬉しいなと思います。
 一度できるようになったら、いつでもできる・・事が大事ですよね。体で覚える「水泳」や「自転車に乗ること」「一輪車に乗ること」その他、いろいろのことがそうですよね。体で覚えたことは、一生できるようになっていきます。
 何かに向かう時の心構えだとか、練習でできるようになったこと、そして、みんなと一緒に一生懸命に取り組んだこと・・・と、一生の宝物を沢山見つけて、作ってほしいと思います。
 月曜・火曜・水曜・そして代休の木曜が休みで、金曜・土曜・本番の日曜と、計画的に活動してほしいと思います。

 ※ 雨が降ると冷えますね。体の調子を整えられるよう、保護者の皆さんにもよろしくお願いします。もし体調をこわしたら、早めに回復するよう、休ませてあげてく
  ださい。そして、本番に元気いっぱいの笑顔を見せられるようにしましょう。
 

トップページ(令和2年10月18日(日))

 10月18日(日)< あっという間にもう休み(土曜・日曜)が終わりです。>

 さあ、秋は天気がいい日が多いせいか、少年団の活動も順調に行くようです。練習もしやすいのではないでしょうか?
 今日のテレビ番組「・・・・タッチ」で、野球の弱小チーム、公式戦まだ勝利なしのチームに、元プロ野球選手がコーチにやってきて、楽しむ練習をさせました。未勝利チームとは思えないほど上達して、コーチをしてもらった後の公式戦ではコールド勝ちを収めたのでした。
 子どもたちの意識が変わったのは、「練習は楽しい」、「できないと悔しい」・・という意識が芽生えたからのようでした。

 学習でも同じで、全くできないとやる気もなくなりますが、できそうな問題で学ぶと、わくわく感が生まれてもっと問題を解きたいと思うようです。また、できないと悔しいから、同じ問題を何度も解いたり、似た問題を解いたり、友達に聞いたりと、いろいろやって、地力をつけていくようです。
 やって楽しい・・が一番子どもには効果的だといえるようなのです。

 指導に来た元プロ野球選手も、元来が元気の塊の選手でしたから、その気持ちが移ったのかもしれません。

 明日、月曜日から、1週間で運動会がやってきます。全体練習は、公式には、あと1?2?回です。子どもたちが楽しんでやる気を持って取り組む運動会。子供たちの力でできた!! という運動会にしてほしいと思います。
 
 今は日曜日の午後。運動会本番を見据えて、子どもたち、それぞれの役割に沿ってどうしようかなあと考えてくれると、日曜日は、盛り上がった運動会、やるだけやった運動会・・・悔いはなし・・となるのではないでしょうか!! 

 もちろん、宿題や宅習もしっかりやって自信満々で月曜日に登校してほしいと思います。
 

トップページ(令和2年10月16日(金))

 10月16日(金)< 常に一歩先を見て >

 昨日の全校体育では、先に先にすべきことを行う子供たちとそうでなかった子供たちは当然、体制や姿勢という見える形で差が見えてしまいました。
 今日は1・2年生が合同で体育をしていますが、1・2年生でも、次に何をするかがわかっていると、ちゃんとできているようです。例えば、並ぶこと=ポイントに合わせて並ぶ。2年生だと、座って待っていることができます。立って待つより、座って待つほうが楽をします。次の動きに移るときは、皆、立って動き出せばいいわけです。そのあたりの差は経験の差ですから、指導したり習ったりすればすぐにできるようになります。同じになります。
 一人一人の気付きが大切だと思います。最終的にはみんなが自分のことは自分でできるように成長することを目指しています。

 さて、昨日の企業の方の奉仕による道路の路肩等の整備は、今朝、改めて「すっきりして、安全に通りやすい!」と思いながら通ってきました。運動会前でしたので、さらにありがたいと思いましたが、それに合わせてしてくださったのだと、改めて、その視点の置き方に感心・感謝をした次第です。
 前にもお伝えしました「非常時・災害時の子どもさんを各ご家庭にお渡しする『引き渡し訓練』」
 企業でいうと、先を見通して仕事を入れることが大事ですよね。その一環として考えれば「何を当たり前のことを・・。」と思われるかもしれないのですが、これから育っていこう、社会を学んでいこうとする子どもたちには、まさに大事な学びのポイントだと思っています。
 この事例も子どもたちにも紹介して、学びに生かしてもらおうと考えています。
 大人の善い行い、合理的な考え方・・などの真似をして、かしこく・やさしく・たくましく、成長してほしいと思います。
 

トップページ(令和2年10月15日(木))

 10月15日(木)< もう月の半分が終わろうとしています。・・・早いですね。>

 今日は、もう月の半分。月日が過ぎるのは早いと思います。
 ただ、気候はよくなりました。北国の気温は低いと聞きます。その分、紅葉がきれいだとも聞きます。
 今日、午前中は肌持ちがよく、日差しは暑く感じ、熱中症指数も厳重警戒ですが、風が心地よいので、水分補給をしっかりして、脱水症状を予防すれば、室内より戸外のほうが気持ちがいいと感じます。
 そんな中で、運動会の全体練習、開会式と1年生の徒走までの流れを通してみました。
 各学級・学年での指導が見えるのもこういう時だと思いますし、その違いを見て、子どもたち自身が、学ぶことも多いと感じました。
 子どもたちにも、「今いるところで、絶えず学ぶ気持ちを持ってね。」と話したところでした。
 動き、一歩先を見て動く、基本は確実に・・・・これらがそろったとき、集団行動の「美しさ」が見える気がします。一度は極めてほしい態度や気持ちです。
 それが極められたときに、次の世界・別の世界が見えてくると思っています。
 基礎基本ができるようになるまでは、山でいうと、上り坂だと思うのです。平らなところ、展望台、頂上・・とその段階その段階であるゴールに行き着くと、それまでとは(坂道を上っている時とは)違う景色が見えるのと同じだと思ってくださればいいかなと思います。
 全校児童・職員で、そんな景色を見てみたいものだと思います。
 まずは、運動会で一糸乱れぬ動きができる、広瀬西小学校の姿でしょうか・・・。
     
 

トップページ(令和2年10月14日(水))

 10月14日(水)< キーワードはコミュニケーションです・・ね?>

 昨日から、交通安全についてのニュースや話題を耳にします。
 信号機のない横断歩道でも、横断しようとする人がいたら(子供でも、自転車に乗った人でも、大人でも、だれでも)自動車は止まる義務があると、交通ルールに定めてあります。
 ただ、渡るのか渡らないのかわからない態度の人がいるだけでは、自動車も止まらないで通過するようです。
 そこで大事なのが、渡りたいのです。という意思を示すことが大事になると思いました。手を挙げることです。横断歩道は手を挙げてわたる・・・昔から、教えられてきたことです。
 手を挙げてわたる意思を示しているのに、止まらない自動車は、それは自動車が悪い、または分が悪いとはっきりわかりますよね。また、そこまでしている人を見て止まらない自動車もないだろうと思うのです。
 横断歩道で手を挙げるのは恥ずかしい気もするのでしょうが、交通ルールとしてするべきだといえると思いました。

 今朝は、校門までの道路で、私の車の前にもう一台自動車が止まって、子供たちを渡しましたが、子供たちはわたり終えて、一礼をしてくれました。うれしいと思いました。子供たちにもそう指導してはいますが、実際されてみると、いいことをしたという気になります。

 互いの立場はあるにしても、安全を守るのはみんなの義務です。そこで、言葉ではない、手を挙げる、一礼をする。運転者は、渡る人の目を見て意思を確認する。互いに動作やアイコンタクトでコミュニケーションを図る=意思の疎通を図るようにしたいものだと思いました。
 いい一日をスタートさせることができました。
 ちなみに、横断しようとしている人がいる、信号機のない横断歩道で止まる自動車の割合は、長野県が全国一位だそうです。約7割は止まるのだそうです。宮崎県でも高めたいですね。
 

トップページ(令和2年10月13日(火))

 10月13日(火)< 始業の日 >・・・舞台裏もちょっとだけ明かします。

 今日は始業式を行いました。終業式と同じように、ZOOMを使って各学級に配信しました。併せて舞台裏もわかるように映しっぱなしにしています。
 始業の日の作文を読む子供たちにも、本当の放送局も、舞台裏はこんな風にドタバタしながら準備をしているよ・・・と話しながら、開始時刻を待っていました。
 私は2学期の心構えを全校の皆さんに話し、代表児童は、各個人で目標にしていることを発表してもらいました。
 もちろん、各学級、全校児童各個人も、目標を決めて、それを達成できるように頑張ってもらいます。
 まずは運動会を頑張ろうと話して終わりました。
    
 

トップページアウト(令和2年10月12日(月))

 10月12日(月)< さわやかとはいきませんが・・・。>

 昨日は、本校の運動場で原口子ども園さんが運動会をされました。土曜日は暑くて日差しも強くて、いい天気ではありましたが、熱かったのに比べて、昨日は少々曇り気味で、運動会にはもってこいの日和でした。
 本校の運動会も、少しでも条件のいい状態で行いたいと思いました。

 さて、明日から2学期が始まります。これから冬休みを挟んで3月まで、一気に進むことになります。そして、まずは運動会を無事に行って、子供たちの良さを発揮してもらうことが一番だと考えています。
 職員も、今朝は運動場に出て、まずはテントを本番通りの位置に設置しました。これから、体育の授業も本番さながらに行われるでしょうし、テントを立てたことで日影もできましたので、休息を挟みながら練習をすることができると思います。
 あと2週間。明日からみんなで頑張ります。
 
 本番は午前中のみになります。テントを出しても影のできる位置が問題です。時間帯を考えて影ができるように工夫をしようと思います。
 

トップページ(令和2年10月7日(水))

 10月7日(水)< 就学時検診を行います。:午後 >

 今日は、朝は曇っていましたが、いい天気になってきました。昨日の運動会全体練習を受けて、運動場整備をもう少ししたほうがいいということで、ボランティアや体育委員会・環境委員会の子どもたちが、運動場整備に朝から出てくれていました。
 少しでもコンディションのいい環境で競技や演技をしてほしいですよね。子どもたちに感謝です。
 
 また、今日は次年度入学予定の子どもさん方と保護者の方を学校にお招きして、子どもさんたちには諸検査を、保護者の方には入学までに心得ておいていただくといいことなどをお話しすることにしています。
 終了後は、各自ご帰宅いただくことになります。
 
 今日は絶好の行事日和になりました。
 来年入ってくるであろう子どもさん方と会えるのが楽しみです。なお、5年生が子供たちの移動にかかわってリードをしてくれる予定です。
 5年生以外は午前中授業・給食後、12時35分には、下校を開始します。
 児童クラブ等には連絡済みです。その他の子供たちには、下校後の過ごし方に気を付けてもらいたいと思います。
 

トップページ(令和2年10月5日(月))

 10月5日(月)< 新しい1週間の始まりです。>

 今朝もボランティア活動が行われていました。8時には放送委員会の「朝の放送」も始まりました。朝の放送では、日付、今日の行事などを紹介します。一日の流れをもとに、活動を促します。学校生活がスムーズに始まるためには、もう、なくてはならない子供たちの活動の一つになっています。
 今日は、4時間授業のところもありますが、5時間または6時間授業で、これまでの校時程に戻ります。また、今週は、運動会の全体練習や稲刈りなど、そして新入学児童の諸検査と行事がたくさん予定されています。
 来年度に向けての動きも入ってきますので、子供たちと一緒に新たな気持ちで過ごしたいと思います。

 さあ、 今日も元気にスタートです。!!
今週の行事
5日(月)委員会活動(6時間目)
6日(火)全校体育(開閉会式練習1・2時間目)
     運動会係打ち合わせ(6時間目)
     学校の1学期を振り返る時間(職員会:午後)
     就学時検診の準備(担当ごと:午後)
7日(水)就学時検診(午後)(全校で対応しますので4時間授業、給食後下校。5年生のみ6時間です。)
8日(木)5年生稲刈り(午前中)雨でできない場合は延期
9日(金)1学期終了の日(通知表をお届けします。) 
※ 10日(土)から12日(月)まで秋休みです。13日(火)から2学期です。
 

トップページ(令和2年10月4日(日))

 10月4日(日)

 今日は、午後から、臼太鼓補修に10名の方々が来てくださいました。毎年、運動会前には補修や調整を兼ねてきてくださっています。おかげさまで、子供たちはしっかりと準備して毎年踊ることができています。
 今年も、6年生は昨年度の経験を生かして、5年生は昨年見ていた記憶と6年生からの教えをもとに、振り付けを練習することになります。
 まだ先だと思っていた10月25日(日)の本番も気付いてみれば3週間後に迫ってきています。練習も少しづつ本番に近くして行う計画です。
 種目数が少ないので例年ほどではありませんが、それでも種目ひとつづつをしっかり完成させてくれると思いますので、ご期待ください。
 補修に来てくださった方々に、重ねてお礼を申し上げます。ありがとうございました。
 また、8日(木)には、5年生の稲刈りも予定されているようです。ここでも地域の方々にお世話になります。お礼を申し上げます。
 ありがとうございます。そして、ご指導のほど、よろしくお願いします。
 

トップページ(令和2年10月3日(土))

 10月3日(土)< 日中は暑いですね。>

 朝晩の気温差が激しいのは、天気予報でも言っている丈夫ではあるのですが、この時期にあっても、昨日の昼休み時間は、熱中症警戒警報に相当する暑さ(気温や湿度から算出)でした。子供たちも、15分だけ遊んで、あとは室内で過ごすように放送がありました。
 さて、この時期に運動会をするのは、これまでの慣例のようなものでしたが、熱中症を考えると、外の激しい運動は要注意だとつくづく思います。
 宮崎市内では、幼稚園や保育園の運動会が開かれる時期になりました。小学校が10月下旬にした分、早めに始まるようです。
 佐土原町内でも土曜日・日曜日ごとに計画がされているようです。
 暑さ対策、コロナ感染防止対策、事故、ケガ、病気などの防止等々に気を付けて、楽しんでいただけるといいですね。
 

トップページ(令和2年10月2日(金))

 10月2日(金)

 昨日の中秋の名月が皆さんご覧になりましたか?天気が良くてよく見えたのではないでしょうか?
 子供たちにも、月を見て愛でるとか、月に夢をはせる「思い」は持ってh女子いと思いますが、月や火星に人が行ったり、宇宙を漂う小惑星に人工衛星を打ち上げて岩石資料を持ち帰るなどの現実味を帯びている現代では、もって現実的な夢があるかもしれません。
 
 きょうも、天気が良くて外での体育が行われています。気温も日差しは強い感じがしますが、空気は湿度がそう高くない分、過ごしやすいと思います。

 今日も、元気に頑張って、子供たちと過ごしたいと思います。
 今朝は、登校班会を、地区ごとに集まってしました。その登校班独自の問題や課題が出たかどうかは記録を見ないとわかりませんが、常に子供たちの状況が分かっていたいと思います。高学年の子供たちのリーダーシップに期待したいと思います。

 さあ、今日も一日がスタートしました。週末でもあります。皆さんも元気に過ごしてください。!!
 

トップページ(令和2年10月1日(木))

 10月1日(木)< 10月の第1日が始まりました。>

 田んぼのあぜ道の赤い彼岸花、通学路を歩く集団登校の子どもたち、朝露、斜めに差し込む朝日・・・秋の風景そのものだと思いながら出勤してきました。
 日の出が遅い分登校時間はまだ低い位置の日差しで少しまぶしい状況です。交通安全に気を付けて登校してほしいと思います。
 また大人も、朝夕の時間帯は、日差しのまぶしさもあって、自動車の運転等には気を付けたい季節です。

 10月最初の今日は、とてもいい天気で始まりました。山手には霧がたったりして幻想的な部分もあります。高千穂町では雲海がもう見られたというニュースも新聞で見ました。
 子どもたちにも季節感を味わってほしいと思います。感じてほしいと思います。高学年には短歌や俳句を自然に読みたくなる気持ちも育ててみたいとも思います。
 校内環境を定期的に変えて、変化と文化面等への興味・関心を高めていくこともこれからの学校の仕事だと思います。
 地域で、これまでのような文化祭関係が、大勢の人を集めて開催できない分、地域や学校等で、ミニ文化祭のように、文化に親しむ運気を続けたいものです。

 今日もさわやかな中で一日を始めたいと思います。
 今、元気な朝の挨拶が聞こえてきました。8時2分。子どもたちの一日が今始まりました。
 

トップページ(令和2年9月30日(水))

 9月30日(水)< ニュース記事にも大きな変化の予兆が・・・。>

 今日の新聞記事にはいろいろな内容が掲載されています。(もちろん毎日そうなのですが)
 今日は、宮崎県の人口統計、コロナ感染レベル0になった。ドコモ完全子会社化、携帯電話料金値下げか、5G料金一覧(予想) 面接はリモートで実施 税率の変化について  運転免許証更新はオンラインで・・・と、これまでの社会の通念を変えるような転換に結び付く記事がたくさん目につきます。
 年度後半を迎えて、そして政権交代に伴って変革が一気に来そうな雰囲気です。
 また、産業経営大学のシンポジウムの様子が載っていて、歴史に学ぶポイント、ヒントがあるような記事も目に留まりました。
 ちょうど6年生は、宮崎市の文化課をお招きして、佐土原町の歴史事象を様々に学ぶ予定でしたので、いいタイミングで記事が載っていると思いました。
 ご家庭で新聞を取られていて、5・6年生がいらっしゃるところは、再度見られるといいと思います。
 学校も社会の動きには敏感でありたいと思います。子供たちがゆくゆくは入っていく現実の世界ですから。

 宮崎県の人口:1063934人  前月比419人減  世帯数は168世帯増(独立や進学・就職等で、一人世帯等が増えた、または子世帯が独立した・・ということでしょうか?)

2紙ともに同じような記事が掲載されています。
 

トップページ(令和2年9月28日(月))

 9月28日(月)< 昔の秋の気配のような気がします。>

 ここ数年は、9月の残暑が厳しくて、熱中症が気になるので、運動会を10月中旬以降にするといいのでは・・・?と話が出ていたほどでしたが、今年のこの時期は、朝は肌寒いくらいの気温で、日中は26~27度と(直射日光下ではもっと熱く感じますが・・。)過ごしやすい、一昔前の秋の気配になったと感じます。皆さんはどう思われますか?
 今朝9時の気温は25度、湿度が55パーセントととてもさっぱり、サラサラの肌持ちのいい朝になりました。
 5・6年生は涼しさの中で体育をしていました。3年生は日差しが少し暑く感じるものの、涼しい中で、社会見学に出かけていきました。
 少年団は、試合で優勝しましたとトロフィーをもって報告に来てくれました。
 真夏のあのとても蒸し暑い中であれば「無理をしないで」・・」というところですが、涼しさで体力低下もそう心配しなくていいかもしれません。
 今度は、乾燥した空気で「喉を傷める=細菌等の侵入が心配される。」時期になりますので、そこは要注意です。
 肌にしわができる、カサカサになる、すぐにのどが渇く・・・等は、体の水分が蒸発している証拠ですから、汗をかかなくても水分は失われていると思って、水分の補給をするようにしたい・させたいと思います。
 最後に5年生も宿泊学習後の疲れはほぼ出ていないようで安心しています。
 動きやすい季節になりそうです。体の調子を見ながら体力増強を図っていきたいと思います。
 今日の、そして今週のスタートです。元気に始めましょう!!
   
 

トップページ(令和2年9月26日(土))

 9月26日(土)

 広原地区の電線の上に「つばめ」の集団がとまっていました。これから寒くなりますので、温かい国へ「渡り」をするはずです。この時期に、このあたりでしっかり休息をとって渡っていくのでしょう。季節の風物というには、珍しい気もします。
 台風接近を心配していましたが、温帯低気圧に変わっても、強い風と雨が災いをなしているようですし、そこに引き込まれる形で寒気が入り、関東地方では余計に雨が激しく、気温も下がっているという情報です。
 今年の季節の移り変わりは不規則です。来週は、気温が、朝16度くらいまで下がる予想の日もありますし、日中は26度から27度まで上がる予想で、風邪ひきや頭痛など、体の変調に気を付けたほうがよさそうです。

 さて、昨日帰ってきた5年生は、今朝は元気に起きられるでしょうか?万が一体調が思わしくないときはゆっくり休んで、または診療機関に見てもらうなどして、早めの回復を図っていただけるといいと思います。

※ これからは幼稚園・保育園(所)の運動会が開かれる時期になるようです。本校でも練習が行われる予定ですし、来週以降、いくつかの園の運動会本番が開かれる予定になっています。成功裏に終えられますよう祈っております。
 

トップページ(令和2年9月25日(金))

 9月25日(金)<5年生が帰途につきました。>

 予定のプログラムを終えて5年生が帰途につきました。予定よりも5分早い出発だったそうですから、効率よく計画が進んだということでしょう。子供たちも時間通りに動いたということだと思います。さすがです。
 約1時間後に学校到着です。15時25分帰着予定です。
 

トップページ(令和2年9月25日(金))

 9月25日(金)  ※<このページとは別に、5年生の部屋に宿泊学習の様子を載せています。>

 おはようございます。
 今日も5年生の様子からお知らせします。
 昨日は雨の中で、館内活動が主だったようですが、夜も決まりよく就寝して、皆、元気に1日目を過ごしたようです。
 今朝は7時から朝食で、元気に朝を迎えているそうです。活動計画では、子供たちが楽しみにしていた、フィールドアスレチックが予定されています。
 日が差して、アスレチックが乾燥して安全に使えるようであれば、予定通りに楽しく過ごせると思います。
 現在7時50分ですが、食事を終えて部屋の片づけをしている時間帯です。毛布のたたみ方とか、決まり通りにするのが、慣れていないと難しい、いつの時代も、緊張する時間です。
 一回で合格するように、協力して、教えあいながらできるといいと思います。

 学校内は、いつものように、ボランティアをする子供たちが明るく元気に活動しています。登校も、しっかり並んできているようでしたので、いつもと変わりない一日が始まっているといえるようです。

 今日も子供たちが伸び伸びと元気にいろいろな学びをしてくれると思います。
 さあ、今日も一日が始まりまります。元気にスタートしましょう!!
 

トップページ(令和2年9月24日(木))

 9月24日(木)

 おはようございます。
 今日は5年生が、青島青少年自然の家に宿泊学習に出発していきました。今日から明日までの2日間、地域外で、初めて会う人たちを身近に意識しながら、また、同年代の子供たちと生活や行動・その他子供たちそれぞれの観点で比べたり見習ったりしながら過ごします。
 いつも同じ人から、耳にタコができるほどいわれるよりも、同年代の子供たちを、自分の目で「見たり聞いたり比べたりしながら」、「自分の感覚で学んで来る」ことができればいいなあと思います。
 結局、大人は、大体同じ場所や状況では、子供たちのことを思って、または全体のことを思っていろいろなことを言う・・どこも同じ・・と思って帰ってきてくれるといいと思います。
 そこから、日ごろどうしておくことがいいかという「自分なりの答え」にたどり着いてくれると嬉しいと思います。

 班長さんは、さっそく気を聞かせて報告ごとをしっかり担任の先生にすることができていました。
 友達同士、声を掛け合って助け合ったりしている場面も見えました。「こうするといいよ」と日ごろ言われていることが実践できればいいなと思いますし、何よりそういうことをすることで、いろいろな活動や体験がたくさん充実して経験できるといいなと思います。

 十数名の保護者の方の見送りもいただいて子供たちは出発していきました。
 今年度最初の郊外の大きな行事です。これから遠足や運動会、修学旅行といった大きな行事が、地域外に出て活動する行事が、どの学年にも1回ずつはやってきます。その時に地域外の子供たちに比べても遜色なく活動できるといいと思います。

 健康と安全を祈りながら、楽しんできてくれることを願っています。

 在校生は、粛々と毎日の日課を過ごしてくれるでしょう。校内でも、安心・安全を意識して、楽しく過ごしてくれることを願っています。
   

こののちは5年生の部屋で、報告があった分をお伝えしていきたいと思います。
 

トップページ(令和2年9月23日(水))

 9月23日(水)

 今日は4連休の後ということで、若干子供たちも大人しめに過ごしています。(疲れでしょうか?)今日は、14時過ぎに下校になります。児童クラブ、いいとも塾、その他で子供もさんが行くことにしている場所にはお世話になります。
 子供たちも、休み疲れ?と学校の授業で、一生懸命に学んだ疲れ?を少し癒してくれるといいと思います。
 さて、明日から5年生は、宿泊学習に出かけます。青島青少年自然の家ですから、近くといえば近くなのですが、子供たちの力でいろいろな活動を、協力して行うことが学習です。できるだけ子供たちの力で成し遂げてほしいという計画ですから、楽しみもたくさんあることと思います。過ごし方については、学校で指導も練習もしてきましたから、大丈夫だとは思います。
 運動会前で、協力体制は十分意識できているでしょう。楽しかったという報告を期待していってきてほしいと思います。
 まずは、明日の朝に、元気で体調ばっちりで登校してきてくれるといいと思っています。そのためにも、今日の時間を利用して、最後の準備物チェックができるといいと思いますし、早めの就寝に心がけるといいですね。
 事故なくけがなく、安全・安心に過ごす、ことが最優先です。今日の午後は十分注意して過ごしてほしいと思います。

 ※ 西都市の火事では、小学生や未就学児の安否が心配されています。まさか・・・、とか、これぐらい・・、と思うことにも細心の注意をしてほしいと思います。
 

トップページ(令和2年9月22日(火))

 9月22日(火)< 秋といえば・・。>

 昨日は、敬老の日でした。4連休の間に、子供たちはお年寄り(おじいさん、おばあさん方・・いえいえまだ若い方もいらっしゃるでしょうね。)への感謝の気持ちや敬う気持ちを伝えられたでしょうか。また、感謝の気持ちでもいいですね。家に帰ったら待っててくれる人もいるのではないでしょうか。

 今日は、秋分の日。ちょっと曇っていますが、今日の日の出が真東、日の入りが真西であることを、3年生以上は気づいていましたか?月の勉強や太陽の勉強、気象の勉強といろいろな学習の中で、方角と太陽や月・星などの出入りは、関連付けて扱われてきています。こういう時に役立てるといいですね。影と太陽(日光)の関係も3年生から学習しますので、知らない土地に行っても、方角は探せるということになります。
 
 さて、昨日の行楽地は人出が多かったと、ニュースでいっていました。出かけられた方はお疲れさまでした。
 一方コロナウイルスに関して、ヨーロッパではまた感染者が多くなっていると、今朝のニュースでも言っていました。神戸の小学校ではクラスターが発生したそうですし、アメリカ・ニューヨークでは、学校再開ができない状態だとも言っていました。

 マスク、手洗い、手指の消毒、うがいは、決して欠かしてはいけない新生活習慣です。毎日、毎タイミングで、ウイルスが体につかない手立てをしましょう。

 5年生は、木曜日・金曜日と、宿泊学習です。健康管理に気を付けて当日を迎えてほしいと思っています。

 ※ 昨日は、急用で、ホームページアップができませんでした。
   きょうもみなさんがけんこうでいちにちを送れますよう。そして子供たちは、明日からの毎日に、当たり前のように参加できるよう、今夜は早めに休む・・と計画
  を立てて。楽しい一日を過ごしてください。
 

トップページ)令和2年9月20日(日))

  9月20日(日)< 今日は何の日? >

 1年の中では、いろいろな日に「記念日」という日が制定されています。
 宮崎でいうと「チキンン番の日」があると聞いています。
 今日は「空の日」「バスの日」「お手玉の日」だそうです。
 空の日は、1911年に山田式飛行船が、初めて空を飛んだことにちなんでいるそうですし、バスの日も、同じように1903年にバスが京都市内で営業を始めた日だそうです。お手玉の日は愛媛県で全国のお手玉大会を開いた日にちなんで決めているそうです。
 20世紀初めは画期的なことがあったといえますね。21世紀の今は、何が画期的と言われるでしょうか?
 5Gの携帯端末、スーパーコンピュータ?空を飛ぶ自動車、ドローンによる配達?まだまだ画期的なものが出てくるかもし得ませんね。

 いずれにしても、その日を記念して発展していってくれること、また、多くの人に注目してもらい、親しんでもらうことを願っているということです。
 
 今日はあいにくの雨になりました。皆さんにとって今日は何の日でしょうか?日曜日だし、仕事休みだし、今日は「休養の日」にしよう・・などと決めて過ごしてもいいかもしれませんね。

 学校のイチョウの木の下に、白い色のヒガンバナが咲いていました。季節を感じさせる花ですね。県内でもヒガンバナで有名なところが幾つかありますが、ちょっと足を延ばして目の保養もいいかもしれません。

 4連休2日目です。子供達には計画的に過ごしてもらって、いい記念日にしてもらうといいと思います。「ゆっくり過ごす日」でももちろんいいですね!
 

トップページ(令和2年9月18日(金))

 9月18日(金)< 運動会がいよいよ始まります。>

 今日は、運動会の結団式をしました。
 各学年を2つに分け、赤・白の2団に編成して、対抗戦の要素を加味して行います。
 応援の部や競技の部で得点を競うのですが、ご存じのように、今年は競技数や時間を縮減して行いますので、恒例の運動会のようにはいきません。が、それでも、子供たちの熱い情熱を、各種目に傾けてほしいと思います。
 また、この機会を通じて、協力する心、自分から進んで何かに取り組む積極性、みんなで何かを完成させるという連帯感などを、子供たちに感じてもらいたいとも思っています。
 そして何より、楽しかったという思い出も、心に焼き付けてほしいと思います。
 当日までにかける時間とそこにつぎ込むいろいろな思いも、子供たちの思い出になると思って、職員も一緒になって取り組んでいきたいと思います。

 この様子は、ZOOMで各学級に配信をして、リモートによる全員参加で行いました。顔がアップになる点、注目してほしい場面をアップして配信できる点は、この方法の良いところだと思いました。
     
 

トップページ(令和2年9月17日(木))

 9月17日(木)

 今日は、久しぶりに対外的な行事や行内の大きな行事が組んでない静かな学校です。でも来客はありますので、お迎えをして、お話をしたりはするのですが・・。
 今日は授業公開が3年生であります。3時間目に見に行きます。ベテランの先生ですので、楽しみにしています。
 夕方は会議を予定していますが、物事を進めるための会議ですからその後の結果に楽しみが期待できます。

 少々蒸し暑いですが、天気はまずまずです。運動会の練習も計画通りに進んでいるようです。子供たちも、運動場から帰ってきても、あの暑かった夏ほどの表情はもうありません。ちょとだけ安心してみていられる学校の一日のようです。

 3時間目から空調を入れて、子どもたちに気持ちよく学習に取り組んでもらいます。

       

 昨日の5年生の授業の様子です。以前に習ったことを振り返ることから始め、今日の問題で、何をどうするかを学び、練習問題で定着を図りました。
 友達同士教えあったりもして、学習が進んでいきました。
 

トップページ(令和2年9月16日(水))

 9月16日(水)

 昨日は参観においでいただきありがとうございました。
 リモートによる授業参観をしていただきました。懇談は、担任が保護者の皆さんがいらっしゃるところに移動してお話をする。という形で行いました。画像も、高学年の時に画面いっぱいに映せなかった部分を改良して、ディスプレイいっぱいに映るようにしました。声の調子も、いまいちではありますが、この状態が精いっぱいのところだと思われます。 
 今後、何らかの会議や集会活動、保護者の皆さんをお招きしての参観等については、この方法で継続していきたいと思います。

 これからは、「子供たちが写されること、それを見られること、互いに映像と音声を介して話し合いやいろいろなやり取りができるようになる・慣れる」ことを目指していきます。
 先々で、一人1台のタブレット配置があった場合には、今、大学で大学生がしているような、家庭におけるリモート授業も可能な時がやってくると思います。(学習塾などではやっているところもあるようですが・・宣伝をしていますよね。)
 
 その時に、当たり前のように子供たちができるような状態になっているように、慣れてもらいたいと思います。

 内閣改造でデジタル担当大臣、万博担当大臣、五輪担当大臣などが決まっています。これからの社会・世界は、どんどん進歩していくでしょう。その進歩に、あたり前のようについていける子供たちであってほしいと思います。何より、学校がその時代の流れの速さについていくようにしていきたいと思います。
    
画面いっぱいに映せました。3枚目はスクリーンへの投影です。テレビより少しだけ大きく映っています。
 

トップページ(令和2年9月15日(火))

 9月15日(火)

 今日は学校訪問といって宮崎市教育委員会から3名、県教育委員会から1名の合計4名の先生方が視察においでになりました。
 各教室の学習の様子を、時には教室に入って、場所によっては廊下からしっかり見るなどして、全学年を見られました。
 そのあと、いろいろな視点からご指導をいただきました。
 
 子どもたちの授業態度が落ち着いているとほめていただきました。子どもたちが、担任の先生方の言うことをよく聞いて、課題に取り組んでいたからです。
 こういう姿が不断にできるようであれば、不意にいろいろな課題に出会っても、何とか解決していけるだろうと思ったところでした。

 また、今日は午後に下学年の授業参観と学級懇談がありますので、教育委員会からご指導いただいたことで、できることはさっそく今日から始めたいと思ったところでした。

 今後は運動会や宿泊学習といった行事も待っています。子どもたちが落ち着いて、集中力を持ってくれていれば、次に何をどうするのかという一歩先が読めて、スムーズにできることも多くあるだろうと思って、先が楽しみになりました。
 

トップページ(令和2年9月14日(月))

 9月14日(月)

 昨日の続きで、学習の継続性や、何をどのように・・・に関して、昨夜のテレビ番組で、俳優の「MろTよし」さんが、大学受験で浪人をして、「4月1日から予習と復習を毎日したら東京理科大の理学部に合格した」と話していました。もちろん、理解力があったんだと思いますが、現役ではどこにもうからない状態からの合格だったと話していました。
 ときどきいますよね。高校3年生の年だけ勉強したら大学に受かったという話を・・。でもそういう人は、もともとどこかで努力したり学習のコツを会得していたり、何らかの力を持っていたのだと思います。偶然で合格はなかなかかないですよね。
 だから、毎日の努力が、まずは大事だ!と思う次第です。・・・余談でした。・・・

 さて、今日も涼しい空気に包まれています。秋の空気が大陸のほうから高気圧として南下してきているようです。前線の南側は、夏の空気だそうです。油断すると、何時間もしないうちに空気が入れ替わって(前線が通過して)寒くなったりします。
 これからは、季節への対処に注意しないと、風邪で発熱しても、コロナウイルス感染をまず疑われます。心配しなくていいように普段の健康に気を付けておきましょう。夜は薄手の長そでを寝巻にするのがいいのではないでしょうか?

 中学校の体育祭が終わりました。久峰中学校も無事に終わったようですし、ニュースでは、宮崎西中学校の体育祭の様子が放送されていました。朝、6時に花火が上がった地域もありました。
 次は幼稚園や保育園(所)でしょうか。今年は、市内の小学校が10月25日(日)にほぼ全校(中学校との合同運動会をするところ以外は)が揃えましたので、小学校が一番遅い運動会になります。
 熱中症も用心して、秋の空気による、寝冷えや急な体調の変化にも注意して過ごさなければいけない時期になりました。

 今週も、皆さん、健康に気を付けて元気に過ごしましょう。
 

トップページ(令和2年9月13日(日))

 9月13日(日)< 表面だけではいけないことがよくわかります。>

 昨日、学校帰りに、少年団の皆さんが休憩しているときに、メンバーの一人の誕生日を歌でお祝いしていました。保護者の皆さんも子供たちも一緒にです。見ていても聞いていてもいいものです。雰囲気がいいですよね。
 毎週、毎回練習は続いています。きついこともあるでしょうが、練習に来続けているのは、こういう雰囲気、つながりがあるからですよね。
 競技の練習だけではない、そこに人と人の繋がりがあるから、続くのですよね。
 そこの内面をよくよく知ること、つながりを作っていくことが大事だと思いました。

 今朝はまた別の少年団の皆さんが早くから準備をしているようです。練習試合でもあるのかなと思います。ここでも、競技の練習だけではない繋がりがあるのだろうと思います。

 また、今朝はラジオ放送で、オニヒトデとサンゴの関係について、水中写真家の話が流れていました。オニヒトデはサンゴを食い荒らす悪者扱いにされているが、人間が海を汚す前は、太陽の光をあまり好まないオニヒトデは岩の隅にいて、成長の早いサンゴが成長の遅いサンゴの成長をじゃやましない程度に、成長の早いサンゴだけを食べていて、サンゴの成長全体のバランスをとっていたのだと話していました。
 成長の遅いサンゴは岩のように固く、島の波による浸食を防いできたという働きにまで触れて話していました。
 オニヒトデの食害しか知らない私たちはオニヒトデを悪者扱いしているが、自然の法則からすれば最初に悪いこと(海を汚してオニヒトデは増やした)をしたのは人間。その結果、オニヒトデを悪者と言っているに過ぎない。と話していました。

 何事も表面だけ、目の前のことだけで判断してはいけないのだと、ここでも知らされたように思いました。

 やはり私たちの生活でも、学習でも、本番の時だけ頑張る・・のではなく、平素から当たり前のようにやっておかないと、本筋から離れてしまうことがあるかもしれないと思った次第でした。

 私たち職員の学校での教育も、社会におけるみんなの生活の仕方も、「大事なことは何か」をしっかりわかってやっておくことが大事だと思います。

 学習でいえば、毎日コツコツと計画を立てて学習する。何をするかといえば、「新しく習たことは何か」、「今までに習ったことを使って、自分はどの程度問題が解けるか」を、「今日はこれとこれ」、「明日はこれとこれ」・・・といいように、自分で「しっかり見極めて実態を見ていくこと」が大事だといえます。
 子供でもできることから、「こうして学習する習慣」をつけたいと思いました。
 

トップページ(令和2年9月11日(金))

9月11日(金)

 こんにちは。遅くなりました。
 今日は人間ドックで半日の時間を費やしてしまいました。コロナ禍のために人数を制限していて、長い椅子に2人掛けでした。したがって、院内はすいている状態でしたが、検査場所で密にならないように、動きをコントロールしていたのでしょう、スムーズに動いた割には時間が、そこそこかかってしましました。
 途中、「コロナ感染が言われていますが、この検査を受けますか受けませんか?」と聞かれました。「なんで聞くの??」「かかることがあるの??」と思いましたが、「せっかくの検査ですし、検査用具はしょうどくされているでしょう・・!」と思って「受けます」と答えました。不安ですし心配になります。
 おりしも、今日1人、宮崎県で1人感染者が出たとテレビのテロップが流れたので、余計に心配になりました。

 さて、今日は金曜日。週末です。あっという間に9月も半分を過ぎようとしています。あと4週間で1学期が終了します。秋めいてきて、心もウキウキします。なんだか楽しくもありますが、新しい生活様式を忘れてしまっては、楽しく過ごすことができない事態にもなるやもしれません。
 ここはひとつ気を引き締めて毎日を過ごしたいと思います。
 熱中症を避けるためにマスクを外では積極的に外してもいいですが、子供たちを見ると、肩を組みあってマスクもせずに顔を近づけて話をしている姿を見ます。
 もうしばらく・・あと1年ぐらいはマスクを着けて話をする習慣を身に着けて欲しいと思います。「感染するから」というより「生活習慣を身に着けるために」・・といったほうがいいかもしれません。日頃の行いがいざというときに身を助けます。 「やっててよかった・・・!!」となるかもしれません。

 Go    to  Eet  キャンペーンが始まるとか。手指の消毒、特に手で持って口に運ぶ食べ物は要注意です。近い距離での大きな声を出す=(口を大きく開ける機会が多くなる)についても要注意ですね。
 

トップページ(令和2年9月10日(木))

 9月10日(木)< 忙しさと暇。充足感と虚無感 > 昨日の参観日はありがとうございました。

 今朝は、幾分涼しい気温でした。子供たちの登校も7時50分には終了していました。
 各学級では花壇への花の苗植えが行われていました。台風前に苗の準備はできていたのですが、さすがに台風に晒すわけにもいかず、植栽を伸ばしていました。
 今朝、苗を見てみると逞しく育っているので、早めに咲き誇るかもしれないなと思いながら見ていました。(もちろん世話の仕方次第でしょうが・・。)
 その様子を見ていて、登校が早い、花の苗植えはできた、時間通りに今日の計画はスタートできそうだ。子供たちは、さして何かに追われるように動いているわけでもない、日ごろのボランティアの動きと変わらない…なんか余裕がある動きで、さわやかな感じがするなあー・・と感じたのでした。

 朝の登校まではご家庭では忙しいことでしょう。保護者の皆さんも早くから準備をしていただいて大変だと思います。でも、その代わり子供たちは余裕を持ってすべきことを着々と片付けていっています。いいなあ!すごいなあ!と思います。

 忙しいと、休みが欲しいなあと思いますが、忙しさの中で、すべきことを着々と終わらせることができるので、後は楽をしますよね。
 一方、休みがたくさんあるといいような気がしますが、やるべきことがたまってしまうと、後から忙しく大変な思いをするやら時期を逃してしまうやら・・となって、休まなければよかったと思ったりしますよね。

 そこで、表題のように矛盾する考えや結果があるけれど、「人間忙しいうちが花」「働けるうちが花?」という言葉もあるように、動けるときは動いておくことが大事なのだと、やっぱり思います。
 動けるうちはいいけれど、病気などで動けなくなると、動けないことがなんと残念なことかを痛感しますよね。

 子供たちも、朝忙しく動いているようではありますが笑顔です。きっと心の中には充足感があるのでしょう。何もしなくて、結果が得られないほど虚無感にさいなまれるものはないと思いませんか?
 
 子供たちはきっと毎日満足して過ごしているのだろうなと思います。
 でもそれが毎日の当たり前になれば、それさえも感じないかもしれません。それでいいのかもしれません。私が在校しているうちは、その良さを、子どもたちに意識させようと思っていますから・・。
 子供たちは、将来、きっといろいろな場で活躍できる人になっていくのだろうなと思ってみた今朝でした。
    

 ( きっと、担任の言葉かけや指導もあるのだろうと、期待・確信を込めて思っています。・・・。)
 

参観日来校のお礼(9月9日(水))

 9月9日(水)< 参観日への来校ありがとうございました。>

 授業を、タブレットの電話機能、またはZOOM機能を使って中継し、特別教室で見ていただく形で開催させていただきました。機器によっては不具合があり、突然つながらなくなるなどのご迷惑をおかけした学級もありましたが、一応、子どもたちの学級に入っていただかない方法の一つは、今後も改善しながらではありますが、確立できそうだと思われます。
 教室の前から撮影している学級、教室の後ろから撮影している学級とありましたが、今後、保護者の皆様のご意見や、授業を見るという観点からどちらの形がいいか、検討させていただいて、さらに良い形での参観日の運営をさせていただきたいと思います。

 放送局が行う中継程よくはありませんが、「三密」を防ぐ観点から今後も取り組んでいきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

     
テレビは各学級にすでにあり、すぐにでも映像を映せますが、画面が小さいので、教室の後ろからだと少し見にくい感じがします。プロジェクターだと大きい画面で見ていただくことはできましたが、機器が高価です(プロジェクターとスクリ-ンとセットで用意する必要があります。)ので、今後、計画的に整備していくことが望まれます。
課題は多々ありますが、第一歩を踏み出せたと思います。
ありがとうございました。
 

トップページ(令和2年9月9日(水))< 重陽の節句 >

 9月9日(水)< 重陽の節句 >

 1月1日、3月3日、5月5日、9月9日と奇数月の月と同じ日にちになる時に、節句と呼ばれる節目の日が用いられてきました。現在の暦で旧暦の9月9日を見ると10月に当たるそうですが、長寿の花としてもてはやされた菊の花をシンボルにして、健康長寿を祝う日として定められたようです。
 1月1日は1年の初めの日として(元旦)、3月3日は女の子のお祝いの日として(桃の節句)、5月5日は男の子の日として(端午の節句)、そして9月9日は健康長寿の日として(重陽の節句)、意識して定めてきたようです。
 いずれにしても、健康で長生きでるようにという人々の思いがいろいろなお祝いの日を定めてきたと思われます。
 今と昔は違う。とか、女の子と男の子の区別をするのは今の時代には似合わないなど考えはいろいろでしょうが、「人のためを思う日」と考えれば、今でも通じさせたい思いですね。
 
 今日も5年生が校門までの道路の歩道の落ち葉を掃除してくれました。大人数でかかると早い早い。あっという間に、ずいぶん下のほうまできれいにしてくれています。あと2回、朝の活動で掃除ができると、歩道はきれいになると思います。
 人の力も集まるとすごい・・と思ってほしいと思いました。

 今日は上学年の参観日です。どうぞおいでください。お待ちしています。
 

お知らせ(令和2年9月8日(火))


 明日、9月9日(水)は上学年の参観日です。5校時に指定の特別教室で授業の様子をテレビモニターで見ていただきます。
 授業終了後は、担任が保護者の方々がいらっしゃるところに伺って、学級懇談会を行います。
 5年生は宿泊学習についての、6年生は修学旅行についての話もあろうかと思います。
 少々勝手が違う参観形式ですが、密になることを避けるために行います。終了後はご意見などもいただければ、幸いです。なお、この形以外での参観は今のところ開催が難しいと思われます。
 他校では授業参観を再度延期するところもあると聞いております。
 別案もあるにはあるのですが、臨場感等を考えると、もう少し工夫が必要かと思いますので、しばらくお時間をいただきたいと思います。

 ※ 明日の参観では、コロナウイルス感染防止の観点から、体調不良の方、発熱がある方、風邪のような症状がある方は、参観並びに来校をご遠慮くださるようお願い  
  いたします。
   また、児童玄関で(参観日の出入り口となります)手・指の消毒並びに非接触型体温計による検温等の実施も行いたいと考えておりますので、ご理解とご協力をお
  願いいたします。
 

トップページ(令和2年9月8日(火))

 9月8日(火)< 理想的です。>

 昨日、子供たちについて、台風後の掃除が…と書きました。
 見事に、5・6年生が正面玄関前、取り付け道路のタケノコ坂あたりまでを、総出で掃除をしてくれました。それも、朝、登校後の20~30分の間にです。
 想像以上の効率できれいになりました。
 理想的です。みんなで作業すること、何かを成しえること、そしてそれが完了し、満足感を得ること、「みんなですれば」「大きなこと」が「できるんだ」ということを、体験を通して感じ取ってくれたことと思います。
 こういう経験を、何度も、子供のうちにしてほしいと思います。こういう経験を積み上げて大人になってほしいと思います。
 (いつも通りにボランティアをしてくれた子どもたちもいましたよ。ありがとう。)

 それが現実になった形の一つが、第1回卒業生による、母校・広瀬西小学校の看板復興だったと思います。卒業生=同級生(昨年度PTA会長さんをはじめとする多くの方々)が中心となって協力して復興してくださいました。

 この力は、当然、地域を活性化させたり、地域の課題を解決するために動いてくださる中堅どこ、若手、の皆さんの動きにつながります。
 それを地域の先輩方(60歳代以上のベテランの方々?)がまとめてくださる・・という流れになります。また、そうなってほしいですよね。

 今日、子どもたちは、早速、その何歩目かを、実現してくれたことになります。
 5年生は、今月末に行く宿泊学習で、当たり前のように「協働」の形にして表せることになります。
 学校で、子どもにしてもらうことは、全て学習活動・教育活動です。そうしていきます。それが、「いつかどこかで必ず役立つ」ようにしていきたいと思います。
 地域の先輩方に続く子供たちを育てていきたいと思っています。

 すぐに校内放送でお礼を言いました。素晴らしい子どもたちです。心からお礼を申し上げます。ありがとうございました。
   
    
 

トップページ(令和2年9月7日(月))

 9月7日(月)< 台風一過とはいきませんが・・。>

 警報級の台風が・・という話でしたが、宮崎県では、そこまで大きく発達せずに通過してくれたようです。しかし、県内では雨が多く降ったところ、川の氾濫が危惧されたところなどあって、避難勧告が出ていましたね。しかし、それもコロナウイルス感染防止のため人数制限をしたので、別の避難場所に移らざるを得なかったと、ホームページや緊急速報などで情報が出ていました。。
 テレビでは佐土原の総合文化センターの様子が映っていて、大変だと思ったところでした。被害にあわれた方にはお見舞いを申し上げます。
 またこのような大きい台風が来ないとも限りませんので、これから、今回の規模に対する対策を想定して、学校でも取り組みを考えておきたいと思います。       
 上段左2枚はプールそばの樹木の折れた幹です。この木の場所付近は、風が強く当たる場所のようです。上段右2枚は取り付け道路の竹の葉がたまっている様子と竹自体が倒れ掛かってきている様子です。
 下の段は竹の子坂の掃除前と後です。下の段右2枚は、以前刈り取りをしていただいていた部分です。さすがに葉っぱが落ちていませんでした。(掃除されたのかな?)
 ここまで来たところで、安全部のお母さんが通学路を点検しながら竹や木々の枝を拾ってきてくださっているところに出会いました。お礼を申し上げます。ありがとうございました。
 

トップページ(令和2年9月6日(日))

 9月6日(日)< 台風にご注意を >  ※  2年生の部屋が更新されました!!
 
 進行方向が北寄りになった台風です。このまま進むと鹿児島県に上陸、少しずつでも、東にそれていくと、宮崎県へ、それ以上それると太平洋側を・・と、先が読めない状況です。
 台風対策、特に風による被害を少なくする対策は取られたでしょうか?雨も多いそうですが風が強いのがこれまでに経験がないといわれる所以です。
 すでに電線は、風を切る際に音を立てています。軒先を強い風が通ると「バサッ」と太い音がします。朝日が出るころは日差しも見えた宮崎市東岸ですが、今は、曇って暗くなり、学校まで海の「ドドッー」という音が聞こえてきます。
 山手はてっぺんの木の枝・幹が揺れているだけで一見おとなしい状況です。
 奄美大島付近は50メートルの風が吹いたそうですから、それを想定して、外には一歩も出ないようにしたいですね。開き戸にはくれぐれもご注意です。風で勢いよくしまったとに手や指を挟むと大変です。
 皆様、くれぐれもご注意ください。
 

トップページ(令和2年9月3日(木))

 9月3日(木)< 今後のことにご注意を >

 昨日は適切な対応をしてくださりありがとうございました。
 おかげさまで、子供たちの動揺もあまり見られませんでした。今日は、子供たちも元気に登校し、落ち着いて一日を始めています。

 さて、日曜日から月曜日にかけて、最大級の台風がやってくると、昨日から気象庁が話しています。昨日の台風も、暴風域内では激しい雨が吹き、風が大きな被害をもたらしているようです。今回の台風でも、宮崎市は昨夜遅くまで避難準備の警戒を解いていませんでした。そこから考えますと、日曜日に来る台風でもそれに匹敵するような警戒をしなければいけないと思われます。
 すでに、月曜日の授業について話し合いを始めております。予想される大きさと予想される被害を考えると、特に小学校では最大級の用心をするほうが良いと思っています。
 今後も、皆様におかれましても、台風情報にお気を付けいただきますとともに、学校からのお知らせを、「まちこみメール」または「文書」でお知らせすることになると思いますので、ご注意くださるようお願いします。
 どちら様も今後ともご注意ください。
 
外の気温はすぐに30度まで上昇しました。ブザーが鳴って危険を知らせます。暑いんだなと、思った次第です。でも子供たちは元気に外に出て駆け回っています。
 

トップページ(令和2年8月30日(日))

 8月30日(日)< 人間ってすごいですね。 >

 昨日は、白血病と1年と半年戦って復帰した、水泳の「池江璃花子選手」が大会出場をして、見事復帰を果たしました。体型もやせ細って・・と思いましたが、昨日の記録を見る限り、研ぎ澄まされた・・と表現と認識を変えなければいけないと思いました。
 コロナウイルスの感染がなければ開催されていたはずのオリンピック、パラリンピックの特集などが、来年を見据えて・・というテーマで、夏休みの間に特集されていましたが、パラリンピックの選手が両足と片方の手が不自由でも、見事な泳ぎを見せていたのを思い出して、二つの姿が、素晴らしい出来事が、重なって「人間ってすごい」と思いました。
 学校に通っている子供たちにもそのすごさを認識してほしいと思います。
 子供たちにも得意不得意はあって、いやだな・・とか、したくない、学校に行きたくない・・などと思うことはあるでしょうが、必ず、個人個人に良さがあります。その良さを自分でしっかりわかって、堂々となんにでも挑戦してほしいと思います。
 すぐにできる人もいるかもしれません。そう見える人がいるのも事実です。でも聞いてみると、テレビなどで小さなころからの様子が放送されたりするのを見ていると、それなりに努力をしているということがわかります。何もせずにできる人はいないということもわかります。
 子供たちにこそ、人間ってすごい、自分もすごい、努力をすればなんでもできる・・と知ってほしい、思ってほしいと思いました。
 明日は8月最終日、あさっては9月です。今年度もあと半分です。気持ちを新たにして、頑張ってほしいと思います。
 今日も暑い日になりそうです。熱中症に気を付けて過ごしましょう。
 

トップページ(令和2年8月28日(金))

 8月28日(金)< ニュースには学びのヒントがあります。>

 今朝の新聞の記事で、子供たちに見てほしいと思ったのは、昨日の校長室からの記事との関連で、「神経回路切れても再接続」「iPS心筋細胞移植了承」「人権問題」「県、大規模災害想定し訓練」などの記事です。もちろん、スポーツ欄、口蹄疫収束10年を迎えて(ぶらんどにくをきゅうしょくに・・)「宮崎西高校、牧水短歌甲子園準優勝」「コロナウイルス感染状況」そして何日か前にあった、宮崎県の人口は約106万人・・などもあります。

 困ったことをどう解決するかを考えたことが未来を豊かにしたり便利にしたりしていきます。神経回路がまた生まれ変われば、病気や事故からの回復に望みが膨らみますよね。心筋にiPS細胞を移植できれば心臓病の方には朗報ですよね。
 人が困っていることを解決する方法がある・・と子供たちにわかってもらい、子供たちにもその研究やそれを促進する企業、仕事などを目指してん羅うこともできます。関連産業にまで及べば、宮崎にいても仕事ができる社会になるかもしれません。

 そういう将来に夢を馳せて「今」を過ごしてほしいと思っています。

 今日は金曜日、学校が始まって1週間経ちました。全校児童無欠席2日。さすがに一昨日・昨日とちょっと疲れが見える子供たちですが、ほぼほぼ元気に過ごしてくれています。
 来週からは、体育の時間に体をもう少しほぐしていって、早い動きにもついてこれるようにしていきたいと思います。
 今週一週間を振り返りながら、子どもたちにも来週の見通しを少しもって、週末を迎えてほしいと思います。

 今日も元気に一日が始まっています。 
 

トップページ(令和2年8月27日(木))

8月27日(木)< ありがとうございます。>

 コロナウイルス感染の予防対策を少しでもしっかりしようと、いろいろな文書をお送りしています。それに対して、しっかりと対応してくださりお礼を申し上げます。
 昨日も芸能人の感染が言われましたし、プロテニスプレイヤーの錦織選手も、無症状ながら感染したとニュースで流れました。(今朝は陰性になったと分かったということでしたが。)
 知らないうちに感染していることは、もう当たり前と思わないといけないと思われます。ただ、無頓着になってしまっては、さらに感染を広げるでしょうから、いつも、最低限の注意だけは続けたいと思っています。
 発熱について、風邪の諸症状の対応について、これまでにも宮崎市のホームページでも掲載されてきましたし、学校にも通達が来ましたので、皆様にもプリントでお届けしているところです。(発熱・風邪の諸症状等、家族がそうであった時もしかるべき対処をしていただく・・。等)
 それにしっかり答えていただくことは、学校として状況を把握し、対応が適切に取れるということになります。
 「子供たちをみんなで守る」ことを目標として、これからもご協力をお願いします。
 学級の連絡帳または電話などでお知らせ・ご相談いただければ、しかるべく対処、ならびにご返事をいたしたいと思います。当然のことながら、これまで通りプライバシーの保護には万全を期します。
 これまでにも、ご相談くださった方がいらっしゃいましたので、ここであらためて皆さんにお礼を申し上げます。ありがとうございます。

参考までに、感染者が分かった場合は、学校での対応は以下のようにすることと決められています。情報が早いほど対応も早くなると思います。
新型コロナウイルス感染症に係る学校の対応(8月20日現在)について.pdf
 

トップページ(令和2年8月26日(水))

 8月26日(水)< 予報の割には恵まれてきました。> 午前6時30分頃、西の空に虹がかかっていました。国富町薬師岳あたりから出ていたような…。

 台風が接近するにつれて、九州の東側は・・ということは宮崎県は、というのと同じだと思って聞いていましたが、雨が強く降ると言っていました。が、子どもたちの登下校時には何とか雨を避けてできているようで、幸運だなと思います。
 でも油断することなく、もし大雨に会ったら・・と考えるようにしておきたいと思います。
 おりしも、今日は4年生の「自然災害への備え」という学習があります。
 佐土原地区に常駐の「危機管理部」の方にお話をしていただく予定です。そういった話題から、子どもたちにも「日ごろの備え」をしておくように話しておきたいと思います。
 「備えあれば患いなし」、昔から言われている言葉です。科学的な技術が高度になっても「想定外」は起こる昨今です。広く注意喚起をしておきたいと思います。

※ 危機管理部地域安全課等いう部署が、市役所の部署として総合支所にあるそうです。地域の行事としても声をかけられるといいと思います。
 
 

トップページ(令和2年8月25日(火))

 8月25日(火)< 静かに始まった1日です。>  今日も皆元気で登校しています。

 ふと気が付くと静かなので、今日は音の大きさを調べてみました。
 1階は、30デシベル台で、閑静な住宅街の昼間の時間のような静けさです。
 2階3階は、今朝は、今月の歌を歌ったり、活動をしている子供たちがいたので、騒がしいかなと思いましたが、50デシベル台で、例えると、静かな事務所の中、またはデパートの中の様子と同じ程度という結果でした。
 数値化するとわかりやすいと思いましたが思った以上に静かでした。しっかりと朝の時間にすることを理解して、目標に向けて静かに取り組んでいる状況といえると思います。
 
 今朝も、登校したらすぐに、児童玄関で、手の消毒を行って教室に向かいます。「ウイルスを持ち込まない」つもりでやっています。子供たちも心得ていて、自分でさっさと消毒をして上がっていきます。見ていても頼もしく思えます。
 さて、今朝も、昨日と同じように、5・6年生が花壇にたくさん出て草取りをしていました。今日は2年生も花壇の草取りをしていました。一輪車にたくさん積み上げて、校舎裏の草置き場にもっていって終了でした。15分ほどの間にたくさん草取りができました。
 今日までは給食がありませんので早く下校します。明日からは給食がありますので、フルの授業時間で過ごすことになります。台風の影響はあまりないようではありますが、雨が多く降るかもしれないという予報です。そこに注意ですね。
 今日も一日元気に過ごしたいと思います。
   
 

※ ボランティアは花壇だけでなく、6年生などは誰も手掛けていないところに行く児童もいるということでしたから、次は学校敷地内を回ってみたいと思います。
 

トップページ(令和2年8月24日(月))

8月24日(月)< はじめよければすべてよし >

 今日は、欠席が初めからわかっている子供さんを除いて、全校児童が全員そろって朝を迎えました。全校朝会でも全員に話ができてよかったと思います。
 すがすがしい気持ちです。ことわざに「はじめよければすべてよし」というものがあります。子供たちの、そして保護者の皆さん方の、8月の1か月間の子供さん方へのご指導が行き届いた成果だと思います。
 子供達には、
 夏休み明けの授業が始まりました。運動会が待っています。遠足や5年生の宿泊学習、6年生の修学旅行と、大きな行事が待っています。一方コロナウイルスの感染拡大がまだ止まっていません。
 手洗い、うがいを徹底して、感染しないように過ごしましょう。
 また、新しい研究が始まります、とか、インフルエンザワクチンは高齢者が優先ですなどと新聞に書かれています。
 今始まる新しい研究は、10年後は、小学生の皆さんが「今、研究しています。」という年代になります。今日から始まる学習を、しっかりしていきましょう・・。

 と、話しました。希望を含めて切実な願いでした。
 でも、まずは、元気で笑顔で過ごしましょう・・!!と結びました。

 10年先はすぐにやってきます。今の内にしっかり取り組んでおくことが、10年後を左右するといっても過言ではないと思います。
 子供たちの世代には、いい世の中を作ってほしいと思いながら、今朝の全校朝会の話をしました。

 次の全校朝会にはzoom機能を使った、顔の見える全校朝会をしたいと思います。
 子供たちに驚いてほしいと思います。(それとも、今の時代、こんなことぐらい当たり前だと思って、あまり驚きはしないでしょうか?? )
 

トップページ(令和2年8月23日(日))

8月23日(日)< 9月は台風多発の月でもありました!!>

 明日からの投稿を楽しみにしているところですが、台風の動きが気になります。今年は7月までに台風が発生しなかった数年ぶりの出来事の年だったそうです。
 また、9月は毎年台風が多く発生する月でもあるそうですから、8月下旬のこととはいえ、台風が26日ごろに最接近売るという情報は、これからしっかり見ていきたいと思います。

 さて、今日も、少年団の活動があるようでした、数名のお父さん方と朝のあいさつを交わしましたが、本来なら、運動会を前に、たくましいお父さん方に協力を頼んで、楽しくお話をすべきタイミングでしたが、運動会の規模を縮小、感染症のレベルが高くなるかどうか予断を許さない今の時期にあって、あいさつ以上のお話をすることができませんでした。失礼しました。ただ、お父さん方の頼もしさはいつ見てもありがたいもので、何かあったらお願いをしようと、勝手に思った次第でした。(よろしくお願いします。もちろんお母さん方にもお願いしますね。)

 2回も書いて載せられなかった写真が載せられる状態になりました。運動場の運動会用ポイント打ちと、職員の研修の様子です。
   
テントを3張り出しています。熱中症予防の日陰にします。ポイントは赤白に分けていますが小さくていまいちでした。研修は外国語学習について、評価をどうするかなどの話を、研修に行かれた先生から、伝達をしてもらう内容でした。
 

トップページ(令和2年8月22日(土))

8月22日(土)< さあ、日々の情報を毎日チェックしていきましょう。>24日朝にも検温はお願いします。

 来週から、予定通り学校が始まります。
 コロナウイルスに対する備えを怠らないために、感染の傾向は常にチェックしておきたいと思います。
 その一
 宮崎県の感染傾向はまだ止まるところを知らない。
 家庭内感染や施設内の感染が取りざたされています。今になってほぼ国民・県民・市民の皆さんの意識が、人が持ち込む、持ち歩く・・ということは理解できていると思います。その経路が遮断できないところに感染が増え続ける原因があります。
 家庭内での隔離はできないといっていいほど難しいといえます。雪の上や砂の上を歩いた後に足跡が残らないようにしていくような、そういった気遣いでもしない限りは経路を断つことはできないようです。感染者を差別してはいけませんが、その人から広げないためには、その人を隔離したり自己隔離したり、区別(別途対応)はしたほうがいいと思われます。
 
 その二
 「持ち込む」ことをどう防ぐかはやってみないとわからないといえます。
 でも、兆しはわかります。発熱です。咳です。倦怠感です。つまり風邪の諸症状のような傾向が見られたら、感染したかなと思ったほうがいいかもしれません。これから、つまり秋以降はインフルエンザも疑う必要が出てきます。もちろん熱中症も考えられます。そこを、着目点にして、大事をとって「休む」ようにしていくことが求められます。
 感染者が出たら、感染経路を特定するために追跡調査がされます。子供であれ職員であれ、家族であれ、関係先まで、いっときでも空間や時間を共にしたら全員です。校外にはプライバシー保護のために情報が漏れないようにしますが、これまでの感染者についてもそうだったように、思った以上に気を遣わなくてはいけないようです。
 それより、感染者が出る前に予防措置としての休養やかかりつけ医に相談する・診察を受けるほうが、いろいろな時間や労力を遣わなくて済むと思った方が良いと思います。

 その三
 健康観察にご協力をいただきます。
 5年生の宿泊学習。6年生の修学旅行は、2週間以内に感染地域に行った、滞在した、または2週間以内に発熱をした、風邪の諸症状があった場合には参加を遠慮してほしいという、旅行関係者や施設側からの要望がすでに出ています。
 施設の特性上、クラスター感染を防ぐためです。そこを考えた生活習慣も考えに入れて過ごしていく必要があります。ルールを破ることはできませんので日ごろからの摂生が大事になります。

 こうした点を十分に踏まえて毎日を過ごす必要がある、夏休み明けの生活です。新しい生活習慣として、早く身に付けてほしいと思います。子供たちも職員も摂生に取り組みます。ご協力をお願いします。
 

トップページ(令和2年8月21日(金))

8月21日(金)

 さあ、いよいよ今日は週末。平日の最終日になりました。土曜日、日曜日の2日を残すのみとなった夏休みです。いろいろな締めくくりをして、24日を迎えてほしいと思います。ただ、24日、25日の2日間は給食なしの午前中授業で下校しますから、子供たちの思いも少しは軽くなるのかな??と思っています。初日からフルの授業は疲れるかもしれませんからね。(26日の水曜日からは普通授業を行います。給食ありです。)
 作品等ができていれば、安全に登校できるほどのものは持参して、その他は担任の先生と相談をして持参するか家の人に手伝っていただいて提出できればいいと思います。これも計画的に、用意周到に…が肝心ですね。
 今日も元気に、暑さに気を付けて、コロナ感染に気を付けて過ごしましょう。
 

トップページ(令和2年8月20日(木))

8月20日(木)
 今日は、消防設備の点検作業が行われています。警報装置を鳴らしたり、非常ベルの精度を見たりしているので、なかなか賑やかです。その分気合を入れて、こちらの仕事にもあたりたいと思います。
 また、今日は、映像配信による校長会がありましたので、午前中はホームページ更新作業ができませんでした。これから更新していきたいと思います。
 なお、24日(月)から授業が始まりますが、その際にも、コロナウイルス感染防止対策を十分とるよう、教育委員会からのお話がありましたので、指示された線に沿って、検温、体調を聞いて一日を過ごすなどの、総合的な把握をして学校の衛生環境を保っていきたいと思います。
 また、ご家庭にもご協力をお願いしないとできない内容等もありますので、追って文書等でお知らせやお願いをしたいと思います。
 今日も暑い日になりました。熱中症等にはくれぐれもご注意ください。
 

トップページ(令和2年8月19日(水))

8月19日(水)< 今日は研修日です。>

 昨日は、インターネット環境の整備のために、教育委員会の機器点検が行われました。ホームページ更新並びに閲覧ができなくなっていました。今日からは、休止はないと思われますので、再度再開いたします。

 さて、今日は、まさにこのインタ-ネット環境下での会議システムの研修会を行っています。学校内でのパソコン同士の連絡のやり取り、パソコンを使っての学校外との会議のやり取りができるための環境整備と練習を行う予定です。

 そのために、全員が公的なメールアドレスを取り、この日のために準備してきました。まずは学校内での通信を使って、全校朝会やその他の会議などができるようにしたいと思います。

 3密を避けるための方法としてもすぐに活用できる方法ですので、一生懸命に覚えたいと思います。写真等は後程アップしたいと思います。

 その他、今日は研修がたくさん組んであります。頑張りたいと思います。

 子供たちも、あと数日で学校に登校する日がやってきます。追い込み・詰込み・・・にならないように計画的に過ごしてほしいと思います。
 
 今日も一日頑張りましょう。
 

トップページ(令和2年8月17日(月))

8月17日(月)< ホームページ掲載を再開いたします。>

 学校閉庁期間中は、コンピューターサーバー自体が停止ししておりましたので、学校のパソコン自体が起動せず、ホームページの更新ができませんでした。
 これまでと変わらずにご覧くださいました方々には心よりお礼を申し上げますとともに、更新できませんでしたことをお詫びいたします。
 さて、今回もコロナウイルス感染についての対策関連の内容から書きたいと思います。

 県外では、部活動関係での感染拡大(=クラスター)がニュースでいわれています。大規模校ですと、100人規模になり、一度で大勢の児童生徒が感染します。

 また、塾による感染も報告され、指導者が感染していたことにより、通っていた児童生徒が感染したという感染経路が報告されています。

 次は、県外から帰省した友人との会食が大きい要因として考えなければいけないと思われます。
 感染者が多く出ている地域からの帰省者と、県内友人が会食したことで、当人を含め関係者が発症したことが報告されました。
 宮崎県も感染者数から言えば「多い」と、県外の方に思われているようですから、同じ条件ではありますが、感染していることがわからない間に、他者に感染
させてしまうことが、今回も問題視されるべき点だと思われます。

 そして家庭内感染が挙げられます。
 県南の教育関係者の方の感染でも、家庭内感染が原因と思われているということでした。
 今年度の夏休みを考えた時には、お盆の時期の人と人との交流について、不特定多数の方との、県外の方との、そして、すでに感染しておられた方と近い距離にいらっしゃった方との等々・・接する機会があった方については、風邪の症状と思われる症状がある場合は、コロナ感染を疑うことが大事だといえます。

 また、熱中症との見分け方は難しい。しいて言えば、急に足がつるときの発熱と、そうでない場合との発熱で区別するようですが、素人考えは危険ですから、
医師の診断が必要だと思われます。
 夏休み明けの学校再開については、2週間以内の状況によって、判断していただくことで登校可能かどうかを考えていただきたいと思います。
 登校日は中止いたしましたので、今後のことにつきましては、今週末に、あらためて、まちcomiメールでお知らせをしたいと考えています。

 今年は特に暑い夏でした。これからもまだまだ暑さが続くと思われます。
 熱中症にも十分気を付けていただき、残りの夏休みを子供たちが過ごせますよう、ご配慮ください。
 久しぶりのホームページ更新で長い文章になりました。ご容赦ください。これからもよろしくお願いします。 
 

トップページ(令和2年8月7日(金))

8月7日(金)< 立秋ですね。>

 暦の上では「立秋」です。もう秋になるのですね。夕方の西風は少し涼しいかもしれません。日の出日の入りも、夏至のころと比べるとずいぶん日が短くなった感じがしますので、日の出は遅く、日の入りは早くなったのでしょう。
 影のでき方、日差しの家への入り方も、違ってきたように思います。
 はがき等も「暑中お見舞い」から「残暑お見舞い」になりました。
 どちら様も、暑さに気を付けてお過ごしください。

 さて、県内・市内のコロナウイルス感染者数も、宮崎市、都城市が昨日4名、その他の3市2町が1名ずつと、下火になってきました。ここで一気に感染者「0」になるといいですね。感染経路を遮断したいものです。
 手を介して。吐息からでたウイルス(近くで、長い時間話して、吐息が充満した状態になった室内で過ごす??)などの状況・影響を断つことが大事ですね。
 次は、お盆の時期の(とれる人は9連休とか)人の交流が感染の経路になります。これをうまく回避すれば、感染者は出ないでしょうが、酒宴・会食・近くでの話し合い・ランチ会・同窓会・友達との再会でのはしゃいだ話し合い・・・など、これまでに、原因とされてきたことを「絶つ工夫」が必要ですね。
 
 もう一息の努力で感染拡大をストップしたですね。
 

トップページ(令和2年8月5日(水))

8月5日(水)< うがいの効用 >

 ニュースで急に、うがいの効用が言われています。うがい薬が注目されていますが、うがいが有効なのですよね。加えて殺菌効果がある薬の名前が挙がってい
るから特にです。売り切れ続出のようです。
 しかし、考えてみてください。これまでにもうがいはしてきましたよね…?してこなかった人は、「うがいで・・?」と思うでしょうが、大方の人は「うがい」や
 「口を漱ぐこと」が、これまでにも口の中のある「いろいろな菌やウイルス」を除去するために有効であることは知っていましたし、してきたはずですよね。
 ここで気を付けるべきは、うがい薬が有るか、無いか、ではなく、うがいをするかどうかです。口の中にある、「コロナウイルスを含む異物」を、飲み込んだりせずに、いつまでも残さないで、定期的に外に排出することが肝要です。
 唾液や、口や鼻の中の粘液は、外気から入ってきた異物を閉じ込めて対内に入らないように防護します。(簡単には体内に入らないような働きをしています。)
 だから、唾液や粘液の中にある異物を、体の働きだけでなく、「うがい」や「すすぎ」でその働きを助けてやれば、より早く効果的に体外に排出できるという
 ことになります。これからも「うがい」や「口をすすぐ」ことをすればいいということになります。薬がなくても昔は塩でうがいをしていました。これは濃度
 の関係で浸透圧を口の中を高くして、唾液や粘液をより多く体の中から外ににじませる働きをします。つまり防御反応の回転を早くすることになりますから、
 有効といえると思うのです。
 結局、いろいろな効果を利用して、うがいで、すすいで、体外にいらないものを出すことに気を遣えばいいと思います。
 予防に対して関心が高まるのはいいことだと思います。それ自体は奨励されるべきことです。皆さんもどうぞ、「うがい」や「口すすぎ」も取り入れて、感染予防を行ってください。
 ちなみに、「口を漱いで」から「うがいをする」順番がいいそうです。
 

トップページ(令和2年8月4日(火))

8月4日(火)< 白熱します・・・。>

 気温も熱い今日ですが、今日の職員会「運動会について」も白熱した論議を展開しました。今年は、コロナウイルス感染防止を念頭に行う必要があります。そこで、これまでの形式にとらわれることなく、1から考えるつもりで話し合いました。
 いろいろな点を注意して、これまではそれを乗り越えて計画してきたのだと改めて感じるほど、たくさんの視点で配慮する必要があることを意識しながら話し合いました。
 今日はいろいろな意見を聞く時間でした。
 この意見をもとに担当部署が計画案を練り、8月終わりにもう一度運動会の全体像を話し合うことになります。
 できる範囲での開催になりそうですが、アイディアを絞って考えていきたいと思っています。

 また、10時からは特別活動の研修を行う予定です。中学校になったら進路も含めて就職や進学を念頭に置いた話し合いがありますよね。これからは小学校段階で、その基礎的な考え方を、小学校なりに教えていくことになっていきます。
 詳しくはまた時機を見て書かせていただきますが、今日はいろいろと知恵を出して、疲れそうな一日になりそうです。
    
 

トップページ(令和2年8月3日(月))

8月3日(月)< 何度でも・・・。>

 おはようございます。暑い一日が始まりました。子供たちの計画的で生産性のある(自分で納得する)一日が送れるよう願っています。
 さて、昨日も30名の感染者が報告されて、宮崎県は10万人当たり10人を超したそうです。(全国6位)高鍋町は10万人当たり42人となっているようです。
 今後、お盆の時期を迎えて、親せきや知人・友人が会う計画もあるかとは思いますが、感染のリスクを考えると、難しい状況です。また感染地域からの帰省や宮崎も感染が多い地域になりましたので、宮崎から他の県に感染を広げるようなことにならないようにするためには、「集まる」という計画は実施できない、しないほうがいいと思っています。
 学校で心配するのは、8月以降の学校再開がスムーズにいくかどうかという点です。その点で考えると、外出も含めて、不要不急の外出・会食・集会は感染が心配される行動だと思っています。
 学校は、国の動向・県の動向を受けて判断する、宮崎市教育委員会からの指示に従って行動します。(学校行事等は、ほとんどは学校で判断しますが・・。)皆様に連絡することができましたらお知らせしたいと思います。
 くれぐれもご注意くださるようお願いいたします。

発症の大まかな流れ

< 感染 >   →  < 発症 >    →    < 重症化 > 
  この間約2週間(最近は5~10日とも)
  5日目までは静かに増殖 (人によって程度が違う)  サイトカインストーム

 今日の発症は2週間前の行動に原因があると考えてよいといわれています。(今は5~10日でわかるそうです。)
 今回の発症事例は、7月12・13日ころからの動きが原因と考える状況といえるのではないでしょうか?(7月17・18日の動きも十分あり得ます。)

 免疫システムを狂わせる点が今回のウイルスの危険な点だといわれています。
 狂わされた免疫システムが正常な細胞まで壊してしまう点が回復も遅らせているかもといわれています。
 後遺症も残ると報告されていますから、感染しないに越したことはないようです。
 

トップページ(令和2年8月1日(土))

8月1日(日)< 夏休みだというのに・・。>

 テレビ画面にテロップが流れると、ドキッとします。
 今日も早朝に、感染者…名・・というテロップが流れました。関係部署の知人・友人の方であればご心配なことでしょう。
 誰もが、自分を含めて、友人知人、親戚等の心配をする事態になっています。
 感染経路はわかりませんが、手を介しての感染は一番多く考えられて、インフルエンザの感染経路でも、家の中で一人てにつけていると、1時間後には、活動した室内の至るところに、ウイルスををつけてしまうという様子を、何度もテレビで放送していました。(この話題は3回目になります。)
 空気中に漂うウイルス、物についたウイルス、は「3密のところ」ではなくても、感染する機会が多いようです。
 こうなると、執拗な手洗いは絶対しなければいけませんし、外から帰ったら、手を洗うところに直行して、手を洗ってから、家の中のいろいろなものに触るようにしないと、家庭に持ち込むのも簡単にできてしまいます。
 学校職員も、不要不急の外出や移動、(帰省も含めて)などは、自粛が要請される流れです。様々な会議や研修会が中止または映像配信になりつつあります。
 学校でも必要な研修会を済ませたら、できるだけ夏休み中は出勤しない方法を考えなければいけなくなりそうです。
 皆様もどうぞお気を付けください。手洗い。口すすぎ。うがい。手の消毒。そして着用していたマスクの適切な処理(ウイルスを拡散させない)が必要のようです。
 宮崎県の増加数が目立っています!!
 

トップページ(令和2年7月31日(金))

7月31日(金)

 今日で6年生の授業も終わりました。
  1週間のうちに、教科学習が進んだ部分もありました。補修授業として、これまでの学習を振り返って注意点をもう一度と解きなおしてみることもしました。
 全国学力学習状況調査の問題も取り組んでみて、課題点を見つけることもできました。それに合わせて、子供たちは、自分の不得意な点を十分補強するチャンス
 を、夏休みの間にする機会を得たことになります。もう一つ、課題にも挑戦しました。仕上げは家庭ですることになりますが(個人作品なので)、丁寧に仕上げ
 れば、入選も夢ではありません。
 これだけ備えておけば8月後半からのスタートも順調にいく・・?はずです。
 有意義な夏休みを過ごしてほしいと思います。

 コロナウイルスの件については、警戒度3レベルが発令されています。学校職員も不要不急のもの以外は自宅勤務もやむなしという状況になってきました。
 人の移動を少なくして、感染する機会を物理的に減らすことが第一だと、各県の医師会や医師会長が発言しています。
 毎日のように書きますが、私たち一人一人の注意が大切です。
 口の中・鼻の中・傷口など、私たちの粘膜の段階より中に入らないように注意することが大事です。外から帰ったら、体にもついているかもしれないと、早めに着
 替えや入浴・シャワーなども効果的とテレビで入っています。
 なかなかできないこともありますが、家の中に持ち込まないことを考えていきたいものです。

 面談も今日で終わります。別途計画で日にちを替えられた方は担任と確認をしていただいてもれなく面談をされてください。今日この後の予定の方よろしくお願いします。終了した方々、ありがとうございました。
 今後ともよろしくお願いします。
 

トップページ(令和2年7月30日(木))

7月30日(木)
 毎日の話題が感染症にかかわるものが多くみられます。
 これまで多く報告されていた「手足口病」が今年は100分の一の報告数だそうです。
 プール熱も同じで今までになく少ないということでした。プール熱はプール指導等を介しておこるものが多くみられるところから、この名がついたといわれますが、今年は、感染症拡大防止のためにプールが閉鎖されることが多いからだともいえそうです。
 また、手足口病が少ないのは、手洗い・消毒がしっかりできているからだといわれています。逆を考えると、いかに普段に、しっかり手洗い・消毒が不十分だったかがわかってしまうような気がします。
 さて、宮崎県の感染者数が、昨日、また12名増えました。2次・3次の感染も含めて、全国的にも家庭内感染が増えてきているということでしたから、誰かがかかると当然のごとく家族にも感染するということになります。
 インフルエンザも同じ様相を見せてきました。
 常にマスクをすること、口すすぎ、うがい、手洗い・消毒などは欠かさず行いたいと思いますし、これが最後の砦であることはもう現実が物語っています。
 また、マスクが散乱している、散乱したマスクが川や海を汚しているといわれています。単純に考えるとマスクについたウイルスをその辺にまき散らしているといってもいいことになります。マスクはビニル袋に入れて袋の口を縛って捨てることが原則です。ウイルスを拡散させない方法です。
 こういうこともできていないところでは感染が広がる理由を自分たちが増やしているようなものだとも言えます。
 あらためて、何をどうするのか?、それがしっかりできているのか? を確認して、面倒でも続けていくしかないといえます。それが自分たちの身を守る方法だといえます。
 いろいろなニュースではワクチンはやはり早くて来年、一般に出回って、私たちが、今、普通に病気にかかって病院に行き、薬をもらう、またはワクチンを打ってもらえるようになる感覚の状態になるまでには、もう1年、通算2年ほどはかかるのでは?ともいわれています。
 結局、基礎的・基本的なことをしっかり行うのが我々民間の最大の自己防衛策といえます。
 今日も皆さん頑張って、そして感染しないように注意して過ごしましょう。

※ バイパスしたの鳥の糞公害対策として網が張られています。ごりかいごきょうりょくいただきました皆様にお礼を申し上げます。根井翼様には連絡までいただきました。これまで毎日掃除をしてこられた皆さんにも心よりお礼を申し上げます。子供たちが安心して通ることができます。
 もちろん、国道管理事務所のご理解があってこそできたことです。お礼を申し上げます。ありがとうございました。
   
歩道の上部分は目の細かい黒色の目立たない網がかけてあります。暗くなって止まれなかった鳥はびっくりしただろうなと思います。
 また、歩道の糞の色が薄くなって、きれいになっていました。お掃除をしてくださった方の日ごろのおかげです。ありがとうございました。
 

トップページ(令和2年7月29日(水))

7月29日(水)< コロナウイルスの影響・・その後 >

 保護者の皆さんも地域の皆さんも、コロナウイルス感染が広がっているように見えることにご心配をされていらっしゃることだと思います。
 昨日も20名の感染が確認されたということでした。広がり具合や追跡具合を見ていると、最初に感染が判明した方を第1次(実際は本当に感染されている方が第1次で、店やその他を利用された方が第2次でしょうが・・。)感染者とすると、第3次から第4時ぐらいまでの方に検査が及んでいるようです。
 本人→家族・友人・会社員→2次感染者が動いた先の方→3次感染者が訪問されたその人の家族の活動場所等(間接的に影響を受ける方になります。)
 第1次    第2次        第3次             第4次
のように広がりを見せているようです。大事なことですね。

もし、4次感染まで広がると、5次感染を疑って、PCR検査は、相当数の広がりを見る必要がありそうですし、日常の生活圏にいる方は皆用心をする必要があることになります。
 そこで、もし、3次・4次感染者が近くにいらっしゃったことが判明された場合は、または疑われている場合は、授業日においては欠席の措置(実際は出席停止として欠席日数にははいりません。)を取りますので、遠慮なくお知らせください。
 夏季休業中に影響が判明した場合、または疑われる場合には、その旨をお知らせいただき、ご家庭で様子を観察されるなどしていただくことをお願いします。
 大人は仕事の都合等で、どうしても感染地域または感染の影響が考えられる地域にも行くことがでてくるかと思います。その点を十分考慮していただき、子どもさん方の健康を守る措置を取っていただきますようお願いいたします。         
 なお、現在面談期間中ですが、ご心配な点があられる方は学級担任にお知らせください。またの機会を設けさせていただきます。遠慮なさらずに、ご相談ください。
 なお、関連した内容を7月31日に再度、まちCOMIメールでお知らせいたします。
 また、登校日を19日(水)に計画しておりますが、それに関しましても17日(月)に まちCOMIメールでお知らせいたします。
 皆様並びに子どもさん方の健康を心より願っております。
 

お知らせ(令和2年7月28日(火))

お知らせです。

 学校体育施設の開放が中止になりました。
 感染拡大をさせないための措置だそうです。
 なお、屋内施設についての閉鎖だそうです。
 運動場については、まだ、触れてありません。
 中止期間は、7月30日(木)~8月17日(月)までになっています

 取り急ぎお知らせします。
 利用団体あてには、市役所の担当課より電話連絡があるそうです。
 

トップページ(令和2年7月28日(火))

7月28日(火)< パッと目が開きました。 >

 重苦しい情報が飛び交っていますね。宮崎市内にある展示会などをするところでも感染者が・・という情報や新たに感染が判明した方がいらっしゃったという情報だったりと昼夜を問わず入ってきます。
 皆様もご心配なことだと思います。もし何か教えていただける情報がありましたら、教頭あてにお知らせくださるとありがたいと思います。感染を防ぐための体制を、とれるだけとりたいと思います。

 さて、そのような中に、保健室に入って見たら、まるで絵のような花が花瓶に活けてあります。一瞬、有名な絵である、ゴッホの「ひまわり」を想像しました。写真を載せます。気持ちがほっとしました。花っていいですね。聞いたらいただきものだそうです。ありがとうございました。
 

トップページ(令和2年7月27日(月))

7月27日(月)< 個人面談よろしくお願いします。>

 夏休みに入って、学級担任とお話しいただく時間がやっととれるようになりました。4か月は過ぎましたが、今後の子供さんの成長を願って、色々なお話ができるといいと思います。お仕事の時間を割いてきてくださるわけですから、実になる話の時間にできればいいと思います。
 なお、コロナウイルス感染防止対策も踏まえて、体調等が思わしくないときには、面談の機会は別に設けることもできますので、遠慮なくご相談ください。

 中学校・高等学校の夏の大会が終わっていくようですが、コロナの感染状況によっては、地域では、出場を自粛していただいたりと、いろいろと制約が出ざるを得ない状況になっているようです。
 心配なのが、少年団活動で他の地域へ練習試合に出向くことです。途中の休息やトイレ休憩、食事の買い出し、または食堂での食事など、必要なことはしなければいけません。が、そこでウイルスをキャッチしても困るのではないでしょうか。心配なところではあります。
 

トップページ(令和2年7月26日(日))

7月26日(日)< これからストップをかけるために・・。>

 コロナウイルス感染者の数字が多くなってきています。クラスター感染はここまで恐ろしいことになります。一か所で感染した人が数か所でそこにいた人の数だけ感染を広げるからです。つい先日まで20名という数字がたった3日で62名にまで増えてしましました。
 これから行うでべきことはこの感染の広がりを止めること。その中でも、感染した場所・人とのかかわりが考えられる人はまず、2週間ほど様子を見ることです。それでも感染していれば数字は増えますから、ましてや感染の危機を持たずに行動し続ければ、感染者はどんどん増えていくでしょう。
 だから移動自粛です。移す危険がある人は絶対に動かない。私たちも不要不急の動きは、まずは2週間は様子を見ることです。その結果、新規感染者が減っていけば宮崎県は収束していく姿が見えます。
 感染がなかったのに急に始まったのは持ち込み感染が発端でしょう。すでに県外の方々はたくさん入ってきていますから、みんなで用心すべきです。帰京された方も観光客の方も皆が自分ももしかしたら…と用心をすべきです。配慮することはマナーです。意図的に動けば・・・・。
 児湯地区は学校の休業があったりしているようです。宮崎市でも感染者の様子から危険を感じていますから、夏休みの行動は厳に自粛するか、よほどの防止対策をして必要な時だけ動くようにしないと8月でさらに感染者を増やすと9月以降はまた、休業になることも考えておかなければいけないと心配します。
 9月以降の行事を・・どころの問題ではなくなってきました。
 9月の参観授業もこれからの推移をみて再度考え直したいと思います。
 運動会や各種校外学習は、今や大きな心配の的になってきました。
 こうなるといけないと心配していたのですが・・・残念です・・。
 皆さんも、どうぞお気を付けください。
 

トップページ(令和2年7月25日(土))

7月25日(土)< ここまで来ました。> 県内の感染者累計36名

 夜のニュースには驚きました。テロップに驚き、夜中の記者会も見てしまいました。
 予想をしていなかったわけではありませんが、予想以上に早く感染が広がり始めたことと、お店を中心に、最初に感染した、または感染源になったと思われる人を特定し、感染経路を断つことが難しそうな気配があることを心配しています。
 逆に考えると、感染していない人もいるわけで、感染対策によっては「ウイズ コロナ」ができるかもしれないと、自分に言い聞かせるしかないなと思います。
 これからは、どこに行っても安心できないと思います。
 今までは持ち込みの感染・・県外に行って感染して帰ってきた・・ケースがほとんどでしたが、県内での、フルーツ店、接待を伴うお店、理髪店・・となると、大方の人はそういう種類のお店を利用するのは生活の一部ですから、予防対策とるしかないということになります。
 手洗い・手の消毒、うがいはワンセットです。(これまでにも外から帰ったら手洗いうがいをするは必ず言っていましたよね)口にウイルスを入れない最低限で物理的に体内に入る唯一の道だからです。そこをシャットアウトするべきですね。
 次はエアロゾル感染でしょう。空気中を漂うウイルスを吸い込まないようにマスクをする。または、感染している人はまき散らさないようにマスクをする・・という2つの方法が、いや、2つの方法しか、私たち一般の人には方法がありませんよね。
 あとは、お店の方々に、くまなくお店を消毒してもらうしかないのではないでしょうか?
 今回も子どもさんが含まれていますし、登校もしていたということですから、いよいよ学校での対策をどうすればいいか考えてしまします。今以上の対策がとれるのかどうかです。徹底して距離をとること(子どもも勢いがありますから、気を付けないと。ついつい・・。)、以外は十分行っていると思いますが、それでもおろそかにならないように、気を付けたいと思います。
 感染された方の回復を心より願っています。これを読まれた皆さんが感染されませんように心よりお祈りいたしております。
 夏休みを迎えて楽しんでいるはずの子どもさんたちにも、手洗い・消毒・うがいをどうぞ進めてください。皆さんご家族がそろわれるときは、全員で一緒に防止対策をとられてはいかがでしょうか。少なくともそこでは徹底できると思います。一度でも油断すると、そこから侵入されることがあると思います。
 今日も元気に、触るものに注意し手お過ごしください。
 

トップページ(令和2年7月24日(金))<スポーツの日>

7月24日(金)<スポーツの日>

 本来ならオリンピックが開催されるはずの日でした。開会式を見て高揚しているはずの日でもあったでしょう。1年後の開会を祈念して、昨夜1年前差異があったようです。白血病から回復した「池江選手」が、センターで言葉を述べていました。すごい選手ですね。20歳前後の若者たちが活躍する日本は将来が有望と思っていもいいかもしれません。その仲間に子どもたちにも加わってほしいと思います。
 今日も少年団の練習?練習試合?が行われています。健康に気を付けて、頑張ってほしいと思います。
 今日はスポーツの日。室内でできる運動でも少しだけしてみるといいかもしれません。(タオルをもって柔軟体操をするとか、自分で左右の手で引きあって筋肉を鍛えるとか・・・。)
 外は大雨の心配があり様子です。戸外に出るのは控えておいたほうがよさそうです。今日も元気に過ごしましょう。
 

トップページ(令和2年7月23日(木))< 海の日 >

7月23日(木)< 海の日 >

 今日は、海の日。8月には山の日がありますね。h多良木杉と言われていた時代に休みを増やす意味から設けられた経緯もありましたが、世界中、余暇を上手に生かす人と、余暇を持てない勤務構造などを見直す経緯にもなったものです。
 結局正解中を見て、日本人は睡眠時間が少ないとか、家事にかける男性の時間が少ないとかいろいろお言われています。文化の違いといってしまうとそこまでなのですが、今を生きる人々の意識を明確にして、周りの人と話し合って一番いい形にすることが望まれます。遊びに行ける人がいれば仕事をする人もいて、消費する人もいれば、利益を上げる人もいます。資本主義の構造ですから、どちらに与してどういう生活を選ぶかは個人の決めるべきことですね。

 さて、今日はコロナウイルス感染者についての話題を避けて通れないと思いますので書きます。
 この感染の仕方はあり得ると思ったほうが良い事例ですね。
 これまでもそうでしたが、流行している地域の方からウイルスをもらう(一緒に過ごす)パタ-ン。そして、接客をされる仕事の方は、不特定多数の方を相手にしますから、誰かはわからない人からウイルスをもらうパターンです。
 ウイルスを持っているかどうかがわからない人がいるのも周知の事実ですから、このケースに当てはまる仕事や行動をする場合は、防止対策を特に念入りにする必要があります。
 県をまたいで動きましょうと言っているこれからの時期です。こういうパターンは当然ありうると思うべきです。感染が広まっている地域の人は広げないなために、動きを自粛することは当然と言えるでしょうし、動いた場合は感染を広げない手段を持つことが大事でしょう。
 受ける側は、相手が持っているかもしれないことを前提に、消毒や換気、触ったものの(食器やコップなど)消毒(熱湯消毒は有効)、紙皿などを使って焼却処分するなどの対応を当たり前のようにすべきです。
 そしてマスクなどは、平面をもたない。捨てるときは、ビニル袋に入れて口を縛り拡散を防ぐ。を当然のごとくすべきでしょう。
 目に見えないからこそ用心をして行うべき行動様式ですね。
 皆さん気を付けましょう。今年の夏は、拙宅でも家族は各場所(各県)から移動しない、集合しない夏にしました。
 

トップページ(令和2年7月22日(水))

7月22日(水)< 夏休みに入ります。>

 夏休みに入る、という言葉には、一段落するという気持ちもありますが、全学年の子どもたちが、ほぼほぼ、無事にここまで過ごしてきてくれたことに感謝する安ど感もあります。ただ、個人差はありますので、これからの休みの間に回復してくれたり、または受診してさらに元気になったりして、8月24日からはよりパワフルになってくれることを祈っています。
 今日は、全校放送朝会で、各学年の様子の講評をしました。
 1年生は、入学してまだ日が浅いのですが、もう立派な小学校1年生の様子を毎日見せてくれています。どの学年と比べても遜色ありません。
 2年生は、小学校生活にも慣れて、子供らしい姿を見せるようになりました。これから、いろいろな経験を積んで、やっていい事・悪い事、やっていい時・悪い時を理解していくのだろうと思ってみています。
 3年生は、昨年まで元気いっぱいでしたが、今年は、立派な3年生の姿を見せてくれています。西階段を上がってまず視界に入るのが3年生ですが、真剣なまなざしで学習する姿は何度見ても気持ちがいいものだと感じています。
 4年生は、いつも、毎日の生活をチェックして、小学校生活を充実させている感じを受けます。バランスのとれた成長?とでも言ったらいいでしょうか、安心してみていられる学年になっています。
 5年生は、唯一の1学年1学級ですが、「ワンチーム」として、楽しみも苦しみも分かち合って過ごしているこの経験は、宿泊学習をはじめとして、団体としての生活力は、どの学年より高いと思います。
 6年生は、本校の看板学年らしく、充実した生活を送っています。夏休みは1週間短くはなりますが、中学校生活を視野に入れながらの1週間、そして後半戦に突入していきます。どこに出しても自慢の子どもたちにさらに磨きがかかると思っています。
 という話をしました。
 残りの話は、「校長室から」のコーナーに書きたいと思います。
 今日も一日楽しく元気に過ごしてほしいと思います。

※昨日は日本で一番暑い宮崎県でしたね。今日も熱中症に気を付けて過ごしましょう。
 

トップページ(令和2年7月21日(火))

7月21日(火)< 最後まで気を抜かずにしっかりと・・が望みです。 >

 今日は朝から猛暑で、建物の中でも気温、摂氏29度を示すという異常な暑さでした。学級によっては花壇の草取りをしていました。役割分担をしてささっと片付ける
姿はいいですよね。それ以上に、そうしないと暑くてやっていられない・・といってもいい今朝でした。
 さて、夏休み前2日になりました。子供たちもうきうきしている風に感じられます。そこまで浮ついているわけではありません。でも、楽しそうにしています。
 そこで怖いのが油断です。注意散漫といったほうがいいでしょうか。不注意でしょうか。けがや事故、怒らなくてもいい出来事などを招かないように、2時間目の
 休み時間に、コロナウイルス感染予防の放送後に、生活上の注意を促す放送を入れました。 明日の下校は、笑って夏休みを迎える雰囲気で終わりたいと思います。
 今日も運動場の草刈りを用務員さんがしてくださっています、熱中症予防のために、長時間の戸外での仕事はされないようお願いしています。
 みんなそれぞれに一生懸命自分のすべきことに精を出してくれる姿がありがたいと思います。今日も元気に・健康に、過ごしましょう。
 
最初は気温32度を指しています。お昼に計ったら、直射日光下は気温37度。熱中症レベルは危険でした。全員室内で過ごしました。
 

トップページ(令和2年7月20日(月))

7月20日(月)< 2日ぶりのアップです。>

 所用で時間の捻出ができませんでした。その都度、ホームページをご覧くださった方にはお詫びとお礼を申し上げます。すみませんでした。そしてありがとうございました。
 さて、土曜日・日曜日にも動きがありました。一つはコロナウイルス感染の拡大傾向が見られ始めたこと。二つ目は、GO  TO  トラベルキャンペーンが、前倒しされて7月22日から始まること。でも、東京だけ外されて…という世間の流れになっていることなどです。
 各都道府県の首長さん方が言っておられる通り、様々な注意喚起が必要だと思われます。最終的には、国民個々の判断が必要になってくると、世間も言い始めました。
 前々から書いているように、かしこい選択や行動が求められるのです。
 自然の道理は人の理論を超えて働きますから、人の移動による感染(ウイルスは人の体内に宿るので)は、間違いないのです。かつ、空中に浮遊しているウイルス、モノに付着しているウイルスに、吸引または接触することで感染することは初めから言われていました。
 私たちが気を付けるのは、外出時には確実に予防策をとることです。「油断をしないこと」です。大都市圏では、保育園等、小・中・高等学校での生徒や職員の感染も起こるようになりました。消毒をする期間、休みにでもなれば、子供の面倒を見るために…という問題は4月ごろの再現になってしまいます。
 そんな中での夏休みは、どんなことに気をつければいいか、おのずと決まってきます。そこをみんなで確実に確認して、行動したいものです。
 まずは、23日から始まる4連休。学生(小・中・高等学校:大学は別途)は8月いっぱい設定されている夏休み期間。この期間での移動や人と人との接触が感染を拡大させるかどうかで、9月以降の日本全体の動きを左右することにもなりかねません。
 今こそ、感染防止をするための生活行動はどうあるべきか、真剣に、かしこく、考える時ですね。
 

トップページ(令和2年7月17日(金))

7月17日(金)< 今日は何の日 >

 SNSで調べてみると、漫画の日、国際司法の日、いなり(すし)の日など、いろいろな記念日になっているようです。
 そして、昨日加わったのは、将棋の藤井聡太7段が17歳11か月で、棋聖をとった日(それも最年少記録付きで30年ぶりの更新というおまけ付きで)になります。
 さて、中学生で将棋のプロになった時から話題になった藤井少年が、いまは大人の世界でも一目置かれる立場になりました。AIに将棋の差し手を判断してもらって、悪手 と判断されながら、最終的には、「あれは最善の手だった」とAIに反省させるほどの先読みのすごさを持っているといいます。どうすればこのようになれるのでしょうか?
 考えられることはただ一つ、「こうすればいい」という展開を、「数多ある選択肢から最善の手を選び、確実に実行する。」その力だといえます。

 実は、この力は、今の子どもたちにも必要ではないかと、研究している人たちがいます。筑波大学付属小学校です。「決める力」をテーマに、子どもたちに学んだことや経験したことからいろいろな場合の選択肢を想像して、その中から最善の答えを選び実行する。ためにはどう指導すればいいかと・・です。

 答えを言うと、様々な体験や経験のなかで、一つ一つ良しあしの評価を人から受けたり、自分で考えたりしながら、その結果を蓄積していくこと、その蓄積を選択肢として、その中から最善のことを選ぶ・・この繰り返しだといえます。
 つまり毎日が蓄積であるし、選択肢を広げるチャンスですし、逆にその一つ一つが、結果の蓄積でもあるわけです。

 もっとわかりやすく言うと毎日コツコツと自学を積み上げていくこと、時々それを自力でやり直して、いつも新鮮な力(いつでも使える力)にしておくことです。

 保護者の皆さんでいうと、仕事に使う道具の手入れを毎日しておくと、いい仕事ができる・・というのと同じかなと思います。

 そういったことを「当たり前のことが当たり前にできる」という言い方で学校ではいろいろな場面で、しっかりできるように励ましたり指導したりしています。

 藤井聡太7段は子どものころからそうしてきたのでしょうね。
 余談ですが、高校3年生の今、卒業できるかどうかの心配もしているといいますから、17歳らしいですよね。
 子どもたちにも励みにしてほしい出来事でした。
 

トップページ(令和2年7月16日(木))

7月16日(木)< これからは・・・。>

 今日の宮崎日日新聞の記事に学校関係のことがいくつか載っていました。
 一つ目は、昨日から言っている、高等学校の学科再編です。今の小学生はもろにその編成後に高等学校に入学する世代になります。いま社会で必要とされている人材を育成することが急務ということです。偏りすぎてもいけない、バランスよく社会が発展するために、学科を再編することは、子どもたちが個性を発揮する場所が増えるかもしれません。また、社会に出たときに、これだったら一生やっていけるという職業に出会う確率は高くなっていくと思いたいですね。

 二つ目は、外国語の成績が2019年度はよかったということです。中学3年生の英語の力の記事ですが、英検3級以上が中学校3年生で44パーセントだったそうです。英検に合格するということはそれだけ、英語で世界の人と会話できる可能性が高くなったということです。社会で、世界で活躍する場が広がったということも今の子どもたちには、良い条件となると思いたいですね。
 ちなみに、高校でも英検2級を目指して受験を進めているようですから、これからの学習で英語は切っても切り離せないようです。

 ちなみに、小学校では、まず、英語に対する特別な意識がなくなるように、普段の生活の中に当たり前に耳にできる環境を作りたいと思っています。放送委員会の子どもが火曜日の朝に英語であいさつをしてくれます。
 できれば、授業の始めと終わりにも英語で言うことに慣れる機会を9月以降は作りたいと思っています。
 世の中の流れにうまく乗れるよう今から目標を定めておくといいかもしれませんね。
 

トップページ(令和2年7月15日(水))

7月15日(水)< 子供の心に寄り添って・・・。>

 今日の宮崎日に新聞に、宮崎県の自殺者数が掲載されています。これまでにも宮崎県は全国でも上位にランキングされたことも多く、学校では、子どものころから「心に寄り添う」ためにどうすればいいかを考えて対応してきました。また、様々な内容に特化した教育を行うように計画がなされ学校でもいろいろとしてきました。
 その中でも力を入れているのが「命を大切にする教育」です。本校でも6月28日に制定して、毎年授業を全校で行っています。
 今日は、その一環として子どもたちの今の気持ちを聞く時間を設けました。高学年はアンケート用紙を配布して実際に書いてもらう形で行い、低学年は、聞き取りの形で行っている学級もあったようです。
 いずれにしても、子どもたちのありのままの気持ちを聞いて、強く、正しく、たくましく、優しく生き抜いていく素地を育てることができるように対応しています。
 今後、書けない・言えないこと等も機会を見つけて聞き取り、解決や励ましの下で、学校が(家庭での過ごし方も含めて)楽しくなるようにしていきたいと思います。
 保護者の皆様も、小学生時代や中・高校生時代を思い浮かべていただき、子どもさん方の心に寄り添った話や対応をしていただけるとありがたいと思います。
 あと一週間で夏休みが始まります。長い期間の中で子どもだけが悩むことがないように、いま解決できるものはしていきたいと思っています。
 

トップページ(令和2年7月14日(火))

7月14日(火)< もしものことを考えての対応は必要ですね。>

 バックアップというと、何かを「補う」とか、何かの「代わり」というような意味合いで考えることが多いと思いますが、言ってみれば、「いざというとき」に「なる前」に、ちゃんと「代案を考えておく」・・という意味合いで考えていただくといいかと思います。
 例えば、選手には控えがいます。高校野球でもエースピッチャーと同等の力を持つ選手を育てておいて、一人に無理が来ないように上手にペース配分や選手起用をします。
 学校では、これから遭遇するであろう、厳しい要求(宿泊学習や修学旅行では2週間以内に発熱や・・・。というような)に対して決断をする時期があるでしょうし、通常の行事計画でも、それまでに「何を」「どのようしておくか」「そのためにどのくらい期間を見て準備をしておくか」とか、「子供たちに模擬練習をしてもらって」・・などと、十分な対策を立てておくことが常です。
 今回、5年生は、「2週間健康でいる」練習をしています。(のだそうです。)でも、これは体調不良でも我慢するということではありません。模擬訓練ですから、悪くなったらすぐ保健室、またはすぐに休養あるいは医療機関を受診する・・として、その原因を取り除くことのためにやっていると思っていただけるといいと思います。
 今日の欠席は病欠0名ですから、その成果は十分出ているといえます。それ以上に、ご家庭での健康管理等がすごくうまくいっているといえると思うと、保護者の皆様に、ただただ感謝(尊敬すら感じて)するばかりです。
 今回、宮崎市内でウイルス感染をしてしまわれた方は、もしものことを考えて、食事も、非接触での、提供をしてもらうという念の入れようだったと聞きます。完璧に対処されたといえるでしょう。その甲斐あって、学校は休業をしなくてもよかったのだと思います。

 今後、いろいろなことを自分で判断して、最善の方法を選択することが要求されると思います。それが毎日だと思います。その時に賢さが問われると思うのです。
 もういいが・・・どうぜ・・、このくらい・・。と弱音を吐くのはいけないと思うのです。
 あたりまえのこととして、これが最善だと思えることを、飄々として遣って退けることができて当たり前にしていくと、それこそが新しい生活様式になっていくのだと思います。
 昨日、今日と子供たちの最善の姿が見えています。その陰に保護者の皆さんの努力も見えています。

(ホームページ閲覧数が1000件を超える日が3日ほど続いています。情報や、こうしてはどうだろうかと思う情報はいち早く提供しますが、これがご協力いただいた結果だとすると、素晴らしい結果がすぐに出るのだなと思います。驚くべきことです。今後も、情報発信に努めていきたいと思います。)
 

トップページ(令和2年7月13日(月))

7月13日(月)< 感染防止に頑張りましょう・注意しましょう。 >

 宮崎県・宮崎市でも感染者が続いてしまいました。感染が広がっている地域に行った人は、家族に広がることをまず考えて行動する必要がありそうです。
 お父さんは福岡市に研修に行って帰宅したのち、出勤をしています。家族は2週間後に感染が判明したことになります。結局、最初の(3月ごろの)情報で放送されていた知識、「感染したら2週間後に発症する」は、正しいようです。
 ご家族で一緒にいらっしゃった期間が5日間。離れられてから5日目に発症が発表されたことになります。症状はもう少し早く出ていたかもしれません。
 学校が・・という前に、ご家族の感染防止を第1に考えていただければ、学校への感染が広がることは、もう少し避けられるレベルになるかもしれません。(今回は子供さんの登校も見合わせていらっしゃったのでしょう。休業措置にはならないということのようです。)
 とにかく、感染された方々の、一日も早い回復をお祈りしたいと思います。

 学校では、手洗い・手の消毒、うがい、場所や場合によってはマスクを着用するように、また、声掛けをしたいと思います。もちろん予防策の実践をしていると思いますが、こういう時だからこそ注意喚起をしたいと思います。
 職員も同じです。どこでウイルスをキャッチしてしまうかわかりませんので、人ごみの中に出るときは注意をして、店に用意してある消毒液で、入る時にも出るときにも消毒をするようにしてほしいと、また話したいと思います。私も出入りをするごとに消毒をするようにしています。

 コロナウイルス感染防止対策を考えた時に、今後の行事等については、レベルを上げて考え直していきたいと思います。学校でクラスター(集団感染)が起こらないように注意するためです。土曜日の「校長室から」に書きました通り、各施設も、条件を厳しく厳格に守るように言うと思いますので、対応せざるを得ないと思います。
 ご理解とご協力をお願いします。
 

トップページ(令和2年7月12日(日))

7月12日(日)
 今朝も5時50分頃から、NHKで室内の感染経路のモデル映像が流れていました。タッチフェイス(ひとが触るものの表面)を介して広がっていくという実証実験の映像でした。以前にも、この映像を見てほしいといって書いたことがありました。次回からはこの時間に録画を設置していきたいと思います。どなたか見られた方がいらっしゃったら広めてください。逆に見れば、感染経路をどう遮断するとよいかがわかる映像だと思います。

 さて、雨の日の過ごし方は子供たちがしっかり過ごせるようになっています。諦めが入っているかもしれないのですが、創意工夫で自分たちで静かに過ごす方法を見つけてくれるといいと思います。
 掃除は静かにしっかりできるかどうかを評価する時期になりました。掃除は、汚れているところをふくだけではなく、汚れそうなところを普段からきれいにしておくことが大事です。「〇〇地蔵尊で、△△をなでるとご利益がある。」とされるところは、みんながひっきりなしに撫でるので光っていますよね。それと同じ原理です。きれいにするご利益もあるといえます。
 できることが自信につながるという意味でも子供たちは何となく自信をつけてくれていると思います。この次は、明確に目的意識をもっていろいろなことに取り組む姿勢を身に付けてくれるといいと思います。
 今日も少年団の皆さんが7時集合で活動されるようです。計画的に継続していらっしゃいます。活動に参加している子供たちにも、学習にも、こうした「計画的に、そして不断に取り組む姿」を取り入れてほしいと思います。
 今日も元気で過ごしましょう。
 

トップページ(令和2年7月11日(土))

7月11日(土)< もう半分になりました。>

 7月も来週の月曜日は13日から始まります。ほぼ半分が過ぎてしまいます。そして、1年生から5年生までは、あと8日間学校に来ると夏休みに入ります。8日間なんてあっという間に過ぎてしまうのではないかと思ってしまいます。なぜかというと7月になります・・と、つい先日の話題にしたような気がしたからです。
 来週は、図書の本を返却してもらって、図書の整理をしたのちに、夏休みのための貸し出しをします。そのほかにもいくつかの行事をして、第1クールの終了です。
 13日(月)図書返却・図書館閉館
 14日(火)不審者対応訓練(夏休みの決まりにも書いてあります。)クラブ
 15日(水)英語活動(FLAA来校)
 16日(木)眼科健診、夏休み用の図書貸し出し
 17日(金)情報アドバイザー来校(プログラミングもします。)
と、5日間でも盛りだくさんです。
 6年生は、7月初めにも書きましたが、第1クールの終わりにはなりますが、流す学習ではなく、どんどん新しいことを学んだり、しっかり復讐をしたりする「攻めの学習」をしていってください。
 さあ、夏休みがもうそこまで来ています。今日をしっかり、そして明日をしっかり過ごして充実して日々を送ってください。
 

トップページ(令和2年7月10日(金))

 今日も、雨の降り方は、小康状態で推移しています。子どもたちが投降したり下校したりする間は、こうしたおとなしい天候だといいと思います。
 昨日も、登下校の時間だけは雨がやんでくれたおかげで、心配をそれほどしなくて済みました。今日もそうであるように願っています。
 芝生の上や学校の裏手ではトンボが数を増やして飛び回っています。目では見えますがカメラには、トンボが小さすぎて写りにくいので紹介できないのが残念です。
 子どもたちには季節の風物詩の一つとして認識してほしい自然の営みです。ご家庭の近くで見られましたら、教えていただくといいかと思います。
 

トップページ(令和2年7月9日(木))

7月9日(木)< 見守りたいの方々との対面式 >

 やっとできました。見守りたいの方々との対面式です。本来なら、4月に、遅くても5月にはしておくべき行事の一つでした。
 今日もお忙しい中、40数名の方々が来てくださいました。
 コロナウイルス感染予防のために、1年生と6年生に絞っての会にしました。
 6年生は、これまでに5年と4か月間、見守っていただいたお礼の気持ちを伝えなければいけません。そして残りの8か月もよろしくお願いしますという気持ちも併せてお願いするためでした。
 1年生は、今年から始まった小学校生活の、残り5年と8か月お世話になり続けます。そのお願いをするという意味がありました。
 参加できなかった学年には、今年度導入されたタブレットに録画して、給食時間に全クラスで見てもらうことにしています。
 地域の方々の気持ちが子供たちに伝わるように、そして、子供たちからは、「見守る」という活動への「感謝や尊敬の気持ち」が伝えられるようにしていかなければいけません。
 最後に、6年生には、今日の会の意味合いを話し、どういう期待を6年生にもっているかを話しました。広瀬西小学校の伝統をつなぎ、そこに新しい伝統を加えて後世に残していってほしいと思います。その期待の程を話しました。
 いいですよね、これから自分たちがしたことが、広瀬西小学校の歴史に刻まれていくのですから。何らかの「跡」を残していってほしいと思います。
        
 

トップページ(令和2年7月7日(火))

7月7日(火)< 今日は何の日 >

 「今日は何の日ですか?」と、担任の声が聞こえてきました。子どもたちは、すぐに「七夕の日」と答えていました。毎年みられる風景ですが、こういった伝統的な行事はつないでいけるといいですね。
 そこに貫かれるキーワードは「夢」「願い事」です。人は夢や願い事を達成しようと頑張りますよね。子どもたちにも、大きな夢を抱いて挑戦をしたり、基礎・基本を身に付けたりりしてほしいと思います。
 今の全国民の願い事は「コロナウイルス感染の終息」でしょう。何も心配しなくてもいいような、元の日常が戻るといいですよね。
 そのためには、私たち一人一人がこの問題を克服することも大事です。
 交通事故であれば、事故を防ぐ行動やマナー・規則順守。
 コロナウイルスであれば、感染しないために、自重した行動(自粛は大変でした。少しは動くとして、それ以上は危ないかも・・?という心や行動のブレーキを早めに効かせること?)でしょう。
 大声を出さない=飛沫感染をさせない。3密を招かない=2~3分程度はいいが30分1時間と長くは??。近くに居合わせることはあるが、早めに距離をとる。接触しないように、意思の疎通を図る=ジェスチャー・身振り手振りで・・。など
 学校でも子どもたちが十分に距離をとれるところであれば、走り回ったり、熱中症予防のためにマスクを外したりしてもいいとしています。が、そうでなければ、距離は取れているか、密集になっていないか、うがい・手洗いをしたか、・・など、子供たち自身でも気を付けてもらおうと思います。
 家の人に言われていないから・・ではなく、先生が言わなかったからでもなく、自分で判断して行動することを進めますし、そういう子供を育てていきたいと思います。
 人は自然に注意力が下がってきますので、時々、みんなで声を掛け合って、再度注意喚起をしあいたいものです。

図書室の七夕飾りです。読んでほしい本の大目などとともに季節の話題・風物として飾ってあります。心が和みますね。
 

トップページ(令和2年7月6日(月))

7月6日(月)< 雲の動きにご注意ください。>

 いろいろなところで被害が出ているのに加えて、宮崎市内でも県内でも避難勧告が出たりしています。これまでの、その土地の被害データを集めて、一度でも被害にあっていれば、最善の行動をとったほうがよさそうですね。
 また、新しい施設や道路等の建造物があればそれによって被害域が変わることもあるでしょうから、要注意です。
 
 さて、今朝は送ってこられるのが大変だったと思います。お疲れさまでした。
 今年度に入ってこれだけの大雨や警報が出ている中で、ご心配だったでしょう。
 そこで、お願いをします。
 車の乗り入れは、正門外の駐車場までを基本とします。今朝もそうでしたが、子供は車から降りると一目散に走っていきます。そんな時に事故が起こります。
 また、歩いてきている子供もいます。その子たちのことも考えると、どこかで一緒になって、正門をくぐるような、「一緒だね」という節目を作りたいとも思います。
 なお、言葉は適当でないかもしれませんが、「不審者侵入対応の原則」は、忙しいとき・人や車が混んで、注意がおざなりになっているときに気を付ける・・です。
 正門より中は、職員が把握できる範囲での人の出入りにしておきたいとも思います。
 たとえるなら、大型店の駐車場のように、いつ子供が出てくるかわからない、いつ車が来るかわからないような状態にはならないようにしていおいたほうが、保護者の皆さんの大事なお子様を守れるだろうから・・という意味です。
 もちろん事故を防ぐことが第一義です。また、けがなどで松葉杖をついているとか車いすで移動しているなどの場合は、ご連絡をいただければ職員もその場に立ち会うことができますので、敷地内の適切なところまで入っていただくようにしたいと思います。
 言葉が足りませんが、意を汲んでいただきますようお願いします。
  
朝の雨が予想できないほどいい天気になってきました。
 

トップページ(令和2年7月5日(日))

7月5日(日)< 大雨・洪水・河川氾濫・コロナウイルス感染者増大 >

 大雨になることは毎年のことでしたが、まさかここまでひどいとは思いませんでしたね。熊本県の球磨村をはじめ人吉市、芦北市など被害が甚大なことになっています。
 こうなると河川が通る町や村(宮崎市もそうですが)は、2階以上を居住区として、1階は浸水するかもしれないという作りにしないといけないのではないかと思いながら見ています。
 自分の町もそうですし、これまでにお世話になった町も洪水の被害にあったところがあります。いつもはそんなことはないのですが、ここ最近・何年かの雨は量が違います。50年に一度の大雨が毎年のように降っています。
 表現を変えて、基準も変えて対応したほうがよさそうです。おまけに避難先でのコロナウイする感染予防を考えると、難しい状況であろうと思われます。
 いつも思いますが、被害を受けた地域の出来事を教訓に自分たちだけはそういう被害にあわないようにしないと、いけないと思います。
 広瀬地区広瀬西地区でいうと、川の氾濫に一番気をつけなければいけませんね。次は土砂崩れでしょうか。その次が側溝や用水路などの、まさかここで??と思うようなところでの水難、ため池の崩壊等、そして交通事故と思いつくことは何でも用心をしたいと思います。
 月曜日にはさっそく子供たちにも考えうる中での最大の用心をするように、(今後に備える意味でもです。)話をしたいと思います。
 梅雨末期に大雨が降るとはよく言われてきたことです。
 これからも、どなた様も、くれぐれも気を付けてください。
 

トップページ(令和2年7月3日(金))

7月3日(金)< 自分たちで考えて過ごす日 >

 自分で考えて、成功体験を積んで、今後に生かすことは重要です。どこからその蓄積を始めるかは個人差がありますが、早いほうがいいことに変わりはないと思います。人は経験をしたことから学びます。
 藤井聡太7段が2つの位(王位・棋聖)をかけて将棋の対局をしています。昨日は王位戦で先勝しました。あと3回勝たなければ王位にはつけませんが、それでも先勝したことは有利に働くことでしょう。(棋聖戦には王手をかけています。あと一勝すれば棋聖に付けます。)
 今日は雨の日。子供たちが楽しく静かにケガをせず、仲良く過ごす取り組みをしてくれるといいと思い、今朝の全校朝会(放送朝会)で話をしたところでした。
 いわれてするのではなく自分たちで考えて過ごす。ただし、静かに、ケガをせず、なかよく・・という、ルールの中で・・。と。
 こういうところから自治の力を育てていきたいと思います。保護者の皆様でいうと、会社を興す、グループで何かの行事をする・レクリエーションをする、地域の祭りを推進する、少年団活動を継続する・・・と、すべてに自治の力(何かを企画して計画に移し、話し合って、みんなの力を集めて実行する・・)が必要ですよね。
 学校は、そういう点で学習として、発達段階に応じて、学級や学年、委員会やクラブなどの場を設定して、いろいろな活動をさせています。
 積み上げは力。経験は力です。子供たちのいいところをどんどん伸ばしていきたいと思います。
 

トップページ(令和2年7月2日(木))

7月2日(木)< 今日も晴天・・でも熱中症には気を付けましょう。>

 今朝も、早くから花壇の草取りなどの活動を子どもたちがしています。学年によっては早くしないと草が花より勝ってしまうのでは・・と思っているところもありましたが、さすがにそこは気づいて、早速取り掛かっていました。こういうところがいいですよね。見て判断して改善できるところが・・。
 次の段階はそうなる前にどうしておけばいいかを、そうならないようにどうすればいいのかを話し合ったりして、担任に要望してくれるところまでいけば、最高です。
 そういう道筋がとれるようにするのが今年の目標です。教えるのは簡単ですが(何度か言ったりもしたのですが・・?)待ちたいと思います。どうしても見つけられないときは、はっきりと「こうして!!」といって、今後はそうできるようにしたいと思います。
 (望みは、「まず、ボランティアだけの力では草に負けるから、クラス全員で一度草がない状態にしたい。」「その後は、作業範囲を決めて、必ずその広さだけはローテーションで草取りをする。」など、効率的に作業することでいつも花壇をきれいにしておくことも、または、人手が足りなければみんなで考え取り掛かることで課題を解決する・・などの対策をとることも覚えてほしいと思っています。)

 真面目にするあまりに、苦労だけをしている・・状態がないようにする知恵を身に付けて欲しいと思っています。かわいい子には旅をさせろとは言いますが、旅だけでもいけないので時機を見て、(呼び戻したい=)教えたいと思っています。
 

トップページ(令和2年7月1日(水))

7月1日(水) < いよいよ7月になりました。 >

 今日の天気は晴れ。真夏の暑さになりました。今年の梅雨は前線が移動するので、その時だけは雨が大降りになりますが、それ以外では晴れるという特徴がありますね。
 2週間予報では9日以降は晴れが続くと言っていましたが、梅雨のおわrには亭々大雨になるから注意が必要だとも言っていました。
 梅雨明けは例年7月の中旬から偈頌運に入ろうかという時期だということで、これっからの3週間は気を付けなければいけないようです。

 さて、今日は午前中校長会がありました。そのあと、何日か前に書きました、特別活動でキャリア教育(将来の職業選択やどういう生き方を選んでいくか、また社会の一員として自分の役割を果たすことや自分の思い描く人生をどうやったら選択できて、すごしていけるかなどの素地を養う学習)の説明講習会がありました。
 前に書きました通り、学校では、学級活動やその他の活動を通して、自分の意見を言う、他者と共同して何かを成し遂げる、協力する。または、リーダーとして同りーどっすればいいかなどを体験したり学習したりすることが大事という話がありました。
 昔は、それに「けんか」などを通しても、「友達との付き合い方」を学んだり、「人が嫌だと思うことをしたり言ったりしない」ことなどを経験しながら学んできました。いやなことを言ったりしたりすると、同じ程度の嫌なことが自分にも返ってきていましたから、実感しながら覚えてきたなと思います。
 今の子供たちも同じで、自分はいいと思ってしたことが相手にとっては嫌なことだったりすることがあります。そんな時は、周りからたしなめられたり、先生に叱られたり、もちろん親からも叱られたりして覚えていくことだろうと思います。
 時代は変わっても、子供から大人になるまでの学習は変わらないかもしれません。
 保護者の皆さんは、決して叱りすぎることなく、でも、いけないことはしっかり注意して、どうすればよかったのかを教えていただくとよいと思います。

 そんな研修を受けて今日は生地のアップが今になりました。すみません。

今日は晴天です。子供たちもこういう天気のように晴れ晴れとした気持ちで毎日を過ごしてくれるといいと思います。
 

トップページ(令和2年6月30日(火))

6月30日(火)<6月最後の日>

 さて、いよいよ6月も今日で終わりです。西暦2020年の半分が過ぎました。後半戦を見通しながら今日も進めていきたいと思います。
 昨日書いた、委員会活動での子供たちのアイディアで…という件ですが、いろいろと行動を起こしてくれました。
 環境委員会は掃除の出来具合をチェックする表を各掃除場所に貼り出しました。これは他社や自分が評価するという手段を生地してくれたことになりますから、これを参考にして、目標である、無言掃除、一生懸命、隅々まで、時間いっぱい行動することを目指していけることになります。掃除場所の子どもたちにも、この意味を理解させてくれると、委員会活動としては満点です。
 運営委員会は次回の議題を発表し、黒板に書いてくれました。昨年はこの掲示板の活用はなかったので、今年のこの黒板の活用は画期的です。
 保健委員会は、熱中症予防、コロナウイルス感染防止のための手洗いの呼びかけをしています。すでに満点の動きをしています。
 給食委員会は、好きなメニューのアンケートを取っていました。昨日の委員会の時間に集計や発表の準備ができていればこれまた満点です。でも毎日食器の後片付けなどをしっかり見てくれていますので、ここも常時活動ができている委員会としては、誇れる部署です。
 体育委員会はボールの管理をしていますので、初めからフル活動で満点ですが、期間が長くなり忘れられようとしているので、ここらで、梅雨時の過ごし方でも提案できるか、朝の体力向上に関する取り組みをリードしてくれるようなことを発案してくれると、プラス100点になると思います。
 図書委員会は、担当から読書量の数字をもらっていますので、子どもたちも図書の貸し出し冊数を公表するなどのアピールの場を設けると文句なく満点になります。
 放送委員会も毎日放送をしてくれていますので、常時活動が見える点ではここが一番満点といえるでしょう。
 JRC委員会は、今年もペットボトルのキャップ集めやベルマーク収集のお手伝いをしてくれるといいとPTAからも声が上がっているので、どういう活動をしているのかをアピールして、子どもたちみんなで活動している雰囲気を構築してくれるといいと思います。
 委員会はどこも、活動する場や内容は満載です。子どもたちらしい個性の発揮場所は広く用意されています。これが、ひいては中学校や高等学校の生徒会活動に、そして小学校でも始まったキャリア教育につながっていきます。
 もっともっと楽しみにしていきたいと思います。

 こうした活動を通して、子どもたちの社会参加の力を一回りずつ広げ・高めて、一人前・・といわれるようにしていきたいと思います。

 

トップページ(令和2年6月29日(月))

6月29日(月)< すごい >

 一昨日や昨日の少年団活動もすごい頑張りを見せていますが、高校生棋士の藤井聡太七段の快進撃はすごいですね。知能勝負?読み勝負?ですから年齢は関係ないといっても経験は影響するんじゃないかと思いますが、それも当てはまらない結果を残しています。
 子供のころおじいさんに手ほどきを受けてから将棋を指すようになりこれまでになったといいます。どういう感覚かを知りたいと思いますが、わからないでしょうね・・・。きっと。並みいるプロの方々もすごいというほどですから、よほどのことなのでしょう。
 女子ゴルフでも21歳の若手が優勝候補に挙がっています(きょう決着予定)また巨人軍の戸郷選手は都城出身ですが、高校は延岡で2年間隣の学校で見てきました。今年20歳になりますが、ローテーション入りで1勝を挙げ、見事な成長ぶりに感慨深いものを覚えます。サッカーの久保健英選手などもそうですが、若手が活躍していますよね。
 子供たちの限界はわからないということでしょう。とすれば、私たちの目の前にいる子供たちもどんな能力を秘めているか知りたいところです。
 こういう出来事を励みにしながら子供たちにも自分の能力を楽しみにしてもらいながら、学習やいろいろな活動に自分らしさを発揮してもらいたいと思います。
 今日は委員会活動があります。学校生活を子供たちのアイディアでどんなに面白くしてくれるか、楽しみにしています。
 今日は月曜日。一週間のスタートです。子供たちに負けずに大人の私たち(保護者の皆さん・職員・みんな)も頑張りましょう。
 

トップページ(令和2年6月26日(金))

6月26日(金)< 今日は命の日 >

 広瀬西小学校では毎年6月28日を「命の日」として定め、授業では道徳で「命の大切さ」を学習する日としています。今年は28日が日曜日になるために道徳での学習ができないので、今日にして、授業を全学級で行っています。
 この取り組みは本校の在校生であった子供さんが病気のために亡くなってしまったことから、もう一度、命の大切さをみんなで考えようと定められました。
 運動場のわきには、「笑顔の木」として寒緋桜が植えられています。いつまでも忘れない、あの笑顔を忘れない・・そういう思いで植えられたと聞きます。桜の木の成長がいつも広瀬西小学校の子供たちの笑顔と成長を見守り続けてくれています。
 この取り組みはこの先もずーっと続けて、子供たちに「命の大切さ」をかみしめてもらおうと思います。そして桜の木のそばで元気に遊ぶ子供たちの姿を見守ってもらおうと思います。
   
 

トップページ(令和2年6月24日(水))

6月24日(火)< 今日まで晴天 >

 今日は所用で午後2時近くに帰ってきました。昼休み時間は元気に外で遊んでいる子供たちの姿が見えました。休み時間終わりの音楽が鳴り始めました。外で遊んでいた子どもたちも中に入ってくる時間です。
 今日の校長室は、私が外出していたので掃除の子供たちは教室を手伝っています。それにしても、静かな時間が流れます。一瞬「今日は、掃除がない日だったかな?」と思い、外を見ると、玄関前の掃除の子どもたちがはちゃんと動いています。
 あらためて、こんなに静かに掃除ができる子どもたちだったのだと、驚きました。
 このまま小さくまとまってほしくはありませんので、静と動のメリハリをつける用意はしています。学校内の自動活動を活発にするのです。まだ、人任せの感じもしますので、そこで思いっきり、これが自分たちのアイディアだ、これが行動力だと、示してほしいと思っています。
 7月終了までが、夏休み前の、中盤から終盤に当たります。ここで一気に、蓄えた知恵や行動力を見せてもらいたいと思っています。
 7月からは子供たちの放送(委員会が贈る給食時間の放送)も始まる予定だそうです。こうして子供が活躍する、子供が表立って行動する学校生活を、実現したいと思います。

※ 校舎内は気温が27度から28度の間のようです。空気が案外カラッとしているようで、べっとりとした暑さは感じません。子供たちに暑いね?と尋ねたら「いいえ。暑くありません。」という答えだったと教頭先生の話でした。水道の水で汗を流すとさらっとして気持ちよくはなります。そういう知恵を働かせてくれたせいでしょうか、それとも湿度が70パーセント程度だからでしょうか。

 でも、保健室の様子を見ると、夜の冷えが体に響くようです。寝冷えにご用心!!
 

トップページ(令和2年6月23日(火))

6月23日(火)< 今日も晴天・・。>

 ヨーロッパは、歴史的な高温状況で、ロシアの永久凍土と言われていた凍った土が溶け出して洪水になっているそうです。また、ヨーロッパでも40度になっているとか、インドでは50度になったとか言っています。50度の気温ってどんな暑さなのでしょう。
 日本の今年は・・?と言っていましたがやはり猛暑になる予想だそうです。
 エアコンを上手に使いながら、コロナウイルス感染を防ぎながら、何とか元気を維持していかなくてはいけません。
 今日は保健委員会の放送でも、暑いときは日陰で休んでください。水で顔や腕を濡らして冷やしましょう。などと言ってくれていました。汗が蒸発しにくい気温状況ですので、水でさらに冷やし、その蒸発で冷やすという、昔からの知恵を発動しなければいけないようです。
 今日の昼休み時間も子供たちは外で元気に遊んでいましたが、15分で日陰に入り、水分補給をして、また15分遊んでいました。その後掃除で屋内に入ってきました。
 子供は元気です。!!
 

トップページ(令和2年6月22日(月))

6月22日(月)< 鉛筆に色が付きました。>

 広瀬西小学校入り口にあった看板の復旧が完成しました。看板は先週に完成。そばに立ててあった鉛筆に色が付き、カラフルな、そして、学校らしい看板によみがえりました。
 子供たちには改めて見てほしいと思います。機会があれば学級ごとに、とりあえず写真を校内に掲示したいと思います。
 今日のお昼の放送は、看板に込められていたであろう思い、近くにもある看板や過去に作られた森の散歩道などについても話題にしながら、その当時の子どもたちや保護者の皆さんの思いや気持ちを想像しながら話したいと思います。
 まずは、今回の看板復旧事業にかかわってくださった皆さん全てに、お礼を申し上げます。誠にありがとうございました。


※ 昨日は部分日食でしたが、あいにくの悪天候で見られませんでしたね。次回は10年後だそうです。だいぶ先のことですね。
 

トップページ(令和2年6月21日(日))

6月21日(日)< 親に感謝をする日 >

 社会では広く一般に母の日・父の日などの催し物が広報されます。もちろん記念日という言葉をインター年と党で調べると、毎日なにがしかの金日が制定されているようです。
 理由はともかく、そういう節目を作って、いろいろな人に感謝の意を表すことはいいことだと思います。5月は母の日。6月は父の日。勤労感謝の日があったりと、社会のため、人のため、自分のためにいろいろな人が頑張っていることは小学校でも早くから学習しています。
 感謝の気持ちを表す日として、子供たちから何かしらの気持ちを表すのはいい機会だと思います。
 今日まで梅雨の中休みだといいます。天候さえよければ部分日食も見えるはずとされている日です。日食を直接目で見ると目に害を与えますから、観察用の特殊なメガネを着用して見れるといいと思います。(文房具屋さん、眼鏡屋さんなどには市販品があるかも?です。)
 今日も元気で健康に過ごしてください。

※ 広瀬西小学校の看板の下にある「えんぴつ」のモニュメントに色が付きました。昨日9時30分ごろから保護者の方々が集まってくださって、色を付けてくださいました。消しゴムもあった・・と聞きました。知らない歴史がまた新しく昭会なりました。では在校生で・・・と・・・思ったところです。
 学び舎に最適な構成の看板だったのですね。夢をたくさん描いてできた学校だったことがよくわかりました。その思いこそを引き継いでいきたいと思います。
   
そのほかの看板を見ると、夢や希望や子供らしさや、忘れてほしくない日本の昔からの優しい気持ちなどが詰まってできた、運営されてきた学校だったと思います。その夢や希望までも子どもたちには受け継いでいってほしいですね。
この看板を復活させうと中心になって動いてく出さった中の何名かは卒業第一期生です。その思いもまた重なります。歴史がかさななって厚みを増していきますね。
 

トップページ(令和2年6月20日(土))

6月20日(土)< 会話はキャッチボール >

 今朝学校に来て新聞を取り込んでいると、少年団のY君が「おはおうございます。」と声をかけてくれました。「おはよう」と挨拶で答えると、「明日試合です。」「どこで?ここで?」と聞くと「わかりません。が試合があるんです。」といいます。「じゃあ、今日は試合前の練習になるんだね。頑張って。」というと、にこやかに「はい。」と答えてくれました。
 挨拶から、自分が持っている話題に移行して、言葉のやり取りをして、会話が成り立ちました。
 挨拶を先にしてくれたことも、とても気持ちのいいことでした。また、話題提示の軽妙さも優れています。気持ちのいい朝を迎えられました。
 会話は言葉のキャッチボールですね。突拍子もない、返事の仕様のない話題で始まっても続きません。がん今朝のように、自分にまつわる今日の出来事の中から、提供しても大丈夫な内容を話題として軽やかに話し出す。これがいい会話の一つですね。子供でも優れた会話力を持っているなと感心しました。
 授業でも、子供の立場からすると、聞くことから始まります。教師のその話題に沿って言いたいことを用意して、発問や答え質問のやり取りで授業が成立することを考えると、「話し上手は聞き上手」「話し上手は勉強上手」といえるかもしれません。
 今日も子供に教えてもらいました。月曜日の昼の放送の話題の一つにしたいと思います。
 今日もPTAの役員の皆さんで看板設置作業の続き(塗装)がされるそうです。ありがとうございます。
 

トップページ(令和2年6月19日(金))

6月19日(金)< 梅雨本番ですかね。>

 昨夜は風が強かったと思いましたが、皆さんはいかがだったでしょうか?
 何度も書きますが、最近の気象は変化も程度も激しいと感じます。雨も豪雨だったり風も強かったりします。これらが合わさると暴風雨になります。注意をしなければいけません。
 今日は年間行事の中で、風水害の避難訓練(理論編)を朝の時間に行う計画がありました。まず風水害とは何か、どういうときに、どんなことに気を付けなければいけないかを話しました。子どもたちに、具体的にイメージできていればいいのですが・・・?
 これから梅雨明けまでは毎日のように気を付けたいと思いますし、台風シーズンがやってくれば、その前触れなども子どもたちに話しながら、危険を察知し、それを回避する力を身につけさせたいと思います。
 全国ではすでに水の事故が数件起こっているようです。日頃は小さな小川でも増水すると危険です。水の力やその怖さを知るのは、経験してからでは遅いです。
 川やため池、急傾斜地の下や近くでは、周囲に気を配る必要があると思います。
 どうぞご家庭でも話題の一つとして、登校経路や地域の危険個所を周知してください。よろしくお願いします。
 

トップページ(令和2年6月17日(水))

6月17日(水)

 昨日も天気が良かったですが、日曜日に立ち上がった「学校案内看板」の補修作業を、昨日も午前中からしていただいていました。こつこつと作業を続けていただき、とても感謝しています。「お疲れ様です」と、声をかけて通り過ぎたところです。
 完成の暁には、6年生は卒業写真の一コマとして、記念として、写真を撮りたいと思っています。私にとっても、自分が勤める職場に立派な看板が再建されるという、うれしい出来事ですし、記念にもなります。記念撮影をしたいと思っています。
 子どもたちにも宣伝して、見てもらって、だれかよその友達に学校を紹介するときには、一言「看板が・・・」と、入れてもらおうと思います。

 さて、6月も中旬になり7月の計画が気になり始める時期になりました。
 文書でもお知らせしました通り
 今年は、1年生から5年生までは7月23日から、予定通りに夏休みに入りますが、6年生は7月31日(金)まで授業日として、午前中授業をしてすぐに下校する予定です。ですから6年生の夏休みは、7月31日(金)の授業終了後ということになります。
 また、夏休みは、8月23日(日)までとなり、8月24日(月)から授業を全学年開始します。
 4月からの臨時休業期間分の学習を取り戻し、夏休み明けからは本校は例年通りの学習の進め方に戻る予定にしています。これまでにも子どもたちは、しっかり学習をしてきてくれています。それも大きく貢献しているのです。
 失った授業時間を早めに回復すべく、登校日だけの時期から課題作成等に取り組み始め、分散登校以後は内容を精査して、分かりやすく、かつ、もれなく学習してきました。それが順調にできているのも、子どもたちの努力や協力があっての結果です。 
 これからも子どもたちと職員が一緒になって今年の計画通りの学習を収めていきたいと思います。
 また、コロナウイルス感染拡大防止については、学校職員の大きな規模の研修会も、8月いっぱいは一堂に会さず、リモート研修になっていますので、授業参観も8月までは開催しない予定です。
 しかし、9月には授業参観を入れて参観日を組みたいと思っていますので、もうしばらく時間の猶予と感染状況を静観するための時間をくださるようお願いいたします。
 

トップページ(令和2年6月16日(火))

6月16日(火)< さすがですね。>・・・動くほどに知恵を獲得していく子どもたち・・

 今朝も、しっかり登校をしてきた子どもたち。ボランティア活動もいつも通りに実施してくれていました。蒸し暑いので、終わった後には流水で顔を洗うなどの、涼しくなる方法をとってくれるといいなと思いながら、ありがたく見て通りました。
 保護者の皆さんからも。どうぞ汗拭きタオルを持たせたり、タオル地のハンカチを持たせて、休み時間ごとに、腕や顔、首筋を吹くなどの、暑さ対策をするよう勧めていただいてもいいかと思います。
 私などは古い時代のことのほうが記憶にありますので、そういった昔の方々の知恵が今でも暑さ対策としてすぐに思い起こされてしまいます。空調も必要によってはすぐに入れて、学校での生活が過ごしやすいようにしていきたいと思います。

※ 登校中に転んだ下級生を優しく開放してくれた6年生がいたという話を聞きました。うれしいことですね。
 「・・・どこかで誰かがきっと見ています。」子どもたちにかけたい言葉です。いいことでも悪いことでも、どこかで誰かがきっと見ています。そしていいことは、いいこととして自分に返ってきますし、そうでないことも、結局自分に返ってくる・・昔から人々はそう言ってきました。
 今朝のいいことは、6年生全体の雰囲気も高揚させてくれます。ありがとう・・。
 

トップページ(令和2年6月15日(月))

  
  お礼を申しあげます。

 本校の表示が復活しました。そして支柱部分はリニューアルされています。
 本校を訪れられる方々に、本校の入り口がわかりやすくなりました。
 職員としてみても、新しい学校になったような気がします。うれしいです。ありがとうございました。

  
アジサイともマッチして、美的にも景観的にもいいのではないでしょうか。支柱の緑も映えますね。昨日6月14日(日)再設置。布谷さん他、第1期卒業生も含む方々に作業をしていただいたということでした。
 

トップページ(令和2年6月15日(月))

6月15日(月)< 週の初めです。>

 雨模様の朝になりました。これから梅雨らしくしとしとと降るのでしょうか?昨日はところによっては風を伴って激しく降ったところもあったようです。地形や風の通り道、雲の湧き上がる場所などでは雨が激しく降るようです。宮崎市内でも雨がよく降るといわれるところがあります。佐土原より北では、新富町の名前がよく出てくるような気がします。雨や風に対する警戒はいつも持っときたいものです。
 登校についても、広がらない、1列で歩く、班でまとまる、横断は特に気を付ける・・などを、耳にタコができるくらい話したいと思います。
 今日は中商の子供たちの登校の様子を見る機会がありました。しっかり並んで歩いていました。本校の子供たちにも、その時の様子を伝えて、これからもしっかり登校してもらうことにします。
 さあ、今日は週の初めです。これからの1週間を元気に、でも室内では静かに、目標をもって過ごしてもらいたいと思います。気合を入れて、レッツゴー!です。
 
 子供たちが育てている野菜類が実をつけ始めています。草花は成長を片時も休みません。子供たちにも、時を惜しんで成長してほしいと思います。
 

トップページ(令和2年6月14日(日))

6月14日(日)< 子どもには、好きなことをさせるほうがいい。>・・何でもかんでもではなくて、いいところを伸ばすという意味で・・。

 5月は、愛鳥週間があり、ポスターや書道作品の募集がありました。書道作品で本校からも1名賞をいただくことができました。学校に入り掲示板には愛鳥週間にちなんだポスターが貼ってあり、見ごたえがると思いながら眺めています。
 と、そんなとき、イラストの係が学級でしたか、クラブでしたかにあると聞きました。
 また、昨日のニュースで、どこかの小学生が、「厄除けのシンボル:あまびえ」のイラストが得意ということで、缶バッジのような「お守り」を作って販売し、益金から県の医師会に不足しているといわれているマスクを送ったと伝えていました。
 学校でも自習後に、低学年には「お絵かきをしてもいいよ」ということがあります。
 私は、若いころは、お絵かきはただの時間つぶしと思っていましたが、そのうち、子どもの個性や特徴・長所を伸ばすには、何でもさせておかなければいけないと思うようになりました。
 問題は、その良さを見抜く大人にあったのだと思ったのでした。
 世の中にはイラストレーターといわれる人がいます。ファッションデザイナーや建築家もイメージを絵で表現することが求められます。元をたどれば「絵を描く」ですよね。
 地元にはグラフィックデザインで有名な佐土原高等学校もあります。
 大学でも美術科があるのですから(そのほかにも建築科や土木科などいろいろ・・。)子どものころに、子どもがする創造的なことは何でもさせておいた方がいいということになります。
 ちなみに6年生にはイラスト係があるそうですから、校内のポスターをその得意とするイラストで際立たせてほしいと思いました。眠らせておくにはもったいないと思いますよね・・・。
 

トップページ(令和2年6月13日(土))

6月13日(土)< 今年の天気は・・?>

 今日は、天気予報とい少し違って日差しがある晴れになりましたが、夕立が(通り雨)が突然来ましたね。洗濯物を干していた方も多かったのでは??と心配です。
 今年の梅雨は、降ったり降らなかったりとはっきりした梅雨だと言っていた気象予報士がいました。それがどういうタイミングで振るのか降らないのかは、私たちにはわかりませんので、早めの対策が、何に対しても必要だと思えますね。
 明日の日曜日は曇りの予報でしたが、足になればまた違うかもしれません。
 前線の動きと雲の出来具合は見えないところで連動しているようで、地形によっては雲が急に出てきて雨を降らせるかもしれません。お気を付けください。
 さて、今日の宮崎市内は、中学生ぐらいの子供たちが自転車で移動している姿が多かったように思います。マスクなしで・・・。
 見えないから・・発症者がいないから・・・と油断は禁物ですよね。
 子供達には毎日のように手洗いと消毒を言っています。もちろん熱中症予防もです。
 規制が解除されての後の発症者の出方が見えてから、また新たな対策、または今していることをさらに厳格にしていこうと思います。
 毎日、ニュースの欄には目を配っています。

 ※ 学校の看板を復活させる動きが始まっています。ありがたいことです。
 

トップページ(令和2年6月12日(金))

6月12日(金)< 暑さにご注意を >

 給食の放送で、保健委員会の子どもと養護教諭から「熱中症は警戒レベルなので、水分補給と15分経ったら必ず休息をとり水分補給をしてください」と連絡がありました。
今朝も、8時の段階で気温26度、湿度88パーセントと出ていました。まるで梅雨が明けたような暑さになりました。
 そんな中でも、みんなで声を掛け合って注意して過ごしていきたいと思います。「声を掛け合う」を大事にしていきたいと思います。
 そんな朝でしたが、みんな挨拶がとてもよく、1年生も私より先に、「おはようございます」と声をかけてくれました。「さきがけ挨拶」といって、挨拶の仕方でよい挨拶の仕方だと昼の放送で話したところでした。
 今日も一日こどもたちは、頑張っています。
  
育てている野菜の苗も元気に実を付け始めています。お世話も上手だからでしょうね。
 

トップページ(令和2月6月11日(木))

6月11日(木)梅雨のジメジメは大敵です。

 今日は雨になりました。雲の流れによっては大雨のところもあるようです。校舎内や室内は風が通れば涼しいようです。雨で冷やされた空気も涼しさに一役買っているようです。マスクを、外の冷たい空気の中で少し開けて、空冷で顔を冷やしたほうがよさそうです。暑さだけでなく、湿度や体の部分的な状況にも気を付けて、バランスを取りたいと思います。
 さて、学校再開後3週間が過ぎようとしています。子どもたちは3月から外出の自粛をしていましたので、体力が落ちていると思われます。学校では、徐々に体力を回復させる、体力をつけることを最優先に活動しています。
 少年団や習い事などいろいろな活動を始めた子どもたちの体調を、どの活動団体におかれてましてもご配慮いただければ・・・と思います。
 学校で休む状態にだけはしたくなと思います。家で休んで元気を回復し、学校で元気いっぱい活動する‥が目標です。
 梅雨の湿度が高い時期には体力が消耗しやすいと思われますので、大人の皆さんのご理解とご協力をお願いします。
 なお、検温を継続していますが、平熱も参考のためにお聞きすることがあります。まずは子どもさんに自分の平熱を教えておいていただけるとよいかと思います。
 35度台の子どもさんは、36度台でもきついということになります。
 これまでの平熱は36度台であることが多かったのに比べ最近は35度台の子どもさんも多く見かけるようになりました。よろしくお願いします。

記事に直接関係するわけではありませんが、子どもの体調は大人が把握することがぢ時だと思います。してやれることは環境を整え、本人のチェックポイントを大人が知っておくことだとも思います。
 

トップページ(令和2年6月10日(水))

6月10日(水)< 今日もいい天気になりました。・・・が・・。>

 前線の移動で雨が降ったりやんだりしているようです。晴れ間が出ると嬉しくなるのは私だけではないでしょう。ただ暑くなりますので熱中症には要注意です。
 また今夜には大雨になるとも言っていたと思いますので、戸締りや家の様子には注意しておきたいですし、周囲の溝や川、用水路などにも気を付けたいですね。
 そういえば先週、土曜日でしたか?、学校近くのため池の草刈りなど、手入れをされていたようです。こどもたちが近づくところではないのですが、こうして点検も兼ねて手入れをしてくださっていると安心です。
 学校でも、子どもたちに自然環境全般に注意をするよう話しておきたいと思います。
 
青い空とブーゲンビリアの花は様になります。蒸し暑くなるところがちょっと残念ですが・・・。

今日の熱中症指数は「厳重注意」でした。15分外に出たら10分間木陰に入り水分補給をしました。残り15分ほど遊んで、室内に移動の時間になりました。
(熱中症も油断をすると危ないですものね。)
 

トップページ(令和2年6月8日(月))

6月8日(月) < 梅雨の晴れ間でした。 >

 今日は梅雨の晴れ間とでもいうべきいい天気でした。でもいつの間にか蒸し暑くなってきて、梅雨らしい感じがしてきました。
 でも、草花は涼しげに花を咲かせています。学校までの坂道、学校敷地内のところどころに「紫陽花」が花を咲かせています。ちょっと心和む感じです。
 明日からは雨模様だとか・・・。体調管理に気を付けて過ごしたいと思います。
 
紫陽花は、酸性土壌だと青色に、アルカリ性土壌だとピンク系から赤色に花の色が変わります。七変化するという人もいます。目の保養にしたいと思います。
 

トップページ(令和2年6月7日(日))

6月7日(日)< 今日の動きから >

 学校に、きのう、マスクが送られてきました。ということは、保護者の皆さんのご家庭にもお願いいたします。届いているということでしょうか。洗い替えができる布製マスクですので、給食当番用でも、外出用でも活用できますので、いらないではなく、いつでも使えるようにストックしておいていただけるといいなと思います。なぜなら、「 with  コロナ」はこれからも続くからです。今使っているマスクもいつかは消耗していきます。
 その時のために、いざ使おうと思っていた時に手元にない・・などの時に、「あれがあった。」と思い出して使えれば万全ですよね。

 今日は日曜日。明日から学校がまた始まります。家庭での手洗い習慣はもう見についているでしょうか?「 慣れた時が上手になる時 」でもありますが、「 慣れた時は、油断をして、しなくなる時・忘れるとき 」でもあるのです。
 続けてきたことが途切れると、また一からやり直しになります。そのうち、「 もういいや 」となってしまうと習慣は身に付きません。
 辛抱強く続けていくことが大事ですね。
 さあ、今日が始まります。いろいろな目標ややるべきことが今日もある皆さんでしょう。今日も、元気にスタートしましょう。
 

トップページ(令和2年6月6日(土))

6月6日(土)< 新しい日常 >
 皆さんこんちは。もうすぐこんばんはになるところです。
 昨日から今日にかけてみていただいた皆さんには遅くなり申し訳ありません。明日は早くにアップしたいと思います。
 
 さて、新しい日常として何が出てくるかなと思っていたら、昨日の情報では、医療機関では「 AI 」問診表が流行ってきているそうです。問診表に記入していく中で、AI が記憶している論文や症例に照らし合わせて、一番可能性のある病気や症状をカルテとして作成してくれるのだそうです。
 宮崎ではまだなのではないでしょうか。これから問診表のデータが積みあがっていくほど正確な診断ができるということでした。
 出てきましたね「 AI = エーアイ=アーティフィシャルインテリジェンス= 人工知能」
 これはデータを膨大に記憶しておいて、それ等の中から総合的に見て最もよいもの・近いもの・で判断するから正確だということなのです。
 でも、ちょっと待ってください。これまでにも似た出来事がありませんでしたか?
 そうです。匠の技、ベテランの技。経験者の技術や言葉など。皆、膨大な経験に基づくデータ(記憶や体験)に基づく判断でした。だからやったほど、慣れたほど、長年続けてきたほど・・・なのです。人間もデータを積めば積むほどできるようになるのです。コツコツ努力することは必ず報われるのです。

 6月も第1週が終わりました。健康診断等が順調に終わっていっています。結果等については、何かありましたら個別にお知らせします。
 6月は「子供たちが、各学年の立場(発達段階に応じてできることをする)を自覚して行動する時期」と思って指導をしていこうと思います。雨の日の過ごし方等について、こどもたちも知恵を絞って楽しく過ごしてほしい・・と思っているからです。
 決まりだから、先生が言うから・・・ではないですよね。理由がちゃんとあるのですよね。それを子どもにもしっかり理解してもらって、自分たちの責任で行動してほしいと思います。先生対子どもではないのです。先生も子どもも同じ方向を向いているのです。
 今年の子どもたちは何か考えてくれると思います。楽しみです。

※ 佐土原町出身、本校出身 東郷早紀さん 宝塚音楽学校 入学式が5日に行われました。ご入学おめでとうございます。
 

トップページ(令和2年6月5日(金))

6月5日(金)<今日は熱中症に気を付けて・・。>

 今日は思いのほかいい天気になりました。こういう日は熱中症が心配です。子供たちは元気が有り余っているので少々の暑さは気にならないようですが、夜に一度に疲れがやってきます。熱発も心配です。
 子供にも、太陽の日差しを浴びすぎるとどうなるかを教えなければいけなのですが、身につまされないとわからないような感じもします。でもそれだけ体力があると言うことなのかもしれません。(陽ざしは、1日に15~20分は浴びたほうがビタミンDの生成=骨の生育によいと言われます。加減をしながら・・ということも併せて教えたいと思います。)
 

トップページ(令和2年6月4日(木))

6月4日(木)< 子供たちがはつらつとしています。>・・・私はそれをこどもたちに自覚させる役目です。

 今朝も1年生から6年生までがボランティア活動をしています。美化活動です。花壇の草取りをする児童もいれば、児童玄関の掃き掃除をする児童もいます。階段の掃除は6年生がしてくれています。何をしてくれても、それだけ学校がきれいになります。きれいな環境の中で学校生活が送れることになります。人のために役立っていますよね。
 その意義を、子どもたちを誉めながら、認識してほしいと思い、機会を見ては話をしています。そして、その意義を知って、今度は学校に限らず、どこででも人の役に立つことを自分で見つけてできる子どもにしていきたいと思います。
 

トップページ(令和2年6月3日(水))

6月3日(水)
 3日、3月、3年、人の…も75日など、人にまつわる数字を用いたことわざなどはたくさん聞きますよね。
 東京都、北九州市の感染者の増加は、わからないうちに・・というものと、3密の状態をあえて人が作り出してそうなったのではないかと思いながら、ニュースを聞いています。
 今、感染に関する規制緩和が広まっています。もう、コロナウイルスに対する危機感は薄れたかのような状態ともみられる場面があります。
 そこで数字と人の関係です。昔の人は経験から言っているのでしょうが、今の社会にも当てはまると思うのです。自分に危機が訪れなければ、何もなかったように危機感も忘れてしまうのではないかと。
 人のことは言えませんが、自分は手洗いうがいは、そして消毒は必ずしようと思います。子供たちにも3密の状態を作らないことが、健康を維持する当たり前の行動だと、口を酸っぱくして言いたいと思います。もし、子どもたちが他人事のように聞き流してしまうようであれば、声を大にして何度でも言いたいとも思います。
 新しい日常は、なじみがないので続きにくいのですが、人は課題や欠点を認識してそれを改善していかなければ淘汰されてしまいます。そういう意味での新しい日常の創出を子ども自身の手でもしてほしいと思います。
 今日は6月の3日目ですが少し油断が見えました。毎日の決まりや新しい生活様式は、誰かが決める決まりではありません。自然現象から身を守る私たちの生きるための知恵だと思って、みんなで作っていくものだと子供達には理解してほしいと思います。
 
論語の一説から
 子曰く  学びて思わざるは くらし  思いて学ばざれば 則ち あやうし

 学んだことを自分の言葉でしっかり理解しなければ 身につくことはありません。
(他人から言われたことを聞くばかりで、行動で示そうとしなければ、いざというときにできません。)
また、思っているばかりで、人から学ぼうとしなければ、考え方が凝り固まってしまい、危険です。
( また、自分の考えだけで勝手に判断して何でもやっていたのでは、偏った考えだけで成長してしまって、いざ自分たちが責任を負う立場になったときにどうしていいかが、わからないかもしれません。)
 と(  )の中のように考えて、子供たちや職員の毎日を見守っています。
 もっとこうしておけばよかったという後悔はしたくないと常に思っています。

 そういう私も、多くの方々がどう判断されているかを、常に学んでいたいと思います。
 

トップページ(令和2年6月2日(火))

6月2日(火)< いいことずくめの朝です。> ・・・校長室からに、教育委員会からの資料を載せました。・・・・

 今朝は、登校班会をしました。休業中の登校日での集団下校、分散登校時での集団下校、そして全員登校日、学校再開における登校と、回を重ねてきました。
 子供たちは集団にも慣れ、登校にもだんだんと慣れてきているようです。
 そんな中、慣れてきたから出てくるであろう問題や調整事項等を明らかにして、今後もさらに仲良く安全に登校ができるようにしていくために行っています。
 本来であれば、見守り隊の皆さんと対面式を行って、地域、家庭、学校を上げて安全を保っていければよいのですが、対面式はコロナウイルス感染予防のため密集を防ぐという理由で行っていません。
 近いうちに対面式ができるといいと思っています。その際はよろしくお願いします。
 さて、今日は5年生が田植えをします。
 「天気でよかったね。」と言葉をかければ「はいっ」と元気に切れよく返事が返ってきます。見送りに出ると、子供たちのほうから「おはようございます」とあいさつをすることができます。「自分たちで並べるといいね。」と言えば、すぐに「並んで」とリードすることができる子供がいます。並ぶ場所がわからない児童がいれば「ここよ」とそっと教える子供もいました。この天気。子供たちの声掛けや動き。素晴らしいですよね。
 5年生は、とても気持ちの良い雰囲気に育っていた事に気付きました。
 今日は、地域の方、水土里ネットの方々、そして保護者の方で何名かお手伝いにも来ていただけると聞いています。多くの皆さんにお世話になりながら「体験」をしてきたいと思います。
 一昨日の消毒作業といい、今日といい、広瀬西小学校の素晴らしい教育環境を作ってくださっている皆様にお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございます。

 昨日から始めた「第2段階の指導」「理想(ゴールイメージ)を見るような」姿の今日の様子です。
 今日も子供たちが気持ちよく一日をスタートさせることができました。
 

トップページ(令和2年6月1日(月))

6月1日(月)< 新しい月の始まりです。 >

 今日は、電波の日、気象記念日だそうです。電波の日は電波法が施行されたことを記念して定められたそうです。気象の日は、明治6年に気象を観測するようになったのを記念して、昭和17年に制定されたそうです。いろいろなことを科学的にみるようになって今の予報が成り立っていたり、電波を使って一瞬に全国で共有できるという点ではありがたいことです。記念日にして、今後も生活に役立つことをしていこうと思う日にすればその意味合いは大きいといえますね。

 さて、北九州市では、小学校で複数の子供がコロナウイルスに感染したという話題で持ちきりです。登校日後に発症して、発症する前に交流していた数名の子供に感染していたという話です。(結局、学校外で感染し、学校内で感染が広がったということになります。広がる場所は学校ですが、感染の最初は学校外ということになります。)
 学校を消毒すること自体有効で、ありがたいことです。しかし、それ以上に学校にウイルスを持ち込まないように、家庭や地域で感染の可能性がある行為は自粛し、感染の機会があるところに、行った・人が来た・可能性がある運動をした・遊びに行ってきた、等の場合は、帰宅後は完全に消毒をするぐらいの気持ちで生活しないといけないということになります。それが、できるようになることが「新しい日常」になるといえると思いました。
 ただ、それが自分にも人にも見えない・気づけない、から怖いことなのだともいえます。
 見えなくてもコロナウイルスは近くに存在しているかもしれないのです。いるという前提で防止策を講じることが最善ということですね。
 少なくとも学校への不特定多数の人の出入りは、やはり制限するほうがいいのかなと思って聞いていました。 
 昨日は、私も量販店に40分ほど滞在しましたが、帰宅後は手洗いに加えて、のどやのどと鼻のつながっているあたりがすっきりするぐらいのうがいをしました。3~4回目にはすっきりしてきますから、簡単でかつ有効だと思います。
 新しい日常=毎日変わらずに続けること・生活が習慣になるためにはもうしばらく意識して防止対策を実践していかないと難しいかもしれません。
 

トップページ(令和2年5月31日(日))

5月31日(日)< 感謝します。 >    ・・・6月・7月の行事予定を行事表にアップしています。・・・・

 今日は、朝8時からPTA役員さんと応援に来てくださったお父さんの合計12名の保護者の方々が、(教頭と養護教諭も混ぜてもらって)次亜塩素酸水で校舎内をくまなく消毒してくださいました。
 おりしも北九州市では、小学生1名の感染があり、臨時休業をして本日校舎内の消毒をする予定だとニュース報道が昨日から流れています。
 コロナウイルスは人から人への感染(吐息に含まれて出てくるウイルスによる感染)とそれらがものに付着して、最長3日間(ものによっては5日間生存)生きていることから、モノに触っても感染する厄介なウイルスです。
 ちょっとした油断で、ウイルスをキャッチしてしまうことも考えられます。ですから体への侵入の最終防御ラインとしての手洗い。手の消毒は必ずしたいものです。(朝、給食までにもう一度、給食直前、掃除直後の4回の手洗い・消毒を実施しています。その他は手を洗う必要を感じた時に随時実践)
 そこにあって今日の本校の保護者の皆様の消毒は子供たちへの意識付けにもなって、効果倍増でした。早速明日の昼の放送で子供たちに知らせたいと思いますし、子供たち自身も大人に負けずに手洗い等をするように話したいと思います。
 改めて12名の方々。保護者の皆さん。ありがとうございました。
           
校内くまなく全部の部屋を、次亜塩素酸を噴霧後に吹き上げをしてくださいました。
 

トップページ(令和2年5月30日(土))

5月30日(土)< 5月も終わりますね。 >

 あっという間に5月の最終日を、明日に控え、緊急事態宣言解除、県域をまたいでの移動許可、全国をまたいでの移動許可が6月19日からと、だんだん人の移動が活発になってきます。
 保護者の皆様をはじめ、大人の世界・経済の世界では、これから冷え込んだ経済を立て直すという大きな仕事が待っています。コロナ感染に気を付けて動いていただけたら幸いだと思います。
 そんな中、子供たちが出入りする学校は守りの体制しか取れません。
 学校に来られる方、中まで入られる方は、消毒をしていただいていますし、熱がある方風邪の症状がある方は建物内への出入りは、これまで同様、これからも遠慮させていただきたいと思います。
 子供たちをコロナウイルスがいない中で元気に過ごさせたいと思うからです。
 実際に学校でも、子供たちが帰ってから、次の日に備えて、きれいな環境で過ごせるよう消毒を行っています。いるかいないかわからないのですが、(一応いない状況で守っていると思ってはいますが)念のため、消毒作業をしています。
 おかげさまで、子供たちが、臨時休業の中で登校日に登校をはじめて以来、発症者はもちろん感染が疑われる者もいませんので、皆さんの周りをはじめ学校ではクリーンな環境を守りながら、学習が行えていると思っています。
 今後ともどうぞご協力のほどお願いいたします。(手洗い、または手の消毒、風邪様の症状がある方(咳・発熱・倦怠感、間接等の痛み、味覚異常・嗅覚異常等・・)など体調不良の方は入校をご遠慮いただく等の取り組みを行ってまいります。)
    
 

トップページ(令和2年5月29日(金))

5月29日(金)< 第2段階・・その2 >
 
 昨日第2段階に入ると書きました。
 そこで、まず一つ目は、教室では、教科書を使った学習が当たり前のように、毎日続きますので、ますます、子供たちにも予習や復習をして、「授業でわかる」ようにしていってほしいと思います。
 二つ目は、しばらくは「給食委員会の子供が行う給食時間の放送」をお休みしていますので、「私が子供に代わって給食の放送をしよう」と思っています。
 連絡事項や毎日の生活でして欲しいことを伝えていくこと、そして時々はタイムリーな話題を集めてきて、子供たちの話題にしてもらったり知らない分野の話題を提供しようと思っています。音楽なども選曲して提供できたらいいなと思います
 そして三つ目は、将来像を具体的に描いてもらえる方法を提案していきたいということです。
 中学校の美術部にお願いして、作品を貸していただき、「中学生の作品展」~そしていつかは「ぼくたちわたしたちもこうなるんだ・・!!」の世界へ・・~(仮題)  をしたいと思っています。
 昨日、卒業生を通じてまずは美術部の顧問の先生にお願いしてもらえないかと話をし、校長先生にもお願いの電話をしたところ、すぐに、今朝、作品を届けていただきました。
 また一つ夢がかないました。小学生に将来の展望を与えて、自分たちもこうなるんだと、将来を身近に感じ、日々行っている努力に現実味を帯びさせたいと思ったのでした。
 小学生と中学生ではたった1~2年の間に、子供と大人ぐらいの差ができてしまいます。それを子供たちに現実として受け止めてもらい、自分も近い将来そうなりたいと夢を持って過ごしてくれるようにしたいと思っています。

 周囲の皆さんに助けていただいて、子供たちを、子供たちはまだ知らないけれど、すぐそこにあるステージを見せたい、そこに立たせたいと思っています。
 こうして第2段階は、子供たちの意識を高揚させる取り組みをしていこうと思います。
 第3段階は9月以降に、そして最終段階は1月からを考えています。
 子供たちの成長を楽しみにしたいと思います。
  
先輩方ありがとうございます。後輩のお手本になっていただきます。これからもどうぞよろしくお願いします。
 

トップページ(令和2年5月28日(木))

5月28日(木)< 第2段階に入ります。 >

 学校再開が遠い昔だったように落ち着いた毎日を過ごしている子供たち。
 学習のペースも元に戻ったような感じがしています。
 新学年度の学習内容に入り、教科書を使って、今年は特に、学びやすい効率的でわかる授業を意識して毎日を過ごしています。
 3年生は掛け算九九の練習をしていましたが、より早くより正確にできるようにするために、100ます計算のプリントを使って、進めていました。
 保護者の皆さん、大人の皆さんは、仕事の上で収益が大きくなる仕事の仕方 というのをお持ちでしょう。
 一つはそれぞれの仕事に熟練すること、特に技術職の方は顕著ですよね。事務方の仕事でも文書作成が正確で速いとか、計算が早いので経理向きだとか…何かをよりいい状態でしようとするとそこに正確さと早さが要求されます。その上でどこから見ても文句のつけようがない仕事に対して「職人技」と言って称賛したりしますよね 。
 学習でもある意味そういうことが言える場面があって、その学習に熟練することがあります。それは、「慣れる」ことです。なれると「どう進めていけばいいか先がわかる」ので、どんどん先に進めます。それはとりもなおさず「早い」ということです。そして学習は基礎基本を習っていますので「正確」でなくてはいけません。
 できると自信もつきますので、他の児童に教えることもでてきます。教えると、自分で理解していた以上に「中身がよくわかる」こともあって、さらに熟練して=よく分かるようになって、いきます。
 場合は違っても、子供でも熟練することが「よくわかること」=「できること」につながります。
 保護者の皆さんは、子供さんに教科書の内容を教えていただくこともできますし、仕事上の工夫やこれまでの経緯を経験談として話してくださってもいいと思います。そこから子どもたちは、学びのコツを会得していくと思います。
 子どもは保護者のみなさんの話しを聞くのが好きだと思います。また小学校の時期はそれが好きな時期だとも言えます。今だからできることかもしれません。

 100ます計算はそういう意味で早く正確にできるようにするために取り組めるいい方法の一つです。
 今朝も各学年ともに「学年の方針」に則って学習が進められていた、静かで集中した朝でした。
 

トップページ(令和2年5月27日(水))

5月27日(水)< うれしい話題を2題 >
 その1
 今朝、かねてからの希望であった、「学校で習っている程度でいいから、校内放送で子供が、英語でアナウンスをする。」がついに実現しました。
 朝、担当教諭に原稿をチェックしてもらっていたようでしたが、その時はそれとわからず、放送が始まって初めて、そうだったのかと理解しました。
 習ったことが普段の生活の中で適切に使えることは大事なことです。
 また、コンビニをはじめ、外国の若い青少年たちが労働力として、母国語はもちろん、覚えるのは難しいといわれる日本語をマスターして、日本人のお客さんとやり取りをする時代です。
 そんな世界の若者に太刀打ちできる子供に育てたいという夢が一つかなった気がします。(一歩を踏み出したという方がいいですね。)

その2
 ある学級で、子供たちが自習を一生懸命にしている姿を、今年度から活用できるようになったタブレットで撮影したものを、校内を見て回っていた私に担任が見せてくれました。これは、今日実施される道徳の授業でも活用する予定だったそうで、子供たちの許可を得て担任が見せてくれました。(見てもらっていい?と子供に聞くところが、ほめてもらえるかな・・と期待を持たせるうえでも有効だったようです。にこにこしてコメントを待っていました。)
 子供たちも自分たちが頑張っている姿を見てもらえた上に褒めてもらえるという二重の喜びがあったようです。また、タブレットは写真撮影も動画撮影もできるということが子供たちに理解できたでしょうし、今後の授業でも子供たちは当たり前のように使いこなしてくれるでしょう。
 
 こうした、学校での学びが有効に活用される学校生活が実現できてうれしい朝でした。こういうことが「楽しい学校」につながってくれればいいと思った次第です。
 今どきの、というより「これからの学校」になりつつあると感じた朝でした。

 今後も、当たり前に身近にある先進機器や機能・手段を活用していきたいと思いました。
 今日は「はじめて」でも、すぐに「ふつう、あたりまえ」になる明日を目指していきたいと思います。
 

トップページ(令和2年5月26日(火))

5月26日(火)< 一気にいつもの子供たちになってきたかな? >

 昨日の下校時には、どの学年の子供も半数は走って勢い良く帰っていきました。授業が終わって、帰るのがうれしかったのかなと思うような笑顔と勢いでした。
 学校内では、手洗いを徹底されるし、近寄って話すのを制限されるし、給食は前を向いてあまり大きな声では話せないし・・・と少々窮屈かもしれません。
 でも、そこは仕方がないとあきらめると同時に、それなら「こうすれば!!」と、新しい方法を考え出してくれるとありがたいと思います。
 何から何まで(1から10まで)こうするんだよ・・・と言い続けるわけにもいかない部分があると思われますし、原則にのっとって、いろいろな過ごし方・生き方を考え出す創造性も子供たちに求めたいところです。
 昨日は、熱中症にも備えて・・という話になったら、「外で運動なんてできないことが多くなるのでは?」という意見も出ました。なるほどそうかもしれません。
 いろいろなことに気を付けて過ごさなければいけない時代・時期となりました。
 どうにか知恵を絞って、楽しく、有意義に過ごしていきたいものです。
 

※ 地球の平均気温が高くなっているそうです。自然災害も激しくなっていることを実感します。インドに上陸したサイクロンは風速50メートル以上だったとも聞いています。日本付近でも台風1号が既に発生しました。気候変動による変化ともいわれる時代、原因は人間が作ったともいわれます。大人がよりよい環境を子供たちに残す責任を感じますよね。子供達にはそれを改善する知恵を育ててあげたい思います。
 

トップぺージ(令和2年5月25日(月))

5月25日(月)< 学校が再開しました。>

 さあ、学校が再開しました。普通授業をする毎日です。ただし、朝の、これまで自習だった時間にも、休業中にできなかった内容の確かめや、内容そのものを学習することもしていきます。
 子供達にはこれまでとそう変わらずに学校生活を送ってもらえると思います。そのために、休業中の課題は教科書を意識した内容にして、登校日ごとに理解具合を見てきました。その部分も含めてしっかり理解できるような時間を組んでいきます。
 さて、問題は、学校環境を衛生的に維持していく、維持しておくことです。
 職員も子供たちも手洗い・消毒をして学校生活を始めます。学校施設内にウイルスを持ち込まない・・という意識で、朝の始まりまでを重要視しています。検温や体調チェックは必ず毎日していきます。
 また、普段の生活においても、子供たち自身が密接にならない、密集しない、ように行動してくれないと予防措置にならないといえますから、少々味気ない行動様式にはなりますが、距離を保って意思の疎通を図っていく生活様式として慣れてもらいたいと思います。
 加えて、学校内のその他の見た目の措置としては、移動教室の際にも距離を保って歩く、席はできる範囲で離す。給食は向かい合わずに食べる。とにかく手洗いを充実させる。できればうがい、顔を洗うのも効果的だそうですから、それを実践する子はさせる。大勢の手が触れるものは定期的に消毒をして回る。などを毎日の日課にしていきたいと思います。
 新しい日常、新しい生活様式は、コロナウイルス感染防止のための行動様式になります。イギリスでは秋口からワクチン供給をするとか、他の国々でも開発を国際協力で加速するといっていますから、安全が保たれるまで実践していくことが求められます。
 これが掛け声だけではなく特に子供たちが、そして勿論それを取り巻く大人が確実に実践しなければいつか感染症が起こってしまいます。正しく恐れながら、するべきことをしていれば大丈夫という信念で続けていきたいと思います。
 新しい日常。新しい生活習慣・・子供に聞いてもすぐに答えられるように、繰り返し言っていきましょう。学校だけでなく家でも地域でもです。そして実践も家でも地域でもお願いします。
   
 

トップページ(令和2年5月24日(日))

5月24日(日)< 学校再開に向けて >

 いよいよ学校での普通授業を再開します。これまで言われてきたように、マスク着用、手洗い、手の消毒、うがい、換気、フィジカルディスタンス(身体的距離)、体育時のマスク着用は、原則着用を求めないが戸外での実施、適切な身体的距離をとる、等に配慮すること。給食は前向きで、大勢が触るものは適宜消毒など、今まで言われてきたことを守って過ごすことになります。
 油断は禁物ですが、宮崎市では(宮崎県では)、ここ2か月近くにわたって発症者がいないことが大きな救いではあります。このままの状況でいい方向での継続が続くことを願っています。
 また、子供たちの衛生的行動、学校での消毒及び衛生環境の維持を継続することにおいては、「原因を学校施設に持ち込まない」ことを最大目標に過ごせればいいなと思います。
 児童・職員は必ず朝の体調を見て、すぐれないときは休む、診察を受ける、回復してから投登校・出勤をすることは当然の処置として行います。
 このぐらいならいいか・・は原則ありません。体調管理表を提出していただき(児童も職員もこれまでしてきたことを)、体調不良が分かった場合は、児童は早退、職員も退庁する措置を取り、学校環境の安全を維持するようにします。
 もちろん、体調不良の本人が一番きつい思いをするわけですから、早く回復することが最善と思っての対応です。その結果、他の児童も安心できることになります。  
 何でもこじらせると時間も労力も、その他、いろいろなことに力を費やすことになります。
 また、学校では、子供同士のかかわりの中で成長すること、学習できることもたくさんあります。そういう教育環境の中で子供たちを成長させていけるよう取り組んでいきたいと思います。
 

トップページ(令和2年5月22日(金))

5月22日(金)< 1週間が早く過ぎてしまうと思いませんか? >

 あっという間に1週間が過ぎたような気がします。
 そんな中にあっても、昨日の大きなニュースは、高校生の夏の祭典「高等学校野球大会の甲子園大会が中止」という話でした。野球にかけてきた生徒は残念だったでしょう。次にどうモチベーションを高めるかが大きな課題だと言えます。
 またまた、今日の新聞には、県立学校の今後の取り組みがいろいろと、書かれていますが、小学校は今のところ、一日の時間割に工夫をしたり、指導の仕方を工夫して、効率よく教科書の指導内容が進むように考えていく予定です。
 いろいろな方策が考えられたり、できないことやできるけれども今年に限ってはやめておくという取り組みなども出てくるだろうと考えます。
 これから先も、用心しながら進めていくことに変わりはないといえます。
 今日は週末。子供たちもほっとする一日ではないでしょうか。
 久しぶりの学校生活では、時間ごとに区切られた、ある面からみれば効率的な、ペースを戻すまでの子供にとってみれば少々窮屈な1週間だったかもしれません。
 昨日の様子では、ほぼいつもの姿に戻ったかなという感じです。しなくてもいいことまで戻ってきた感もありますので、そこはしっかり正して、みんなで大きな失敗をしないように考え、取り組んでいきたいものです。
 

トップページ(令和2年5月21日(木))

5月21日(木)< ちょっといい話 >

 学校でのいい話なのですが。
 昨日、給食始まりの時間に、階段下で並んでいく子供たちを見送っていました。
 これまでだと、「あー。やっと給食だ。わくわく。」のような雰囲気があって、ざわめくというかそれなりの賑わいがあったのです。
 しかし、昨日は、6年生、5年生、4年生、3年生、2年生と学年ごとに降りてきました。(これもめったになかったことだと思うのですが・・。)6年生は、足音も立てずに、静かに下りてきました。1年生のお世話もするので、ほぼ全員が当番として下りてくる状況です。次は5年生が下りてきました。静かに下りてきました。話し声もしませんでした。これで人数としては、約50名が下りてきたことになります。50名が全て静かだと、さすがに「おっ。今日はとても静かじゃないかぁ??」と気づきます。
 続けて下りてきた、4年生、3年生もほとんど静かに、そして遊びがない・・(雑談やゆっくり時間をつぶしながらなどという雰囲気がない・・。)雰囲気で下りてきました。
 ここまで静かだと、何かあったかなと(いいことが起こっているのですが)、知りたくなります。5年生にだけ昨日は聞けたので「何か指導しました?」と尋ねたら、騒がしいことの一つに、「階段を下りる時の足音」が上がり、これを何とか静かにしよう・・という話=指導があったのだそうです。
 今朝は、6年生、4年生にも聞いてみました。特段の指導はしないけれど、無言行動、静かな行動は常々言っていますとのことでした。
 子供たちがしっかりしていることがわかりました。また、担任と子供たちの意思の疎通がしっかりしていることもわかりました。目的も共有しているのだろうと思います。
 今、窓の外を、ボランティア活動を終えて帰る児童は、いろいろと話しながら帰っていますから、厳しい叱責があっているわけでもないことがわかります。のびのびとした活動の中の、「けじめがしっかりついている一場面」だったのだと理解しました。
 場をわきまえるというのでしょうか、「いつ」、「だれが」、「何を」、「どのように」、「どうすればいいのか。」がしっかりわかっている子供たちなのでした。
 今、窓の外を嬉々として笑顔で教室に向かう子供たちに、頼もしさを感じるとともに、充実して過ごしてくれているのだろうなと思うことができた今朝の出来事でした。
 

トップページ(令和2年5月20日(水))

5月20日(水)< なえに夢中!!>

 1年生2年生はトマトの苗ピーマンの苗、朝顔の種をまいて育てています。
 登校して、班を解散すると、すぐに植木鉢のほうに行って、苗談議が盛んにおこなわれています。これだけ見てもらうと、苗も元気に育つでしょう。
 昨日も雨の後ではありましたが水を欠かさずに上げたいと思う子供たちがじょうろを用意していました。(土がぬれていたので、水やりはしなかったようです。やらなくていいと判断したのですね。(エライッ!!))。
 さて、昨日の子供たちの様子を見ると、返事、声の大きさに少し元気が、なかったようです。大きな声を出さないことも新しい日常の一つですから、いいといえばいいのですが、あいさつや返事などは少し大きな声がいいかもしれません。「場に応じて使い分ける。」ことはいろいろな場面で必要な力になると思います。そういう意味では「場に応じた使い分け」「どんな時に、どんなことを優先して、どうする。ことがベストなのか」を判断して実践できることが、学習や生活習慣共通の「キーワード」「大事な考え方」になるといえます。
 今日も一日、元気で、仲良く、感染症予防策を実践して「安心・安全に過ごしたい、過ごさせたい。」と思います。
    
 

トップページ(令和2年5月19日(火))

5月19日(火)< 新しい日常の始まりです。> その2

 7時20分に第1班が登校しました。その後7時32分までにほぼ8割の班が列をなして次々にやってきます。7時45分には6年生がボランティア活動に17名出てきました。その次には2年生がボランティアで児童玄関前の掃除に出てきました。
 新しい日常は、ソーシャルディスタンシング。マスク着用。手洗い。手の消毒。うがい。そして、これまで親しく話す場合の姿だった、子供たちがスキンシップを図っての(寄り集まっての)会話は、自粛。手と手をつないだりすることも自粛・・と、一見すると、クールな姿が新しい日常の一つになるのかもしれません。
 朝の放送を委員会がしてくれています。マスクをして手洗いをしましょうと呼びかけてくれています。
 「コロナウイルス」という名前こそ出てきませんが、その感染を防ぐ行動を呼びかける機会が多くなるこれからの日常だといえます。
 一方、ボランティア活動や思いやりの行動はこれまでと変わりなくみられる、「気持ちと行動がうらはらの状態」がみられる日常かもしれません。校内が静まりました。健康観察を経て、今日の一日が始まります。(8:02)
   
バイパスも3月に開通して毎日順調に通行しています。今週いっぱいで学校生活のペースを取り戻す予定です。登校班の子どもに、「疲れた?」と聞いたら「はい」との返事もありました。学校の中の各場面でも体力を少しずつつけていきたいと思います。目標は、バイパスのようにすいすいと学習や学校生活が進むようにしていくことです。
 

トップページ(令和2年5月18日(月))

5月18日(月)< 登校時の雨がなくて安心しました。>:(13:40)下校時刻も雨がほぼ降らずに傘を差さなくてもよいくらいでした。ご心配をおかけしました。

 昨日は、天気予報で雨が激しく…と言っていたので心配をしていましたが、降らない間に登校ができて安心しました。帰りも判断が必要な状況であれば、保護者の皆様にも「まちcomiメール」で情報提供をさせていただきます。(新規登録の方がいらっしゃいました。ありがとうございました。これで、この方にも緊急のお知らせが届くことになります。)
 さて、今日はBグループが登校しています。敷地内に入ってからの、挨拶、班長さんへのお礼、班長さんの解散宣言が聞こえてきます。
 落ち着いた登校で安心をしています。明日からは一斉登校日になりますので、みんなに会えた喜びが大きくて、子供たちはみんな集まって話したがると思いますが、ここはぐっと我慢して、「新しい生活習慣」「新しい日常」というのを考えてみんなで取り組みたいと思います。
今日18日は、
1年生  生活科  国語科  算数科  学級活動     4年1組  国語科  算数科  算数科  国語科
2年生  道徳   算数科  生活科  国語科      4年2組  国語科  算数科  算数科  国語科 
3年1組 算数科  音楽科  理科   社会科      5年1組  国語科  算数科  社会科  音楽科
3年2組 算数科  理科   音楽科  国語科(図書)  6年1組  社会科  音楽科  図工科  理科
                              6年2組  理科   算数科  社会科  図工科

の4時間授業です。給食後下校します。よろしくお願いします。
 

トップページ(令和2年5月17日(日))


5月17日(日)< 明日は天気にご注意を。>

 明日は18日(月)です。Bグループが登校する日になっています。今日の天気図で見ると、前線が停滞して雨が降りそうです。衛星写真で見る雲も厚いようです。香水活率は70パーセント(午前)90パーセント(午後)となっています。振り方によっては登校時の安全にご配慮ください。

 さて、いま100年前のスペイン風邪の流行の様子が話題にあがっているのを見ます。第1次感染は知らない間に広まり、多くの被害を出したようです。そこでも、日本では咳エチケット、マスク着用、手洗いをしていたそうで、与謝野晶子などその時代の文化人の方々は考えが進んでいて、衛生的な手立てをとらないといけないこと、隔離や外出を控えることなど、今と同じような対策をとっていたそうです。
 でも第2波では、死亡率が3倍以上高くなり、その後翌年の春先まで(第3波まで)流行が続いたようです。今年でいうと、この秋に再度流行し、令和3年の秋から4年の冬(春先)まで流行したかたちになったようです。(100年前の話です。)

 今はその100年後。マスク着用は変わりませんが、医学や医療技術、薬の開発は目覚ましいものがあるでしょうから、100年前と同じ結果を生んではいけないわけです。

 でもやはり、過信は禁物。人から人への感染は出ないように接触を控える。外出も不要不急のものは控える。人がいないような場所に出かけるとか、感染対策がしてあるところを私たち消費者が賢く選ぶなど、今、医療関係者が「こうしたほうがいいですよ。」と言っていることを厳守しないと同じ被害を受けそうでもあります。
 人間は進歩する部分と何年たっても変わらない部分がありますから、よくよく考えて、賢く対応していきたいものです。自己防衛は自己責任で行うことが鉄則だといえます。
 

トップページ(令和2年5月16日(土))

5月16日(土)< 今度は大雨や台風にも配慮を・・。>

 今日は10時前に県道を通ってきましたが、ちょうど土砂降りの時間帯だったようで、学校下の信号機のそばの側溝から水が噴き出していました。アスファルトの上にも水溜りができて、歩くもの大変でした。
 実は、台風の接近も心配していましたが、熱帯低気圧に変わるという予報と九州の南海上を遠く離れて通過しそうだという予報に少しだけ安心したのでした。
 ただ、熱帯の空気と大陸の冷たい空気が九州の上でぶつかっているようで、各地に大雨警報や洪水警報が出ています。これからの季節・時期は、大雨や土砂崩れ、車による水跳ねで、子供たちの登校に気を使わなくてはいけないなと思います。
 最近の雨は極端に多かったり、長時間降ったり(線状降水帯でしたか・・。)しますから、天気予報には気を付けておきたいですね。
 
 昨日の情報、19日(火)からは毎日登校日になることを見ていただけたでしょうか。(Aグループには文書配布済み。Bグループには月曜日配布予定。ホームページに昨日掲載済み。まちcomiメールでお知らせ済み。)

 学校預かりの子どもたち、児童クラブの子どもたち、登校日での全児童との再会等の中で、職員等々がこの約1か月半学校内で過ごしてきましたが、発熱や体調不良は発生しませんでしたので、子供たち、職員関係では、そしてご家庭の皆様との間接的な交流状況の中では、今のところ心配な状態ではないと思っています。
 一斉登校になってもこのままでいけば大丈夫だと思われます。あとは、外出自粛はもう少し続く、または積極的に取り組むとして、緊急事態宣言解除にともなう人々の動きの中で、この環境が維持されることを祈るばかりです。
 今後も職員は生活上やむを得ない買いもの、子供を育てるうえでの必要な行動等を除いて不要不急の外出による人との接触は十分注意をして指導に当たることにしています。教室内の清潔な環境維持も子供たちと一緒に取り組む計画です。
 今後の過ごし方について、各方面の方々の深い配慮や取り組みをお願いしたいと思っています。
 

お知らせ(令和2年5月15日(金))

 学校再開及び登校日についてのお知らせ

 緊急事態宣言の解除に合わせて、学校の再開について及び分散登校について以下に示します文書の通り、宮崎市教育委員会より通知がきましたのでお知らせします。
 本日登校した子供たちには文書を配付し持ち帰ってもらいました。Bグループの子供たちには18日(月)に配布し持ち帰ってもらいます。ホームページをご覧になれる方はご覧ください。
 19日(火)から全児童登校になります。(扱いは登校日です。しかし、授業は教科書を使って進度を進めていく予定です。)
 5月25日(月)からは通常の授業日となります。
 また、臨時休業中に行ってまいりました児童の学校預かりは18日(月)までとなります。19日(火)からは通常の学校運営に戻ります。
 児童クラブについては、下校した児童がそのまま児童クラブに行けるよう開設される見込みです。詳しくは児童クラブにお尋ねください。

 学校再開及び全児童生徒を対象とした連日の一斉登校日の実施について(保護者様宛).pdf
 

トップページ(令和2年5月15日(金))

5月15日(金)< 分散登校3日目。グループ別第2回登校日:今日はAグループ>

 最初の登校班が7時30分にやってきました。それから、三々五々、間合いを置いたわけではないでしょうが、班が離れて登校してきました。「密」を作らない状況でよかったと思います。今日も、落ち着いて13時20分までを有意義に過ごしてくれるといいと思っています。
 さて、緊急事態宣言が宮崎県は解除になりました。県立学校は20日からの再開を言っているようです。西都市でも20日から再開すると言っているようです。マスコミの情報が早いので、そうだろうと思っています。
 いずれにしても、宮崎市も、早晩再開の判断をすると思われますが、子供たちの様子を見ると皆健康で元気ですから、大丈夫だという判断のもとに再開になると思われます。
 ただ、体調が思わしくないときは無理をせず早めの休養、状況によってはかかりつけ医の受診が大事になってきます。
 「そのくらい、大丈夫じゃない?」という過信は、今回だけはしてはいけない「コロナウイルス感染防止対策」だと思っています。
 
感染者が一人出たら、濃厚接触者は自宅隔離と2週間の観察になります。
 複数名出たら、学校自体、全員の観察隔離になることもあり得ると、いつも思って対処している毎日です。全員が基本的な対策を堅持していれば安心だと思ってもいます。一人一人の意識の持ちようがみんなの安全安心を支えていきます。どうぞよろしくお願いします。

 

トップページ(令和2年5月14日(木))

5月14日(木)< 分散登校第1サイクル終了 >

 Aグループ、Bグループと1回ずつ登校しました。同じ内容を指導しますが、昨日の結果をもとに少しずつ改善しています。今日の結果は明日の第2回のAグループの登校に生かされるようにして、日々改善を図っていけるといいと思います。
 25日からは学校再開であれば、一斉に同じことを同時に学びますので、全部を日々改善ということにはなるのですが・・・。
 でも、学級での指導の特徴や内容がよくみえるのも、こういう形で行っているからだろうと、これまでを反省するやら、これからの計画や視点を見直そうと考えるやらと、学校にとっても有意義に感じています。
 子供たちの自立(自律も含めて)が最終目標。そのために知識や経験・体験をとおして、日々の行動の流れの中でしっかり身に着けさせようという話は毎日のようにしています。
 
 今朝もボランティア活動が見られました。昨年度していた学年です。何をどのようにどうすることがいいのかは、一度させておくといいのだと思ってみています。あとは個人の判断・選択に任せることになりますが、人のために役立つとはどういうことかについては理解が少しでもできると思ってみています。
 こういう世の中であればあるほど、「人のためになる」ことは「まず、自分のことが自分でしっかりできること」だと、すべての人が身に沁みてわかる状況だと思います。そのうえで、困っている人に手を差し伸べることができれば一番いいと思います。
 いろいろと例を示しながら、職員には、子供たちに指導してもらおうと考えています。
 今朝の登校班長さんたちは見事でした。密集を避けて一列になって坂道を登ってきました。密集・密接・密閉がそろわないように気をつける習慣を持ってほしいと思っています。褒めたいと思います。

 併せて今日は子供たちのほうから挨拶をしてくれた回数が多かったです。挨拶は率先して行うことが効果的ですよね。心が届くような気がします。
 
 

トップページ(令和2年5月13日(水))

5月13日(水)< 驚いています。>

 その1 子供の観察眼
  昨日集団下校の際に、一人一人に「さようなら」と声をかけていきました、みんな、ちゃんとこたえて「さようなら」といってくれました。ほとんどの子供が
 目を見て、答えてくれますが、中には名札に目をやる子供もいます。そんな中の一人の男の子が「先生。名札を変えましたか?」と聞いてきました。
 そうなんです。今年は、全職員の名札をリニューアルしたのでした。そして、私も、昨年使っていた写真を、新しい角度から撮った校舎全景とタイルで作られた
 壁画にしたのでした。そこまで、昨年と比べてみているのかーーと、驚きをもって感心したのでした。

その2 もう未来が現実にあることに気づきました。
  皆さんは、昨日のニュースで、シンガポールの町中を「ロボット犬」が見回っている場面を見られましたか。日本でも夜間警備を、箱型のロボットがしていること 
 や、人間型のロボットが空港で道案内をする。話題になった所では、長崎や大都市でホテルの受付をロボットの恐竜がしていることはご存じだったかと思います。
  ロボットの本とか軍事ロボットの話題では見ていたものでしたし、SF物の本などには時々出てきてはいたのですが、あたり前に街中を見守り、自分で立ち止まって人
 を監視し、マスクをつけるように指導、または人が長時間立ち止まって「蜜」な状態を作らないよう注意する場面を見て、尊敬・感心よりは恐怖に近い違和感を持
 ちました。
 でも、確実に技術は相当進歩しているのだと感じました。

 若いころ、漫画で、「未来少年コナン」というのがありました。(最近また放送しているようですが。)近い将来こういうことはあるかもしれないと思ったものです。なぜなら、そのころは気候変動や石油の枯渇は当たり前に社会科の授業で話題になっていたからです。台風も大型でしたし、年間40から50個の発生をする時代でしたから、洪水や水害、高潮は現実で、漫画の世界もあるだろうと思う時代だったからです。
 こうして、大方のことが現実化しているのを見て、教育はなくてはならないと感じています。それに対する対策も今の子どもたちが考えて取っていかなければいけないし、今の大人が財産としていろいろな問題に対する対策を残していかなければ、引き継いでいかなければいけないと思いました。

 現実はすぐに未来になって具現化すると思います。それだけ人間の科学力が、悪にも善にも影響しているとも言えますが・・・。
 今朝はちょっとシリアスな話題になってしまいました。

 ちょうど未来の宝物の子供たちが登校してきました。元気な足取りです。児童玄関で手の消毒をして上がっていっています。 
 

トップページ(令和2年5月12日(火))

5月12日(火)< 今日は登校日 >     ~ 学年の部屋にも記事を載せています。 ~

 今日も元気に、明るい笑顔で登校してきた子供たちです。
 玄関で消毒をして上がってもらいました。明日からは自分で手洗いをして消毒をして教室に入ってもらいます。(もちろん見届けます)
 今日は登校日です。10時ごろには下校をする予定です。今日は特に、明日からの分散登校についての説明や、学年・学級ごとに、何をするから、何を持ってくるなどの連絡やお知らせがある日です。
 昨日すでに、学年によっては持ってきてほしいもののお知らせがあったようです。準備はいかがだったでしょうか。限られた時間でできるだけ計画通りに授業等を進めていきたいと思いますので、期日に間にあうように持たせていただけると、子供が心配をせずに過ごせると思います。
 今日は2時間ほど、明日からは午前中授業と給食を取った後に下校となります。
 家庭での過ごし方、児童クラブやそのほかの場所での過ごし方などを、今一度話し合っていただくといいと思います。
 新聞では、緊急事態宣言を解除するような旨の記事が載っていました。(14日に国が最終判断をして・・・と。)
 でも、緊急事態が解除であって、言葉が隠れていますが、コロナウイルス感染の危険性はまだ解除されていませんので、そこを中心に、手洗いだとか、うがいだとか、基本的なことをしっかりする。人と、できるだけくっつかない・・などの話をくどすぎるくらいしていただくといいと思います。
 感染経験者によると(テレビでの話題から)、「注意はしすぎることはない」と言っていました。それだけ苦しかったのだと思います。
 感染さえしなければ、今のこの苦労が、徒労で終わっていいと思いませんか?
 同じ命をかけるなら、病気にではなく、今のうちに、感染防止に命がけで努めたいと思います。
 
東階段に向かうグループと、西階段に向かうグループの分岐点で消毒をします。もれなく消毒をして上がっていきます。
 

お知らせ(令和2年5月11日(月))

 5月11日(月)

 〇 5月12日(火)登校日の日程は?

 8時5分までに登校
 8時 5分~8時10分 : 健康観察
 8時10分~8時20分 : 放送全校朝会
 8時20分~9時05分 : 1時間目
 9時15分~10時   : 2時間目
 10時から、地区別集団下校を開始します。運動場に集合、そろい次第下校開始

  〇 13日(水)以降の分散登校時の地区別の振り分けは以下の通りです。
 

トップページ(令和2年5月11日(月))

5月11日(月)< 思いは通じて・・・。> ・・学年の部屋にも記事があります。・・・

 さて、明日は登校日です。子供たちとの再会が楽しみです。
 そういう今日は、その子供たちと明日,行うことの、そして、明後日13日からは毎日授業をするための準備の最後の一日(準備だけに時間が全部とれる)になります。昨日、いろいろと書きすぎたなあと思いながら、職員朝会で、職員にも「これに気を付けて・・とか、これはこうしてくださいね・・とか、いろいろなことを言おうと思っていました。
 声をかけるごとに、多くの職員が、すでにそれらに対応することを、準備したり、朝礼で呼びかけたりしてくれました。ほっと安心をするとともに、やはり専門職だなあと、うれしく思いました。当たり前と言われればそこまでですが、多岐にわたるので漏れがあっては・・と思っていたからです。
 明日は、明後日以降のこまごまとしたことを文書でお知らせします。まちcomiメールでは、明日に向けたお知らせを早めにしようと思います。地域づくり協議会の事務局様あてには、分散登校の地区割について、金曜日にお知らせをしたところでした。
 子供たちを取り巻く、様々な大人の皆さんが早くから計画を立てて見守ってくださることが、こういう時は特にうれしく思われます。元気も出ます。
 子供達には、元気で明るい笑顔で答えて(返して)もらえばそれでいいとも思います。
 そういう思いを抱きながら明日を楽しみに準備を一生懸命にしていこうと思う今日です。
 「シュミレーションしてみる=想定して試しにやってみる。」ことは、今も昔も変わらない大切なことだと思います。子供にも学習のシュミレーションを覚えてもらいましょう。(予習ということですが・・。)
 

トップページ(令和2年5月10日(日))<母の日>

5月10日(日)< 今日は母の日 >

 今日は母の日です。店先には「カーネーション」や「その他いろいろな花束」や「鉢植えの花」などが色とりどりに並んでいるようです。子供達には機会があれば感謝をしてほしいと思います。肩たたき券はどうですか?お手伝い券はどうですか?もう心の贈り物はしましたか?子供たち。感謝の気持ちを送りましょうね。
 さて、ニュースやワイドショーなどで、「感染者が出ていないところでは非常事態宣言を解除するかも?」という経済再生担当大臣の談話などが独り歩きしているのでしょうか、「もう怖いものは何もいなくなった?」ような人出が見られます。
 今月いっぱいは、人の動きで感染者が増えるかもしれないから制限をかけたのでした。一方、経済も苦しいので早く解除をしたいという人がたくさんいるのでした。このバランスのとり方は、どうすればいいのでしょうか?
 根拠は?データは?・・といわれています。本当のところ誰も何も言っていませんよね。感染を防ぎながらも経済を回す方法について、こんな時こそ専門家がものをいうべきですよね。評論ばかりならだれでもできますよね。

 そんな状態だから、私たちは、自己防衛策をとらないといけなくなるんですよね。

 毎日のように書いている通り、学校では、マスク着用。風邪のような症状がある子供や大人は自宅待機にします。(必要に応じて受診をすすめていきます。)元気な子供や大人も、手洗い、手の消毒、マスク着用(でもこれから気温上昇に伴ってマスク着用も暑くなると思われます。)室内や建物内の換気(、空調を入れても換気はしようと思います。)をしようと思っています。
 そして「規則正しい生活」で、特に「長めの睡眠」「栄養のある食事」で免疫力の維持・向上を図ることが大切だと思われます。
 「正しく恐れる」新しく言葉が生まれては消えていきます。
 本当に賢い人は、正しく恐れて、朴訥なくらい基本に忠実に防衛策をとることでしょう。私たち広瀬西小学校区の皆さんにも、自己防衛策をとっていただきたいと思います。みんなでもっと明るい見通しが見えるまで頑張りましょう。
 

トップページ(令和2年5月9日(土))

5月9日(土)< あっという間の連休でしたね。>

 ニュースでは、5月6日と比べて5月7日は300パーセントの人出だった・・とか。
 感染の心配がなくなったわけではないのですが、どうしたのでしょう。どうしても必要な場合は出ても仕方がありませんが、どこかで、誰かが、うまく交通整理みたいなことをしないと、どこかで渋滞(大勢の人出)が起こるのは致し方ないのかもしれません。
 でもそれが危ないといわれていますよね。原因を調べて、人と人との接触をできるだけ減らす方法を皆で考えていきたいものです。
 明日の日曜日までが子供たちはゆっくりしてもいい時間でしょうか。月曜日からは12日火曜日の登校日、そして13日以降の登校と、生活リズムの調整をいよいよしていかなければいけない時期になってきました。教科書の準備をしましょう。記名を確かめましょう。セット物は不足品はないでしょうか?全部そろえて出発です。
 落ち着いて、すべきことを一つ一つ堅実にこなしていくようにしたいですね。
  
机の並びを幾分変えて間隔(ソーシャルディスタンス)が取れるように配置してみました。教科書に合わせた課題も準備しています。〇〇ページを見て書きましょう・・。などと・・
 

トップページ(令和2年5月8日(金))

5月8日(金)< 基礎固めはゆるぎなく >・・・・校長室からに追加情報を掲載しました。

 「連休中の感染者が100人を下回りました。」…この情報をどうとらえますか?

 感染者が少なくなってきたんだ!! もう自粛しなくて済むんだ!!と考えますか?
 連休中で、検査機関も休みのはずだが、それでも緊急に検査して100人近くが感染していることが分かったのか!!   と思うか。

 両者の解釈には雲泥の差がありますよね。
 もう感染の危機は去ったのでしょうか?違いますよね。今まで自粛を続けてきたから感染者が発生しなかったのであって、自粛を解除して、何でもし放題、動き放題になったらどうなるのでしょう?
 宮崎県ほかの自治体も段階的に動こうとしています・。
 土台となるえ方を変えてはいけませんよね。新しい生活習慣を身に着けて過ごすようにしないと、ただでさえ第2波、第3波が来るだろうといわれているのですから、常に危機意識は持たないといけないと思います。
 
 地域協議会の方々が、「分散登校はどのようにするのだろう。見守りの連絡をしたいのだが。決まったら教えてほしい。」・・というお問い合わせをいただきました。うれしいことです。最終確認をしてお知らせしますとお答えしました。
 PTA役員さん方のお言葉や動きもそうです。とてもうれしく思い、お力をいただいています。
 これからも、皆様のお力をお借りしたいと思います。よろしくお願いします。
 

トップページ(令和2年5月7日(木))

5月7日(木)< 学校再開に向けて・・。> 

 学校再開に向けて、子供も学校もしばらくぶりの教室での学習が始まります。子供達には45分間の間に読んだり、書いたり、考えたりと、変化を少しずつ持たせながら、授業になれることができるようにしていきます。
 1年生は、学習もさることながら、45分間を席について、何をどのようにするかを、しっかり聞いて、見て、できるように次第に慣れていくように、配慮しながら指導をしていきます。
 職員も「久しぶりの子供たちとの再会です。わくわくもしていますが、ドキドキもしています。」と話してくれました。
 最初は、手を洗って席について、感染予防をどういう風に学校ではするのかを説明したり実際に動いて、してもらったりしながら、基本線をしっかり共通理解して、学習に取り組んでいきたいと思います。
 まずは、何をどうしていくかをじっくりと考え、シュミレーションしていきたいと思います。
 最終的に決まったことは、先日も書きましたように、文書でお伝えできると思います。1日おきの4日間、16時間の学習です。(給食あり)
 まずは学校生活に慣れてほしいと思います。
 

トップページ(令和2年5月6日(水))<振替休日>

5月6日(水)<振り替え休日>

 昨日の宮崎市及び宮崎市教育委員会からのお知らせは読んでいただけたでしょうか。
 5月12日(火)を登校日として全児童登校。例示の通りに行うとすれば、翌日の13日からは各学級の半分の児童を念頭にグループ分けをして、登校し、学習を進めるようになります。
 昨日も書きました通り、具体的なことはこれから話し合って決めたいとお思います。
 いろいろな角度から検討をして、できるだけいろいろな点で無理にならないように考えていきたいと思います。
 

お知らせ(令和2年5月5日(火))19:45

 急なお知らせですみません。

 宮崎市のホームページをご覧ください。今後の学校関係の通知がホームページに上がっておりました。本日午後に学校あてに知らせが届いた模様ですが、休日につき確認するのが遅くなりました。取り急ぎ、宮崎市のホームページをご覧くださるようお知らせをいたしますとともに保護者の皆さま向け文書を本校のホームページ上にアップ致しますのでご覧ください。
 なお、宮崎市のホームページには「詳しいことは学校より・・」と書いてありますが、急な発表ですので7日(木)中に学校の対応を協議し、詳細を決定し次第、皆様にはお知らせいたしたいと存じます。

【保護者様向け通知文書】5月5日
新型コロナウイルス感染症対策における今後の対応について.pdf


  ※ 今後のこともございますので、まちcomiメールに未登録の方は、この際にぜひともご登録くださるようお願いします。急な連絡にも対応できると思います。
    登録方法がわかりにくい場合には学校にご相談ください。