由来

 「木花村は木花咲耶姫の伝説の地なる故に明治小学校時代より小学校帽章は既に桜花に木を配したものを用いたり
 然るに近年この型の帽章は一般的なものとなり必ずしも本校を象徴するものに非ず
 依って学制制定と共に斬新なるものを制定し生徒の自覚を求めんとして茲に上図の型を昭和25年4月制定せり
 図案は木花の花(木花)の花弁3枚に2葉加え其の上に中学校の中を配置して本校校章と定めたるものなり」